広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2016年03月

旅の装備について(お遍路&西国三十三所参拝用品)

みなさまこんばんは~。

仕事の方は、一瞬落ち着きました~(^^)
というか・・・
とりあえず緊急を要す仕事が片付いた。
が正解か(^^;;;

と言う訳で、またしばらくはボチボチの更新が続くかと思いますが・・・
どうかご容赦くださいませm(_ _)m


さて、本日は今年の目標であるお遍路&西国三十三所参りには欠かせない
参拝用品をご紹介したいと思います!
「旅の装備」というとなんか違和感あるかな??まあいいか。。


まずは納経帳。
DSC04159
御朱印を頂くのは必須じゃないんですけどね。なんとなく。

こちらはお遍路用。
1番から88番のお寺の名前が順にページに印刷してあり、
参拝したお寺毎に該当のページに御朱印を頂く仕組み。
1回300円なので、88箇所回るとなんと26,400円かかりますよ~!!!
最後は高野山奥の院参拝ですね。
以前高野山行ったときはまだお遍路してなかったからな~
もう一度行かないと。。

西国参りの際は、私は普通の納経帳を使ってます。写真は割愛。
西国用の納経帳にすればよかったな~
後から見ると、どれがどこのお寺かぱっと見よくわからん(**)
西国用の納経帳もお遍路用と同じシステム。
ただしお寺の数が33箇所とお遍路より少ないので、お寺の絵が描いてあったり、
凝った作りの物が多い印象。


お次は数珠と輪袈裟
DSC04160
お数珠はお遍路始める前にネットで購入。たしか紫檀だったはず。
これをジョリジョリすってお参りしてます。。
ちなみに普段のお墓参りや法事の際は普通のお数珠(手作り)使ってるので、こちらは使用せず。

輪袈裟はお遍路し出して途中でなんとなく欲しくなり購入。
たしか善通寺だったと思う。順番に回ってないから、結構早い頃。
ザック背負って輪袈裟かけると、なんとなく首吊りになりそうなのが難点。


右から納め札、経本、写経
DSC04161
真ん中の経本はお四国用。
私はもう般若心経は覚えたけど、経本見ながら読経するのがマナーなのです。

ちなみに西国お参り時は、西国三十三所用を持参。
観音経のってるけど、お寺で唱えたことないな~
ちょっと長いのと、あと般若心経より念が入りそうでなんか怖い(汗)

納め札はお参り時はもちろん、お接待を受けたときもこれをお渡しするんですよ~
私はお接待はめったにないな~白衣着てないからな~
あと菅笠も被ってないし、金剛杖も持ってないです。つまりは見かけただの人。

写経は書いたものが溜まってるときだけ奉納。最近あんまり書いてない。
やっぱり1時間~1時間半は集中しないと書けないので。
写経を始めたきっかけは、自分の不思議体験の1つ。今後機会があれば書こうかなぁ。


こちらは右から小銭入れ、お線香・ローソク入れ、ライター
DSC04162

お賽銭はこちらの小銭入れから。1円ばっかり入れてる。軽さ重視。

ライターは以前はお参り用チャッカマン使ってたけど壊れてしまいました。残念。
原点回帰(?)で左のライター使ってたけど、水の中に落としてしまい、
あわててお寺の納経所で右のライター購入。150円だった・・・
やっぱり予備持参は必須です(^^;;

お線香・ローソクは、こちらのケースに必要な数だけ入れて持っていく。
ちなみにこれは無印で購入したペンケース。
ずいぶん前に購入したので、今でも売ってるかどうかは不明。
あと、そのままだと上下がわからなくなるのでシール貼ってる。
WAON好きでもなんでもないです(笑)たまたま家にあったシールがこれだった。
DSC04163
ちなみに開けるとこんな感じ。


そしてこれらの道具を入れる袋
DSC04164
モンベルの軽量バック使用。
以前もモンベルのバック使ってたけど、これより重くてかさばってたので、
つい最近買い換えました。


最後にお遍路のバイブルとも言えるこちらのご本。
DSC04165
お遍路歩くには、普通の地図だけじゃ無理で~す。迷いま~す。
歩き遍路の方は、みなさんこの地図を持ってると言っても過言ではありません。
私はお遍路始める前にネットで買いました。現地のお寺でも売ってます。大きい所だけだけど。
特に逆打ち(逆回り)時は必須。
しかしながら、先日もこの地図ガン見しながら歩いたにもかかわらず・・・
道に迷う始末(悲)

2016年3月の活動報告

みなさまこんにちは~

先日1~2月の活動報告したばっかりですが・・・もう今月の活動も締めますので、、
3月の活動報告しちゃいま~す!



それではまず5日~6日から。

ホントは宇和島までお遍路に行きたかったんだけど、ここ最近の仕事の忙しさから
金曜の夜帰宅した時点ではお出かけする元気なし。倒れるように就寝zzz
だけど、土曜の朝9時頃までウダウダ寝てたら、だんだん元気出てきた。

よ~し西国参り行こう~!
いざ安・近・短の姫路へ。(←感覚おかしいですかね?)

ちなみに今回参拝するお寺二ヶ所は、どちらも西国参り始める前に行ったことあるので二度目。

DSC03559
広島から新幹線で1時間。久しぶりの姫路到着。
なんか駅前きれいになった。
そして以前に比べて、外国人観光客が圧倒的に増えた気が。

DSC03565
今回姫路城はスルー。
しかし真っ白になったな(^^;;;

DSC03578
本日の目的地は円教寺。
高架の向こう側に見える、標高371mの書写山の山上にあります。
また山登り~(´∀`)


DSC03584
山の南斜面は乾燥してて、岩肌むき出しの場所多し。

DSC03608
登山口から約40分で円教寺摩尼殿到着。
西国のお寺は立派なところが多い。

DSC03612
山上はなかなかの広さ。
ここは映画ラストサムライのロケ地になった、大講堂・食堂・常行堂。
映画見たら納得(^^)
NHK大河ドラマの軍師官兵衛のロケもここで行ったらしい。こっちは見てない。。

DSC03630
この書写山はロープウェイあるけど、帰りも歩いて下りました。
しかし途中でずりこけた(^^;;;;

翌日は一乗寺まで。
ここも一度行ったことあるので、バスで行こうかと一瞬思ったけど、
バスの時刻調べるのがめんどくさくて、結局歩いていくことに。
DSC03654
街中で道間違えた(汗)
2kmぐらい大回り。

DSC03698
途中道合ってるのか心配になるぐらい何もない。

DSC03718
この辺りでウグイス鳴いてた。
もう春だな~

DSC03733
そして一乗寺到着!
春や秋に来るとよいみたい。ちょっと早すぎ。。

DSC03737
三重塔は国宝らしい。1171年建立だって。すげ~

DSC03742
そういえば前来たとき本殿工事中だった。見れてよかった。



そしてお次は、まだ行ったばっかりの19日~21日。

まだまだ仕事は忙しく・・・金曜の夜帰宅した時点ではお出かけする元気なし。
またもや倒れるように就寝zzz
だけど、これまた土曜の朝目覚めたらなんと元気回復(^^;;;
今度こそ宇和島へ。

DSC03753
広島港から松山観光港まではスーパージェット(高速船)
乗り心地はとってもいいです。

ちなみに宇和島までは、最速自宅から約3時間半。
路面電車で広島港→高速線で松山観光港→リムジンバスで松山駅→JR特急で宇和島駅
・・・この乗り換え回数の多さが、しばらく足を遠のかせた原因(^^;;;
DSC03757
2年ぶりかな?

DSC03774
宇和島といえばやっぱり闘牛。
一回見てみたい。



DSC03819
本日のお宿。お料理おいしかったです♪
夕食時はお遍路のおじさま3人と楽しくご歓談。


翌日は50km弱の長丁場。
津島の宿を夜明け前に出発。
DSC03822
街中は灯かりがいい感じ。

DSC03835
逆打ち(反対回り)シール嬉しい♪
やっぱり逆打ちは難しい・・・
お遍路順路シールがないから、細々としたところで道がわからん(汗)
いままで何度道に迷ったことか。。

DSC03857
もうあちこちで桜咲いてま~す。
宇和島のソメイヨシノは、前の日に開花宣言出てた。

DSC03878
途中からは美しいリアス式海岸を横目に。

DSC03927
そのうち、なんかどこかで似たような風景見たことあるな・・・と。
思い出した!大分県の佐伯あたり・・・ちょうど海の向こう側だww
歩いてるときは見えなかったけど、帰りのバスからははっきりと対岸の九州が見えた(^^)
そういえば九州の佐伯歩いてるとき、逆に四国が遠くにはっきりと見えたっけ。


DSC04009
歩き始めて6時間弱。ようやく40番観自在寺到着!
そして愛媛県のお寺全踏破!
こうして考えると、愛媛県も広い・・・というか、長かったな~

DSC04100
そして人生初の高知県突入!
あと歩きにこだわらず行ったことないのは、秋田、山形、新潟の3県。

DSC04137
そして11時間弱で無事宿毛の街中へ到着。
宿がなかなか見つからず、少々焦った(汗)
・・・そして着いたお宿の夕食時、なんと前日も宿で一緒だったおじさまにまさかの再会!
途中で腰がどうにも痛くなって、バスに乗って移動したとのこと。
翌朝はだいぶよくなったみたいでしたが・・・どうか通しの逆打ちお気をつけて!


連休最後の日は、ひたすら広島に帰るだけにしてみた。
時間はたっぷりあるので、一番お安いパターンで。

宇和島バス宿毛営業所より出発。
DSC04141
路線バスで宇和島→高速バスで松山市駅→伊予鉄で高浜駅→乗り継ぎバスで松山観光港→フェリーで呉港
ここまで約7時間。

DSC04157
そのままこのフェリー乗ってれば広島港行くけど。
どうしても広島駅寄りたかったので。

そして、呉駅からJR→ようやく広島駅。駅でちょっと買い物してから帰宅。
宿毛から自宅まで約8時間半かかった(^^;;;
ちなみに最速でも2時間くらいしか短縮しない。今度行くときどうしよ。。

2016年1月~2月の活動報告

みなさまこんにちは~。

仕事は相変わらす忙しいのですが・・・
ちゃんと(?)歩き活動してますよ~
そこで本日は、ここ最近の活動状況を報告したいと思います。

・・・とその前に、最近の私の体調報告から。

2週間ぐらい前から、左足のふくらはぎと足首の間付近という、
とっても中途半端な場所が頻繁にこむら返りレベルでつるようになり・・・
しかも日中帯の仕事中突然に。マジで痛いし焦るし(汗)
こむら返りは大概夜中寝てる時に発生するので、なんか違うなと。
ちょっと心配になって、かかりつけの整形外科に行ったところ、

疲れが溜まってますね~。

とのこと・・・(^^;;;

どうも歩く時足を蹴り上げる際に使う、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の
疲労が蓄積している模様。もしかして歩き過ぎですか???
あと、加齢で筋肉が硬くなってきてるのと、寒い時期なので
筋肉が固まりやすいのと、水分補給が不足しているのも関係してるみたい。

そのため、脱水症状によく効く漢方薬を処方してもらいました。
漢方薬もらうのなんて初めて。


・・・ということで体調報告は以上。本題の活動報告行きます。
基本は土・日・祝日のどこかで活動です。


1月はすみませんが簡単に。写真なしでいきます。

年末年始は割愛し、1月10日から。
自宅から宮島まで歩き、宮島の弥山に登ってまた歩いて帰ってみた。
自宅から宮島までは約25kmなので、往復50km+標高529mの弥山登山。
全工程約11時間だったかな?
しかも自宅から宮島間を歩いてる際は、信号で止まる以外はほとんど休憩なし。
さすがに帰り道はちょっと疲れた~。
ちなみに弥山登山についてはいつの日か書こうと思いますが、意外ときついです。

次の週は小倉出張で、日曜に小倉から門司港まで歩いてみた。10kmちょっと。
スーツのままで。靴も普通のヒールだったので疲れた(^^;;;

その翌週は、もはや恒例と化した出雲大社参拝。
参拝するだけじゃ能がないので、悪天候の中約20km歩いてみた。。

・・・とここまで毎週のように活動してたので、さすがに体に疲れが溜まったらしく
1月最終週にめずらしく発熱してしまい、会社を半日休みました。
丸1日じゃなく、半日だけというのが私らしいか(^^;;
そのため、ペースをちょっと落とすことに。
そしてこの頃に今年の目標を立てました。ちょっと遅いが。。



2月は写真入りで。

2月の飛び石連休が休めず、その代わり1日有給取って6日~8日の3日間お遍路へ。
松山市内より、48番西林寺→47番八坂寺→46番浄瑠璃寺→44番大宝寺→45番岩屋寺を参拝し、
内子まで。

DSC02779
標高50m程度の松山市内から、一気に標高710mの三坂峠へ。
峠の頂上付近には雪が。

DSC02879
久万高原町は標高高いので、結構雪が残ってた。

DSC02886
古岩屋の奇岩

DSC02931
岩屋寺の周りも奇岩

DSC02997
このあたりの川は、どこも思わず足を止めて見入ってしまうほどの美しさ。
肉眼で見るともっと美しいブルーだったんだけど。
残念ながらこれがデジカメの限界。

DSC03298
内子から松山までは、たまたまアンパンマン号
カレーパンマンかわいい♪
DSC03327
松山から広島までは大抵スーパージェット(高速船)使ってます。悲しき会社員は速さ優先。
この日は松山でちょっと時間が空いたので、山上の松山城まで登ってみました。


20~21日は、どこに行こうか散々悩んだあげく、結局お遍路。
60番横峰寺へ。
横峰寺はご存知の方もおられるかと思いますが、標高745mの高所にあります。
要はまたもや山登り。

DSC03401
宿の女将さんに教えてもらった最短ルートにて登山。

DSC03445
伊予小松駅付近の宿から約2時間半で横峰寺到着。
周りが開けてないので、あんまり山上感はなし。
下りは車道で伊予氷見駅まで。


・・・という訳で、目標どおりお遍路がんばってます!
そして最近は標高差が結構あるところばかり歩いている気が。
これが足の疲労の原因でしょう。きっと。

旅の装備について(ザック)

みなさまこんにちは~。

本日は、歩いている際は一心同体といっても過言ではない、
ザックをご紹介します!

ザックが合わないととっても悲惨ですよ~買うときはぜひ気をつけて。
靴が合わなかったら究極脱いで歩けばいいけど(そんなやついるか?)
ザックはポイして歩くわけにはいかないし。
とはいえ、ザックって店でのフィッティングでも限界があるかと。
なんかいい方法ないのかな?

長距離歩いてる方で、ザックがあわなくて苦労されている方はとっても多いです。。
去年広島でお会いした、日本一週徒歩で踏破中のコバくんも、
使ってるザックのショルダーハーネスが合わなくて大変だという話を聞きました。
他の方にメンテしてもらって、多少は改善したらしいけど。
(ちなみにコバくんとご一緒した際の様子はこちら 楽しい1日でした!)


さて、私が現在愛用しているのは、カリマーのホットクラッグ40タイプ1でございます。
色はご覧のとおり紫色。
ホントはグレーっぽいのがよかったんだけど、広島の好日山荘にはこの色しかなかった。
最近歩く装備なんだか紫色ばっかり買ってる。。

008
ほぼフル装備を詰めた状態。これで8kgぐらいだったかな。
食料とか詰め込むと10kg弱か。


以前はカリマーの30Lのザックを使用してたけど、
昨年キャンプ用品を買い揃えた際、とても30Lのザックじゃ入りきらないため
この40Lのザックを購入した次第。

私はカリマーのザックと相性がよいみたい。
元々使ってたカリマーの30Lザックは3割引ぐらいになってたのを、ネットで購入(^^;;;
その割にはまったくと言っていいほどトラブルがなく、(肩がちょっと痛くなるぐらいならあったけど)
そしてとっても丈夫。5年以上使ってたけど、壊れる様子はまったくなし。
我ながらなんとラッキーな買い物をしたことか!(靴もそうだよね)

そんなこともあり、今回40Lのザックを購入するにあたっても迷わずカリマーを選択。
なぜこのホットクラッグにしたかというと、とにかく軽い!軽量重視!
レインカバーも付いて1.1kgしかありません。30Lのザックより軽い。
そして去年秋に立ち寄った、東京のさかいやスポーツの店員さんも
「いいザックです」って言ってたので、間違いなくいいザックでしょう。
さかいやスポーツ素敵。

使うまではヒップベルトがちょっと頼りないかな~と思ってたけど、使ってみたら全然大丈夫。
ちなみに私は標準体型よりかなり細身のため、ヒップベルト等は適当な長さにカットしてます。


そしてこのホットクラッグ40Lの使い勝手があまりにもよいため、
最近は1泊2日程度のちょっとしたお出かけの際でも、このザックを使う始末。
DSC03558
1泊2日装備を詰めた状態。6kg弱ぐらい。
あれ?フル装備状態と2kgぐらいしか変わらん・・・おかしい・・・。
ドライヤーとステッキが悪いのか?(^^;;;


このザックのいいところは、軽装備のときでもバランスがいいこと。
上部のポケットに荷物を詰めれるので、重心が上に来てとっても楽。
今までは1泊2日程度のお出かけの際は、
普段使いを兼ねたノースフェイスの25Lザックを使ってたけど、
うまくパッキングしたつもりでも、どうしても重心が下に行ってしまいがちなので。

ただ、褒めまくりのこのザックにも1つ難点があり、それは背面調整ができないこと。
身長156cmの私にはちょっと長すぎる。
特にフル装備の際、もうちょっと重心を上に持って行きたい。
あと3cmぐらい短かったら言うことないんだけど。
なんとか調整できないのかな?


《2016年7月17日追記》
私はこの記事を書いた際、ヒップベルトを締める位置が若干誤っていたようで…
正しくは腰骨の上で締めなければならなかったんですね〜
(以前はもう少し下で締めてた)
正しい位置で締めると、ジャストサイズで何の問題もありません!
カリマー様 大変失礼しましたm(__)m

東日本大震災から5年 3.11に寄せて

みなさまこんにちは。

今日は東日本大震災から5年。
今の時期になると、私は必ず2011年1月に歩いた道を思い出します。

私は2010年の年末から2011年の年始にかけて、
茨城県から福島県の太平洋岸沿いを歩きました。
12月29日に栃木県小山市を出発し、太平洋岸に出たのは1月1日。
そして、1月4日に福島県いわき駅まで歩き、仙台発の特急ひたち号に乗車して
帰路に着いたのです。

そのわずか2ヶ月後にまさかあんな大災害が起こるとは。
その時は夢にも思わなかった。
千年に一度の大災害・・・。
千年の時をかんがみると、2ヶ月なんて誤差の範囲なのではと思う。
ちょっと地盤がずれるタイミングが違ってたら、
私も津波にさらわれていたかもしれない。

震災が起こった直後は本当にショックで、自分の歩いた場所がどうなってるのか
しばらく見れなかった。
たしか1ヶ月近く経った頃から意を決してネットで調べ始めたけど、
あまりの変わりように涙が止まらなかったことも。


2011年1月1日 東海村の原発横を通り、
CIMG6997

大甕(おおみか)の手前あたりから日立まで、延々と海岸沿いを歩いた。
CIMG7048
CIMG7103
CIMG7123
CIMG7153


1月2日は小木津浜より海岸沿いへ
CIMG7207
CIMG7215
CIMG7227
CIMG7229
CIMG7235
CIMG7273
鵜の岬海岸では、子供たちが空手の稽古をしてた。


1月3日は磯原駅より
CIMG7361
CIMG7378
磯原海岸へ
CIMG7400
右手の岩礁は観光名所の二ツ島

CIMG7406
今では震災の影響で大きさはこの3分の2程度になってしまい、
樹木も完全になくなっている。

CIMG7444
大津漁港は津波で大打撃を受けた。

CIMG7474
五浦(いづら)海岸
中央付近にちょこんと建っている赤っぽい建物は、
明治時代に岡倉天心が建設した六角堂。
津波で跡形もなく流されてしまったが、2012年に再建された。

CIMG7515
勿来(なこそ)海岸付近
ここにも津波が押し寄せた。


そして、1月4日いわき駅へ。
CIMG7709
このとき乗車した特急ひたち号は、かなりの乗車率だった。
JR常磐線は原発被害を受けた地域を通っているため、今だに全線復旧していない。


震災のあと、被災地のために自分はいったい何ができるんだろうと悩んだけど、
結局は歩きに行くしかないと思った。
そして震災の約1年後、東北へ何度か足を運んだ。
そのときの出来事については、またいつの日か改めて書こうと思います。
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント