広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2016年10月

周防大島だいたい半周

みなさまこんばんは。

本日は昨日歩いてきた周防大島での様子をお届けします!
なんか高知以外の場所歩くの久しぶり♪

周防大島は 瀬戸内海では淡路島、小豆島に続いて3番目に大きな島。
地図上は屋代島って書いてありますが、広島でそう呼ぶ人はいないなぁ。
大体「周防大島」の周防も省いて「大島」って言ってます。

この周防大島は橋で本州本土とつながってて、歩いて渡れます!
なので、とりあえず対岸のJR大畠駅まで電車にて移動。
広島からは1時間半程度で行けるので、まあまあ便利♪
DSC09344
大畠も超久しぶりだな~10年振りくらい?
8時ちょっと前に出発。

DSC09346
駅から速攻で大島に向かう道へ。
右に移ってる山は既に島なのですよ~。近い。。

DSC09348
自転車と歩行者はナゾの回り道が設定。

DSC09352
逆光ですが、大島大橋へ!

瀬戸内海の絶景を見つつ、、、
高所恐怖症なので、若干腰が引けながら写真撮影(笑)
DSC09353
DSC09361
橋が架かってる場所は「大島瀬戸」
写真じゃ分かりにくいけど、かなり潮の流れが速い。
大潮のときとかは渦潮もできるみたい。

DSC09362
橋の真ん中辺りで、周防大島町突入!

DSC09366
約15分で対岸の周防大島へ。
本日は島の北岸を海岸沿いにトレースしていきます!
と言う訳で、ここは左折しま~す。

DSC09371
大島大橋の全景。

DSC09373
本日はひたすら国道437号線を進みます。

DSC09377
あれれ?今日はお遍路じゃないはずですが???
実はここ周防大島にはお遍路文化があるんですね~
たしかそんなに歴史は古くなかったかと。
でも、この日は結局お遍路してる人は一人も見なかった。季節柄もあるのかな?
他のお遍路文化がある場所・・・知多半島や、福岡の篠栗では、
想像してたよりお遍路回ってる人が多くてビビッたけど。。

DSC09380
ウォンツもあるし、コメリもあるし、セブンもあるし、、、都会だ。。
しかもウォンツ今週末ポイント4倍だ♪広島帰ったら買い物いかなきゃ!!
・・・内輪ネタですみませんm(_ _)m

DSC09388
島って結構アップダウンが多い。

DSC09393
でもここ周防大島は、島の中ではかなりなだらかな方かと。

DSC09403
なーんか虫の好きそうな花粉の香りがすっごくすると思ったら・・・
これか~。
案の定、いっぱい虫が集まってる。でも初めて見る気がする。なんだろう?
調べてわかったらシラーっとアップしておきます。。。

DSC09406
ススキの穂が銀色に輝いててキレイ。

DSC09412
今更ながら、瀬戸内海もきれいだなあ。
今日は風が強いので白波が立ってる。

DSC09417
DSC09420
ここはビー玉海岸海水浴場。
夏は賑わうんだろうな~

DSC09427
さてさて、大島と言えばやはりみかんでしょ!
しかしこの島にはみかんの100均(無人100円販売所)がないぞ?!なぜ?

DSC09433
ここは島の北岸で一番大きな久賀の町

DSC09437
狭い集落にこんな川が3つもあった。

DSC09445
道端に灯台が!めずらしいね~

DSC09446
そして空にはカラスがいっぱい。

DSC09449
だんだんのどかになってきた。

DSC09460
ここも海水浴場かな。どこも海がキレイ!

DSC09474
ここも結構大きい集落

DSC09480
浮島への船が出てる。

DSC09479
おミカンだ♪でも想像してたよりミカン畑が少ない。
大長ミカンで有名な広島県の大崎下島は、1コぐらい採ってもわからんでしょ?(←いけません。。。)
つーぐらいミカン畑だらけだったが。。

DSC09495
なんか島がポコポコ浮かんでる。

DSC09501
宮崎でも見たけど、このヤシの木の下って・・・

DSC09500
こんな葉っぱがバサッと落ちてるんだよね~
通りすがりに落ちてきて、頭直撃したらどうしようかと思う(笑)

DSC09502
歩き始めて約25km。約5時間半で道の駅サザンセトとうわ到着。
ここでしばし休憩。
そして、本日利用予定のキャンプ場に連絡してみる。
すると17時半まで受付okとのこと。よかった~16時までかと思ってた。
なんとか着けそう。

そしてここでホントはおミカン買いたかったんだけど、
200円で1kgはありそうな袋売りしかなくて断念orz
半分の量で100円でいいんだが。。

DSC09517
道の駅を出てすぐ、なーんとワタクシの敬愛する民俗学者
宮本常一氏の記念館が!
実はここ周防大島が出身地なんですね~
そんなこと言ってる割には、記念館スルーしちゃいました。スミマセン。

DSC09522
この時期柿の木見ると、なんかうら寂しくなるのはなぜ???

DSC09527
道の駅を過ぎると、急に車の数が減った。

DSC09529
ここの海岸は岩がゴロゴロ。

DSC09534
そして島がプカプカ。

DSC09542
本日の目的地まであと12km!

DSC09546
奥側のちょっと大きい島が浮島(うかしま)。
一度は行ってみたいな。

DSC09552
結構風が強い!

DSC09556
この辺りの集落の家はだいたい板張り。
潮風がキツイからかな?

DSC09557
タコツボ整理整頓!

DSC09560
この秋初めてツワブキの花近くで見た♪

DSC09564
ホントに88箇所あるんだな・・・
全部回ったら何日かかるんだろ?

DSC09574
どんどん静かになっていく。
岸壁にはポツポツと釣り人が。たまには釣りもいいかもね~。

DSC09575
集落の8割程度の家屋は、このような板張りかと。

DSC09584
ここは逗子ヶ浜海水浴場。
コテージみたいなのまであった!

DSC09589
しかし瀬戸内海ってこんなにいいとこだったっけ?
本日は地元再発見って感じです。。

DSC09598
だいぶ疲れてきて、地面見て歩く時間が増えてきた。

DSC09606
次の集落が見えてきた。

DSC09609
ここもこんな感じの家が多い。

DSC09616
そして集落から出てカーブを曲がると・・・
目の前に本日の目的地、陸奥キャンプ場の看板が!ヤッター!
もう少し先かと思ってた~よかった。。。

DSC09619
ここ陸奥記念館でキャンプ場の受付を済ます。
ちなみにこの陸奥記念館とは、この伊保田沖で1943年に沈没した
戦艦陸奥の遺品等が展示してあるトコロなのです。
今回は時間がなかったので記念館見学できなかったけど・・・
今度来たときにはゆっくり見よう。

DSC09622
こちらのキャンプ場、10月も終わりというのに先客が結構いてビックリ!
そして中国地方のキャンプ場としては破格の310円!
しかもキレイだし!また来たい♪

晩御飯食べて20時頃には一旦就寝。
1回21時頃目が覚めて、何気にカープの試合をラジオで確認したところ・・・
日ハムが6点取った?こりゃだめだわ~と完全に諦めがつき、完全に就寝。


さて、実は今回は当初、翌日島の南岸を歩いて、周防大島一周するつもりだったのですが・・・
まさかの事態が発生してしまい、結局歩いたのはこの日1日だけ。
リベンジできる日は来るのかな?
///
歩行場所:山口県柳井市(JR大畠駅) ~ 山口県周防大島町(陸奥キャンプ場)
歩行時間:8時間37分
歩行距離:37km
総歩行距離:???km

遍路道と再会と潮騒と感謝(その3:入野松原~中村)

みなさまこんばんは。

本日は今回の歩き最終日の模様をお届けします!

さて、前日の夜は道に迷い、もうどうしようと思っていたところに
神としか思えないやさしいご家族の車にて、無事キャンプ場までたどり着いたワタクシでしたが・・・
下り坂ばかりだったのが悪かったのか?
あまり履き慣らさないまま、おニューの靴をデビューさせたのがいけなかったのか???
古傷の右ひざを痛めてしまい、ヨタヨタとしか歩けない状態でしたが、、、
朝起きたら治ってた・・・ヨカッタ♪

DSC09298
フライシート掛けてる状態で写真撮るの忘れた。。
写真でいうところの左上側にトイレや炊事場があり、ほんのちょっとした下りになってるのですが・・・
昨晩は、この写真じゃわからないくらいの下りさえマトモに歩けなかった。
まぁよくあることなんですが。。。

DSC09299
このサイトは一番海に近い場所。
予約する際に、「波の音がうるさいですよ」と言われたのですが、
たしかに"ザバーン"レベルじゃなく、"ゴー"って感じだった(^^;)
まあ、私は波の音大好きなので、全然大丈夫だが。。

そして、このテントサイトのすぐ裏には遊歩道があるようでして、、
早朝散歩の方々の気配で起床しました(笑)

DSC09302
とは言え、やっぱりキャンプ場は野宿とは安心感が全然違う♪
おかげでぐっすり寝れましたm(_ _)m

あんまりおなかがすいてなかったので、朝食食べずに7時前には出発。

DSC09303
こんな感じだったんだ~前の日は真っ暗でまったくわかんなかった。
ちなみに道の駅まではよくよく確認したら、1kmぐらいの距離だった。
でも歩いてるワタクシ達にとっては、100m戻るのですら死活問題ですのでね・・・

DSC09308
松原エリアから国道までは思ったより距離あり。

DSC09310
やっと国道まで出てきた♪
これから中村駅までひたすら国道56号線を歩きます。

DSC09314
町はあっという間に終わり。
ホントに昨晩中村まで歩かなくてよかった・・・

DSC09319
昨日遠くに見えた足摺岬までは、あと55km!
2日で行けるね~

DSC09321
この辺りも夜だと真っ暗だったな(汗)

DSC09325
四万十市突入!

DSC09326
そして道端にこんな看板が・・・ん???四万十ウルトラマラソンですって?!!!
これって、鉄人加藤さんが毎年出てる大会なんじゃないの?!
なんと大会当日に、知らずして来ちゃったのか~
事前に気づいてたら応援して帰ったのに~時間ないから無理だ~残念orz
ちなみに鉄人加藤さんについては、またそのうちお会いできると思うので、
その際にでも書こうと思います!
今回の大会も100km無事完走されたそうです。お疲れ様でしたー(^^)

DSC09327
さて、ここで時刻は8時半となりました。
キャンプ場受付の営業開始時間と相成りましたので、一応別の人がお支払いに行きますよ~と
電話しときます・・・
始め、昨日お話しした女性の方と同じ方と思って話してたら…なんだか話が通じず(汗)
どうも昨夜の方とは違う方で、更に引継ぎを受けてないことが発覚。。
結局一から事情をお話しすることに。
四苦八苦しながら10分近くお話してやっと事情がわかってもらえ、更にはやさしいお言葉まで頂きました。
・・・四国はなんでこんなにやさしい人が多いのでしょうか?
今日も感謝です!本当にありがとうございましたm(_ _)m

さーてキャンプ場の件も解決したし、後は中村駅まで歩くだけじゃ~
DSC09329
市街地突入

DSC09331
御神輿担いでる人達が!ちょっと平均年齢高そうだったが。
これは残念ながら地方中小都市あるあるでしょう。。

DSC09332
よーしもう少し!

・・・と思ったところ、なーんか駅に着かないと思ったら。。。
やばい!道間違えた~戻らなきゃ!!このままじゃ電車の時間に間に合わん!!!

河川敷の土手をガツガツと登り、
DSC09334
ザック+ポーチの総重量約12kg背負った状態で、走る走る!

DSC09335
橋も走って渡る!人間やればできるもんだ(^^;;

DSC09337
ヨカッタ~間に合った。。

DSC09338
特急出発の10分前に中村駅到着!
これを逃すと、次の特急は約2時間後ですからね~

サクサクッと昼食とか買って列車に乗り込み、約5時間かけて広島駅まで帰還。
いやーしかしまた遠くなったな~(汗)


最後におまけを2つほど。

途中の駅で隣に止まってた、アンパンマントロッコ列車。
DSC09341
バイキンマンをメインで撮影(笑)


そして今回の栗の収穫はこれだけ。
image
約270gありました♪皮むくのがめんどくさくてまだ食べてない。。
また栗ご飯かな?


///
歩行場所:高知県黒潮町(入野松原キャンプ場) ~ 高知県四万十市(土佐くろしお鉄道中村駅)
歩行時間:2時間17分
歩行距離:11km
総歩行距離:???km     

遍路道と再会と潮騒と感謝(その2:窪川~入野松原)

みなさまこんばんは。

本日は先般の続きをお届けします!


さて、トミーさんと無事再会を果たし、四万十森林公園にてキャンプ(もとい野宿)を
行ったワタクシですが、寝る前に辺りが真っ暗な中トイレまで行った帰りに
縁石につまずいて転んでしまい・・・
頭は打つわ、ズボンの右ひざあたりは泥だらけになるわで、散々な目にあいました(**)
それもこれもビール(というか私のリクエスト麦とホップ)のロング缶を3本も飲んでしまった
天罰でしょう・・・。
とはいえ、打ち所が悪いとシャレになりませんよね。
今後は気をつけますm(_ _)m

翌朝は朝5時頃から散歩の方々の気配でなんとなく目が覚めたけど、
基本寝起きが悪いワタクシは、しばしテントの中でウダウダ。
結局6時前頃に何とか起床。
DSC09132
奥のオレンジのテントがトミーさんのテント。
私と同じエアライズですが、トミーさんのは2人用なので一回り大きい。

しっかしこの日はまあまあ冷えたので・・・テントがものすごい結露ってますわー
さすがにテント乾かしてから出発しようということになり、
朝食食べたりトミーさんとお話ししたりしながら、しばしまったりと過ごす。
そしてお散歩中のお母さんたちからは、こんな野宿者に
「今日は寒かったでしょう」などどやさしい言葉をかけて頂き、なんだか恐縮ですm(_ _)m
トミーさんも、「四国の人はやさしいな・・・」とポツリ。

DSC09134
実はこの四万十森林公園、出発1週間前の休日に野宿できそうか否か
自宅で必死こいてネット検索かけてたところ・・・
なんと3年前、ふみさんとあゆみさん が、ここで宿泊されてた情報を
あゆみさんのブログ記事にて発見!
それなら大丈夫でしょう~(どーゆー基準笑)と、ここに宿泊することを
決意した訳であります。なかなかよい物件でしたよ♪
朝のラジオ体操放送が、なぜ大音量だったのかはナゾだったが(笑)

DSC09133
トミーさん色々とありがとうございました!どうか気をつけて!
また日本のどこかでお会いしましょう♪

DSC09135
当然ながらバイクのトミーさんはあっという間に姿が見えなくなり。。
ワタクシはとりあえず公園入口のホールっぽい建物まで移動し、
身支度を整え、9時前出発。

DSC09136
昨日は真っ暗でコワいぐらいだったけど、
こんな感じだったんだー

DSC09139
窪川駅前にあったこの立派な建物。
何かと思ったら四万十町役場だった。

DSC09145
そして、約20分で37番岩本寺到着!
今回は3日間で90kmぐらい歩いたけど、お寺はこの1か所だけ。
もしかして、お遍路中一番お寺密度が低いとこですかね。。

そしてここで、本日の寝床を確保。
やっぱりキャンプ場は安心感が違うよなーと思い、
入野松原のキャンプ場に電話してみた。しかし受付は17時までだって。
「もしかしたら時間までに着けないかもしれません」とお話しすると、
「お支払いは翌日でもいいですよ」とのことだったので、即決で予約。
・・・しかし今思うと、ここでもっとよく場所とか確認しとけばよかったorz
相変わらず詰めが甘いわ。。

そして町中のドラックストアで昼食調達後、国道56号へ。
DSC09153
今日は昨日とは打って変わっていい天気♪
やっぱ天気がいいのと悪いのとでは気分も全然違う。

DSC09164
ここの田んぼではちょうど稲刈り中。
とっても忙しそう。

DSC09165
「ない箇所が」というか・・・もう目の前すぐ歩道ないんだけどね(^^;)
でもこんな気遣いが嬉しい。

DSC09168
ゾロ目のキロ表示はなんか妙にテンション上がる♪

DSC09169
黒潮町突入!

DSC09170
町境からは延々と下り坂

DSC09175
・・・とここで、めちゃ栗が落ちてる場所が!
これは拾うしかない!!!

DSC09176
今シーズン一番の大物♪
結局ここで10分ぐらい栗拾いしてました。。。

DSC09177
超デカイループ橋を渡ったりしつつ下って行く。

DSC09188
このちょっと手前の遍路小屋で休憩した際、ここ「佐賀温泉こぶしの里」に
トイレマークが書いてある情報を見て、トイレを拝借することに。
しかしめちゃめちゃキレイなトイレでビックリ!そして従業員の方もとっても親切でした!
いつの日か機会があれば泊まりに来よう♪(そんな機会あるのか???)

DSC09189
そして出発してすぐこんな看板が。もうアップダウンはいやじゃー
ここはあなたの言うことを素直に聞きます。

DSC09191
と言う訳で、川の対岸の静かな道へ。

DSC09210
国道合流まで約5kmこの道歩いたけど、車とすれ違ったのは2回だけ。
しかも2台とも軽トラ。

DSC09213
あとJRの特急列車1台見た。

DSC09215
約1時間ののどかな道歩行は終了~
アップダウン終了した国道56号へ帰還します。。

DSC09218
えー!今日がお祭り当日じゃん?!
でも結局行けなかった。残念orz

その後、まだ最近できたばっかりっぽい「道の駅なぶら土佐佐賀」で休憩をとり、
しばし歩くとそこは・・・

DSC09236
太平洋の絶景です♪
真ん中に浮かぶのは、鹿島

DSC09238
ちなみに遠くに見えるのは佐賀の町。この一帯を鹿島ヶ浦っていうらしい。
ちなみにカツオ漁獲高ナンバーワンを何度も取ってる漁船が所属してる
佐賀明神丸船団は、この佐賀港が本拠地なのですよ~

DSC09240
おーこの公園は野宿するにはなかなか好物件では?!
近くにあるJR駅の名前にもなってます!
DSC09246
写真撮ってないけど東屋もあったし、このキッズエリアもなかなかの穴場では?
もちろん日が出てる間はテント張れないけど。。。

そしてまた海岸線へ。
ここは結構遠くまで見渡せる!
DSC09259
DSC09260
この付近、波しぶきで霞んでた。




DSC09265
もうこの辺はJRじゃなく土佐くろしお鉄道なので、
列車もなんかペインティングされてる。

しばらく大好きな海を眺めながら歩く。
しかし、なぜ私はこんなに大海原の荒波が好きなのでしょうか???
自分でもよーわからん。
DSC09267
DSC09275
DSC09278
DSC09281

DSC09291
しばし大海原を堪能したあと、一瞬内陸へ。
ここでとうとう17時になってしまった。

実はキャンプ場の受付は、キャンプ場の手前1.5kmにある道の駅なのです。
ということは、翌日1.5km歩いて戻り、お金を支払わないといけない訳で・・・
もう疲れてるときにそんなこと考えたアカツキには、テンションガタ落ちですわよー。。

そして、ご丁寧にキャンプ場の受付の方から確認の電話があった。
やっぱり翌朝1.5km戻らないといけないorz
この時は、正直キャンプ場予約したの後悔してた。

DSC09293
テンション激低のところ、また見えてきた海を何気に眺めてたら・・・
もしかして遠くに見えるのは足摺岬?!ヤッター!とうとう見えた(゚∀゚)☆
ちょっとだけテンション復活♪

DSC09295
ホント日が落ちるのが早くなった。
本日はこれにて撮影終了。

ここから先は、ツラツラと文書のみとなります。
どうかご了承くださいm(_ _)m


この付近ほとんど街灯もなく、日が落ちるとホントに真っ暗。
18時にやっと道の駅まで到着。
ここで晩御飯のおかずをちょっと買おうと思ってたけど、
営業時間18時までのところ、なーんとほぼ18時ジャストで閉店した模様。
まだ18時3分ですが?!
しばらく中をのぞいてみたものの、お情けは効かなさそうなので仕方なく出発。

そして、キャンプ場まで1.5kmだったら15分ぐらいかな?と思いつつ、国道を歩き出す。
しかしこれが大きな間違いだった。
実は、キャンプ場までの道は、この道の駅の敷地内を突っ切って
海側にで出ないといけなかったのです。
このとき私は、「国道歩いてたら、そのうちキャンプ場の案内看板が出てくるだろう」
なーんて考えてたのです。
そして15分歩き、20分歩き・・・まったく看板が出てくる気配なし。
しかもコンビ二があるよ?!買い物はできたけど、なんかおかしくない???

このコンビ二で何らかの措置を取ればよかったのに、ついつい更に歩き進めてしまった。
そしてなんだか町中に入ってきた付近で、さすがに行き過ぎでしょ?!と確信。

どうしよう???!!!

ここから戻ってキャンプ場探しながら歩くのもういやだ~
予約したとはいえ、使わんかったらお金払わなくてもいいでしょ?
でも泊まる場所がありそうな、次の町中村まではあと10km近くある。
この真っ暗な中2時間歩くのはツライ(**)
頭の中を「どうしよう」がグルグル回る。

そしてしばらく歩いていると、反対車線にホームセンターの看板が見えた。
ここで店員さんにでも一応キャンプ場の場所を確認しとくか・・・と道路を渡ろうとしたら、
入り口付近に止まってた軽バンに乗ってるご家族が、なんだかこっちを見てる。
そしてご主人らしき男性が「どこまで行くの?」と話しかけてこられたので、
「あの・・・キャンプ場まで・・・」とお答えし事情を簡単にお話したところ、、、
「じゃあキャンプ場まで行ってあげるよ。ほら、乗りなさい」と言われた。

・・・こんなことあっていいのですか?!

もうなんだか信じられないまま、車に乗り込む。
後ろの座席には丸刈りの男の子が2人乗ってて、
何年生か聞いてみると、4年生と幼稚園の年長さんって答えてくれた。
二人とも私のザックについてる赤色点滅ライトを見てはしゃいでる。
なんかカワイイ。

前に乗ってるご主人と奥さんと思われるお二人とお話しすると、
やっぱりかなりキャンプ場を通り過ぎてしまってた模様。
そしてこのご家族、そういえば声をかけられる少し前に1回見かけたキオクが。
もしかして、心配して先回りして待ってて下さってたのかも。
ほんと申し訳ないですm(_ _)m

多分歩きでは到達不可能だったのでは?と思われる真っ暗な松林を抜け、
ものの5分程でキャンプ場到着。
ご主人が道の駅の方角の方向を教えてくれたのですが、一瞬何か考えてその後、
「戻るの大変だろうから、明日お金払っといてあげるよ。いくらだっけ?」
・・・もうこうなったら、全面的にお言葉に甘えさせていただきますm(_ _)m

キャンプ場の料金(北海道のキャンプ場並み)と、私の名前をお伝えし、
ご主人の連絡先を聞こうとしたのですが、、、
「いいよいいよ」と言われて結局聞くことができず。。。

そしてここでやさしいご家族とお別れ。
自分の不注意が招いたことだったのに、こんなに親切にしてもらって。
もう「感謝」としか言いようがありません。。
走り去る車を見送りながら、なんだかしばらく放心状態。
もし、私が生きている間にもう一度でもお会いできる日が来るのなら・・・
全力を挙げてお返しさせてくださいm(_ _)m

・・そしてワタクシはゲンジツに戻ります。。
疲れた体にムチ打つようにテントを張り、食事を作って食べ、
ホッとして落ち着いてから古傷の右ひざが痛くなり、
まったく曲がらなくなってしまったため、シップ張って就寝。
あまりにもくたびれ果ててたので、この日の晩酌は不要(笑)


///
歩行場所: 高知県四万十町(四万十森林公園)~ 高知県黒潮町(入野松原キャンプ場)
歩行時間:9時間50分
歩行距離:39km
総歩行距離:???km     


遍路道と再会と潮騒と感謝(その1:須崎~窪川)

みなさまこんばんは。

本日より3回に分けて、中村までの道のりについてお届けします!


さて、またもや高知お遍路ということで・・・最近恒例の前入りですよ~
まずは高知駅まで移動し、駅近くのホテルへ投宿
DSC08953
会社1時間早帰りだとだいたいこの時間帯。

DSC08954
今回は少々違う角度で(笑)

そして翌朝は眠い目をこすりつつ、高知駅から鈍行列車にて須崎へ。
この日は平日でして、、通学時間帯だということすっかり忘れてた(**)
はじめは結構な人で座れなかったけど、20分後くらいにやっと座れた。
そこからは爆睡モードzzz・・・
DSC08958
爆睡したおかげでだいぶシャキッとした♪
8時50分頃須崎駅前を出発!

DSC08969
・・・がしかし、いきなり道に迷ってしまった。素直に国道出ればよかったのにorz
確実に20分程度はタイムロス。

DSC08972
道の駅かわうその里すさきの手前で、やっと国道へ合流。
道の駅ではお昼用のお寿司を購入したり、
「趣味のアマチュア無線で広島の世羅郡に行ったことある」(世羅郡なんてマニアック過ぎ(^^;)
という方に話しかけられたりしつつ、、、

DSC08981
道の駅を出発すると、アップダウンが続く道へ。

DSC08989
そして、安和(あわ)駅の付近から遍路道(山道)へ行ってみますよ~
標高228mの焼坂峠へGO!

DSC08992
私はそれほど自然豊かな場所を求めてる訳ではないんだが(笑)

DSC08996
でも早速自然豊かになった。

DSC08999
今回もまた栗ゲット♪
豊かな自然を求めてないといいつつも、自然の恵みを頂戴します!
ガツガツは拾いませんよ~(笑)ボチボチと拾っていきます。。

DSC09001
この道看板ないと絶対わからん。

DSC09003
すると目の前にはいきなりの急登(汗)

DSC09005
ちょっと荒れ気味の道が続く。

そして足がつりそうなぐらいの急登を汗たらしながら登って行くと・・・
遍路道の入り口から約40分、思ってたよりあっさりと峠到着!

DSC09009
峠の看板は何気に地味すぎて後から気づいたので・・・写真撮ってなかった。
この看板ちょい手前が峠。
しかしこの後どんな道が待ち構えてるんだ?コワい。。

少々ビビリながら歩いていくと、
DSC09011
なんだかとってもおだやかな道ですが?
どこが危険なのか?

DSC09012
もしかしてこんなとことか、

DSC09017
こんなとこ言ってる?

DSC09024
結局身の危険を感じることなく、山中の遍路道は終了。

DSC09028
「四万十市」と「四万十町」か~
つい最近この2つの市と町があることを知った。
やっぱ"四万十"って名前はブランドなのかなぁ?それにしてもまぎらわしいね。

DSC09031
そしてまたもやのどかな遍路道へ。

DSC09035
セイタカアワダチソウもすっかり秋の風物詩になっちゃいましたね。

DSC09039
アンパンマン列車を嬉しげに撮影(笑)


そして土佐久礼駅付近のコンビニで、本日二度目の休憩。
ここでこれからのルートについて、しばし考える。

ここから先は国道56号線、添蚯蚓(そえみみず)遍路道、大坂遍路道の
3ルート選択可能なのですが、国道はなんだかつまんないし、
添蚯蚓(そえみみず)遍路道は標高409mまで登らなきゃいけない。
ワタクシは結局、標高287mの七子峠を越える大坂遍路道を選択。

DSC09041
一瞬だけ国道を歩き、

DSC09043
すぐに遍路道突入!
しばらくは1.5車線ののどかな道を進む。



DSC09062
そして、目前にはなんだか高所に架かる橋が。

DSC09063
なんと四国一でした!

DSC09070
ここから山道に入ります。

DSC09076
こんな山の中に遍路小屋が!
トイレはあるし、水はすぐそばを流れる川から調達すればいいから泊まれるね♪
でも夜は真っ暗でちょっとコワいかなぁ・・・慣れればなんともないのかな?

DSC09073
この辺りも川の水青い!

DSC09077
ここからいよいよ本格的な山道へ。

DSC09082
障害物避けるの大変(**)

DSC09084
登りがしんどくて下向いて歩いてたら、この竹に頭を強打(^^;;;

DSC09086
更にまさかの階段攻撃。
しかもこの階段、異様に段差があり・・・
足の短い私ではトントン上がれませんよ(汗)

そして国道からの分かれ道から1時間40分、

DSC09090
七子峠到着!

DSC09092
峠のすぐそばから四万十町突入!

ここでベンチに座り込んでたお遍路中の外国人の男性と
たまたま自販機に飲み物買いに来たサラリーマンっぽい男性が話してた。
お遍路外国人男性は、峠超えがよっぽどしんどかったのか、
汗ダクダクでハアハア言ってたけど・・・大丈夫だったのかな?

DSC09093
ここからはのどかで交通量も少ないので、国道歩く。

DSC09099
そしてしばらく歩いてると、バイクに乗った男性が私の姿を見て止まった。
・・・ トミーさん だ!!!

実は今回トミーさんが西方面へ旅立たれたのを聞いて、
出先の高知で会えませんか?と連絡したところ・・・
なんと高知まで来てくださり、且つキャンプ(もとい野宿笑)を一緒にすることになりました!
トミーさんとお会いするのは今回で2回目。
遠くから爆走頂きありがとうございましたm(_ _)m

さすがにバイクのほうが早いので(笑)
トミーさんには先に本日の宿泊地へ行って頂くことに。

DSC09106
この付近、ご親切に歩道が切れる前には必ずこの標記あり。

DSC09113
のどかな道が続く。

DSC09120
だけどこの曇天のせいか秋のせいか?
なんだか感傷的な気分。

DSC09125
本日2つ目の道の駅で休憩後、夕暮れの空を見つつ、
今日も1日無事終わりそう。と引き続き感傷的。

しかしそんなに感傷に浸ってる場合じゃないですよ!秋の日はつるべ落としですから。。。
あっという間に日が暮れてしまい、周りは真っ暗。
そして本日の目的地、四万十森林公園までかなり近くまで来てるであろうというとこで
道に迷ってしまい、結局窪川駅の近くを15分ぐらいぐるっと回ってしまった(**)

少々あせってしまい、とりあえずトミーさんにちょっと遅れそうと連絡しようとしたところ・・・
あれ?電話番号登録失念してますよ(大汗)←翌日ちゃんと登録しました。。
もう急いで行くしかない!となんとか公園へのルートを確認し、真っ暗な道を急ぎ足。
すると公園の手前まで、トミーさんがバイクで来て下さいました。
もしかしたら遅れてたので心配して下さったのでしょうか・・申し訳ございませんm(_ _)m

安心したところで、先に着いてたトミーさんがちゃんと下見して下さってた場所で、
即座にテント設営。

そしてテント設営後、トミーさんが買出しに行ってくれました!
バイクって便利だね~(今更?)
DSC09130
まさか刺身が食べれるなんて!
買出しありがとうございましたm(_ _)m

DSC09131
それでは本家との記念すべき初乾杯!

そしてビール飲みながら歓談タイムへ♪
以前広島で初めてお会いしたときは色々悩まれていたようですが・・・
だいぶ気持ちの整理がついたように感じましたよ。。


そして色んな話をしつつ、改めて思った。
トミーさんにはまったく関係ないことだけど、
私はこの1年ぐらい、人の弱さや苦悩とかと真剣に向き合わざるを得ない時期だったのかなぁと。
自分の力ではどうにもできない苦しみや、悲しみや・・・本当にとってもしんどかった。
でも、そのしんどい時期もやっと終わったような気がする。
そして、これからの人生においてこの経験が生かされるのだと心から信じたい。


・・・そして結局トミーさんが買って来てくれた、ロング缶6本2人で全部飲んじゃいましたよ(^^;;;
すっかりいい感じに酔ったところで就寝。

///
歩行場所: 高知県須崎市 (JR須崎駅) ~高知県四万十町(四万十森林公園)
歩行時間:9時間32分
歩行距離:37km
総歩行距離:???km  ←なんだかどうでもよくなってきました・・・   

73日目 萩往還を歩く(山口~萩)

みなさまこんばんは。

本日は久々に、10年前のキオクを辿りたいと思います。
・・・えーっと、、久々なのでおさらいしますと、、、
10年前の初夏は、山口県を重点攻略しておりました。(特に意味なし)

本日ご紹介するルートは、主に「萩往還」という街道を歩いております。
実はワタクシは現地に行くまでそんな街道があることすら知らず・・・
ちょうどその頃職場で同じ担当だった萩方面出身の人に、後日話しをしたところ、
「結構地元では有名な道で、小学校の遠足とかでよく歩いた」
などどいう話を聞き、無知な自分を恥じた次第です。
(未だに世の中知らないことだらけですが。。)

あと、どうでもいいことですが、このとき歩いたルートのことを職場の飲み会の際に
話をしたところ、異常にインパクトが大きかったみたいで、
最近の飲み会でも未だにこの話が出たりしてます。。
この方面に出張行く人多いので、距離感がつかみやすかったのかと。
東京から日光まで歩いた話もどこかでしたんだけどな~
やっぱり中国地方のニンゲンは距離感ピンとこないんだろうな~

-----
2006年6月7日(水)

なんせ10年前のことなので、、細かい記憶は呼び起こせないので、
ザックリと。。

新幹線&JR乗り継いで山口駅へ。
7時50分出発
IMG_1539
駅前通りはなんとも静かな佇まい。
数ヶ月前に久々に通ったけど、今もあんまり変わってない。

IMG_1540
ザビエル記念聖堂の建物をチラッと見つつ、

ちょっとだけ観光をば。
IMG_1542
ここは瑠璃光寺。国宝の五重塔が美しい!
私は今まで見た五重塔の中で、ここが最高に美しいと思ってます(^^)
しばし佇む。

IMG_1550
さて先は長いのですよ。。。
40kmもある!

IMG_1552
ダム湖の横を通り抜け、

IMG_1556
一気にローカルロードへ。

・・・とここで、「萩往還」なる標識が。
IMG_1557
へー。ちょうど今日通るルートじゃん。

IMG_1558
なんかおもしろそう。

IMG_1559
と言う訳で、、、歩いてみます!

IMG_1562
結構きれいに整備されてる。

IMG_1567
石畳や、コンクリートや、道の状態は色々。
そういえば途中でアサギマダラ(渡りをする蝶)見たな~
今年萩まで歩いた際も見た。久々に。あのフワーっと飛ぶ感じが好き♪
残念ながら写真はありません・・・飛んでるチョウチョ撮るのなんか無理無理(汗)
興味がお有りの方は、ウィキペディアでどうぞ(手抜きでスミマセン)

IMG_1569
そして車道と絡みながら進んで行く。11%は結構な上り(汗)
この勾配を示すパーセントの意味ですが、私は実は最近まで知らなくて、、、
カンタンに言いますと、100m進む間に垂直に1m上がると1%となります。
なのでこの坂道はもし100m距離があるとすれば、
100m先はスタート地点より11m高度が上がっているわけですね。。
ちなみに勾配度数計算はタンジェントとか使うので・・・すみません。よーわかりませんm(_ _)m
ネットで計算できるツールがあったので算出したところ、11%は斜度6.3度でした。。。

IMG_1572
結構登った!
山口県は総じて峠の標識が立派な傾向が。

IMG_1573
萩市突入!

IMG_1579
一里塚。
江戸時代の街道にはよく残ってますね。

IMG_1580
途中グミがなってた。思わず食べてみた。久しぶり♪
子供の頃は家のすぐ近くに大きなグミの木があって、よく食べてたな~

IMG_1587
途中道の駅で休憩しつつ。
アップダウンが多くて結構しんどい道が続く。

IMG_1589
気が向いたら旧街道へ。

IMG_1596
ここはきれいな石畳

IMG_1597
ご先祖様に感謝せねば。

IMG_1599
滝なんかも見つつ。まったく記憶ないけど(^^;;

IMG_1602
山道ばっかりなので、たまに町を通るとホッとする。

IMG_1608
これが最後の急登。結構バテテるけど、頑張る!

IMG_1609
こういうトンネルはめちゃ怖い(汗)

IMG_1612
最後の山道を抜けて一安心。

そういえば写真撮ってないけど、途中休憩にて立ち寄った道の駅萩往還の中にある
「松蔭記念館」の人形がリアル過ぎて、めちゃめちゃビビッた記憶が。
ワタクシはとっても小心者なのです。。。

IMG_1616
この川を渡ると萩市街地

IMG_1618
ようやく萩の街中へ。
でも、ちょっと寄りたい所があるのです。
IMG_1619
決して鶴江の渡し船に乗りたいのではなく、

IMG_1623
日本海に「海面タッチ」しに来た訳でもなく、、

IMG_1624
実は、この当時の職場の某Kブチョーに教えてもらった
菊が浜にある「たつち」の干物を買いに来たのです!
ここの魚の干物はいい塩梅で、とってもおいしいんですよ~♪
営業終了時刻直前になんとか滑り込みセーフ。
萩の街中から結構早足で歩いた甲斐があったね。。

IMG_1626
買い物済んで、やっとホントにホッとした。
しばし日本海を眺める。

そして萩バスセンターまで戻り、広島へ帰還。
この頃はまだ広島~萩間の直行バスがあったんだよね~でも本数は少なかった。
この時どうやって帰ったかはまったく記憶なし。
バスで山口まで出てから新幹線で帰ったかも?

そしてこの時は萩バスセンターの写真撮ってないけど、
先日久々に行って、ほとんど変わってなかったので妙に安心(笑)
そのときの様子はこちら⇒2016年5月の活動報告(その2:萩観光&人々との出会い)
たった5ヶ月ぐらい前のことなのに・・・なんかすごく昔のことのような気がする。
あれから色んなことがあったなぁ。

///
歩行場所:山口県山口市(JR山口駅)~山口県萩市(萩バスセンター)
歩行時間:9時間30分
歩行距離:41km
総歩行距離:1,785km

プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント