広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

能古島一周(その2)フェリー出航時刻との闘い

みなさまこんにちは。

本日は、7月の能古島の歩きの続きの様子をお届けします!

さて、まず観光客は訪れないであろう道を進み、思いがけず森林浴を堪能したワタクシでしたが、
DSC00995
こちらの分岐点よりとりあえずアイランドパーク方面へ。

上り坂を進んで行くと、
DSC00998
まもなく前方にそれっぽい建物が。

DSC00999
こちらがアイランドパークの入口。
港からバスでやってきた観光客のみなさまは、園内におられると推測。

もちろん(?!)ワタシはアイランドパークには入場せず、
DSC01000
右折し能古島の北端付近にある「也良崎(やらのさき)万葉歌碑」まで行ってみることに。

DSC01004
右手も公園みたい。

DSC01008
しばらくして道の左手にひょっこりと現れた石碑には、万葉集に詠まれた歌が刻まれている。

「沖つ鳥 鴨とふ船の 帰り来ば 也良の防人 早く告げこそ」

DSC01009
万葉歌碑を過ぎると、道はどんどん下り、

DSC01010
遠くに海の中道と志賀島が見えてきた。

このまま進むとキャンプ場を経由して港へと戻っちゃう(汗)
やはり島の西側も歩いておきたいので、来た道をアイランドパークまで戻ろう。

DSC01014
戻る途中、道の中央にカニさんと出会ったりしつつ、

DSC01018
アイランドパークまで戻ってきた。
今度は反対側の道へと進む。

港で入手した地図を見ると、どうもこの先は自然探訪路みたいだけど、
DSC01023
しばらくはフツーの道。

DSC01028
しばし進むとそれっぽい森の入口に。

右の道へと下りて行くとそのまま港へ行けるみたいだけど、
左側の道がついつい気になり、、
DSC01032
ついつい森の中へと吸い込まれる。。

途中、檀一雄の句碑や
DSC01045
こちらのいざなぎ石やいざなみ石があったりしながらも、

DSC01050
大半は自然豊かな森の中。

DSC01053
そして森の中の道は意外にも早く終わりを告げ、

DSC01056
少し先に展望台があるみたいなので、ついでに行ってみる。

DSC01057
あの先に見えるのが展望台か。

坂道を上り、
DSC01058
看板がないと絶対わからん分岐を左折して、

DSC01062
なんとなくさびれた雰囲気の公園に、

DSC01061
そそり立つ展望台。

早速、結構な段数の階段を登って行くと、
DSC01063
天気イマイチなのが残念だけど、いい眺め♪
こちらは海の中道・志賀島方面。

DSC01066
糸島半島と玄界島と志賀島。

しばし景色を堪能し、展望台を下り、
DSC01077
公園は突っ切れそうにないので、元来た道を戻る。

更に、さっきの分岐路をまっすぐ行くと行き止まりと書いてあったので、
DSC01079
結局、森の入口まで戻る。。。

DSC01084
展望台で景色を堪能できたからOKとするか。。
ここからはひたすら港へ帰ることに。

しかしながら、このとき時刻は14時半。
港までは明らかに3km以上ありそうだけど、15時発のフェリーで姪浜へ帰るつもりなので・・・
ヤバいあと30分しかないけど間に合うのか(汗)
DSC01086
・・・ということは、、、
ここへ来てまたランニング(笑)

DSC01093
大木やたくさんの岩を見ながら走る走る。

DSC01094
結構蚊がいたので、のんびり歩くより走ってよかったかも。

DSC01096
地質についての説明版は、急いでる中でもしっかりとチェック。
島の上部は玄武岩で、下側は堆積岩、変成岩、花崗岩で造られているみたい。

DSC01105
倒木またいだりしながらも、下り坂をどんどん走る。

DSC01119
やっと森を抜けたところで残りあと10分。

DSC01122
えええ。
結構まだ距離ありそう(大汗)

DSC01127
ゆっくり歩いて景色を堪能したかったけど、、ラストスパート!

DSC01130
出航5分前にして、やっと港が見えた♪

DSC01132
つーことで、出航2分前に無事ゴール地点の渡船場に到着。

DSC01133
汗ダラダラ状態にてフェリーへと乗り込む。

今思えば、1時間後のフェリーに乗ればよかったんじゃね?と我ながら思ってしまうけど、この時のワタシは、どうしても一刻も早くホテルへ帰ってのんびりゆっくりしたかった・・・。

DSC01138
フェリーからどんどん遠くなる能古島を眺めながら、

DSC01143
10分にて姪浜渡船場まで帰ってきた。

DSC01144
帰りは渡船場すぐ近くのバス乗り場より、都市高速経由のバスにて一気に博多のホテル近くのバス停まで。

ホテルのすぐ近くにスーパーがあることに今更気が付いたりしつつ、、、
DSC01148
なんとなく京都っぽい雰囲気のエリアにあるホテルまで帰還。


この後、コロナ第二波の影響でまたもや遠出ができなくなってしまいました・・・orz
次のお出かけはいつになるかな?


歩行日 :2020年7月11日
歩行場所:福岡県福岡市(姪浜駅~姪浜渡船場、能古島)
歩行時間:2時間48分 (姪浜駅~姪浜渡船場22分、能古島2時間26分)
歩行距離:12km(姪浜駅~姪浜渡船場2km、能古島10km⇒超アバウト)
2020年7月の歩行距離:40km
2020年の歩行距離:169km

能古島一周(その1)思いがけず森林浴

みなさまこんにちは。

本日は、7月の能古島の歩きの様子をお届けします!

さて、姪浜より約10分の船旅にて、博多湾に浮かぶ能古島へ到着したワタクシは・・・
早速、島を歩いて一周すべく、
DSC00881
12時半ごろいざ出発!

DSC00885
港を離れると、あっという間に離島の景色に。

DSC00892
対岸の福岡中心部のビル群を眺めながら、

DSC00896
大都会の雰囲気からはかけ離れた、離島感満載の海岸線を進む。

DSC00903
この島の雰囲気と、対岸の大都会とのギャップが大きすぎて、そこがまたいい感じ。

DSC00904
能古島の観光地は、「のこのしまアイランドパーク」が有名らしく、同じ船で上陸した大半の観光客は、港から出ているバスでのこのしまアイランドパークへと向かった模様。

島を一周するには、一旦アイランドパーク方面へと進む必要があるようなので、こちらの標識を左折し、
DSC00906
進んだ先は上り坂。

DSC00912
福岡市街地のビル群を眺めながらどんどん高度を上げる。

DSC00917
島一周はちょっとした散歩のつもりだったのに・・・
ヤバいめっちゃフツーの歩きじゃん(汗)

DSC00930
海の中道もよく見渡せる。

DSC00931
遠くから歓声が聞こえると思ったら、ここがキャンプ場との分岐点。
下側のキャンプ場方面には進まず、更に坂を上って行く。

辺りの森には
DSC00934
大木や、

DSC00936
あんまり広島では見ないような植物が。

DSC00946
自然いっぱいの道を進んでいると、

DSC00949
ガードレールのそばに、ユリの花が♪

DSC00955
山の斜面にあちこち咲いてる。

DSC00956
このユリ、北海道の函館山に登ったときに見たユリの花に似てるなぁ・・・。

先程調べたところ、この花はウバユリみたい。
ちなみに、函館山のユリはオオウバユリでした。

DSC00959
ところで、いったいいつまで続くの上り坂?(汗)

DSC00965
こんな山の上にも集落が!

DSC00967
その集落付近で、またもやアイランドパークへといざなう案内板が。
地図を見ると、どうもイメージしてた道と違う気が・・・どうも1つ前の分岐で、キャンプ場方面に行かないといけなかったっぽいorz

一瞬そのままアイランドパーク方面へ行こうかとも思ったけど、
DSC00968
どうしても集落の横に伸びる坂道が気になり、直進してみる。

細い坂道をどんどん上って行くと、
DSC00969
森の中に入った。
・・・なんて気持ちのいい森なんだろう!

DSC00971
コロナで山歩きしてなかったのも尚更なのかしら?

DSC00974
たしかにイノシシも出てきそうな雰囲気。

DSC00978
見上げるとキノコもたくさん。

DSC00983
こんなに気持ちのいい森は久しぶりかも。

DSC00984
途中から下り坂になった道を突き進む。

このまま通り抜けれたらいいんだけど・・・と思ってたけど、
DSC00989
残念ながら行き止まりorz

来た道を戻りつつも、
DSC00993
この森に出会えたことに感謝♪

森のエナジーをチャージして、
DSC00994
小道の入口まで戻ってきた。

DSC00995
では、気を取り直して先へと進もう。。

・・・本日はここまで。。。
能古島一周の続きは、次回お届けします!

能古島へ行ってみよう!

本日は、7月の福岡の歩き2日目の様子をお届けします!

さて、木曜日は1日休暇を取り、海の中道から志賀島を歩いたワタクシですが・・・
翌日の金曜日は大雨になるといってた天気予報は見事に的中し、おとなしく連泊中のホテルで1日テレワーク。

土曜日は雨も上がり、まずはハマさんのボディワークのレッスンを受け、その後、博多湾に浮かぶ能古島(のこのしま)を散策する計画。
DSC00833
レッスン終了後、博多駅より久しぶりの地下鉄にて、能古島行きのフェリー乗り場のある姪浜(めいのはま)まで移動。

DSC00835
そういえば姪浜まで来るのも久しぶり。

とりあえず、姪浜渡船場まで2km弱の距離を歩いて行くことに。
11時20分頃出発。

DSC00839
天気が持つのか心配ではありますが。。

DSC00846
海へ向かってずんずん進む。

DSC00848
意外と遠いなぁ・・・などど思ってたところに、渡船場の案内板が♪

DSC00849
案内板に従って、左⇒右と進んで行きますと、

DSC00850
20分強にて、フェリー乗り場へと到着。

フェリーの時間まであと40分以上あるので、まずはフェリー乗り場の周りをウロウロ。
DSC00852
またもや予備知識ほぼゼロで来てしまったので、ここでちょっと能古島の予習をば。

DSC00853
なかなか歴史のある島みたい。

DSC00855
港の対岸には観覧車も見えたり。

DSC00857
はじめはガランとしていた待合室も、フェリー出航前にはそれなりの数の人になった。
初めて来るからよくわからんけど、普段はきっともっと賑わってるんだろうな・・・

そんなこんなで約40分。
DSC00858
やってきた能古島行きのフェリーへと乗り込み、いよいよ出航♪

DSC00860
正面に見える能古島までは、約10分の船旅。

DSC00865
どんどん遠くなる福岡の市街地を眺めつつ、

DSC00870
一昨日歩いた海の中道方面を眺めつつ、

DSC00872
近づいてきた能古島は、想像してたより山がち。

DSC00874
港に入り、なんともいえない期待感に胸を膨らませながら

DSC00876
能古島上陸!

DSC00877
待合所は立派な造り。

DSC00878
待合所のすぐ横にはお店もあって、飲食環境は結構充実。
案内所にて島内の地図を入手し、いざ出発!


・・・最近細切れですみませんm(_ _)m
能古島島内の歩きの様子は、次回お届けします!

プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント