みなさまこんにちは。

本日からは、6月のお出かけの様子をお届けします!

さて、今回は早めに夏季休暇を取得しての1週間のお出かけ。
前半の3日間は秩父のお寺を回り、後半は東京に宿泊し、体調や天気と相談しながら行動する計画を立ててたけど、出発の数日前に秩父のお寺を回る前に、どうしてもまだ歩いていない長瀞に寄りたくなったため、1日目は寄居から長瀞を経由して秩父まで歩き、残りの2日間で秩父のお寺参りを行う行程に変更。

熊谷にて前泊し、翌朝寄居駅まで電車移動。
平日で学生がたくさん乗車してた電車も、途中からは人も減り、のんびりと。
DSC02328
2年前の11月以来に降り立った寄居駅より、8時過ぎに出発。

DSC02333
以前寄居まで歩いたときは、たまたまちょうど秋祭りの日だったっけ。
美しい山車を見て感動したことを思い出しつつ、

DSC02334
いざ秩父方面へ。

DSC02338
一旦国道140号線に合流。
まずは長瀞目指します。。

DSC02342
こういう建造物好きなのでついつい。

DSC02347
国道の歩道が消滅してしまったので、しばらく旧道を進む。

DSC02351
国道へ戻る寸前の踏み切りで電車撮影♪

DSC02353
ここからは、そのまま国道を進むか川向こうの県道を進むか。
国道は意外と交通量多いし、また歩道消滅するとちょっと怖いし、、

DSC02355
川を渡り、県道を進むことに。
DSC02357
湿度が高いせいか、なんとなくもわっとした感じの山と川の景色。

DSC02358
右折し、いざ県道82号線へ。
DSC02364
思いのほかアップダウンが多い道に苦しめられつつ、、

DSC02368
あちらこちらに白くなったマタタビの葉が。
もうそんな季節か~

DSC02371
そんなマタタビにはカワイイ花が。

DSC02386
こんなにたくさんウチワサボテンの花が咲いてるの初めて見た。

DSC02392
ここで長瀞へ向かって右折。

DSC02395
川を渡り、対岸へ。

DSC02404
しばらく進むと、進行方向右手にモンベルショップ発見!しばし店内を散策。
長瀞はカヤックのメッカらしく、カヤック用品が充実してた。
徳島の大歩危にあったモンベルショップと似たような感じかな。

DSC02407
静かな桜並木の道を進んで行くと、

観光客の姿がちらほら見えるようになってきた。
DSC02418
どうやら長瀞に到着した模様。

DSC02423
平日にもかかわらず、まあまあの人通りの土産物屋が軒を連ねる通りを進んで行き、

DSC02427
いよいよ川岸に到着♪

DSC02428
ここがライン下りの出発地点みたい。

DSC02430
「岩畳」の上を歩いて川岸沿いに通り抜けそうなので、行ってみる。

岩畳は昔は川底だったらしく、
DSC02435
石がぐるぐる回って岩を削ってできたポットホールがあちこちに。
一番デカいポットホールは2mぐらいあるらしいけど、結局見逃してしまったorz

DSC02437
対岸の崖は「秩父赤壁」っていうらしい。

DSC02438
進んで行くにつれて、岩の上を歩く人も減ってきた。

DSC02444
岩の上の東屋で小休憩。

休憩後は、もうワタシ一人しか歩いていない岩畳を引き続き進む。
DSC02453
対岸の崖には小さな滝が見える。
これは「女滝」か。

DSC02461
ウツボグサに止まってる蝶を撮影したりしつつ、、

ここで、向こうから歩いてきた年配の男性の方に話しかけられて、10分程度お話し。
どうもこの先にある自然博物館のボランティアガイドの方らしく、この岩畳の見所をいろいろ教えていただいた。
11月上旬の紅葉の頃がベストシーズンらしい。その頃また来れればいいなぁ・・・
色々な情報を頂き、ありがとうございました!

DSC02462
「男滝」は「女滝」に比べるとかなり水量が多い。

DSC02473
このぺりぺりした岩は「結晶片岩」といい、太古の昔に泥やら砂やら海底に堆積した地層が地下深くの20~30kmまでに押し込まれ、今度は地殻変動によって地表に出てきたもの。
海底に泥やら砂やらが堆積した時期は、白亜紀前期らしいので、1億年前くらい?!

DSC02477
地球って、生きてるんだなぁと改めて実感。

DSC02484
先程のボランティアガイドの方に「ぜひ寄ってみてください」と言われた虎岩は、遊歩道から川沿いへ少し降りた場所に。

DSC02486
なかなかおもしろい岩!

DSC02506
岩が縞模様になってるので、「虎岩」って言うみたい。

しばらく虎岩を楽しんだ後は、
DSC02510
せっかくなので、自然の博物館に行ってみることに。

30分程度の滞在で、この辺りの地質のことや動物や化石のこととかお勉強。
変成岩のことがよく分かってヨカッタ♪

DSC02517
その後、どうにもお腹が空いて上長瀞駅前のおそば屋さんでそばを食す。

DSC02519
しばらくは川沿いのローカル道を進む。

DSC02521
あちこちに咲いてる栗の花からは独特の香りが。
また栗拾いの時期が楽しみだ♪

DSC02525
程なく国道へ合流。

DSC02534
ここを進むと34番のお寺へ行けるのか。
今回はよく進んで32番までかなぁ?

DSC02535
進行方向前方には武甲山が見えてきた。

DSC02539
秩父市突入。

DSC02542
ここで、「和銅遺跡」なる案内板が。

初めはスルーしようかと思ったけど、なんとなく気になりやっぱり行ってみることに。

DSC02546
国道から入ってすぐのところにあったこの聖神社は、平日にもかかわらず駐車場には何台かの車が。
そんなに有名な神社なのか?

DSC02549
今調べたところ、どうも金運アップのご利益があるらしいです。。。

神社参拝の後は、
DSC02551
和銅遺跡へ。

途中道を行き過ぎてしまったりとかしてしまいましたが、、、

DSC02564
めっちゃ人慣れしてるネコちゃんに癒されたりしながら、

DSC02569
和銅遺跡へ無事到着。

DSC02575
こちらの岩盤から銅を露天掘りで採掘してたらしい。
看板なかったら絶対わからん。。

ここで発見された自然銅を朝廷に献上→天皇が大喜びし元号を「和銅」に改元→「和同開珎」発行 
ということらしいです。。

DSC02583
このあたりは、銅の産出にちなんだ地名がついてる。

和銅遺跡でのお勉強も終了し、
DSC02586
国道へと復帰。

DSC02595
見覚えのある景色を懐かしんだりしながら進んで行き、

DSC02601
ようやく懐かしい秩父神社の森が見えてきた。

DSC02604
そして、本日のゴール地点秩父駅に無事到着。
昨年11月にも宿泊した駅前のホテルへ投宿。

///
歩行場所:埼玉県寄居町(寄居駅)~埼玉県秩父市(秩父駅)
歩行時間:8時間44分
歩行距離:27km
2019年6月の歩行距離:27km
2019年の歩行距離:484km