みなさまこんばんは。

一時期もう倒れるんじゃないかというぐらい多忙を極めてた仕事も、
なんとか一段落しました♪・・・ほんの一瞬かもしれんが(汗)

本日は、先般の歩き1日目の様子をお届けします!

さて、京都のホテルにてゆったりと前泊したワタクシですが、
DSC03890
翌朝も京都駅まで徒歩移動。
そして電車に乗り10分弱で、

DSC03891
今回のスタート地点JR向日町駅に到着。 
今年の目標の一つ西国参り満願に向けて、そろそろ始動開始です(^^)
まずは西国第20番の善峯寺を目指します!
8時過ぎに出発。

DSC03894
向日町に来るのは約5年ぶり。
この道歩くのも3回目か。

DSC03905
以前歩いたときはあんまり気にしてなかったけど、
ここ向日町は西国街道の宿場町で、昔は大いに栄えてたらしい。
こちらのお宅は、京都府指定文化財の須田家住宅。

商店街を抜けて行きますと、
DSC03909
こちらの昔ながらの道標に、善峯寺の文字発見。
右へ進みます♪

DSC03915
しばらく歩くと、昔の香り残る住宅街へ。

DSC03921
更に進むと、きれいに整備された竹林に囲まれた道が出現。
どうも向日町はタケノコが有名らしい。
そういえば商店街のお店で、20cmぐらいの朝掘りタケノコらしきもの売ってた。
きっとアクも少なくておいしいんだろうなぁ。

DSC03939
竹林の道を抜けると、田畑が広がるのどかな景色に。

DSC03951
そしていよいよ上り坂開始ですよ~
なんだか向こうに見える山の中腹に建物が見えますが・・・
きっとあれがお寺に違いない(汗)

DSC03959
花粉の飛散真っ盛りの杉林に囲まれた道へ突入(苦笑)

残念ながらスギ花粉症持ちのワタシは、歩き始めはマスクして歩いてたけど
上り坂が始まってから息が苦しくなり、結局外して歩いた。(基本マスク苦手)
その代わりに花粉防御メガネを着用。
しかしゴーグルならともかくメガネなので、完全には花粉の防御不可能。
ほんの気持ち防げてるかな?ってレベル(笑)

DSC03963
やっとお寺の入り口に。
しかしここから更に急登(**)

DSC03968
そして向日町駅から約7km程度の道を2時間かかり、
西国第20番の善峯寺(よしみねでら)に到着!
こちらは入山料が必要。
西国のお寺は立派なところが多いですからね。。

DSC03971
まずは本堂にていつものお参り。

DSC03974
境内からは京都市街地が見渡せる♪ ちょっと木が邪魔だが。
標高400m近くまで登ってきた甲斐があったね(^^)

それではせっかくなので、境内を散策してみましょう。
DSC03980
こちらは遊龍の松。
ちょっと分かりにくいかと思いますが、これなんと1本の木なのです!
樹齢600年以上らしい。すげー。

DSC03984
立派なしだれ桜の花は、さすがにまだつぼみ。

DSC03993
咲いてたのはこちらの梅ぐらい。

境内は結構広くて、結局全部は周らず。
先も長いし行くか。
DSC03997
お寺の入り口まで戻る。
後から気づいたけど、ここ降りなくても境内を突っ切っていけば近道だった。
残念orz

DSC04001
お寺を出てからはしばらくつづら折りの道が続く。
こんな坂登るの久しぶり。さすがにキツイ。

DSC04010
あれ?こんなところにお遍路シールみたいなものがあるよ??
もしかしてこれは、西国参りの徒歩ルート表示???

と思いつつ立ち止まっていたところ、なーんとこの矢印の指し示す道から、
絶妙なタイミングでザックを背負ったおじさんが下りてきた!
すかさず、この道を進むとどこへ出るのか聞いてみたところ、
舗装路をショートカットできるとのこと。
よーし行ってみよう!

DSC04011
ホント道聞けてよかった。
ありがとうございましたm(_ _)m

しかし途中からなんとなく気になってたけど・・・
この道はそんなに整備された感もないのに、ザック背負って歩いてる人や、
ロードバイクで走ってる人がなんだか多い。
10人近くは見たかな。

DSC04017
結局標高450mぐらいまで登ってきた。
峠には3件民家が。内1件は既に廃屋と化してたが。。

DSC04019
峠過ぎるとなだらかな道。

DSC04023
そして、林道と府道(京都府だから県道じゃないよね)との合流点にこんな看板が。
この道って、次の穴太寺までの巡礼道だったんだー
これから先は、この看板見つつ進めばいいね。

DSC04026
周りの杉林はきれいに整備されてる。
この林は花粉は飛散していない模様。すこぶる快調♪

しかしながら久しぶりに長距離歩くので、いろんなところが痛くなってきた。
お尻とか、太ももの裏側とか(**)

DSC04037
地元のおばあちゃんにあいさつしつつ発電所の横を通ると、

DSC04039
なんとここでまさかの大阪府突入!高槻市か?
高槻ってこんなに広いのかー知らんかった。。

DSC04042
坂を下って行くと、ここで例の古道看板発見。
DSC04043
矢印もあるし。

指し示す方向は、ワタシの持ってるツーリングマップルではあまりはっきり記載されてない道。
どうしよう・・・としばし立ち止まってたところ、なーんと前方からお散歩中らしきおじさんが!
すかさず「この道亀岡まで抜けれますか?」と聞いてみたところ、
「今亀岡から歩いてきたよ」とのこと。
しかも初め考えてたルートよりかなりショートカットできるらしい。これは行くしかない!
またもやなんとも絶妙なタイミングでした・・・ありがとうございましたm(_ _)m

DSC04044
そういえばこの道の入り口に、「クマ注意」って書いてあったな(^^;)
でもクマさんはまだきっと冬眠中でしょう。

DSC04054
なんとものどかな風景。

しばらく淡々と歩いてると・・・なんだか何かの気配を感じ、パッと振り返ってみると、
なんと先ほど道を教えてくれたおじさんが歩いてきてる!
ということは、ワタシが道を尋ねた場所からちょっと先まで歩いて、
折り返して来られたのか。

追い抜かれざまに少しお話ししたところ、この先の団地にお住まいで、
この道はどうも普段のお散歩コースらしい。
しかしおじさんの出で立ちはジーンズにジャンパー。
こんなアップダウン多い道歩く感じには見えん。いい意味で。
DSC04057
ありがとうございました!

DSC04059
いつのまにか亀岡市に突入してた模様

DSC04062
そして団地の入り口付近にこんな案内板が。
ここにあった平和池ダムは1951年の水害により決壊し、100人近い方が亡くなったという。
恥ずかしながら、そんな災害があったことをこのとき初めて知った。

なんだか複雑な心境になりつつ、団地突入
DSC04069
かなりでっかい団地を抜け、

DSC04077
なんとか国道9号線へ。
そのまま国道歩いていけば今日の目的地園部まで行けるけど・・・
ワタシはお寺参りをしなければならないのです。。

DSC04087
という訳でちょっと遠回り

DSC04089
こちらも昔ながらの街並み

DSC04095
センダンの巨木の横を通り過ぎ、

DSC04097
善峯寺から約2時間半かかり、ようやく第21番穴太寺(あなおじ)到着!

DSC04101
そしていつものお参りをば。

お参りを済ませ、御記帳を頂く際に「1300年記念の印も押しますね」と言われた。
そういえば善峯寺でもおんなじこと言われたな。あんまり気にしてなかったけど。
家に帰ってから何気に調べてみたら、なんと西国三十三所は西暦718年から始まってるらしく、
現在草創1300年記念イベント(?)中らしいです!
・・お大師様より先じゃん(驚)

お参り後境内でちょっとだけ休憩し、早々に出発。
体中が痛いけど、園部まで確実にあと15kmはある。
頑張らねば。
DSC04106
今日はこんな三角屋根の昔ながらの民家よく見る。

DSC04111
田んぼの中の道にてショートカットし、、

DSC04125
ようやく国道9号線に復帰。

DSC04131
湾曲してる国道歩かず、直線の旧道歩けばよかったと後悔したりしつつ、

DSC04133
電車撮ってご機嫌直したりしつつ、、

DSC04134
南丹市突入!

DSC04135
上桂川統合堰の横でちょっと休憩

国道も飽きたので、ちょっとだけ府道歩いてみる。
DSC04150
この三角屋根って他の地域では見ない形だなあ。

DSC04165
鳥羽宿の町並み

DSC04180
とうとう日暮れまで歩いてしまった。

DSC04186
あたりもだいぶ暗くなってきた頃、ようやく園部駅の看板が。

DSC04187
そして園部駅の南口へ到着!しかし本日のお宿は残念ながら北口だったorz
連絡通路を渡り、駅に隣接するビジネスホテルへ投宿。

しかしこのホテルちょっと変わってまして。。
フロントはどう見てもビルの防災センターや駐輪場の受付にしか見えん(^^;)
フロントのフツーの服着たお兄さんより部屋の鍵を渡されると、なぜか鍵が2つある。
DSC04188
1つの鍵はこちらの入り口の鍵だった。
なんせここは駅の駐輪場の横なので。。

とは言え、部屋はシンプルながら普通の作りで何の問題もなし。
やはり久々の長距離歩行で疲れたのか、ビールのロング缶を結局飲み干せぬまま就寝。

///
歩行場所:京都府向日市(JR向日町駅)~京都府南丹市(JR園部駅)
歩行時間:10時間12分
歩行距離:41km
総歩行距離:???km