広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2017年02月

77日目~78日目 浜田から益田までの道のり

みなさまこんばんは。

一時期いったいどうなることか?と思っていた仕事もちょっとは落ち着き、
(とは言え決してヒマではないが)体調もだいぶ戻ってきました。
でもまだあまり量食べれないし、ビール全然飲んでないし、、
大人になってからこんな長期間アルコール摂取してないの始めてかも(笑)

・・・さてそんなことはさておき。。。
本日は、またもや久々になってしまった、過去歩きを振り返りたいと思います!

-----
2006年7月28日(金)

さーて今回は島根県の浜田市から出発ですよ~
過去にも何度か書いたかと思いますが、広島から浜田間は高速バスの便数も多く、
それほど時間もかからず、とっても便利なのです♪

という訳で、この日もJR浜田駅まで高速バスで移動し、
9時20分出発。
IMG_1721
当面の目標は、益田41km

IMG_1722
遠くに見える白い塔みたいなのは、浜田マリン大橋。
結構有名(だと思う)

IMG_1726
石州瓦の家々が立ち並ぶ風景好き。

IMG_1728
時折通過する山陰本線の列車撮ったりしつつ、

IMG_1729
ちょうどお昼時に三隅の町に着いた。
そして通りにはまったく人影なし(^^;)

IMG_1730
こんな雲見ながら歩くのも好き。

IMG_1732
日本海が見えてきた♪

IMG_1738
山陰の海岸線ではよくあるアップダウンを繰り返しつつ、

IMG_1741
国道外れて海岸へ。やっぱ夏はいいね~
・・・暑いけど。。。

IMG_1749
熱中症にならないよう、日陰を探しつつ進みましょう。

IMG_1757
人影ない海岸。ワタシはこれが当たり前。。

IMG_1760
最後の5km程度は、国道外れて歩いた。

IMG_1763
そして、国道9号線に復帰してしばらく歩いたところにあったバス停を何気に見たら・・・
もうすぐ浜田行きのバスが来る♪ということで、なんの変哲もない場所でこの日の歩きは終了。
なんせこの付近、公共交通機関はバスもJRも本数少ないのでね・・・
遅れないよう確実に乗らないと!

スタート地点の浜田まで路線バスで戻り、浜田からは高速バスにて広島へ帰還。

///
歩行場所:島根県浜田市(JR浜田駅)~島根県浜田市三隅町(岡見口バス停)
歩行時間:7時間4分
歩行距離:25km
総歩行距離:1,862km


-----
2006年8月5日(土)

さて、先般の歩きから1週間後。
性懲りもなく(?)続きを歩くのです!

またもや浜田まで高速バスで移動し、浜田からはJRにて移動。
乗り継ぎがメチャ悪くて、1時間程度待ったような気がするが。。
IMG_1764
JR岡見駅を10時過ぎに出発。

IMG_1765
なんか写真見るだけで暑そう(汗)

IMG_1767
国道9号線へ。

IMG_1770
夏真っ盛りですねー
ワタシは夏のこの生命感溢れる感覚が大好きなんですよー♪
歩くこと自体は、日本海側を除く西日本に限って言えば冬が一番楽なんですけどね・・・
いろんな命が冬ごもり中なのでなんか寂しい。。

IMG_1771
益田市突入!

IMG_1773
しかし日陰ないとキツイ。

IMG_1780
海が見えるとちょっと元気出るんだが。

IMG_1784
うわー炎天下(汗)

IMG_1787
炎天下だけど、海の側で休憩。

IMG_1797
そしてやっぱり列車大好き(笑)

IMG_1801
この辺もうなんか意識もうろうとしてた記憶が。

IMG_1802
でも、なんとか益田の町が見えてきた!

IMG_1804
よしもう少し!

そして、この後益田駅から高速バスに乗ろうと思ってたワタクシは・・・
事前に調べてたバスの時刻表を見ると、結構時間ギリギリ!
炎天下の中走る走る!

そしてマジで出発時間ギリギリセーフで益田駅発の高速バスに乗り込み、
広島へ帰還したのでした・・・
これ逃すと、次のバスは確か2時間後ぐらいだったような気がする(^^;)

///
歩行場所:島根県浜田市三隅町(岡見口バス停) ~島根県益田市(JR益田駅)
歩行時間:4時間12分
歩行距離:19km
総歩行距離:1,881km


日本一周中のさるぼぼくん来広!

みなさまこんばんは。

最近ネガティブな内容の記事が続いてしまい、大変失礼しましたm(_ _)m
ここ数週間ほど数年来最悪の体調でしたが・・・
なんとか回復の兆しが見えてきました。

そして今日は、日本一周徒歩踏破中のさるぼぼくんが広島まで来られたため、
お会いしてきました!

さるぼぼくんのブログはこちら⇒さるぼぼ、日本を歩く。
最新情報はツイッターで見れますよ♪
※歩いて旅してると、それなりの内容をリアルタイムでブログ更新するのはほぼ不可能です・・・私には分かります。。
 毎日ブログを更新してる(してた)方は本当にエライです!



原爆ドームの横で待ち合わせ、快晴の空のもと初のご対面。
DSC03848
徒歩で野宿しながら旅してるとは思えない出で立ちです。
(もちろんいい意味で)

そして、スタバでゆっくりと話でも・・・と思ったらちょうどティータイムですごい人。
結局本通りのロッテリアにて(すみません)旅人トークを。
実はさるぼぼくんの歩いたルートをこれまでハッキリ知らなかったんだけど、
ほぼ海岸線トレースしててビックリ!
今までお会いした日本一周さんで一番すごいのでは?!
DSC03849
こちらは2順目メニュー。
1順目はなかなかスゴいメニューだったんだけど。撮るの忘れたorz

DSC03852
その後、缶コーヒーの無料試飲会で3本も缶コーヒーもらったり、
(内2本はさるぼぼくんに差し上げました。
彼は今日からしばらく缶コーヒー祭りです笑)

好日山荘行ったり、
DSC03853
さるぼぼくんのリクエストで、超久しぶりに広島城行ったりして、

広島駅近くで、これから東へ進むさるぼぼくんとお別れ。
DSC03855
今後の予定は、しまなみ海道から四国を周り、本州へ戻ったあとは
地元の飛騨高山まで反時計回りで本州を歩くとのことです。
これからもどうか気をつけてよい旅を!

そして今日、さるぼぼくんとお会いし、とっても元気もらいました! 
明日からはなんとか前向きな気持ちで頑張れそうです(^^)

旅の資金を貯める&旅の予算について

みなさまこんばんは。

今日は世の中バレンタインデーですねー
ワタクシは基本そういった行事は全く興味なしなのですが・・・バレンタインデーだけは別なのです!
なぜなら大好きなチョコレートを買って食べれるから♪ 
しかしながら今日は、昨日からの体調不良により会社は休み、家でおとなしく寝てましたorz
とりあえず軽い食事は取れるまでに回復したけど、
しばらくは大好きなビール&コーヒー+チョコレートは我慢かな?

さて、パソコンに向かうことができるまで元気回復したワタクシは、
最近サボってた家計簿の整理(といってもノートにレシート貼るだけ)を兼ねて、
旅の資金の貯め方&歩いて旅するにはどれだけお金かかるの?ということについて
書いていこうと思います!仕事休んだ日にこんなことしていいのか(^^;)

ここから先はつらつらと長文になりますので、
興味が無い方は読み飛ばしていただいて結構ですm(_ _)m



まずは、旅の資金の貯め方=貯金方法について。

世の中いろんなムズカシイ事情を抱えた方も数多くおられるとは思いますが・・・
少なくとも、「旅に出たい」と思われている方々は、そんなムズカシイ事情は存在してないことを前提に。。

これは、実はとっても簡単です!

収入>支出 の生活を送ればいいんですからねー♪


ここで、どれくらい参考になるかわかりませんが、ワタクシの1月の支出をご紹介。 
※ここではお出かけ代は除きます。
数値については若干アバウトですm(_ _)m

食費・日用品⇒11,000円
水道光熱費・通信費・新聞代⇒12,000円(水道代含まず:偶数月のみ支払い)
家賃⇒45,000円
趣味(好日山荘で買い物)⇒4,500円 
交際費(飲み代2回分)⇒9,500円
保険⇒10,000円

合計 92,000円


仮に、月々の収入が手取り20万円とすると、なんと半分の約10万円は貯金できますねー
1年間だと120万円♪

あと、ちょっとだけ月々の支出&普段の生活について補足。

・外食はほとんどしない。平日のお昼ごはんはお弁当作って持って行く。
・この月は2回飲み会に参加したけど、普段はほとんど行かない。
 必要最低限(歓送迎会とか)のみ参加。
・趣味はお出かけ用の装備・メンテナンス用品の購入がほとんど
 最近はあまり買ってない。
・普段の仕事・プライベートで着てる服は、破れて修復不可能とか、
 マジもう着れませーんというところまで着込む(笑)ため、ほとんど買うことなし。
 この1年間で買ったのは、ワンピース1着と下着類だけ。
 買い物するのは、ブックオフ系中古服(結構品揃えがいい)・ユニクロ・無印といったところ。
・化粧品(一応女ですから。。)は、使ってるものが切れたら買うのみ。
 この月は購入してないけど、平均すると月2,000円弱か。

・・・他にも書きたいことはいっぱいあるのですが、
あまり書きすぎると「節約ブログ」になってしまうので、これぐらいにしとこう(^^;)
要は、日々節約しとりますつーことです。

私は一人暮らしなので光熱費や家賃が要りますが、
ご家族と同居されてる方であれば、収入が少なくてもガッツリ貯金可能ですね♪


さて、お次は溜まったお金で旅に出よう!という方へ向けて、
歩いて旅をするにはどれくらいお金が必要か書いていきたいと思います!

当然のことながら、歩くという行為自体にはまったくお金はかからないため、
旅に出る前の準備や、旅に出てからの費用がいったいいくらかかるの?ということですね。

旅に出る前の準備費用(装備等)の詳細については、別の機会で書かせていただくこととし、
本日は旅に出てからの費用について書いていきたいと思います。


まずは宿泊費から。

ここでは宿に泊まるか、テント泊(もとい野宿)するかというところで大きく差が出ます。

宿使用の場合は、オール宿使用の場合だと初期投資は0円で済みますが、
旅に出てからは毎日宿代がかかることになります。
まあまあ庶民的な宿の場合、ビジネスホテルで5000~6000円程度(あっても朝食のみ)、
民宿(旅館)で、6500~7500円(2食付)ぐらいです。
もちろんこれより安い宿もたくさんありますが、高い宿を選択せざるを得ない場合もあるかと思いますので、
あくまでも平均値と思って頂ければ。

テント泊の場合は、初期投資がそれなりにかかりますが、野宿&無料キャンプ場ならタダ!
劇的に費用削減できます。
キャンプ場については、北海道なら高くてもワンコインで済む場合が多いですが、
その他の地域は1000円以上する場所もザラにあります。
それと、どうしても治安上の理由等で宿泊せざるを得ない場合は、インターネットカフェですかね。やはり。
だいたい2,500円くらいあれば泊まれるかな。
快活CLUBがなかなかいいらしいので、今度泊まってみようか(^^)

いかんまた話それた。。

宿泊費をまとめますと、
・宿使用⇒5000~7500円程度
・テント使用⇒0~2500円程度
といったところでしょうか。


お次は食事代ですね。
ここはワタシのいつもの生活を例に、進めていこうと思います。

まず朝食ですが、宿使用の場合なるべく朝食付きの宿をチョイス。
諸事情により朝食購入の場合は、パン買って食べることが多い。300円ぐらいかな。
テント泊の場合はおかゆかパスタかな。材料費150円程度。

昼食は、歩いている最中はほとんど軽めの食事しかとりません。
コンビニでおむすびを買って食べることが多いです。2個のことが多い。250円ぐらいか。
さすがにそれだけじゃ足りないので、おやつも購入。大福とか、夏はアイスが多いかな。200円程度。
あと、真夏は飲み物にもお金かかる。意地でも買わない!という方もおられると思いますが・・・
ワタシは軟弱なので冷たい飲み物が欲しい(笑)真夏はMAX3本買うかなぁ。450円?!
その他の季節は不要。
もちろん例外的に、昼ガッツリ食べることもありますよーその場合は1000円弱かな。

夕食は、民宿等夕食付きの宿は不要ですが、
ビジネスホテルの場合、コンビニorスーパーで調達することが多い。
ワタクシは皆様ご承知のとおりビールが必須アイテムなので(笑)なんやかんやで800円前後ぐらい。
テント泊の場合はパスタ+100円野菜+コンビニある場所ならちょっとおかずだけ買って食べたりとか。
そしてビールの替わりに小さい焼酎買って飲むことが多い。平均400円ぐらいかな。

食費を超アバウトにまとめますと、
・宿使用⇒1500円程度
・テント使用⇒1000円程度
といったところでしょうか。ここは個人差がかなり出るかと。

あと、ここは宿でもテント泊でもそれほど差が出ないところかと。食べんと体もたんし。
若いうちは、食パンで食いつなぐってこともできるかもしれんけど・・・
少なくともワタシぐらいの年齢になると、ちょっとキビシイ(汗)


最後に、忘れちゃいけないのが自宅からスタート地点&ゴール地点までの交通費。
これは当然目的地とご自宅との場所で変わってきますので、ここでは詳細割愛します。。


・・・というところで、1日あたりの諸経費を無理やりまとめたいと思います!

・宿使用⇒8000円程度
・テント使用⇒1500円程度

ぐらいでしょうか?
これに、活動日数を掛けるとともに、往復の交通費をプラスすると
超アバウトですが、旅の予算が策定可能です♪
これは必要最低限の予算なので、これに予備費も積んでいただくとより安心です。。


我流で恐縮ですが、よろしければ参考にして頂ければと思います(^^)

吉野ヶ里遺跡探訪

みなさまこんばんは。 

本日は、先般お届けできなかった、吉野ヶ里遺跡の様子をお届けします!

さて、ワタクシ実は観光地を訪れる際は、あまり予習をしないタイプです。
というか、予習しようと思ってもまったく頭に入らんというのが適切か(^^;) 
なので、この吉野ヶ里遺跡も御多分に漏れず、予習なしで臨んだのであります。

それではこの場面から再開
DSC03502    
国道曲がって結構すぐ

DSC03506
広大な駐車場を突っ切って行きますと、
そこには、、
DSC03507
メチャ近代的な建造物が! あれーこんなとこなの?  
昔の素朴な建物がチラホラ復元されてるとこだと勝手に想像してたが。
まったく違ってた。

入場料420円かかるみたいだが、ここまで来たんだし入ろうか。

DSC03509
いざ入場♪

この後トイレに手袋忘れたかも?と一旦引き返したら、
ザックのポケットに入れてたというオチがあったり、バタバタしつつも(汗)

DSC03511
なんか遠くに デッカイ建造物が!
もしかしてあそこまで行くの???

DSC03512
ここからいよいよ核心部へ

DSC03514
早速こんなものが。こんなバリケードしてたとは。
今まで弥生時代って勝手に平和な時代だと思ってたけど・・・
結構物騒だったんだな。
DSC03516
 物見やぐらがチラホラ見える。
 ここは南内郭といって、支配者層(エライ人)が住んでたエリアらしい。
DSC03523
中に入るとかなり広い。

DSC03524
住居がたくさん復元されてる。
そして全部中に入れる。
DSC03525
中はこんな感じ。結構広い。
ここ住みたいわ(笑)
DSC03532
こちらは「王」の家
このエリアで一番エライ人でしょう。きっと。
この家の中には・・・
DSC03533    
人形まで復元!相当リアル。

DSC03535
さて、お次は物見やぐらに上ってみよう♪
DSC03536
思ってたよりはるか遠くまで見渡せる。
こちらは佐賀市方面
DSC03539
そしてこちらは北側、背振山地方面。これからこっち側行きます。
しかし敷地相当広いな。

途中こんな家もあったり。
DSC03541
酒造りって、女性の仕事だったんだー
この家の中にはお酒は置いてなかった。残念(笑)
DSC03545   そして、お次のエリアは北内郭という場所。
祭りごとなどを行ってた一番大事な場所のよう。
相当厳重に囲まれた柵の中に入りますと、 、
   DSC03546 
何このメチャ立派な建造物は!弥生時代にこんなんあったのー?! 
まったく想像してなかったな~。       
この建造物は主祭殿。祭祀の中心となってた建物のよう。
中に入れるので行ってみよう。 

DSC03550        
2階はこんな感じ。またもや相当リアルな人形の皆様方がご鎮座。
ここでいろんなこと決めてた模様。
・・・アバウトな説明ですみません。。

DSC03553
3階はなーんと神のお告げを聞く場所です!
一番前に座ってる巫女が霊を降ろしてたみたい。
 
周りの建物も見てみるか。
DSC03547
こんな建造物最近どこかで見たな・・・   
出雲大社か!

DSC03556
 ここは最高司祭者のお宅。高床式ですね。。。
このあたりなんとなく気になる。

DSC03558        
従者の方々は、竪穴式住居に住まわれてた模様。

その他色々興味深い建物とかありましたが・・・
長ったらしくなるので割愛いたします。。
 
さて、それでは更に北側へ 
DSC03569
ここはフツーの人々の墓地だったところらしい。       

DSC03571
このようなデッカい土器に遺体を入れて、葬っていた模様。
              
そしてこの墓地の更に北側
DSC03573               
この何の変哲もない丘の中には・・・

DSC03576
なんとこんな立派な墓地が!
キレイに保存されてます。

DSC03579
紀元前1世紀ごろの歴代の王の墓らしい。

DSC03585
この甕の破片、ホンモノだそうです。
大量のガラス製の管玉や銅剣も出てきたんだって!

DSC03590        
いやー
こんなスゴイとこがあるなんて。まったく知らんかった。

途中養蚕の家やいろんな作業場所だった家を通りながら、
DSC03599
また大きな集落が。 
倉が立ち並んでる。
DSC03604
稲はやっぱり一番か。

DSC03609
こんな頃から税納めてたのか。
昔の人も大変だったんだ・・・

DSC03610
このあたりは「市」が開かれてたらしい。
こんな昔から市ってあったの?!

DSC03617
これが市の中心の建物。二階建て!

DSC03618
二階から望む景色
周りには市を守る兵士の住居や詰所の建物もあった。
なんかニンゲンって、何千年前も今も本質は変わらん気がする。

DSC03622
いろんなこと考えつつ・・・遺跡探訪は終了~
しかしこの季節にきてよかった。夏だと熱射病になりそう(^^;


DSC03624
広場で遊んでる人も多し。

DSC03626
フツーにキレイな公園だ。

DSC03628
あまりにも広大なので、何ヶ所か入り口あり。
入ったのは東口、出る際はゴール地点側の西口へ。

ここで、アンケートに答えると赤米もらえるって書いてあった。
ついつい米につられ(笑)アンケート記入。
DSC03630
家に帰ってからおいしく頂きました♪まさに赤飯(^^)

つーか赤飯って、元はこの赤米で炊いたご飯だったんじゃないの?
赤米がなくなって、代わりに小豆を入れて赤くしたんじゃないかと思う。
しかも赤飯って、今でもハレの日の食べ物だよねー
赤米・・・コメって、特別な時食べる貴重なものだったのかな?と思ったり。

古代の歴史にいろんな思いをはせた2時間でした!

念願の温泉入湯(肥前山口~武雄温泉)

みなさまこんばんは。

本日は先日の続き、武雄温泉までの様子をお届けします!

さて、前日は約10年ぶりに訪れた佐賀駅前のホテルに投宿し、
朝はゆっくり目に起床。そのせいかだいぶ元気も回復♪

そしてこの日のスタート地点は、以前歩いたルート上のJR肥前山口駅に設定。
DSC03684
と、いう訳でJRで移動すべく駅まで徒歩移動。
といってもホテルは駅のすぐ横だが。
DSC03685
駅の改札前なつかしいなーここで高校野球の中継見たなー
以前来たときはちょうど高校野球の決勝戦の日で、
まさかの佐賀県代表VS広島県代表だった。
結局佐賀県代表が優勝して、街中大盛り上がりだったっけ。

いろんなことを思い出しつつ、JRに揺られ約10分ちょっと。
へそがえるビッキーがお迎えの、肥前山口駅に到着。
DSC03686
ここ江北町は佐賀県のへそらしい。
へー知らなかった。。

DSC03690
9時45分肥前山口駅を出発!

DSC03691
今日も国道34号線メイン。
DSC03694
南側は長崎方面。遠くにチラッと見えるのは有明海。
干潟で有名なトコロですね(^^)
今年は長崎に何度か足を運ぶことでしょう。きっと。。

DSC03696
しかし今日は西の温泉へ向かうのじゃ!

DSC03699
13kmかー近い近い♪
DSC03701
長崎街道かー
ちょっと寄り道しながら歩こうか。

DSC03705
あれー?
看板に出てた宿場町や、馬頭観音がいつまで経っても見当たらない。
・・・どうも分岐点の反対側だったっぽい。
まあいっかーこのまま旧街道歩こう。

一瞬バイパス道のセブンでトイレ休憩したけど、すぐ旧道へ復帰
DSC03709
もう梅もキレイに咲いてる♪

DSC03711
なんかレンガの建物多い。倉庫っぽいな。

DSC03712
このムクノキの大木のふもとは、
DSC03715
代官所だったそうです。

DSC03719
レンガでできた倉庫っぽい建物や、旧家がポツポツ。

DSC03724
これもレンガだ。
DSC03725
あれ?この建物はちょっと小ぎれい。

DSC03726
重要文化財の土井家住宅でした。

DSC03729
家先にこんなのあったり、

DSC03731
昔栄えた街道の面影がそこかしこに

DSC03732
ホントにレンガの倉庫多いなあ。

DSC03736
もう人が住んでないっぽい昔の民家も多い。

DSC03740
ここにはトイレもある休憩所が。こういうの嬉しいなー
旧道歩きで何が困るかというと、やっぱトイレなんだよねー
普通の民家ばかりで、普段使ってるコンビニとか無いことが多い。
ワタシはよそ様のお宅のトイレは、基本拝借しない方針ですので。。

DSC03742
このたろめん妙に気になった。
そしてウルトラマンタロウ久々に見たわ(笑)

DSC03743
このあたりで雨がポツポツ降ってきた。
とりあえずザックカバーをかける。

DSC03747
一瞬国道へ出ると、道路の向こう側はひたすら田んぼ
そしてまた旧道へ。

DSC03748
この大木の下で雨が本降りになってきた。
身支度のできそうなところを探そうと階段を上がると、
DSC03751
小さなお社が。もちろんお参りを。
ここでレインウエア着て出発。

DSC03755
旧道入ってから気になってたんだけど・・・このあたり中島さんやたら多いな。
今調べたら佐賀県は中島全国密度第1位らしい。納得~
ちなみにミシマさんは松江にとっても多いけど、我が家のルーツは東北なんだよねー

DSC03756
そんなこんなで国道復帰。
DSC03757
そして武雄市突入ー
DSC03761
そして雨本降り(**)

DSC03762
このあたりって、ちゃんぽん文化圏なんだー
長崎だけかと思ってた。

DSC03765
ここで残りの距離再確認。
やべーあと7kmもある!6km歩くのに2時間もかかっとるじゃん?!のんびりしすぎたわー(汗)
もう寄り道せず歩こう。。

DSC03770
このお店行列できてた。
ちゃんぽん食べたかったけど、結局食べずorz

もう一気に武雄温泉まで歩きたかったけど、どうしてもトイレに行きたくなり
インター手前のコンビニへ。ここでお昼のおむすび購入。
DSC03773
なんか車多いと思ってたら、このインターから下りてきてたのか。

DSC03776
インター過ぎたらめっきり車減った。

DSC03781
この高橋駅は、こじんまりしてるけどレトロチックでかわいい造り。

DSC03785
よーしもう少し!

DSC03787
おーあれが武雄温泉駅か!
DSC03788
実は温泉街は駅から約1km先。
歩いてる最中、びしょぬれになったらなんか行くのたいぎい(ここでは標準語で言うとだるいが適切か?)と
思ってたりしたけど・・・
結局雨も途中で止み、かなり暖かかったので汗もかいたし・・・やっぱり温泉GOじゃ!
駅で帰りのJRの時刻を確認し、

DSC03789
いざ温泉へ!

DSC03792
観光地バージョンのファミマ見つつ、

DSC03795
アホか温泉街行き過ぎたorz
約200m来た道を戻り、、

DSC03796
高級そうな温泉宿が連なる温泉街へ。

DSC03799
そして目的の武雄温泉到着!
こちらは大正時代に建てられた、重要文化財の楼門
DSC03800
湯気がもうもうと立ち上ってる。
いやー楽しみ♪

DSC03805
こちらの建物も重要文化財らしい。

DSC03802
そしてこちらの元湯へ入湯♪
この山容の感じ、陶器で有名な有田付近みたい。

そして温泉浸かって約1時間のんびりと過ごしたあとは・・・
名残惜しいけど、あんまり帰る気しないけど、、
広島へ帰りましょう。
DSC03811
行きとは違う道通ってみたりしつつ、

DSC03815
武雄温泉駅到着
DSC03816
そして肥前山口駅で特急に乗り換え、博多からは新幹線にて帰宅。
特急乗ってからは、見事なぐらい完全爆睡でした(^^;)

次回は吉野ヶ里遺跡の様子をお届けします!

しかし今週の仕事はどーなるんかいささか不安だが。。
また更新が滞ったら、ヨレヨレになりつつ仕事してると思ってください・・・(悲)

///
歩行場所:佐賀県江北町(JR肥前山口駅)~佐賀県武雄市(武雄温泉)
歩行時間:3時間43分
歩行距離:16km
総歩行距離:???km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント