みなさまこんばんは。

本日は年末年始の中山道歩き4日目の続きの様子をお届けします!

さて、福島宿を30分ほど観光後、出発してから4時間半にてようやく薮原宿までやってきたワタクシです。。
DSC06497
国道から薮原宿の入り口までは中山道の案内板はほとんどなく、手持ちの地図を見つつ、相当キョロキョロウロウロしつつ、なんとか町の入り口までやってきた。
左手には高札場跡が。

DSC06504
こちらはお正月で残念ながら閉まってますが、、、
「お六櫛」のお店みたい。

DSC06505
ちょっとした観光施設のベンチにてお昼休憩。

DSC06507
漆器のお店もあるけど、
DSC06508
圧倒的にお六櫛のお店が多い。
DSC06510
今度来るときは、ぜひお店の開いてる時期に来よう。(いつになるやら。。)

DSC06515
こちらの「防火高塀跡」は、1695年に薮原宿のほとんどを消失してしまった大火後に、防火壁として作られたものらしい。

DSC06518
そんな薮原宿もこのあたりで終了。

DSC06520
いよいよここからは標高1197mの鳥居峠へ向けての登り開始。

DSC06521
野麦峠へと通じる飛騨街道との追分を通過し、

DSC06525
毎年春になると尾張藩から鷹匠と役人が出張してきたという、「尾州御鷹匠役所跡」とさらっと見つつ、

DSC06538
どんどん坂を上っていき、

DSC06542
ここからいよいよ山道突入。

DSC06541
このあたりはハイキングコースとして整備されてて、分かりやすい案内板もあり安心。

DSC06549
熊除けの鐘もあり安心。
・・・ここにもクマさんいるんですか。。。

DSC06555
出発前、この鳥居峠の雪の状態が一番心配だったけど・・・
今のところまったく雪はなくて一安心。

DSC06556
看板もあちこちにあって安心。

DSC06559
眼下には薮原の町が。

DSC06566
御嶽山遥拝所へ登ってみたけど、

DSC06567
残念ながらもやってて、御嶽山の山容は拝めず。

登ってきた丸太階段を一旦下りたけど、
DSC06575
遥拝所(御嶽神社)から、そのまま峠への道へ下りれた模様orz

DSC06577
雪が少し残ってる。
しかもちょっと下ってますが???

DSC06585
「子産みの栃」を過ぎると、

DSC06590
なんとなく車道へ出た。
あれ?鳥居峠はイッタイ???

辺りをキョロキョロしますと、上り坂の先に遊歩道の看板が。
DSC06593
ちょっと行ってみるか。
DSC06598
いくつか石碑があったりしつつ、

DSC06600
また車道へ出てきた。

DSC06601
ここが鳥居峠の模様。

先程の小屋の片隅で小休憩し、
DSC06607
念のため簡易スパイク装着して出発しましたが、

DSC06609
ソッコーで雪はなくなりました。。。

ここからはどんどん山を下る。
DSC06615
鳥居峠の一里塚跡がひっそりと。
こんな山中にも一里塚があったのか。

DSC06628
こちらは何の変哲もない沢ですが、

DSC06627
戦死者を葬った「葬沢」だそう。
この手の地名の場所もあちこちで見てきたな・・・

いろんなことを思い出しながら、
DSC06632
下りはガンガン走ります。。。

DSC06635
こういうの見ると、やっぱりただのハイキングコースじゃないと改めて思う。

DSC06641
ハイキングコースの入り口から1時間35分にて、鳥居峠越えのハイキングコースの出口へ。

しばらく車道を進んで行き、
DSC06644
ちょっとだけあった石畳を振り返る。

DSC06645
車道へ降りたところで、観光マップを手にした奥方から「石畳の道はどこですか?」聞かれた。
もしかしてさっきのちょっとした石畳のことかなぁ?見てきたままのことをお伝え。

DSC06649
ところでもう奈良井宿に着いた模様。

DSC06659
静けさ漂う大木がそびえる鎮神社にてお参りし、

DSC06664
神社の先からは景色が一変!

DSC06669
奈良井って、こんなに立派な観光地だったのか。
知らんかった・・・

ちなみに旅の計画時点ではこちらの奈良井宿に宿泊することも考えたけど、馬籠宿や妻籠宿と同様に全滅だったため、木曽福島に連泊することとした次第。

DSC06674
なんだか江戸時代にタイムスリップしたみたい。

DSC06678
「鍵の手」をうねっと曲がった先も、

DSC06686
まだまだ昔の町並みは続く。

残念ながらお正月でかなりの割合でお店はお休みだけど、
人が少なくてよかった!

DSC06691
ハイシーズンに来たら、きっと恐ろしいぐらいの人ごみに違いない。。

DSC06695
今回、奈良井宿で一番人口密度が高かった図。

DSC06702
奈良井宿はこれにて終了~

奈良井駅手前からのこの上り坂の道で通り抜けれるかと思い、進んでいったところ・・・
残念ながら行き止まりでしたorz

駅の手前まで戻らないといけないのかと思ってたけど、
DSC06709
途中で下に降りれて一安心。

DSC06712
こちらの登録有形文化財の丸山漆器店の建物は大谷石でできてる♪

DSC06715
しかし7時前から歩き出したというのに、時刻は既に15時前。
木曽福島まで戻るためのJRの本数も少ないので、そろそろ今日のゴール地点をどこにするのか考えねば。。

DSC06726
すぐ先の木曽平沢駅にするか、当初の目標だった贄川駅まで歩くか。
時計見つつ地図見つつ考えつつ進む。

色々考えてたところ、ここでまさかの事態が発生。
今朝方の強い冷え込みのため、なんとデジカメのバッテリーがひん死状態に。
予備バッテリーを持ってきてたつもりが・・・よく見たらケータイのバッテリーだorz

DSC06732
バッテリーはひん死状態だし、次の贄川駅までは5km以上あるし。
そこまで歩くと、次の電車には多分乗れんし。
今木曽平沢駅で歩きを止めれば、ギリギリで電車に間に合いそう。

DSC06736
つー訳で駅までダッシュ!

なんとか間に合ったか?と思ったら
DSC06738
なんと駅舎は坂の上(汗)

息を切らせつつ坂を走って上り、無人駅の改札を入ったところで、とうとう電車がやってきた。
必死こいて陸橋を渡ると、既に電車は停車中。
ワンマン列車のため、どこの扉から乗車するのか・・・かなり焦ったけどなんとか乗車。
すみません。駆け込み乗車失礼しましたm(_ _)m

DSC06739
そんなこともありつつ、なんとか無事木曽福島駅まで帰ってきました。。。

途中イオンで買い物して
DSC06745
連泊中のお宿まで木曽川沿いを散歩しつつ帰還。
ちなみに、この川沿いにへばりつくように建ってる家々は、「崖屋造り」っていうらしい。

お宿の温泉に浸かった後、前日に続きなかなか豪勢な夕食を頂き、就寝。
素泊まりにしてイオンで食事を買うことも考えたけど・・・お正月ぐらいまあいっか♪とちょっとだけ豪華にしてみた次第です。。

///
歩行場所:長野県木曽町(川沿いのホテル)~長野県塩尻市(木曽平沢駅)
歩行時間:8時間20分
歩行距離:24km
2019年1月の歩行距離:24km