みなさまこんばんは。

本日はかなり日が開いてしまいましたが、、、
6月一週目の関東歩き最終日の続きの様子をお届けします!

実はこの回の歩きに関しては途中大幅に予定を変更したりしたため、最終日のルートを決めたのは前日の夜。
富岡か横川かどちらに行くかかなり迷ったけど、時間の都合等で結局横川まで歩くことに決定!

高崎からJRにて、前日のゴール地点だった安中駅まで移動。
DSC08863
2日目から4日目は雨にたたられてしまったけど、最終日にしてようやくの晴天♪
たくさんの通学の高校生がいる中、7時20分頃出発!

10分ほどは駅前から続く交通量の多い道を歩き、
DSC08869
遠くに妙義山を仰ぎ見つつ碓氷川を渡り、

DSC08871
旧中山道へ。

DSC08883
早速昔ながらのお家がたくさん。
DSC08898
昔ながらの土蔵もたくさん。

DSC08904
軽井沢もいよいよ射程圏内か。

ここで、「新島襄旧宅」なる史跡案内版が。
一旦スルーしかけたけど、やっぱりなんとなく気になり、
DSC08907
寄ってみることに。
DSC08908
ここですか。
DSC08910
入口まで行ってみると、外で庭木の剪定作業をしてたおじさんが「係りの人を呼んでくるから」と、わざわざ呼んで下さった。
そのため、外だけサラッと見るだけにしようと思ってたけど、
DSC08913
中も見学することに。

実は大変お恥ずかしながら「新島襄先生」を存じ上げずにここへ来てしまいましたが、
DSC08915
ボランティアガイドの年配の男性から、こちらの展示室にてとっても丁寧にご説明いただきお勉強。

新島襄(にいじま じょう)は同志社大学の設立者。
その生涯は波乱万丈で、明治維新前に密出国して渡米し、アメリカでは勉学に励み宣教師となり、明治7年に帰国した後は布教活動に励みつつ大学を設立し、志半ばで46歳でこの世を去った。
・・とスルッと書いてしまうとたいしたことないように聞こえてしまうけど、出国時やアメリカ滞在時や日本への帰国においては相当の困難があったようで、どれだけの強い意志の力で行動されてたのかと思うと、ただただ感心するばかりなのでした。

あと、新島襄の妻八重は数年前のNHK大河ドラマのモデルとなってて、ドラマが放送されてた頃はこちらの旧宅にもたくさんの観光客が押し寄せたそう。

DSC08922
結局30分程度の滞在でした。
ありがとうございました!

DSC08924
天気よくなってホントによかった。

DSC08927
国道18号線を横断し、

DSC08931
ルートインの横付近から杉並木が。
・・・ん?!こんなところにルートインがあるとは。。
DSC08938
こちらの原市の杉並木は江戸時代からの杉の木はかなり伐採されてしまってて、新たに植樹された木が多い。

DSC08944
でも江戸時代から生き抜いてる大木もあります!

DSC08947
杉並木を抜けると、また立派なお宅があちこちに。

DSC08950
明治天皇がお休みになった史跡も、日本全国あちこちにあるな。。

DSC08956
昭和の雰囲気を残す町並みや、
DSC08957
昔ながらの建物が点在する町並みが続く。

DSC08960
ゆるゆるとだけどだんだん上っていく。

DSC08988
何気に立ち寄ったこちらの神社はちょっと変わった造り。

DSC08998
いたるところに道祖神の石碑が。

DSC09006
ギザギザの山容が目を引く妙義山がだんだんと近くに。

DSC09011
一瞬国道と合流。
DSC09025
しかし、妙義山のギザギザ感は見れば見るほど不思議。
多分、溶岩が侵食されてできたんだろうな。

DSC09029
松井田宿はユルユルと続く上り坂の中。

DSC09033
こちらは脇本陣跡

DSC09049
更に遠くに雲に半分隠れてるけど・・・キレイな山容の山が見えてきた。
もしかして浅間山?!

結局この日は最後まで雲が晴れることはなかったけど、途中一瞬だけだったけど雲が切れて山が拝めた。

松井田宿を抜けると、
DSC09070
更に妙義山が近づく。
DSC09082
眺め続けても飽きないギザギザ感。

DSC09095
花のある風景はとっても癒される。
DSC09101
相変わらず電車撮って喜んだりしつつ、
DSC09114
国道と旧道を行ったりきたりしつつ、、
途中「中山道歩いてるの?今日はどこまでいくの?」と庭先からオッちゃんに話しかけられたりしつつ、、、

DSC09126
妙義山もどんどん間近に。

DSC09129
ここでは浅間山は雲の中。

DSC09136
国道から線路を渡り県道に入れば、横川駅はもうすぐ。

DSC09144
何かを配達中の超低速バイクのおじいちゃんと抜きつ抜かれつした後、

DSC09150
ゴール地点の横川駅に到着!

さーてそれでは無事着いたところで例のものを。。
DSC09148
「峠の釜めし」をしっかり購入。

そういえば軽井沢から横川間が廃線になる前に、青春18きっぷで横川駅通ったなぁ。
あのときは駅で釜めし買って電車の中で食べたっけ・・・などど急に記憶が蘇ったり。

DSC09154
とりあえずこの場では釜めしは食べずにそばを食し、
DSC09157
広島まで帰還開始。
東京までは爆睡しつつ普通電車に揺られ、東京からは新幹線にて帰宅。

DSC09160
東広島付近の車窓。たしか12時ごろ横川駅を出発したはずなのに。。
結局移動に7時間半程度かかった。

そして横川で買った釜めしは、
DSC09163
晩御飯となりました!


さて、ここから先はオマケです。。
釜めしをおいしく頂いたあとは、この益子焼のお釜でご飯を炊いてみましょう♪
炊き方については、釜めしの販売元「おぎのや」のホームページにも記載されてます!

はじめはガスコンロで炊いてみたのですが、やっぱりアルコールストーブで炊いてみたくなり、
IMG_1245
2回目はアルコールストーブで炊いてみた。
いつもの如く最初から最後まで同一火力にて炊飯。

いつ火から下ろすかのタイミングがなかなかむずかしいのですが、、
IMG_1249
いい感じでおこげができました♪
やっぱりお釜で炊いたご飯はおいしい!

///
歩行場所:群馬県安中市(JR安中駅)~群馬県安中市(JR横川駅)
歩行時間:4時間30分
歩行距離:17km
2018年6月の歩行距離:129km