みなさまこんにちは。

本日は、1月の歩きの続きの様子をお届けします!

さて、滋賀県大津市の琵琶湖側から琵琶湖疎水をたどり、一旦トンネルに入った水路に京都側にて再度合流したワタクシです。。
DSC03720
穏やかな流れの水路沿いを進む。

DSC03723
すぐそばをJRの線路が走っており、電車が通過して行く。
今まで何度となく車窓から見てきたはずなのに、この道の存在に全く気がつかんかった。。

DSC03725
こちらから遊歩道に突入。

DSC03727
水路の流れと競争(?!)しながら進む。

DSC03733
ここで、ちょうどよさげな東屋があったので、いつものコンビニおにぎりにてお昼休憩。

DSC03734
東屋のすぐ先から、また水路はトンネルへ。

DSC03738
ところで、遊歩道に入ってから走ってる人をちらほら見かけると思ってたら、この道はジョギングコースでした!

DSC03739
走ってる人だけでなく、散歩してる人も多い。

DSC03743
山科の町を眺めつつ、

DSC03749
トンネルの上には立派なお家が。

DSC03747
天気もいいし、気持ちよく歩ける。

DSC03754
住宅街を通過。

DSC03761
再度山科の町を眺める。

DSC03765
ちょっと自然豊かなエリアに入ってきた。

DSC03767
向かって左側の柵で囲われたエリアには、宮内庁の看板があった。
今回は行かなかったけど、天智天皇陵があるみたい。


DSC03775
ここでまたトンネル。

DSC03778
住宅街を通り、ぐるっと回って

DSC03781
トンネル出口へ。

DSC03785
しばらく水路沿いに進むと、

DSC03787
またもやトンネル。
そして遊歩道はここで完全に終了。

DSC03790
トンネルの手前にあった水路にかかるこの小さな橋は、日本最初の鉄筋コンクリートの橋だそう。

DSC03794
しばらく住宅街を歩き、

DSC03798
県道143号へ出て、上り坂を進んで行くと、

DSC03801
眼下には京都の町が♪

蹴上浄水場を横目に見ながら、
DSC03809
蹴上駅の構内を通り、道路の反対側へ。

DSC03815
道路の反対側にあったこちらのトンネルは、

DSC03814
「ねじりまんぽ」
トンネルの耐久性を上げるために、レンガを斜めに積んでいるとのこと。

DSC03816
これって、去年福岡県で見たトンネルの造りと一緒だ!

ねじりまんぽを抜けると、南禅寺はもうすぐ。
DSC03822
せまい小道を抜けて行き、

DSC03825
南禅寺の入口に到着。

DSC03828
巨大な山門をくぐり、

DSC03832
法堂にてお参りを済ませ、

DSC03837
法堂の先にて、疎水と再会。

DSC03844
絵になる景色をしばし眺めて、南禅寺を後に。

DSC03859
蹴上インクラインと並行して流れる水路は、

DSC03861
南禅寺船溜に向かって勢いよく流れていく。

DSC03867
広々とした南禅寺船溜には噴水が♪

DSC03868
まだまだ水路は続く。

DSC03869
京セラ美術館や平安神宮の横を通り、

DSC03871
国立近代美術館の横を通過し、

DSC03875
直角に曲がったところで、疎水をたどる歩きは終了とす。
この先、疎水は町中を通り、最終的には鴨川へと流れ込んでいく・・・ことは今まで知らなかった。
京都はまだまだ奥が深いです!

ここから先は、ホテルのある京都駅方面へ向かってお散歩。
DSC03892
知恩院前を通過。

円山公園を抜けて、
DSC03906
二年坂には結構な数の観光客が。

DSC03909
普段の年よりは少ないんだろうけど、想像してたより人出が多い。。

DSC03910
八坂の塔には、いつもついつい寄ってしまう。

DSC03916
何度も京都に来てるけど、歩いたことのない道はまだまだたくさん。
祇園の料亭が立ち並ぶエリアのこの道も、今回初めて歩いた(と思う)。

DSC03925
鴨川を渡り、

DSC03931
お正月らしく、華やかな生け花が並ぶ京都駅にて、今回の歩きは終了~

結局、今回の京都滞在時に歩いたのはこの日だけ。
翌日、ホテルをチェックアウト後またもや鴨川をランニングし、広島へと帰還したのでした・・・

///
歩行日 :2021年1月2日
歩行場所:滋賀県大津市(大津駅)~京都府京都市(京都駅)
歩行時間:5時間20分 
歩行距離:20km
2021年1月の歩行距離:20km
2021年の歩行距離:20km