広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

24日目 初のGW遠征(赤穂~姫路)

1月にしまなみ海道を1泊2日で横断して以来、
延々と日帰り旅を続けていたワタクシですが・・・
とうとう2泊3日の旅を決行することに!
兵庫県を突き進みます!

-----
2005年4月29日(金・祝)

JRにて赤穂までやって来ました。
岡山からJR鈍行遠い。
IMG_0258
歓迎して頂きながら10時45分出発。

赤穂では結局観光まったくせず・・・
結構見所あるはずだけど。すみません。
また来ます。

相生駅付近までは、国道250号線を進む。
IMG_0261
相生市突入!
歩道なくて交通量多くてちと怖い。

IMG_0262
相生湾の一番奥まったとこまで来た。
中国チックな道の駅白龍城(ペーロンじょう)でしばし休憩。

なんでいきなり中国チックな建物が登場したのかというと、
ここ相生市は相生ペーロン祭りなる一大イベントがあるらしい。
ペーロンとは中国的ボートで競漕する行事ですね。

話は長くなるけど、ペーロンの始まりをたどっていくと、
紀元前約300年前の中国の政治家であり詩人の、屈原(くつげん)が関連。
屈原は人望厚い政治家だったけど左遷され、最後には将来を絶望し、
川に身を投げ亡くなってしまった。その日が端午の節句5月5日。
このとき人々は嘆き悲しみ、亡骸を魚が食べないようちまきを川に投げ、
入水した屈原を救い出そうと、先を争って龍船(白龍)を出したそう。
このときの「白龍」(パイロン)がなまりペーロンとなり、
ペーロン競艇が17世紀に長崎に伝わり、そして大正時代に相生に伝わり・・・のよう。

実は、この屈原のことや、亡くなったときに川にちまきを投げたって話、
7~8年ほど前会社の同じ担当でしばらく勤務されてた
中国人の女性の方から、飲み会の二次会で聞いた話!
あの時は、紀元前300年前の人の話が残ってるって、
さすが中国4000年の歴史。すげーなと思った。
そしてたった今、この記事を書くためにペーロン調べてたら
話がつながり・・・なんだか嬉しい。


すみません。
話しが少々脱線してしまいました。
元に戻します。。


さて、道の駅で休憩後、相生駅まで県道をてくてく。
そして国道2号線のバイパス路に合流。
IMG_0263
もうけっこう暑いんですが。
日陰ほしい。

IMG_0265
天気よすぎ。
コンビニで休憩とりながら進む。

太子町付近からバイパスが自動車専用道となるため、一般道へ。
一気にのどかな風景が広がる。
田んぼにはレンゲの花が。
IMG_0268
ちょうどレンゲ祭りなるものが開催されてた。行かなかったけど。

子供のころ学校帰りの道草で、よくレンゲの蜜吸ってたの思い出した。
あとかんむりや首飾り作ったり、白いレンゲの花がたまに咲いてるのを探したり。
そういえばレンゲの花って、田んぼの土を肥やすために
農家の方が種蒔いてるんですよね~。
実は大人になってから知った(^^;

IMG_0270
太子町からは、国道歩くのもつまんないと思って南側に進路をとることに。
途中若干道に迷って少々あせった(汗)

けど、なんとか県道415号線に出れた。
IMG_0272
途中、スーパー駐車場の交通整理してるお兄さんに、
「お疲れ様です」と言われて、ちょっと元気が出た。
歩いて旅してると、工事現場や駐車場で交通整理してるみなさまと
なんだか距離が近くなる。みなさま毎日お仕事お疲れ様です。

IMG_0273
日もだんだん傾いてきた。

IMG_0275
日が落ちる前になんとか姫路駅到着!
本日は駅南側の東○インに投宿。

///
歩行場所:兵庫県赤穂市(JR赤穂駅)~兵庫県姫路市(JR姫路駅前BH泊)
歩行時間:7時間22分
歩行距離:36km 
総歩行距離:565km

23日目 初夏の予感

岡山市はこの当時、諸事情によりあんまり行きたくない気分だったけど、
高速バスもしくは新幹線でさらっと行けるので、
なんだかんだで結構行ってるな~。と今更のように回想する
今日この頃。

-----
2005年4月24日(日)

という訳で本日は岡山駅から出発。
ひたすら国道30号線を南下。

しばらく歩くと、干拓地に入る。
まわりはひたすら平野。そして畑。
IMG_0250
青々とした麦畑。きっと二毛作ですね。

IMG_0253
玉野市突入~

IMG_0254
玉野市に入ると広々とした平野も終わり、
多分この日初めてであろう上り坂。
もうそろそろ初夏の兆し。日差しが暑い。

このあたりを歩いてる途中、池の近くで南方系の顔立ちをした
自転車2人乗りの中学生くらいの男の子がすれ違った。
1人の子がなんか背中にかついでるな~と思ってよく見てみると・・・
かなりでかいカエルだ~!!!しかも2匹。。
彼らはなんの目的で?食料?

この後、写真はないけどサイクリングコースを発見し、
5km弱歩く。
どうやら1972年3月に廃止された玉野市電の廃線跡のよう。
日本全国この手のサイクリングコース多いですね。。

そしてゴール地点の宇野駅到着。
JRにて帰宅。

IMG_0257
すぐ近くに高松行きフェリー乗り場あり。


///
歩行場所:岡山県岡山市(JR岡山駅)~岡山県玉野市(JR宇野駅)
歩行時間:5時間1分
歩行距離:25km 
総歩行距離:529km


17日目 吉備路観光

さてさて。
私の旅は今まで観光成分ほぼゼロでしたが、
今回は吉備路をがっつり観光しますよ~!
相変わらず写真がなぜか数枚しかありませんが。。

この吉備路エリアは、古代、巨大勢力が君臨していたと言われ、
点在する神社仏閣や古墳などの史跡・旧跡を
総社市から岡山市まで約20kmの、サイクリングコースで巡ることができる
有名観光地なのです!

古代って一体いつ頃???かというと、
大体3世紀から7、8世紀ぐらいの模様。
これ以上詳しいことはよく分からん(^^;

-----
2005年2月26日(土)

広島からだと若干行くのが大変な岡山県清音駅まで移動し、
10時20分出発。
ここから約5km東へ移動し、今回歩く吉備時自転車道へ合流。
しばらく歩くと、吉備路のシンボル 備中国分寺が見えてくる。
IMG_0160
この五重塔は、江戸時代再建だそう。
春になると、手前の田んぼにレンゲが咲き誇るはずなのですが、
まだ冬なので、ちょっと寂しい風景。

ここからしばらくは、数々の古墳群などの史跡を見ながら歩く。
造山古墳は相当大きかった記憶が。写真撮ってないけど。。

冬だから人は少ないかと思ってたけど、
想像してたよりも多くのサイクリングやウォーキングの方とすれ違う。
やはり有名観光地。
途中、レンタサイクルで周ってるおっちゃんに
「最上高松稲荷はどっち行けばいいん?」と聞かれて
方角教えてあげた記憶が。
実は吉備路エリアはかなり広くて、歩きでは到底1日では周れません。
そして、最上高松稲荷って地元岡山ではけっこう有名らしく、
初詣の時期はかなりの人で賑わうらしい。
私はこの日最上高松稲荷には行かず。
というか未だに行ってない。。

IMG_0170
田んぼの中の一本道を行く。

しばらくすると空は曇天に変わり、そして雪が降ってきた。
寒い~~。
そうこうしてるうちに、有名どころの吉備津神社に到着。
IMG_0171
本殿拝殿 国宝です。

ここは、桃太郎伝説のモデルとなってると言われてる、
吉備津彦を祭っている神社ですよ~
こちらの神社は、その他色々と見所ありますが・・・
申し訳ありませんが以下割愛致します(^^;

そしてこの日最後の観光スポット、吉備津彦神社へ。
ここには観光ボランティアの方がおられまして・・・
よっぽどお暇だったのかしばらくつかまってしまいましたが、
途中で退散させて頂きました。
すみませんm(__)m

そして観光ルートは終わり、川沿いを歩き岡山駅まで。
途中、川の中を悠々と泳いでるヌートリア発見!
そういえばこの頃広島県東部や岡山県で2~3箇所
ヌートリアを見たなぁ。今でもいるんだろうか?

この日は費用より速さを重視し、新幹線で帰宅。

///
歩行場所:岡山県総社市清音(JR清音駅)~岡山県岡山市(JR岡山駅)
歩行時間:5時間28分
歩行距離:25km 
総歩行距離:391km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント