広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

糸島半島ぐるっと一周

みなさまこんにちは。

本日は、6月の歩き2日目の様子をお届けします!

さて、今回の福岡シリーズ(?!)は、今まで気になってたけど行けてなかった場所を歩く感じでして。。
2日目は、今までの歩きの中で何度となく視界には入ってたけど、まだ歩いていなかった糸島半島をぐるっと一回りすることに。


2021年6月26日(土)

宿泊中の博多駅近くのホテルから、糸島半島の東の付け根にある今宿駅まで電車移動。
今宿駅から糸島半島を半時計周りにて、西側の付け根付近の筑前前原(ちくぜんまえばる)駅まで歩く予定、

DSC06899
宿場町の雰囲気を彷彿させる駅舎の前より、9時45分頃出発。

DSC06902
以前の歩きルートと合流し、いざ糸島半島へと突入。

まあまあの交通量の県道を歩いていたところ、早速海の景色を堪能できる場所を発見♪
DSC06906
こちらは福岡市街地方面

DSC06910
こちらがこれから進む糸島半島方向。

DSC06918
今津橋を渡ると、

DSC06926
進行方向左側には、入江の静かな海が広がる。

DSC06927
ちなみにこの道は「玄海サイクリングロード」なるものらしいけど、富山のサイクリングロードみたいな積極性はあまり感じられず。

DSC06930
ところで、歩き始めてから「今津元寇防塁」の案内板があちこちに見られるのですが。。

元寇防塁は、福岡県の他の場所で何度か見たことあるのでスルーしようと思ってたけど、
DSC06933
なんとなく気になり、、、
やっぱり寄ってみることに。

上り坂の先の細い道を抜けて行き、
DSC06937
松林の中の散策路へと突入。

DSC06941
しばらく進んだ先にあったでっかい東屋みたいな建物にて、まずは元寇のお勉強。
詳細は割愛しますが、今まで知らなかったことがたくさん。
まだまだお勉強不足です。。。

お勉強のあとは、いよいよ防塁跡へ。
DSC06953
こちらが今津元寇防塁。
がっちりと柵で囲まれており、実際に触ったりできないのが残念ですが、

DSC06959
数百メートルの長さがあった。

DSC06961
こちらが、実際の防塁の使い方(?)
石垣の上に座って待ち構えてたのか。。

そんな元寇防塁のお勉強の後は、
DSC06963
松林の中の気持ちのいい道を、またもや・・・走ります。。

DSC06972
しばらく進むと海岸へ出てきた。

DSC06975
去年歩いた海の中道、志賀島、能古島や、まだ行ったことのない玄界島など、島々が織りなす風景をしばし眺める。

DSC07002
県道に戻ってからも、しばらくは海沿いの道。

DSC07017
海沿いから半島の反対へと抜ける道は軽い峠越え。

DSC07027
田んぼが広がるのどかな風景を堪能しつつ、

DSC07034
糸島半島の北側の海岸へ出てきた。このあたりは二見ヶ浦っていうみたい。
観光地らしい雰囲気が広がる。

DSC07040
そんな海岸沿いの道を小走りで進んでいたところ、

DSC07041
茂みの中になにか動物が・・・アナグマだ!
一瞬目が合い、妙な鳴き声を発した後、茂みの中へと姿を消して行きました・・・
アップで撮れなかったのが残念orz

アナグマと出会ったそのすぐ先は、
DSC07046
これまたオシャレなお店が立ち並ぶエリアに。

そういえば、スタートから休憩とってなかったので、道沿いのベンチにていつものコンビニおにぎりにてお昼休憩。

DSC07048
コロナ前に比べると少ないんだろうけど、お店も海岸もそれなりの賑わい。

DSC07067
夫婦岩の周りには人が集中。

DSC07076
夫婦岩を過ぎると観光客の姿もなくなった。

DSC07079
青く透明度の高い海が広がる。

DSC07086
こちらの砂浜は人口密度低い。

DSC07089
この交差点を右に進んでから、道の様相が一気に変わった。

事前に確認した際も少しヤバそうな道だな・・・とは思ってたけど、、
ゴルフ場の横を通り抜けた後は、
DSC07108
少々心細くなるような結構な上り坂が延々と続く。

DSC07111
途中、リゾートエリアっぽい場所もありましたが、

DSC07118
なんとか峠を越えると、今度は一気に下り坂。

DSC07130
いくつもの島々を眺めつつ、下り坂をどんどん走る。
途中、またもやアナグマに遭遇したりしつつも、

DSC07143
やっと人里まで下りてきて一安心。

DSC07147
しばらく進むとまた砂浜が。

海岸線の突端付近が、今日行こうと思ってる芥屋の大門(けやのおおと)になるはず。
行けるところまで砂浜を歩いてみよう♪
DSC07164
つーことで、、
途中で若干無理やり海岸へと下りてみる。

DSC07169
初めは、大きな岩がゴロゴロ転がってたけど、

DSC07174
その先にはキレイな砂浜が♪

DSC07222
ところどころには美しい砂の文様が。

結局、40分程度砂浜の波打ち際を進み続け、
DSC07241
結婚式の写真撮影を眺めながら砂浜歩きは終了。

DSC07246
さて、ここからは芥屋の大門目指すか。

DSC07248
ひたすら西へ西へ芥屋方面へ。

DSC07253
ちょっと疲れてきましたが、

DSC07256
なんとか芥屋大門の駐車場まで着いた。

DSC07259
駐車場から海岸線へ遊歩道を進む。

DSC07273
突端に見えるのが芥屋大門。
実は、芥屋の大門の洞穴は、海からじゃないと眺められないのでありまして。。
今日は、とりあえず近くで眺めれたことでOKとす。

DSC07266
ホッとしたところで、ハマユウ眺めつつちょっとだけ休憩。

さて、ではここからはゴール地点の筑前前原駅まで頑張ろう。
DSC07278
石がゴロゴロ転がる海岸を抜け、

DSC07291
芥屋の港付近はなんとなくいい感じの観光ムード。

ここからショートカットして筑前前原駅方面に向かおうと思ってたけど、
DSC07297
残念ながら道を間違えましたorz
結局、来た道を戻り駅方面へ。

DSC07313
歩道がなく、狭い通りを少々ストレス溜めながら進み、

DSC07317
やっと広い歩道のある道へ。

久しぶりコンビニもあり一瞬休もうと思ったけど、なんだかお尻に根が生えてしまいそうだったので、そのまま進むことに。

DSC07319
あと5kmの道のりが異様に長く感じる。

暑いと感じながら歩くのは今年になって初めて。
途中、あまり水分もとってなかったから、多分少し熱中症気味だったんだと思う。

DSC07335
まさかの干潟に驚いたりしつつ、

DSC07345
ホントにゴールに着けるのか?と思うぐらい道のりが遠い。

DSC07355
ようやく駅の近くまで来ると、心の底から安堵。

DSC07360
ヘロヘロになりつつも、ゴール地点の筑前前原駅へ無事到着。
すぐさま自販機にて冷たい飲み物を購入し、一気飲み(笑)
電車にて博多のホテルへと帰還。

そして翌日、広島へと帰宅。
DSC07364
博多祇園山笠は今年も中止らしい・・・
まだ一度も見たことがないので、来年以降ぜひ!

///
歩行日 :2021年6月26日(土)
歩行場所:福岡県福岡市(今宿駅)~福岡県糸島市(筑前前原駅)
歩行時間:8時間46分 
歩行距離:42km
2021年6月の歩行距離:55km
2021年の歩行距離:325km

子カエルとともに登る山(宝満山)

みなさまこんにちは。

本日からは、6月の歩きの様子をお届けします!

今回の歩きは、コロナ以降すっかり定番化しつつある福岡へ。
金曜日に休みが取れたので、博多駅近くのホテルに連泊し、金・土の2日間ホテルから日帰りで歩ける場所を歩く予定。


2021年6月25日(金)

さて、1日目の金曜日は、大宰府天満宮の背後にそびえる標高829mの宝満山(ほうまんざん)登山をメインにしたちょっと軽めの歩き。

DSC06650
去年買った登山靴をまだ一度も履いてなかったので。。
この度ようやくデビュー。

DSC06662
まさかのホテルの周りをぐるっと回ってたりで、30分程度かかってしまいましたが、、
靴の慣らしを兼ねて、ホテルから約2km先の薬院駅まで徒歩移動。

薬院駅からは西鉄にて電車移動し、
DSC06666
久しぶりの大宰府駅へ到着♪
身支度を済ませ、11時ごろ出発。

では、まずは太宰府天満宮にお参りするかな。
DSC06668
以前は韓国人や中国人の観光客でごった返していた参道は、日本人のみで閑散としてる。

DSC06673
静かにお参りできるのでいいことにしようか。。

DSC06677
境内のアジサイはちょうど見ごろ。

アジサイを愛でながら本殿へ進んでいくと、
DSC06683
なんとちょうど祭典中。
かなり手前に置かれた賽銭箱の前でそそくさとお参りを済ませ、

DSC06693
お次は宝満山のふもとに鎮座する、竈門(かまど)神社を目指す。

DSC06694
歩道のトンネルを通り抜け、

DSC06695
県道へ出ると、山へ向かって上り坂が続く。

DSC06699
正面に見えるのが宝満山。
山の上にかかるちょっとどす黒い雲が気になるけど、、天気が持つことを祈ろう。

DSC06702
ほどなく、竈門神社の入口へ。
駐車場は平日とはいえ、参拝者がちらほら。
やっぱり有名な神社なのかな?

DSC06707
アジサイに彩られた参道を進み、

DSC06711
太宰府天満宮の境内を出発してから約30分にて、なんともいい雰囲気の竈門神社へ到着。
本殿の横の巨木に圧倒されつつ、いつものお参り。

宝満山への登山道を超立派な社務所の巫女さんに確認し
DSC06716
今度はいざ宝満山へ!

境内から一旦坂を下り、また上り返したすぐ先に、
DSC06718
登山道入口はありました。
ストックを取り出したりと身支度を整えて、いざ登山開始♪

DSC06722
なんとなくいい雰囲気♪

DSC06723
至る所にちゃんとした看板もあり、迷う心配はなさそう。

DSC06726
ちょっとだけ舗装道を進み、

DSC06727
こちらからいよいよ本格的に登っていく模様。

ところで、道の脇になんだか気になる看板が・・・
DSC06728
なんと、ため池から子カエルが山に登ってるらしい!

DSC06729
このため池から・・・?!

カエルが山を登るなんて、初めて聞くなぁ。。。
などど思いつつ、
DSC06736
本格的な山道に入る。

DSC06737
またカエルの案内が。
なんとわずか1cmの子カエルが登ってるんだって?!
「踏みつけないように」って書いてあるけど、そもそも見つけられるのかなぁ?

あとで調べたら、このカエルはヒキガエルで、山頂まで登ったカエルは数年後に下山して元の池に戻るとのこと。しかしまだ詳しいことは分かっていないみたい。
いやはや、まだまだ世の中知らないことがたくさんあります!

DSC06742
そしてここから先には、あちこちにカエル到達の日時が。

DSC06743
初めはゆるやかだった道も、

DSC06748
一ノ鳥居をくぐった先から、

DSC06749
延々と石段の続くきつめの斜度になってきた。

DSC06750
そしてここにもすでにカエルは到達してる。。

DSC06752
アオダイショウかと思ったら巨大ミミズだった(汗)

DSC06755
冷たい清水で手と喉を潤し、

DSC06759
延々と続く石段を汗かきながら登る。

DSC06760
このはしごは回り道にてエスケープ。

DSC06764
岩盤の上を歩いたりしつつ歩みを進めていたところ、

DSC06774
とうとう子カエル発見!!!(見えるかな?)
ホントに登ってるんだ~なんだか感動♪

DSC06785
道は中宮跡で一旦平坦になるも、

DSC06794
その後は巨石に囲まれた更に急な道へ。

DSC06801
この岩場は雨が降ったら滑りそう(汗)

そんな岩だらけの道の中、
DSC06802
またもや子カエル発見♪

DSC06812
頂上に近づくにつれて巨大化すつ巨石に苦戦しつつも、

DSC06813
この階段を登ると頂上か?!

結構な斜度の階段を登って行くと、
DSC06814
登山口から約1時間半にて、宝満山山頂に到着♪
まずは、山頂に鎮座する竈門神社の上宮にお参り。

DSC06817
そして頂上からの景色を堪能。
ちょっともやっててキレイに見えないのが残念。



DSC06820
上宮の先にあった巨石の裏手でお昼ご飯休憩。

巨石の横は断崖絶壁。(高所恐怖症なので結局のぞいてない。。。)
ワタシより年上と思われる男女2人組がすぐそばにおられて軽く会釈。ロッククライミングにて無事登頂し、ホッと一息ついてるような雰囲気。
登りの途中ですれ違ったおじさんに、「岩登りしてる人がいるよ」と教えてもらったのはこの人たちだったんだ。すごい!!!

DSC06824
青空が広がってきた頂上を後にし、同じ道を下山。

下山中も、何匹か子カエル発見し、ヨロコブワタシ。
しかし、たしかにあの大きさだと、気が付かずに踏んづけちゃう可能性大だな・・・
DSC06849
登る前とはまた違った気持ちで子カエルが生まれた池を眺める。

結局1時間20分かけて宝満山を下山し、太宰府天満宮まで元来た道を戻る、
DSC06867
振り返り仰ぎ見る宝満山の上には青空が広がる。
そして道の周りからは、もうセミの鳴き声が聞こえてくる・・・まだ6月なのに~!

DSC06871
太宰府天満宮の手前で、ちょっとだけ行きと違うルートを選択。

DSC06876
こちらの天開稲荷神社にお参り。

DSC06877
なんとなく、京都の伏見稲荷大社に雰囲気が似てる。

そんなことを思いつつ、
DSC06882
太宰府天満宮の境内に戻ってきた。

DSC06884
いつもの状態に戻った本殿を眺めつつ駅へと向かう。

DSC06890
お腹も空いたので、参道にて太宰府天満宮名物の梅が枝餅をば。。
25日限定のよもぎ餅とノーマル餅(?)を1つずつ購入。

DSC06891
そしてスタート地点でもあった大宰府駅にて無事ゴール。
天神経由で博多駅近くのホテルへと帰還。

あと、備忘として、NEW登山靴は靴擦れもできず結果は良好(^^)

///
歩行日 :2021年6月25日(金)
歩行場所:福岡県太宰府市(大宰府駅⇔太宰府天満宮⇔竈門神社⇔宝満山山頂)
歩行時間:4時間53分 
歩行距離:13km
2021年6月の歩行距離:13km
2021年の歩行距離:283km

北アルプスの山々に向かって(富山~立山)

みなさまこんばんは。

本日は、GWの歩き5日目最終日の様子をお届けします!

さて、今回のGWの歩きもいよいよ最終日。
今回のGWはあまり天候にめぐまれなかったけど、週間天気予報でずっと晴れマークだった5月4日は、絶対北アルプスの山々を見ながら歩きたいと考えてたので、最終日にしていよいよ富山駅から立山黒部アルペンルートの発着駅である、立山駅まで歩くことに。


2021年5月4日(火)
DSC06219
すがすがしい晴天の下、9時前に富山駅前を出発。

DSC06233
まだ静かな商店街や、

DSC06239
路面電車を眺めながら市街地を通り抜けると、

DSC06248
アルプスの山々が見えてきた♪

DSC06262
富山駅から約15km先の岩峅寺までは、県道43号線を進む。

そして周りはのどかな田園地帯に。
DSC06264
そんな田んぼの中にこんもりと木々が茂ってるエリアが。

よくよく見ると、木々のそばには家が建ってて、北西方向だけ木々が茂ってる。
そうかーこれは屋敷林だ!砺波平野に行かないと見れないのかと思ってた。。

DSC06286
県道はしばらく富山地方鉄道の線路と並行して進む、

DSC06288
真正面には雪をかぶった北アルプス♪

DSC06303
田んぼと屋敷林と北アルプスの山々の織りなす風景を堪能しつつ、

DSC06340
コメリが目の前に見えてきた(そっち?)

DSC06343
久しぶりの交差点は、もちろん立山方面へ。

DSC06354
交差点を過ぎると、一気に傾斜がきつくなった。

DSC06358
12時過ぎに目の前に現れたファミマにて、10分程度お昼休憩。

DSC06363
休憩後は上り坂をぐいぐい進んで行き、

DSC06365
立山橋を渡る。

DSC06368
赤い欄干の橋からは、アルプスの山々や川辺でBBQする人たちや。
お肉食べたい・・・

などど思いつつ橋を渡っていくと、
DSC06372
雄山神社の案内板が。
ここはちょっと寄ってみよう。

DSC06375
立派な鳥居をくぐり、

DSC06380
あちこちに大木がそびえる境内を進み、

DSC06383
拝殿にていつものお参り。

すがすがしい気分にて参道を元の道まで戻ると、
DSC06396
立山町突入。

DSC06402
立山まではあと17km。

DSC06410
この写真には写りこんでないじけど、立山が近づくとともに交通量が増えてきたのに、歩道なし状態がしばし続いたので、

DSC06421
進行方向左側に並行して走るローカル道見つけてエスケープ。
側溝を流れる水は水量が多くてとっても気持ちいい。

気持ちのいい道はあっという間に終わり、
DSC06425
また交通量の多い県道へと戻ってきた。

DSC06426
大駐車場の隅っこにあるコンビニにて今日2度目の休憩。
ここから先、立山駅まではコンビニがないことは事前確認済みなので、食料や飲み物など買い出し。
しかし、思ってたより人が多い。観光バスも止まってるし。。

DSC06428
そして県道はまたもや歩道なし。

このあたりで、何人かの登山姿の人たちとすれ違った。
あの人たちはイッタイどこから歩いてきたんだろうと思ってたけど、途中にピラミッド型をした尖山の登山道があったので、もしかしたら山に登った帰りかな?
ちなみに、尖山は歩きながら目視はしてたけど残念ながら写真には撮らずorz

DSC06438
相変わらず歩道なしのまあまあの交通量の道を進んで行くと、

DSC06441
高架を通り過ぎたすぐ右に、

DSC06442
対岸へと渡る橋が。
車はどう見てもNGだけど、歩き派はOKだよね?

つーことで、、、
DSC06446
橋の上からの絶景を堪能し、

DSC06450
対岸の県道43号線へ。
こちらは打って変わって通る車もほとんどなく、とっても静かな雰囲気。

DSC06468
ところどころでアルプスの山々が見える。

DSC06473
思いのほかアップダウンの多い道を進む。

DSC06483
対岸の県道6号線は、アップダウンはほとんどなさそう。

DSC06494
この分岐はイッタイどっち?と少々悩んだけど、左へ。
しかし最終的には合流するというオチだった。。

DSC06502
まだ八重桜満開♪

DSC06507
久しぶりに看板がたくさん出ててホッと一安心。
立山山麓スキー場方面へと進む。

しばらく上り坂を進むと、
DSC06515
川の対岸に渡ってから最大の集落が。
冬は雪に閉ざされてしまうんだろうな・・・

DSC06523
集落のはずれには、立山鉄道の本宮駅が。

DSC06526
踏切通り過ぎてから、ちょうど列車がやってきたのでパチリ。

DSC06539
踏切過ぎると息が切れるほどの上り坂。

しばらく坂を上って行くと、目の前の景色が開けた。
DSC06544
やったースキー場まで着いた♪

DSC06556
よっしゃー立山駅まではもう少し♪

DSC06560
クマさんはまだ冬眠中でしょう。きっと。。

DSC06564
明らかに下界より春が浅くなった。

DSC06567
もう1つのスキー場を横目に見つつ、

DSC06568
こちらの交差点にて立山駅に向かって左折。

DSC06574
すると、思ってもみなかったワイルドな下り坂。
これはもしかして谷底まで一気に下るのか?

予感は的中し、
DSC06586
谷底まで延々と下り坂。

DSC06588
そして、坂を下り切った先に立山駅見えた♪

DSC06592
アルプスに近づいたのに、残念ながらお山が見えないのが少々残念でしたが、、

DSC06594
美女平に登るケーブルカーは見えた♪

DSC06597
ここでまた立山町に戻ってきた。
実は、対岸に渡ってからは富山市でした。。

DSC06601
閑静な雰囲気の駅前ロータリーをぐるっと回り、

DSC06603
無事、ゴール地点の立山駅に到着。

ホームへ下りると、ちょうど帰りの列車がやってきた。
歩いてる最中はあんまり時間のことを気にしてなかったけど・・・結果オーライでした。。
アルペンルートから下りてきた人たちでほぼ満席の列車に乗り、富山まで帰還。

そして、楽しかったGWもとうとうおしまい。
DSC06619
翌日、雨の富山より広島へと帰還。

今回のGWは雨にたたられてしまったけど、ずっと駅前のアルファーワンに連泊したので、気分も荷物も身軽な歩きでした!


///
歩行日 :2021年5月4日(火)
歩行場所:富山県富山市(富山駅)~富山県立山町(立山駅)
歩行時間:7時間38分 
歩行距離:33km(超ザックリ)
2021年5月の歩行距離:134km
2021年の歩行距離:270km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント