広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2016年06月

2016年6月の活動報告:日本一周のコバくん援軍

みなさまこんばんは。

今月も残すところあと4日・・・
6月は結局この土日しか活動しなかったのですが、報告行きます!

昨日・今日と表題のとおり、現在徒歩で日本一周してるコバくんの応援兼ねて、
一緒に山陰を歩いて来ましたよ~(^^)
コバくんのブログはこちら⇒コバの歩いて日本一周 47都道府県制覇の旅

コバくんとは歩き旅人つながりで知り合った。お会いするのは2回目。
初めてお会いしたのは、昨年秋、広島にて。
その後、九州を一周して本州に戻ってきたコバくんに、
山陰で会いたいな~と思っていたところ、この土日のスケジュールが突然ポッカリと空き、
尚且つ前日まで、体調絶不良だったところ土曜の朝奇跡的に復活し、
(体調不良の原因は仕事のストレスっぽい(汗))
急遽連絡し駆けつけた訳であります。


さて、前置き長くなりましたが、土日の様子を。

あの大雨の日からわずか3日、、、
水曜日下関から大変な思いをして辿り着いた厚狭駅に再度降り立ち、
JR美祢線にて長門市駅まで。
DSC05660
山口県のこの辺り、「厚」が付く地名や人名多い。

DSC05667
こんな列車でした。

DSC05669
静かな佇まいの長門市駅でコバくんと再開!
実は私、1ヶ月前に長門は歩いたばかりですが。。。
そのときはスルーしてしまったので、観光したかったのです!
しかしまさかこんなにすぐ来ることになろうとは・・・夢にも思わなかった。

とりあえず私のリクエスト「金子みすゞ記念館」へ行くことに。
しばし記念館内見学。
DSC05673
金子みすゞは、大正時代の童謡詩人。
東日本大震災時にテレビで繰り返し放送されたACジャパンのCM、
「こだまでしょうか」でご存知の方も多いのでは?

DSC05678
思わず詩集を買ってしまいました。。

さて次は、この時点でもう既に夕方だったため本日の寝床探し。
コバくんがいいところ探してくれました!河川敷の公園。近くにトイレもあり♪
ちなみに私は野宿4回目。野宿スキルも少しずつですがアップしております。。
002
テントは、なんと2人ともまったく同じアライテントのエアライズ1です!
強風の中、相当難儀しながらテント設営。

その後は結構長い時間歓談し、就寝。

DSC05684
就寝後もずっと強風で、何度か目が覚めた。
翌朝、メチャ強風でテントが微妙に寄ってる。

DSC05685
そしてなぜか頭上には雨雲。撤収時ピンポイントで降った。
私何か悪いことしましたかね???
7時半頃出発

DSC05687
コバくんはいつもこんな感じで歩いてますよ~
ちなみに荷物は20kgぐらいらしい。私は絶対に担げません(^^;)

DSC05689
途中から峠越え。
いつも坂道のしんどさを伝えられないことにもどかしさを感じる。

005
そして峠の手前で休憩。
今日は30km近く歩いたけど、萩の市街地以外で休憩したのは2回だけ。

DSC05698
萩市街地到着~
公園でちょっと休憩したあと、せっかくなので萩の町並みを観光してみることに。
DSC05707
そして、観光しようと町並み保存地区に入ろうとしたところ・・・
コバくんの「日本一周」のプラカードを見た方から、
なんと「この喫茶店で好きなものを飲みなさい」との申し出が!
こんなことってあるんですね~!
DSC05713
という訳で、ありがたく甘えさせていただきました。
夏みかんゼリーまで!

そしてこの後、更なる展開が待ち構えていたのですが・・・
詳細は、後日コバくんのブログにてご確認下さいm(__)m
(少々手抜きですみません)

DSC05716
ありがとうございました!
また来ます!

006
そして萩バスセンターから帰宅の途に。

コバくん 本当にありがとうございました。
これからも気をつけてよい旅を!

70日目 GW真っ只中の姫路観光

みなさまこんばんは。

今回は先般の続きですよ~。
残念ながら竹田城跡は行かなかったのですが…。
その代わりといっちゃなんなんですが、姫路観光します!

-----
2006年5月5日(金・祝)

ホテルを出発し、姫路城近くから10時30分頃スタート。
IMG_1433
姫路城って、ホントにどこから見てもキレイですね(^^)
それでは入場券買って中に入りましょう。

IMG_1435
こんなんだったっけ?
全然覚えてない(汗 )

IMG_1436
結構入場のチケット売り場に人が並んでたような気がするんだけどな~ 
写真見るとそんなにごった返してる感ないですね。

IMG_1438
天守閣からの景色
南側かな?

IMG_1439 
そういえば何かのテレビ番組で 、戦時中姫路が空襲を受けた際、
焼夷弾が天守閣の建物の中に着弾したけど爆発せず、お城は奇跡的に残ったって言ってた。
そんな歴史を経て今の姿があるんですね。

IMG_1441 
お城の石垣をこういう角度から見るの好き 。

IMG_1442
いや~いいお城でした!
また行きたいですね(^^)

IMG_1444
お城の前の通りは観光客&観光バスがいっぱい。
こないだ行ったときも、同じような感じだった。
1つだけ違うのは、外国人観光客の割合が圧倒的に増えたこと。
先日の様子は、3月の活動報告にてどうぞ。
この後の書写山にも行ってます。。

IMG_1447 
そういえば先日同じ場所で写真撮ったわ。

  IMG_1449
さて次は書写山へ。
この頃はまだ西国参りの存在すら知らなかったので・・・
純粋に観光しに行ったのであります。

IMG_1453 
あの山の上ですよ~
書写山にはロープウェイがありますが・・・当然歩いて登ります!
ロープウェイのチケット売り場のお姉さんに確認した登山道へいざ。

IMG_1455
住宅地を抜け、

IMG_1456
登山口へ。

IMG_1457 
こんな感じのとこ多いです。

IMG_1460 
これは山の東側かな。

IMG_1461 
そして仁王門まで登ってきた。
この少し手前でロープウェイを使って登ってくる人たちと合流。

IMG_1463 
そして円教寺摩尼殿到着!新緑きれい♪

IMG_1466 
摩尼殿からしばし歩くとこんな広い空間が。
こちらは大講堂・食堂・常行堂のある場所。
こちらの詳細説明については、3月の活動報告にてご確認ください。
・・・すみません手抜きでm(_ _)m

IMG_1468 
そして更に進むと奥の院。
十分堪能したので、下山するかな。

そして登ってきた道と違う道から下りようとしたところ、
同じく下山しようとしてたおじさんと一緒に山を下りることに。
残念ながら、もう何話したのかほとんど覚えてないな~
覚えてるのは、ちょっと心細い道だったのでお連れがいてよかったなと思ったことと、
自分が広島から来てることは言わなかったことぐらい。
・・・広島以外の場所の低山に登るときは、遠くから来てることはいつもヒミツです。
え~そんな遠くからきたんですか?みたいな会話になるのがめんどくさいので。。
(すみませんこんな性格で)
あーあと、この書写山は、登山道がたくさんあるんですよね~
みたいな話もしたなぁ。たしか。

IMG_1470 
おじさんとは登山口の出口でお別れしました。
たしか、車を別の場所に止めてたとか言われてたかな?
だんだんと思い出してきた。

IMG_1472 
書写山観光で本日の行事終了感満載のため・・・
駅までの道若干しんどい。

IMG_1474
そして最寄駅のJR余部駅へ到着。
姫新線にてホテルへ帰還。


///
歩行場所:兵庫県姫路市(姫路城)~兵庫県姫路市(JR余部駅)
歩行時間:4時間42分
歩行距離:12km ←アバウトです
総歩行距離:1,690km

68日目~69日目 兵庫県横断開始&竹田城跡を初めて知った日

みなさまこんばんは。

ここ最近過去の世界に戻ってなかったので、久々に10年前に戻ってみたいと思います。
この時はGW前半琵琶湖に出かけて終わりかと思いつつ・・・
なんと後半も出かけてしまいました。しかも突発的に。
たしか宿が空いてたのが、姫路ぐらいしかなかった記憶が。
実は、日頃から地図を眺めるのが大好きな私は、
姫路から北にまっすぐ伸びる国道312号線が前々からとっても気になってたのです。
という訳で、姫路から横断スタートです!

-----
2006年5月3日(水・祝)

晴天の中広島出発〜
めずらしく広島の写真があったので乗せてみよ。
IMG_1366
これは広島駅前のいつも通る道。
まだ再開発前だね~

IMG_1368
姫路には新幹線にてするっと到着。姫路駅を8時出発。
姫路城まだ黒い。

IMG_1369
とはいえ、どこから見ても絵になる美しいお城です。

IMG_1371
では北上開始。

IMG_1372
市川を眺めつつ、

IMG_1377
時々旧道に入りつつ、

IMG_1380
福崎町突入。

IMG_1381
福崎町中心部を経由し、

IMG_1384
そして川沿いののどかな道へ。

私はこの頃はまだ裸眼で歩いてたけど、
このとき日差しのキツさが目にダメージを与えることが分かり、
その後天気のいい日はサングラスをかけるようにした。
ちなみに以前は視力2.0だったけど、現在は1.0ぐらいまで落ちたかな?
視力が落ちたことより、老眼が進んでピントが合わないほうが辛い(汗)

IMG_1386
最後うねうね曲がってる国道から離れて、最短コースの県道選択したけど、
歩道なくなったので・・・

IMG_1387
こんな道歩いてみたり。

IMG_1389
そんなこんなで本日のゴール、JR鶴居駅に到着!
JRにて姫路駅まで戻り、駅近くのビジネスホテルに投宿。

///
歩行場所:兵庫県姫路市(JR姫路駅)~兵庫県市川町(JR鶴居駅)
歩行時間:6時間22分
歩行距離:30km 
総歩行距離:1,644km


-----
2006年5月4日(木・祝)

姫路よりJRにて前日の鶴居駅まで移動。
8時30分出発。
IMG_1390
駅前の橋を渡り、

IMG_1392
国道と合流するまではのんびりと

IMG_1393
神河町突入。

IMG_1394
当面の目標は生野

IMG_1398
天気もよくてのどかで気持ちいいのですが・・・
峠道開始(汗)

IMG_1402
朝来市へ。
結構登ってま~す。しんどいで~す。

IMG_1403
やっと峠!ホッとする。

そういえばこのあたりに「ヨーデルの里」という観光農園があり、
家族連れでごった返してた。なんせGWですから。
私はいくら1人でいるのが好きだといっても、
楽しそうな家族連れやカップルが散々視界に入ると、さすがに精神的に辛いです。。。
なのでGW、夏休み、年末年始期間の歩行は、精神修行も兼ねてます???

IMG_1406
まだ桜咲いてる

IMG_1407
おー!タラの芽いっぱいあるじゃん!!!
しかし軍手持ってないし、仮に採ってもすぐに食べれんし(悲)
見るだけにします。

IMG_1408
新緑もきれい

IMG_1409
生野の町まで来た

IMG_1412
生野駅前付近の道は、昔ながらの街並み。
通りすがりの人は、老若男女かかわらずあいさつをしてくれる。
いいところですね~

IMG_1413
なんともモダンな建物もあり。

IMG_1417
峠越えたら円山川ですか。

IMG_1418
実は、ここ生野町にあった生野銀山と姫路港をつなぐ道は、
「銀の馬車道」として明治初期に馬車専用道路として整備された道なのです!
で、この橋もそれに関するもののはずなのですが・・・
すみません。今手持ちの資料ではなんなのか不明ですm(_ _)m
調べたらシラーっとアップしときます・・・

IMG_1422
気持ちいい道

IMG_1426
そして本日ゴールのJR竹田駅に近づいてくると・・・
ん?山の上になんかあるっぽい?なんだろ?

IMG_1427
地図で確認すると、「竹田城跡」って書いてある。
・・・そう、ここが今では「天空の城」とか「日本のマチュピチュ」として、
超有名になってしまった場所なのです!
この頃はまだブレーク前。
私もこのとき初めてこんなところがあるのを知った。

IMG_1428
だいぶ近づいた。
町の手前では近所の人が井戸端会議してたり、のどかだった。

IMG_1430
駅前の通りは、昔ながらの雰囲気を残してる。
今は変わってしまったんだろうな~

IMG_1431
そしてこの日のゴール、JR竹田駅に到着。
GW真っ只中でしたが・・・人影なし。。今では考えられないんだろうけど。
おととし久々にJRで竹田駅通ったら、観光客の多さにビックリ!


さて姫路シリーズは次回に続きます。
ちなみに竹田城跡には、残念ながらこの年は登らず。
でもいつかは行きますのでお楽しみに(^^)

///
歩行場所:兵庫県市川町(JR鶴居駅)~兵庫県朝来市(JR竹田駅)
歩行時間:8時間31分
歩行距離:34km 
総歩行距離:1,678km

歩き人ふみさんとの交流

みなさまこんばんは。

本日は私の歩き旅人の友人、ふみさんのことを書きたいと思います!
私のブログを読んで下さっている方の9割はふみさんのことを知ってると
勝手に思ってますが、、
ご存知ない方に向けて、超簡単に説明させて頂きますと、
世界の各地を徒歩で旅しているものすごい方なのです!
そういえば何年前か、民法のテレビ番組にも出演されましたね~
「エチカの鏡」だったかな?


さて、そんなふみさんとはブログを通じて知り合いました。
初めてお会いしたのは、4年前の2012年5月。パートナーのあゆみさんと一緒に広島にて。
この時はあまり時間がなく、横川駅近くのコーヒーショップで2時間弱ぐらい、軽くお話しを。


次にお会いしたのは、鹿児島県阿久根市。
2012年の年末から2013年の年始にかけて熊本県八代市から鹿児島県へ向けて歩いた際、
ふみさんがたまたまその年に鹿児島で働かれてたので、会いましょう〜!と連絡し実現。
大晦日に阿久根駅まで車で迎えに来てもらい、
車で15分程度・・・のところを、ふみさんが若干道に迷ってプラス10分程度かかり(笑)
その頃ふみさんがお世話になっていた牛之濱さん宅にお邪魔し、
一緒に楽しい大晦日を過ごさせてもらいました。
私は家族の縁が薄いので、家族でわいわいと過ごすこと自体が新鮮だったし、
ふみさんと牛之濱ファミリーとのご縁もステキだなと感じつつ。
そのときの様子はこちら⇒ふみさんのブログ広島のプチ歩き人、大晦日に歩く
(この頃はまだ、顔出すのが恥ずかしかった)
ここから先のリンクはすべてふみさんのブログより拝借させて頂きますm(_ _)m

その翌日の元旦、ふみさんから思いがけず連絡を頂き、牛之濱さん宅にて
お昼を一緒にどうですか?とのありがたい申し出を頂戴し、
歩いてる途中のところを車で拾ってもらい、再度牛之濱さん宅へ。
元旦にブリをさばく女子高生
ブリをさばいてるところは残念ながら見てないけど、さばいたあとのブリを頂きました。
このときのブリのおいしかったこと!
そして楽しく牛之濱さん宅で過ごさせて頂いたあとは、車で歩いてたところまで
送って頂きました。
CIMG4201
道の駅阿久根のちょっと先だったかと。

そういえば、私は牛之濱ファミリーのみなさまにお礼らしいお礼を何もしてないのですが・・・
いつか阿久根市に行くことがあれば、必ずご挨拶に伺いますm(_ _)m


そしてその次は四国にて。2013年11月の終わり頃。
徳島県の祖谷口駅から香川県琴平駅まで、あゆみさんも一緒に3人で歩きました。
この時は徳島のご実家でのあゆみさんとの結婚式を12月に控えてて、
日にちに間に合わせるため、普段よりかなりオーバーペースで歩かれていたようで、
お二人ともちょっとお疲れ気味。
CIMG8348
そんな中の40km弱⇒阿讃山脈越え38km三人歩き
ちなみにお二人がいつも使ってるカートは、この時はふみさんの妹さん宅に預けており、
身軽な状態で。
ふみさんがあゆみさんの分も荷物持ってあげてる。やさしい~!
ふみさんとあゆみさんは本当に仲がよくて、うらやましい限りです。。
早く一緒に暮らせるといいですね(^^)


その次は、2014年の7月。台湾にて。あゆみさんと2人で台湾一周を歩かれた後に
お会いしました。⇒台湾の最後は淡水でのセレブ的生活
この時が私にとっては初の海外旅行。しかも行き帰り1人。
はじめは空港まで迎えに来てくれるとの話だったけど、ごめん行けなくなったとの連絡が当日に・・・
しかしながら完全に想定内だったため、私は事前に空港からの交通機関調べてましたよ~(笑)
色々あったけど、まあ何とかなりました(^^)
ふみさんには台湾の風習とか色々教えてもらい、1人で街中歩いた際 
ホントに役に立ちました!


最後は昨年の春、京都・奈良をふみさんの台湾の友人、ジュリアと一緒に3人で観光。
Juliaの日本滞在
ジュリアとの会話は8割方英語。
私の英語力はカタコトに毛が生えたぐらいなので、ふみさんに相当助けてもらいましたm(__)m
そして奈良から大阪まで移動した後、ジュリアは北海道へ移動。舞鶴からフェリーで。
ふみさんはジュリア1人じゃフェリーの乗船手続きとか厳しいんじゃないかと、
舞鶴まで見送り兼ねて高速バスで同行されました。
この時、ふみさんって本当に優しい方だな〜と思いましたよ(^^)


さて、こんななんともステキなふみさんですが、
ニュージーランドとオーストラリアを歩いて旅されたときのことを、本に綴られています!
それがこちらの「歩き人ふみの徒歩世界旅行2」です!
私も読ませてもらいましたよ~
001
ちょっと恥ずかしいのですが、私の本の感想はこちらにて⇒歩く女性の感想
興味がお有りの方はぜひ読んでみて下さい!
本の購入方法はこちらにて⇒目次とプロローグ
Amazonでも購入できますが、本人に直接連絡して購入頂いたほうが、
ふみさんが幸せになる仕組みとなっております(^^)
ちなみに「2」ということは「1」もある訳ですが・・・私はまた読んでません。。
ふみさんごめんなさい。今度購入して読ませてもらいますm(_ _)m

そして今年もふみさんにはお会いしたいと思ってますが、未だ実現せず。
絶対に徳島行きますので~!あゆみさんに会うのが先になっちゃいそうですが。。。
あゆみさんとの交流のことも書きたいのですが・・・また後日に。
7月ぐらいかな?

2016年5月の活動報告(その2:萩観光&人々との出会い)

みなさまこんばんは。
今回は5月活動報告の続きです。

まずは、先日書けなかった日本一周旅人との出会いのことを。
萩でのホテルチェックインの前に、近くのスーパーで晩御飯等買い物し、
スーパーの駐車場へ出たところ、なんとなく目に入ったバイクになんと「日本一周」の看板が!
見たところ60代半ばの男性がバイクの持ち主で、ちょっとお声掛けしてみたところ・・・
1ヶ月前に千葉の柏を出発して、九州に向かってるとのこと。
バイクだとあっという間に走り過ぎてしまうので、なるべくゆっくりあちこち見ながら
進んでるそうでした。
泊まる場所は、道の駅が多いって言われてました。なんだか世の中道の駅泊定番化してますね。 。
これからもどうかお気をつけて!

・・・その後ホテルチェックインし、濡れたままだったテント乾かしたり、洗濯したり、
最後の力を振り絞りお勤めしたあとは、お弁当食べてビール飲んで、
倒れるように就寝zzz

翌朝起きたら体中筋肉痛。最近サボり過ぎだったな~
そしてこの日はおとなしく萩観光することに。
なんと小学校の修学旅行以来。35年ぶり!ほとんど記憶無いわww

さてさて萩といえば激動の幕末・明治維新にかけて活躍した志士や政治家を数多く排出した、
長州藩のあったところですね。
最近は、大河ドラマの舞台になったり(決定の経緯は色々諸事情あったようで。。。)、
産業革命関連で世界遺産になったところがあったりと、なかなかタイムリーな観光地なのです。

萩の城下町の町並みは、前日ヨレヨレだったけど一応歩いた(通過しただけだけど)ので、
維新のふるさととも言える、松蔭神社エリアを回ろうかと。

まずは、松下村塾から。
DSC05564
ここは吉田松陰先生(←地元の方々はちゃんと「先生」とお呼びしますよ。。)が、
しばしの間講義されてた場所です。

DSC05565
こんなちいさな部屋から、数々の偉人が育ったんですね。
高杉晋作や、伊藤博文や。

そしてさすが観光地、周りはおしゃれな格好した観光客が多い。
私はでっかいザック担いで、薄汚れた格好して・・・あー目立つわ(汗)

お次は伊藤博文の旧宅へ。
DSC05579
中は意外と広かった。

DSC05591
あとは玉木文之進(吉田松陰の叔父)の旧宅見たりして、

坂の上の高台にある、吉田松陰の誕生地とお墓が隣接する場所へ。
DSC05600
こちらが吉田松陰のお墓。
きれいにお花がお供えしてあったり、お線香が用意されているのは・・・
地元有志のボランティアの方々が、日々管理されているからなのです! 

そしてこの場におられたボランティアのおじさまにお墓の説明を色々聞いたあと、
萩の町中でどこかおすすめの場所がないか聞いてみたところ、
なんと車で連れていって下さるとのこと!
普段歩いてる途中に「車乗りませんか?」とお声掛けされても、
100%丁重にお断りするワタクシですが・・・
この日は何が何でも歩いて行かなきゃいけない理由なんてなかったので、
お言葉に甘えさせて頂くことに!

その前に吉田松陰の誕生地へ。
今は家の敷石と井戸だけが残ってる。
一時期荒れ放題だったみたいだけど、きれいに整備されたよう。
DSC05611
吉田松陰はこの景色を見て育ったんだなぁとか・・・。
なんとなくいろんな思いが頭の中を巡る。

さて、ではおじさまのかなり立派なお車に乗車させていただき、町中まで。
車の中ではボランティアのこと色々お聞きした。
お墓の管理は「本当の」ボランティアでされてるとのこと。
今のところ、跡継ぎ(?)はいないとのことだった。若い方はなかなか長続きしないみたい。大体1年ぐらいで来なくなっちゃうそう。
あと、お墓の管理に関しては、お役所とケンカしながらやってるって言われてました。
私も"お役所仕事''ってのにはホントにカチンとくる。
ちなみにどうでもいいことですが、私は仕事中は相当イラついてて危険です。
最近特に信じられない出来事が多過ぎて…マジヤバい。

DSC05617
そして到着したのは旧湯川家屋敷。
萩の城下町には「藍場川」という人口の川が流れてて、
昔は今の川幅の倍くらい広かったらしく、舟で物資を運んだりしてたらしい。
ここが町中へ水を引き込む入り口付近で、このお屋敷に住んでたお役人が水量調整してたそう。
ちなみにこちらのお屋敷には、平成6年までおばあさんがお住まいになられてたんだって。
結構最近じゃん!

そしてこの川の水を家の中に引き入れて、洗いものしたりお風呂のお水汲んだりして、
その水はまた水路に戻る・・・という循環エコ生活。
家の中の水路の写真何枚か撮ったけど、悲しいかななんのこっちゃわからん写真でして、、
すみません割愛いたします。
DSC05637
水路にはでっかい鯉がいっぱい。

DSC05627
家の中のお庭にも鯉がいっぱい。

DSC05632
立派なお庭。
この旧湯川家屋敷には観光ガイドの方がおられて、色々説明聞けます。

これで今回の萩観光は終了!
おじさまには家に帰る通り道だからと、結局萩バスセンターまで乗せて行ってもらいました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
これからもどうかお元気で!

DSC05643
そしてレトロなバスセンターからバス乗り継いで帰宅。
5時間もかかったわ。。


最後に話はがらっと変わりますが、、
実は前日にこのバスセンターまでは歩いてて、
なんとここで・・・
日本海側の下関から富山までの歩いた道がとうとうつながったのです!
ここは前々から意識してた区間だったので、九州のときみたいに、知らん間じゃないですよ~
そして「ざっくり中国地方一周」も達成しちゃいました!
先般「私は日本一周してる人じゃない~!」と言った割には、
「一周した~」などど喜んでいる自分の感情の矛盾さに、甚だ呆れております。

「ざっくり中国地方一周」のルートについては、また別の機会に。
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント