みなさまこんにちは。

本日は9月始めの京都の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、この日は天気もよさげなので、以前から歩いてみたかった保津峡へ行ってみることに。
亀岡駅をスタートし、山道の明智峠を越える明智越ハイキングコースを進み、保津峡まで抜けたあとは嵐山まで歩いてみることに。

9月5日(土)
京都駅からJR山陰本線にて亀岡駅まで移動。
DSC01713
道順を確認し、9時ごろ出発!

DSC01718
今年オープンしたばかりらしい超立派なサンガスタジアムを見つつ、

DSC01719
のどかな田園風景を眺めつつ、

DSC01728
立派な橋を渡る。

DSC01729
しかしながら、色々ネットでは調べてはみたものの、明智越ハイキングコースの入口がイマイチよくわからんのでちょっぴり不安。
方角的にはこの橋を渡り切ってすぐ右方向に行けばいいはずなんだが。。

DSC01730
つーことで橋を渡ってすぐの交差点を右折。

神社の前を通り過ぎ、
DSC01733
お地蔵さんが並ぶ坂道を上ると、

DSC01735
しばらくは平坦なのどかな道。

突き当りの上り坂をそのまま進もうかと思いつつ、
DSC01743
なんとなく道なりに進んでいくと、水尾への看板が。
・・・このまま進むといかん。。

来た道を少々戻り、石仏佇む道を上る。
DSC01749
そのまま山側へと上って行くと、

DSC01751
亀岡駅から約30分にて、無事明智越の入口を発見♪

DSC01752
明智越の説明版をサラッと眺めて、

DSC01754
いざ、明智越ハイキングコースへ突入。

DSC01755
看板はたくさんあり、道迷いの心配はなさそう。
しかし、ハイキングコースに入ってからハエがわんさかいるのですが
(**)

DSC01763
道はまあまあフツーだけど、執拗なハエの攻撃を受けつつ進む。

DSC01774
看板は一定間隔で立っていて超安心。

DSC01776
ハエ攻撃は高度を上げていくうちにいつの間にか終了。
倒木があちこちにあるけど、おおむね歩きやすい道を進む。

DSC01778
ハイキングコース入口から30分にて、清和天皇を祀る峯の堂(むねんどう)通過。

DSC01792
尾根道に出ると周りの木がほとんど倒れてる。

DSC01801
やっと眺めのいい場所に出た。
京都市街地方面を望みながらも、
DSC01802
足元はこんな感じ(汗)

DSC01808
危険個所はおっしゃる通りに迂回。

DSC01812
しばらく坂を上ると、目の前に鉄塔が。

DSC01814
2つの鉄塔の真下を通過し、

DSC01820
ここから元の道に戻るのか。

DSC01822
この図を見てようやく状況を把握。

DSC01824
しばらく坂を下り、元の道に合流。

DSC01827
進行方向左側に見えるのは愛宕山であってるかな?

DSC01834
枝の上で佇むトンボを眺めたりしながら、

DSC01836
下り坂を小走りで進んで行くと、

DSC01842
目の前にはまたもや鉄塔。

そして、山道に入ってから初めて他の登山者とすれ違った。
結局、明智越ハイキングコースを歩いている間に出会ったのはこの男性1人だけ。

DSC01845
まだまだ暑いけど、山の上の風は心地いい。

DSC01847
赤い岩肌の道はとっても歩きにくい。
雨あがりとかじゃなくてよかった。。

DSC01852
転ばないように慎重に進む。

DSC01854
足元の悪い道が終わったところで、JR保津峡駅への看板があり一安心。

DSC01855
杉林の道をしばらく進むと、

DSC01860
この小川に架かる橋にて、明智越ハイキングコースは終了~
ハイキングコース入口からここまでの所要時間は、1時間40分程度。

DSC01862
とりあえずJR保津峡駅方面へ向かおう。

DSC01871
しばらくは清流の流れとともに進み、

DSC01874
県道と合流。

DSC01879
県道に入ると、何人ものロードバイクの人たちとすれ違う。

DSC01883
この辺はどうも保津峡ハイキングコースらしい。

DSC01886
ここもかなりの倒木が。

DSC01889
この道を途中まで下ってみたけど、川まで下りてしまうみたいで結局元の道へと戻り、

DSC01893
ほどなく行きのJRの車窓からも見えた、保津峡橋に到着。

DSC01896
保津峡橋の先にJR保津峡駅があるけど、ここは駅まで行かずにそのまま進もう。

先程の分岐点を左に進み、
DSC01902
嵯峨野トロッコ列車の保津峡駅方面へ。

DSC01904
そうこうしてると、遠くからトロッコ列車の汽笛が聞こえてきた。

DSC01906
なんともかわいい列車!
今度京都に来たらぜひ乗ってみよう♪

DSC01908
トロッコ列車が通り過ぎたあとも、歓声を上げながら保津川をボートで下って行く人たちをしばし眺める。

DSC01911
道幅が狭いながらも時々車が通り過ぎて行く道をどんどん下り、

DSC01916
保津峡の看板とともに、川の対岸にトロッコ保津峡駅を発見♪

DSC01919
橋を渡って対岸へ。

DSC01921
なんとも気持ちのいい景色を眺めながら、

DSC01922
トロッコ保津峡駅に到着♪

DSC01925
しかしあてにしていたトイレが見当たらないのですが?!
どうも、線路を渡った先にトイレがあったみたいだけど、このときは全然気づかず、、
とりあえずお昼休憩することに。

駅のベンチでいつものコンビニおにぎりをのんびりと食す。
DSC01924
ちょうどお昼のサイレンが鳴る中、橋を渡り元の道へ戻る。
あとは嵐山に向けて進もう!


・・・またもや長くなりそうなので、、、今日はここまで。
保津峡から嵐山までの様子は、次回お届けします!