広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2017年06月

大山祇神社で中世タイムトリップ(大三島)

みなさまこんばんは。

最近ちょっとお疲れ気味なのか・・・やたらと睡魔に襲われたり、肩が腫れるほどの肩こりに襲われたりしている今日この頃なのであります。
この土日はのんびりしてなんとか回復に努めたつもりですが、、仕上げに久々にのんびりと湯船に浸かろうと思います(笑)

さて、本日は遅くなりましたが、先般の続きをお届けします!

以前お送りした大久野島から大三島フェリーに乗り約15分。
辿り着いた先は、大三島の盛(さかり)港。
大三島は対岸の広島県竹原市から4km程度しか離れてないけど、愛媛県の今治市。
そしてこの島が愛媛県の最北地。こうやって考えると、愛媛県も南北広いね。
DSC07164
そんな盛港を15時前に出発!

DSC07166
交通量の少ない快適な道を進む。

DSC07173
またもやちょうど干潮タイム♪

ちなみに右側手前に見える小さな島は、無人島の瓢箪(ひょうたん)島
奥右側の大きな島は、しまなみ海道の通ってる瀬戸田島で、左側は高根島(こうねじま)。
高根島は瀬戸田島と橋で繋がってるけど、まだ行ったことがない。
DSC07192
前方に、瀬戸田島と大三島を繋ぐ多々羅大橋が見えてきた。

DSC07226
ここは瀬戸田島出身の日本画の巨匠、平山郁夫画伯がスケッチした場所らしい。
そういえば瀬戸田の平山郁夫美術館にも行きたいと思いつつ、まだ行けてないなー
今度行ってみよう(だからいつ笑)

DSC07230
そして、歩き始めて約1時間。多々羅大橋のたもとにある本日の宿泊地、多々羅キャンプ場に到着。
管理人室でお金を支払おうとすると、受付は数百メートル先の道の駅内にあるらしい。
そういえば電話で予約した場所そうだったわ。。

DSC07232
気を取り直し道の駅まで歩き、受付をば。
後でよく考えたら、これにて以前歩いた道と繋がった。ここまで来といてよかった♪
DSC07238
この景色見るのも12年ぶり。

キャンプ場に戻りテントを張った後は、近くの多々羅温泉へGO!
DSC07245
近くと言っても片道1km弱はあったが。。
でも汗を流せてスッキリ♪

温泉から戻るとソッコー晩御飯。ここで、モンベルで試しに買った「リゾッタ」を初めて食してみることに。
結果は、フツーのアルファ米よりはるかにおいしい♪今度全種類買ってみよう。

ご飯食べた後、もうどうにもならんぐらいの睡魔が襲ってきたので、速攻就寝。
・・・まだ19時前ですが?笑
しかし今考えると、このときから疲れが溜まってたんだろうなー
さすがに一度21時ぐらいに目が覚めて、ちょっと焼酎で晩酌をし、22時頃就寝。

↓今日も一応距離カウント

///
歩行場所:愛媛県今治市上浦町(盛港) ~ 愛媛県今治市上浦町(多々羅キャンプ場)  
歩行時間:1時間14分
歩行距離:4.5km
総歩行距離:???km             


翌朝は、今回の大目的である大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に、早朝サワヤカに参拝したいがために5時ごろ起床。
DSC07251
この写真ではわかりにくいかもですが、、キャンプ場は結構な人で賑わってた。
朝から異常にお腹が空いてたので、自炊にてパスタ食べて6時半頃出発。

DSC07254
キャンプ場の至近距離にはコンビニがあり、メチャ便利だった。

そして、キャンプ場とコンビニの間にはちょっとした空き地があり・・・
ここに宿泊すればタダだなぁ。だれにも咎められることもなさそうだし?と何気に思ってたら、朝起きたらホントに車でやってきて宿泊してたファミリーがいてビックリ!
さすがにその方たちは、ワタシが出発する前には既に撤収してました。。

DSC07264
朝もやに煙る多々羅大橋

前日歩いた道を2km程度戻り、
DSC07266
この交差点を左折しいざ大山祇神社へ!

犬の散歩してたおじいちゃんに、「今治や尾道から歩いてるの?」などど話しかけられつつ、、
(もちろん今回そうではないことはちゃんと説明)
DSC07268
せっかくなので、サイクリングロードを歩いてみる。

ここ大三島はしまなみ海道の中継地のため、しまなみのサイクリングロードに限らず、島一周・横断等、島中サイクリングロードが整備されてる。
DSC07276
こんな感じでいたるところに看板出てる。
とっても歩きやすい。

大三島は山がちな島なので、
DSC07281
横断すると若干峠越え。

DSC07290
大山祇神社まではあと少し。ここで気になる山容の山々が。
今までの例でいくと、多分太古の昔はあの山が信仰の対象で、その後、山すそに神社が建立されたんだろうな・・・
などと思いつつ、

DSC07292
神社すぐ横の道の駅でちょっと休憩。
ついでについつい新鮮野菜を購入。

そんな寄り道をしつつも、
DSC07293
8時15分には、以前からずーーーーっと来たかった、大山祇神社にいよいよ到着!
神社の関係者の方が掃除してるところをあいさつしながら進む。

DSC07299
御本殿前に佇むこの大クスは天然記念物。
この神社の御祭神を勧請した、小千命(おちのみこと)が植えたという言い伝えがあるらしい。
それっていつなん?というと、神武天皇東征より前なんですってよー?!
まぁざっくり1200年以上前なのは確実なのでしょうが・・・正解がいつなんかはよーわからん(汗)
そしてこの楠のパワーは、まだまだとっても元気♪


DSC07301
室町時代に再建されたらしい御本殿にていつものお参り。

そして、しばし境内をブラブラしたり、コーラ飲んだりしつつ、今回の大目的の宝物館が見学できる8時半まで待機。
DSC07318
では行きますか!
入館料1000円でちょっとビビったが。。。

もちろん内部の写真はNGのため、ここでちょっと大山祇神社の宝物館について説明をば。
こちらには全国の国宝・重要文化財の指定を受けた武具類の8割が収蔵されているということでして、ほとんどが平安・南北朝・鎌倉時代のもの。
刀は今まで見たことないような太刀がたくさん。鎧は、今までお城とかでよく見た江戸時代に作られたものとは、素人目でも明らかに造りが違う。
それらがずらずらと並べて陳列されており、案内板にはかなりさりげなくそしてかなりの確立で、「国宝」だの「重要文化財」だの書いてある。キレイで保存状態がいいものは、ほとんどが国宝や重要文化財だった印象。

今まで絵巻物の中でしか見たことのないような世界が広がってた!とっても感動。また来たい!

DSC07320
大クスさんまたね。

DSC07324
それじゃ、フェリー乗り場の盛港まで歩きましょう。

DSC07330
残念ながら寂れた感満載の参道商店街を抜け、

DSC07336
島の西岸側へ。

DSC07351
東岸と比べるととっても静か。

DSC07366
この家の屋根の形変わってるなぁ。

DSC07372
しばらく進むと、あたりは一面のミカン畑に。

DSC07374
おミカンはまだビー玉大の大きさ。

DSC07379
ベタ凪の瀬戸内海を見つつ、

DSC07386
ここにも悲しいお話が。
そういえばこの手のお話しって、だいたい美人ですね・・・
美人に生まれんでよかった(またそっち?)

DSC07395
車はたまにしか走らん。
自転車の方が多いかも?
DSC07404
そして本州側へ戻ってきた。
前日訪れた大久野島も眼下に。

DSC07432
こちらは海水浴場みたいだけど、もう営業してなさそうな雰囲気。

DSC07445
あちらこちらにハマナデシコ咲いてる。

DSC07450
12時前には、盛港に到着!

が、しかし・・・
DSC07455
次のフェリー13時35分ですってー?まさかの1時間半待ちorz
まぁ、こないだの4時間待ちよりはいっか(笑)

ということで、港のすぐ横の公園でお昼食べたりゴソゴソしたり。
DSC07459
フェリーは早くやってきたけど、お昼休憩中

DSC07461
そういえば昨日もこの日も、港で小魚たくさん見た。
いったいなんだったんだろ?

そしてフェリーは定時に出発。
途中立ち寄った大久野島でたくさんの観光客が乗ってきたりしつつ、忠海港へ到着。

DSC07471
港から歩いてJR忠海駅まで戻り、

DSC07472
三原経由の方が早く帰れることが判明したため、呉線で3駅先の三原駅へ。
そこから乗り換え1分弱にて山陽本線で広島まで帰還。


///
歩行場所: 愛媛県今治市上浦町(多々羅キャンプ場)  ~大山祇神社~愛媛県今治市上浦町(盛港)        
歩行時間:5時間24分
歩行距離:16.5km
総歩行距離:???km             

毒ガス工場のあった島(大久野島)

みなさまこんばんは。

本日は、現在は「ウサギの島」として脚光を浴びている大久野島の忘れてはならない過去・・・
戦時中、極秘に毒ガス工場が作られ稼動していたという事実にスポットを当てたいと思います。

実は、広島生まれ・広島育ちのワタクシにとっては、以前は大久野島と言えば地元テレビニュースで紹介されていた内容のほとんどが「毒ガス工場のあった島」ということであり、大久野島に行く=戦争と平和について学ぶというイメージが今でも強いのです。


さて、場面はフェリー乗り場から数分歩いた場所へと戻ります。。
DSC07020
この次に行く予定の大三島を眺めつつ、

DSC07021
やはり本土側に比べると海キレイ♪

DSC07027
なんとキャンプ場もある!
ここでキャンプもいいかも♪

キャンプ場を横目に進んで行きますと、
DSC07036
早速毒ガス工場の遺構が。
DSC07038
こちらは毒ガス工場で使われていた製造器具

DSC07040
そして入館料100円を払い、ここ毒ガス資料館を見学。
毒ガス工場の歴史や、その当時の資料、被害の実態などが展示・紹介されている。
ここで初めて、戦後製造されていた毒ガスが海に投棄されてたり、地下に廃棄された毒ガスを掘り起こしたことで起こった被害の状況などを初めて知った。
そして、毒ガス工場が稼動していた頃の資料がかなり乏しく、大戦中はこの大久野島は地図からも消されていたということから、本当に極秘の施設だったんだと実感。

展示物はそれほど多くないため、15分ほどで見学終了。
なんとなく重い気分で外に出ると、ちょうどそこには中国からの観光客の方たちが。

そういえば資料館の中には、日本が製造した毒ガス兵器が中国のあちこちに埋められてて、それを開発のため掘り起こしてしまい被害にあった中国人の方々のことも展示されてた。そんな事実も初めて知った。
DSC07041
そんな資料館からものの3分ほど歩くと、

DSC07048
国民休暇村の建物の前へ。このあたりに毒ガス工場があったらしい。
そういえばこの場所は、翌日大三島から見ると山の影になって見えなかったな・・・。

ちなみに大久野島でお食事や買い物ができるのは、この国民休暇村だけですよー

そんな国民休暇村から少し進みますと、ガスの貯蔵庫跡へ。
DSC07049
DSC07050
壁にはたくさんの落書きが。

DSC07051
周りは瀬戸内海の島々に囲まれてる。
手前の2つの島は無人島。奥に見える大きな島は大崎上島。

DSC07070
そういえば写真には撮ってないけど、釣り人もそれなりにいた。

今度は山肌にかなり大きな遺構が。
DSC07074
思わず足を止める。
DSC07072
ここも毒ガスの貯蔵庫だった模様。

DSC07077
内部は不気味なぐらい黒く焼けただれている。
案内板の説明には、ここで毒ガスを火炎放射器で処分したとあった。

ここから少し坂を上って行くと、
DSC07081
毒ガス工場関連ではない別の遺構が。
実は、ここ大久野島には、明治時代に砲台が建てられていたのです。
ハッキリ言って、私もここへ来るまで知らんかった。
DSC07084
DSC07085
この砲台が使われることは結局なかったらしい。

DSC07088
どうもここから山の上に登れるみたい。
・・・ついつい行ってしまうのです。。
DSC07091
ひょえー思ったより結構な登り。
トレッキングポール持ってくればよかった(汗)

DSC07092
しかしそんなときは決まってご褒美いい景色♪

DSC07095
延々と続く階段を登って行き、

DSC07096
山の頂上付近に到着♪
この鉄塔、対岸から見てても異様にでかいなぁ・・・と思ってたら、
どうも高さ日本一らしい。

DSC07114
ツツジ咲く景色にしばし癒される。
ヤマツツジであってる?
DSC07117
大崎上島方面を望む景色

そして、少し坂を下って行くと、
DSC07121
こちらにも砲台跡が
DSC07123
DSC07124
遠いようで近い戦争の記憶

DSC07132
下りは舗装路でよかった。

DSC07139
これもなにかの遺構なんだろうなぁ。

DSC07143
この廃墟と化した大きな建物は、
DSC07144
発電場だった場所。
そういえば「風船爆弾」も、この大久野島で作られてたらしい。

DSC07151
発電場跡から程なく港へ到着。
ここにて島一周完了。

DSC07160
ここからまたフェリーに乗り、次の島へ。

DSC07163
そして大久野島から15分の船旅にて、愛媛県大三島に到着!


次回は、大三島での歩きの様子をお届けします(^^)


↓一応歩行距離カウントします。。。

///
歩行場所:広島県竹原市忠海町(大久野島一周)
歩行時間:1時間25分
歩行距離:4.5km
総歩行距離:???km  

ウサギの島(大久野島)

みなさまこんばんは。

この土日は、地元広島県の大久野島&愛媛県の大三島を歩いてきました!
実は当初の計画では、出張ついでに福岡県を土日歩きたいと思ってたのですが・・・仕事都合であえなく断念orz
そして金曜日の夜は、ブログ書き終わるとともにバッタリと就寝zzz
しかし、土曜の朝にはなんとかフッカツできたので、あまり遠くない場所にお出かけすることに♪

さて本日は、昨日訪れた大久野島のウサギの様子に焦点を当てて、お送りしたいと思います!

土曜の朝起きてからお出かけすることを決めたので、バタバタと準備。
結局家を出たのは9時頃。そして、JRの呉線に揺られること約2時間
DSC06992
大久野島行きフェリーの出てる忠海へ到着。

駅から5分程度歩き、
DSC06999
完全にウサギ色の忠海港へ。

大久野島と言えば、最近は「ウサギの島」として有名ですねー
SNSで海外にも知れ渡ってるらしく、外国人観光客の方々にも人気の島なのです!
実はワタシは地元広島県でありながら、大久野島には一度も行ったことがなく、前々から行ってみたいと思ってたのです(^^)

さて、観光客でいっぱいのフェリーに乗り込むと、
DSC07011
あっという間に近づいてくる大久野島
DSC07014
忠海港から15分で到着!
DSC07015
さて、ウサギはどこにいるのかな?

DSC07017
おったー!
しかもあちこちに。
DSC07025
だいたい木陰で寝てる。

DSC07032
でも近づいたら起きる。

DSC07042
島のあちこちに寝転がってる。
DSC07043
エサ持ってないかどうか一応寄ってきて確かめるが、
DSC07046
持ってないことがわかると、ソッコーそっぽ向いて元の場所に戻って寝転ぶ。
ゲンキンなヤツらだ(笑)

DSC07055
大久野島のウサギの種類は、「アナウサギ」らしい。
と、いう訳でそこらじゅうに穴掘ってる。

DSC07079
いい子しててもエサないからねー

DSC07097
山の上に居たウサギは、ワタシの姿を見るなりものすごい勢いで走り寄ってきた。
海岸沿いのウサちゃんは、一羽たりとも本気出して走ってるヤツは見なかったが。。
DSC07098
キミたちよっぽどお腹すいてるのかい?
DSC07100
ちょっと厚かまし過ぎると思う(笑)
DSC07106
噛んでもなんも出てこんよww

DSC07108
この2羽もものすごい勢いで走り寄ってきたけど、
DSC07110
エサ持ってないことがわかると、すぐ走り去って行った(笑)

DSC07137
ウサちゃんとはお友達になれないのかな・・・

DSC07138
この2羽は親子かな?


結局島には約2時間滞在したのですが、ワタクシの超個人的意見としては、ウサちゃんよりネコちゃんの方がカワイイという結果に落ち着きました(笑)


次回は、同じ大久野島を違う視点でお送りしたいと思います!

出張ついでの宮地嶽神社参拝

みなさまこんばんは。

本日は仕事にて福岡県福津市に行って来ました!昨日は広島県福山市で仕事でした!!
それほど出張することは多くはないワタクシですが、まさかの2日連続出張!!!

そして昨日まさかの終了時刻2時間半オーバーにて若干お疲れモードにも係わらず、今日は頑張って5時起きして、前から行きたいと思いつつ行けてなかった福津市の宮地嶽(みやじだけ)神社に、出張のついで?に参拝してきたので、その様子をお届けします(^^)

さて、我ながらどうかと思うぐらい目を真っ赤に充血させたまま、広島駅6時43分発新幹線さくら451号に乗り、小倉で鹿児島本線の快速に乗り換えて、8時半頃福間駅に到着。
DSC06920
さてそれでは出発♪

DSC06921
福岡県ってやっぱ都会だなぁ。

DSC06923
この交差点で過去歩いた道と律儀に接続♪

ちなみにまた最近過去歩きの記事更新がすっかり滞っておりますが・・・もう少しで門司から先の記録まで追いつけますので、、今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

DSC06926
一応仕事なのでこんな靴。

DSC06927
あの山のふもとかな?

DSC06931
2.5kmぐらいの道のりを約30分かかり、神社の入り口まで到着!

DSC06935
今ちょうど菖蒲まつり中らしい。

DSC06937
結構広い境内を進むと、

DSC06944
巨大しめ縄の宮地嶽神社本殿へ到着!
もちろんいつもの参拝をし、
DSC06947
お次はこちらの奥の宮が気になるので行ってみる。

DSC06950
鳥居の道をまっすぐ進めばよかったのに、なぜかわざわざ左折してまでこの道を進んでしまった。
もしかして・・・これって性格が屈折してるということか?(苦笑)

DSC06952
この自然歩道よさげ♪ でも今日は行くの無理だな。また来よう。
こうやって行きたい所が雪ダルマ式に増えていく(汗)

さてここ奥の宮は、「奥の宮八社巡り」というように、8つのお社があるのですが、
気になったお社だけご紹介。
DSC06956
まずは不動神社

DSC06954
パッと見フツーの神社ですが、中に入ってみると、
DSC06953
なんと石室があるではあーりませんか?!
実はこの不動神社は古墳だったのです!最近なんだか古墳づいてるね。。。
DSC06955
6世紀~7世紀ぐらいの古墳らしい。先日見た大分県国東市の鬼塚古墳とだいたい同じ時期か。
しかしこちらの方が明らかに立派。
この古墳から発見された埋蔵物の20点が国宝に指定されてるんだってー!
DSC06957
神社だけど、お線香やお灯明を供える風習らしい。

DSC06960
あとちっちゃいけど、ここが気になる。
こちらは「水神社」という龍神様だった。ワタシってなぜか龍神様好きね。

DSC06968
この鳥居をまっすぐ上って行くのが正解でした。
順序完全無視しての参拝終了(苦笑)

再度本殿に戻り、しばし菖蒲の花を愛でる。
DSC06970
DSC06972
DSC06974
DSC06981
なんともいい神社でした♪
今度来るときはぜひあの山の山頂へ!

DSC06984
参道から玄界灘を見下ろすこの風景は、「光の道」として有名らしい。
そういえばこないだ休みの日にテレビで見たわww
DSC06985
この道の先に浮かぶ島は相島。
今度行ってみよう!・・・また行く場所増えた(汗)

DSC06989
これで本日の観光は終了~
来た道を戻り、
DSC06990
きっちり30分かけて、福間駅まで帰還。
この後、ちゃんとマジメにお仕事をして、広島へ帰ったのでした。。

ちなみになんで仕事終わってから観光しなかったのかというと、単純にお仕事が溜まってて、広島帰って仕事せざるを得なかったからです・・・一難去ってまた一難orz
来週はがっつり頑張らねば。。。

旅の装備について(春~夏用NEWトレッキングパンツ)

みなさまこんばんは。

本日は久々に、装備のご紹介をしたいと思います!

実は最近、今まで10年ぐらい履き続けていた春~夏用のトレキングパンツのファスナーの噛み合わせが悪くなり、いつ壊れてもおかしくない状態に。

同じ型で紺色のパンツはファスナーを付け替え、主に秋から冬用としてしぶとく履き続けているものの、春~夏用のトレッキングパンツは色が薄いため汚れもかなり目立って来たし、ほころんできた部分の補修もしてるし。
とにかくもうヨレヨレなので、これを機会に新しいトレッキングパンツを購入したのであります!

・・・・またもやモンベルで(モンベル信者笑)

左が今まで履いてたパンツ。右が新しいパンツ。
どちらもモンベルの「サウスリム パンツ Women's」
しかしこうして並べてみると、微妙に型が違うね。

今回新しいパンツを購入するにあたり、この「サウスリム パンツ」は中厚手のため、試しにちょっと薄手の「リッジラインパンツ」のMサイズも試着してみました。
しかしワタシは下腹ポッコリが悪いのか、お尻に筋肉付き過ぎなのか?薄手のパンツだと完全に下着ラインが見えてしまうという、非常に残念な結果になるのであります。かと言ってLサイズはさすがに大き過ぎるし。

そう言えば同じ残念な結果のために、相当以前に購入したノースフェイスのトレッキングパンツも結局外ではくことは止めて、完全に部屋着と化してたんだ~忘れてたww

つー訳で。。
結局2代目も同じとモデルとなりました。でもはきやすさはピカ1なのでいいのじゃ(^^)

ちなみに、「夏は短パンはかないの?暑くないの??」という質問を何度か受けたことがあるのですが、
まあ、丈が長いと当然暑いですわ。。
しかしながら下記要因により、ワタシは頑なに短パンを拒んでいるのであります。

■元々肌が弱く、日焼けすると真っ赤になるのであまりお肌を出したくない。
■一応女一人で歩いているので、あまり目立つ格好(お肌を露出)はしたくない。
■なぜか藪漕ぎしたりの運命になることがあり、できるだけお肌はガードしときたい。

あと、「それなら短パンにスパッツはけばいいのに?」というご意見もお有りかと存じますが、これに関しては、以前サンダルの際チラッと書いたように、夏場にスパッツのような肌に密着する衣類を身につけてると、大概湿疹ができてトンでもないことになることが想定されるため、却下したいと思います(苦笑)

まあ、どちらにしてもワタシの歩く格好は・・・
ファッショナブルな「山ガール」の皆さまに大いに引けをとる、オシャレ度ゼロのオバチャンスタイルということだけは間違いございません(笑)
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント