広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2019年01月

中山道だいたい踏破への道のり(2日目:その1_恵那~落合)

みなさまこんばんは。

本日は年末年始の中山道歩き2日目の様子をお届けします!

さて、2日目はいよいよ中山道のハイライトとも言える馬籠宿・妻籠宿を通過し、南木曽駅までの30km超の歩行予定。
馬籠から先は山道での峠越えもあり、今日もまたもや日暮れまでの時間との勝負となる模様。
ホテルのバイキングの朝食を7時からがっつりと食し、7時40分ごろホテルを出発!

DSC05309
ホテル近くのコンビニで昼食を調達し、

DSC05313
昨日ばっちり入り口をチェックした、駅手前の中山道へと右折。

DSC05315
ここからはしばし大井宿の町並みを進む。

DSC05320
町の中心には「枡形」が。
敵が侵入しにくいよう、道をわざとコの字に曲げていたらしい。

DSC05323
ここはコの字のとおりに進んでみるか。
DSC05326
神社のところでまた曲がる。

DSC05329
こちらは大井村庄屋古屋家
なんとも立派な造り。
DSC05331
立派な蔵や、
DSC05337
古くからのお家が結構残ってる。
DSC05344
本陣跡をすり抜けると、
DSC05349
大井宿は終了~
DSC05350
この交差点の右側、直線距離で約500mくらい先には、本日のスタート地点である連泊中のホテルが。
結構大井宿で大回りしてきたな。。。

交差点を左折し、そのままなんとなく進んで行くと
DSC05353
国道19号線との合流地点に。
・・・どうも中山道スルーしてきたっぽいorz

もう引き返すのもめんどくさいので、そのまま国道を6km程度歩くことに。
DSC05355
3日後には到着予定の松本まではあと121km。

DSC05360
遠くには雪を被った恵那山が。

DSC05361
中津川市突入!

DSC05374
見通しのいい広々とした国道を歩くこと約1時間20分、
DSC05378
インターへの入り口を回避した先にて、
DSC05379
ようやく中山道へ復帰。
DSC05384
お次の中津川宿目指します。

DSC05386
このあたりの中山道の道のアスファルトには、黄色の石が混ぜてあって分かりやすい。

DSC05394
しばらくは住宅街を進む。

DSC05397
上宿の一里塚跡は復元されたもの。

一里塚の近くには、
DSC05401
道祖神を初めとする石碑が並ぶ。

DSC05404
「こでの木坂」を下って行き、
DSC05407
道の右側のラインに釣られて、曲がってはイケナイところを曲がってしまい、10分程度ロスしてしまったりもしましたが、、、

DSC05417
眼下に中津川の町が見えてきた。

川を渡り、
DSC05428
なんとなく宿場町っぽくなってきたな・・・と思ったら、

DSC05429
一気に昔の町並みがやってきた!

DSC05431
中津川宿がこんなに観光化されてたとは。
知らんかった。。
DSC05434
こちらの蔵元の「恵那山」が非常に気になったが。。
歩きはまだ2日目だし、明らかに荷物が増えるし・・・あえなく断念orz

DSC05432
その他のお店には結局立ち寄らず。
DSC05440
「枡形」をカクッと曲がりつつ宿場町の中を進んで行き、
DSC05447
橋を渡り、
DSC05451
中津川駅の正面を通過すると、

DSC05452
もうそろそろ中津川宿も終わりかな。

DSC05453
復元された高札場の横にあった東屋で、ちょっと小腹が空いたので10分程お食事休憩。
DSC05457
中津川の町ともここでお別れ。
DSC05465
さて、次行くかな。

DSC05470
今やこんなところも中山道。

DSC05475
「通り抜けできます」はなかなか重要なキーワード。
行ってみよう♪

DSC05476
上って行くとすぐ十一面観音様が。
DSC05477
石碑がずらりと並ぶ。
DSC05482
しだれ桜の大木も。
春に来たらきれいなんだろうなぁ。

そんなことを考えつつ進んで行きますと、
DSC05488
目の前には結構な傾斜の上り坂が。
DSC05492
次の落合宿まではあと1.9kmか。
結構近いね♪

しかし、ここへ来て中山道の容赦ないアップダウン攻撃が発動。
坂を上りきったと思ったら、
DSC05494
ソッコーで下り、

DSC05496
また上り。しかも斜度ハンパない(汗)

さすがに息を切らしつつ上った坂の頂上には、
DSC05499
イロハモミジの大木と、石仏と、
DSC05500
与坂立場跡がひっそりと。

やっと上ってきたと思ったら、
DSC05506
また下り。しかも急坂(汗)

DSC05508
馬籠はあの山の向こうかな?

DSC05517
途中、少々道を間違えたりもしましたが。。。

DSC05519
中津川宿から1時間弱にて、お次の落合宿に到着♪
こちらはあまり見所はないのかな?
DSC05521
ともあれ行ってみますか。

DSC05522
思いのほか、古くからの建物も残ってる。
DSC05523
なんとでっかいお釜!
DSC05525
立派な本陣も残ってる。
DSC05530
オシャレなお店もあったり。

以外に(失礼)見所のあった落合宿は、これにて終了~
DSC05534
いよいよ次は馬籠宿!・・・というところですが、今日のところはここまで。

次回は2日目の続きをお送りします!

中山道だいたい踏破への道のり(1日目:その2_細久手~恵那)

みなさまこんばんは。

本日は年末年始の中山道歩き1日目の続きの様子をお届けします!

さて、出発から約4時間にてこの日2つ目の宿場町となる、細久手宿を出発したワタクシは・・・
DSC05022
しばらくは県道65号線を進む。

DSC05024
近くにあるっぽいサーキット場からはバイクの音が響く。

DSC05025
奥之田の一里塚は、両側ともキレイに残ってる。

DSC05031
1.5車線の道が延々と。
そういえば、こんなにアスファルトの道を続けて歩くのは今日は始めてかも。

今回は諸所の理由で、ほぼ1年ぶりに引っ張り出したハイカットシューズでの歩行。
よく考えると、この靴で舗装路をガッツリ長距離は歩いたことがなく・・・・・ここへ来て右の足裏が痛い(**)

DSC05040
弁財天の池はすっかり凍りついてる。

DSC05046
天神辻のお地蔵様の横にはバス停が。
こんなところもバス通るんだ!
DSC05048
ちなみに1日2便で土日祝と年末年始はお休み。
しかも、今改めてよくよく見ると、もしかするとこのバス停には上りと下りが一緒に記載されてて、実質1日1便なんじゃね?

DSC05057
細久手宿からはちょっとしたアップダウンがありつつも、上りが続く。

DSC05058
ここでしばらく歩いた県道とはお別れし、山道へ。

しばらく山中を進んでいくと、
DSC05063
目の前に出現した石畳の道は、琵琶峠の石畳。

DSC05068
どうも日本一長い石畳らしい。

DSC05070
途中には八瀬沢の一里塚が。

どんどん石畳の道を登って行き、
DSC05073
あれが峠の頂上か♪
DSC05074
峠の頂上には、馬頭様と和宮歌碑が。

DSC05079
登った後は、当然の如く下り坂。

しばし下って行くと、
DSC05085
石畳は県道と合流して終了。

DSC05089
交通量と比較すると超立派な歩道。
そういえば久々に立派な建物があると思ったら、病院だった。。

DSC05091
馬頭様はあちこちで旅人たちを見守ってくださる。

そんなこんなで、、
DSC05094
細久手宿から1時間半にて、お次の大湫(おおくて)宿に到着。

先程の細久手宿ではトイレに行きそびれてしまったため、宿場町入口にてトイレ休憩し、いざ町中へ。
DSC05099
早速、復元された高札場が。
大湫宿はまあまあやる気ある感じ。(またその分類。。。)

DSC05103
しばし進むと、杉の大木が見えてきた。

DSC05105
もちろん寄ってみよう♪

こちらの神明神社の大杉は、樹齢1300年らしい。
DSC05108
うわー。なんと立派!!!

DSC05110
何度か落雷の被害を受けたらしいけど、
DSC05115
まだまだ元気いっぱい。
しばし佇みパワーを頂く。


DSC05120
結構昔からの家屋が残ってる。

DSC05126
ここで、朝コンビニで買ったおむすびにてちょっと遅めの昼食を。
しかしながら・・・おむすびよく冷えすぎorz

この日の最高気温は多分3度くらい。よく考えたら、おむすびを半日冷蔵庫に入れてたようなもんだよね。
明日からの昼食はよく考えないと。。。

DSC05129
もうあちこちに門松が。

大湫宿歩きはこれにて終了~
DSC05134
町から出ると、早速の上り坂。ここから先は「十三峠」。
その名の通り、しばらくの間アップダウンの道が続くみたい(汗)

DSC05135
振り返ると大湫宿の家並みが。

DSC05137
上ったり、

DSC05141
下ったり、県道と交差したりしつつ。
このあたりで、寒くなってきて一旦脱いでたダウンをまた着込む。

DSC05145
こちらは三十三観音石窟

扉の向こうには、
DSC05146
寄進されたという観音様がずらり。

DSC05149
坂には一つ一つ名前がついてる。

こちらのびあいと坂を登って行きますと、
DSC05150
進行方向左側が開けてきた。

・・・なんだか道にゴルフボールが落ちているのですが???
DSC05152
しかも数百メートルの間に3個も!
このピンクのゴルフボールは、ついつい拾ってお持ち帰り。。。
DSC05161
つーことですぐ横はゴルフ場でした。。

DSC05162
こちらの権現坂一里塚もきれいに残ってる。
今日は江戸時代当時のそのままの姿で残ってる一里塚が多い。

DSC05173
久しぶりに景色が開けた。

DSC05178
こちらの観音坂の霊場巡拝碑には、
DSC05179
西国や坂東、秩父の文字が見える。
昔の巡礼は今とは比べ物にならないくらい困難な道のりだったんだろうな・・・

DSC05184
その後もアップダウンを繰り返し、

DSC05205
ようやく深萱(ふかがや)立場までやってきた。
案内板の前のベンチでちょっと休憩。

DSC05207
そのすぐ先には立派なトイレと東屋が。こっちで休憩すればよかったorz
ちなみにもう恵那市に突入している模様。

DSC05214
また登り。

DSC05218
道の真ん中にある「ぼたん岩」にしばし釘付け。

DSC05246
はぁ。もう16時か。
さすがにちょっと疲れたな・・・
しかしあと1時間で日が暮れる。先を急がねば。。

DSC05250
「乱れ坂」も頑張って登る。

DSC05255
首なし地蔵をお参りし、

DSC05259
この祝峠を越えるとあとは下りか?!

DSC05263
少々駆け足で下る下る。

DSC05282
遠くに見える秀麗な山容は・・・もしかして恵那山?!

DSC05291
かなり薄暗くなってきたところで西行塚を参拝し、

DSC05293
なんとか日暮れ前に山道から脱出成功。

DSC05300
あたりも暗くなったところで、大井宿への入り口が。
気になる建物がいくつかあったけど・・・暗くてうまく撮れず残念。

DSC05307
そして結構ヨレヨレになりつつも、本日のゴール地点に設定した恵那駅に無事到着!

途中のスーパーで晩御飯を買い、駅から徒歩にて10分強のルートインホテルへ投宿。
部屋にて痛みを感じてた足裏を見ると、見事にマメがorz
どうも靴ひもをきっちり縛っていなかったのが原因みたい。明日から気をつけよう。

アップダウンの続く山道歩きで思いのほか疲れてしまい、ご飯食べたら速攻で睡魔が。
21時頃には就寝。

///
歩行場所:岐阜県御嵩町(御嵩駅)~岐阜県恵那市(恵那駅)
歩行時間:9時間22分
歩行距離:33km
2018年12月の歩行距離:33km

中山道だいたい踏破への道のり(1日目:その1_御嵩~細久手)

みなさまこんばんは。

本日からは年末年始に踏破した、中山道の歩きの様子をお届けします!

さて、昨年の7月に群馬県横川から長野県塩尻までを踏破し、「中山道だいたい踏破」 なる目標まで追加していた中山道歩きでしたが・・・それ以降すっかり足が遠のいていたものの、決して忘れていた訳ではなく、、、実は、年末年始に一気に歩いてしまおう♪という作戦を立てていたのでして。。
この年末年始は曜日の並びもよく、12月28日と1月4日に休暇を引っ付けての10連休にていざ出発♪

連休初日の12月28日はちょっと体を休めたかったのでつかの間の休息&移動日とし、翌朝効率よく御嵩まで移動し出発するために、岐阜県可児(かに)市にて前泊。
12月29日からいよいよ歩行開始♪
(1月6日の記事で、12月28日から。と書いていましたが、12月29日からが正解でした・・・。)

新可児駅より名鉄広見線に乗車し、わずか4駅10分程度で今回のスタート地点である、名鉄御嵩駅に到着。
DSC04862
名鉄広見線の車両は、ちょっとレトロ。



DSC04864
無人駅の駅舎にて身支度を整えて、8時前に出発!

DSC04865
駅の目の前はもう御嶽宿への入り口。

DSC04867
御嶽宿はまあまあやる気ある感じ(どんな分類。。。)
DSC04868
そう言えば本陣跡撮るの忘れてたorz


DSC04870
こちらは商家竹屋。

DSC04874
昔ながらの商店街に吸い込まれていき、なんとなく終了。

DSC04878
バイパス道まで出ると、雪が降ってきた。

今日はこの先山中の道のため、お店は当分ないはず。
コンビニでしっかりと昼食を買出し。

DSC04883
こちらの和泉式部廟所のすぐ側から、いよいよ山道に向けて国道より分岐。

集落の中を抜け、どんどん山側へ向かって行くと、
DSC04891
更に山側への分岐点が。
DSC04892
英語でも記載が。海外からの人たちもたくさん歩いてるのかな?
しかし今更ながら、ホントにあと30km何もないんだ。。

周りからはどんどん民家はなくなっていき、
DSC04898
いよいよこちらの「馬の鼻欠け坂」より山道へ突入!
トレッキングポールも出して登る。

DSC04902
雪が本降りになってきた。

DSC04905
こちらの「耳神社」が非常に気になり参拝。
最近耳の調子が悪い(聞こえないとかそんなんじゃないけど)ので。
治るといいなぁ。

参拝中も雪はどんどん降ってきて、
DSC04912
謡坂(うとうざか)の石畳の上にもちょっと積もってる。

ここで、ちょっと離れてるみたいだけどトイレがあるみたい。
行けるときに行っておかないと。。
DSC04914
5分ほど寄り道してトイレ休憩。最近ホントにキレイなトイレが増えてとっても嬉しい♪
しかしトイレに置いてあったバケツの水が凍ってた。。

DSC04916
トイレの対面には、聖母マリア像が。

この付近で1981年に道路の拡張工事をしていた際に、聖母マリア像などの隠れキリシタンの遺物が見つかったそう。
発見された場所は「近寄ると祟りがある」と言われていて、通常は人は近寄らなかった場所だったらしい。
そう言えば島根県で大量に銅鐸が見つかった場所も、昔から祟りがあるって言われてたところだった気が・・・・

トイレのすぐ側にあった立派な東屋でついでにちょっと休憩し、
DSC04924
先を急ごう。。

DSC04939
先程のトイレ休憩の場所から1kmちょっとで物見峠・御殿場見晴台に到着。
なーんだ道沿いに立派なトイレがあるじゃん。。

DSC04944
久々に雪の結晶見た♪

ちなみに見晴台にも登ってみたけど、あいにくの天気でまったく見晴せず。
ワタシはいい眺めはだいたい見えないのがフツーかと(苦笑)

DSC04954
ようやく雪も止み、里へと下りてきた。

DSC04961
たしかにここまでお店はまったくないけど、トイレは結構潤沢。

DSC04965
豚コレラの注意喚起に少々ビビリつつも、

DSC04969
またもや山中へ。

DSC04972
ところで知らん間に瑞浪市に突入していた模様。
看板のすぐ側には一里塚が。
DSC04974
普通、一里塚は道の両側に作られてたけど、こちらの鴨之巣の一里塚は地形の都合上16mずらして作られたそう。

DSC04986
途中にあった秋葉坂三尊像にも興味深々。

そうこうしつつやっと山中の道を抜け、
DSC05007
細久手宿にやってきた。

しかしながら、この細久手宿はあまりやる気なさげ(だからどんな分類。。。)
DSC05009
本陣跡にはフツーの民家が。

DSC05012
昔ながらの建物は、この「大黒屋」ぐらい。
DSC05014
見所はあまりなさそうな感じ。

DSC05015
ちょっと古い感じの建物はレトロなタバコ屋さん。

DSC05017
高札場跡もひっそりと。

これにて細久手宿は終了~
DSC05020
次は大湫(おおくて)宿か。
あと6.3kmか・・・1時間以上かかるな(汗)


すみませんが今日のところはここまで。
次回は1日目の続きをお送りします!

埼玉(さきたま)古墳群見学

みなさまこんにちは。

本日は大変遅ればせながら、11月の3連休+1日の歩き最終日の続きの様子をお届けします!

さて、この度の最大目的である秩父でのお寺参りを終え、単にホテル代が安いという理由で熊谷に投宿したワタクシですが・・・
最終日は、当初広島へ帰還するだけにしようと思ってたけど、予約した新幹線は14時前だし、せっかく熊谷まで来たんだし、、、
以前から一度行ってみたかった埼玉(さきたま)古墳群に行ってみることに。

DSC04673
熊谷駅前を8時半ごろ出発!

DSC04674
駅前は結構都会だけど、
DSC04684
30分も歩かないうちにこんな景色に。

過去歩いたことのある国道17号線をしばし南下し、
DSC04686
こちらの交差点にて国道125号線へ。

DSC04693
行田市突入!

DSC04703
山車格納庫のすぐそばにあった、

DSC04714
忍城址公園にてトイレ休憩。

DSC04722
お城のすぐ側の地名は、そのものズバリ「本丸」だった。。

DSC04725
ところで行田に関しては何の予備知識もなく訪れてしまったのですが、、、
足袋と蔵が有名なのか???

DSC04727
メイン通り沿いには、昔の遊びをしてる子供の像があちこちに。

蔵の立ち並ぶ通りは今回スルーしてしまったけど、
DSC04735
県道沿いにも2つほど蔵かあった♪

途中、境内にあったでっかいイチョウの木が気になった神社を参拝したりしつつ、

DSC04761
だいぶ景色が開けてきた。

DSC04762
歩き始めてから約2時間20分にて、本日の目的地である、埼玉(さきたま)古墳群のある、さきたま古墳公園に到着♪

DSC04764
しかし想像以上に敷地が広い(汗)

DSC04769
では、古墳見学するかな。

DSC04774
まずはこちらの愛宕山古墳から。
DSC04776
この大きさでもこの公園内にある古墳の中では小さいらしい。

DSC04782
お次は、この公園内で一番でっかい古墳へ。知らずに見たら丘ですね。。。
上まで登れるので登ってみよう。
DSC04783
こちらの丸墓山古墳は、なんと日本最大の円墳らしいです!

DSC04785
古墳の頂上はこんな感じ。

DSC04789
周りには遮るものもないので、360度眺めは良好♪
こちらは北東方面。遠くには赤城山が。

丸墓山古墳から下山(?)し、お次の古墳へ。
DSC04804
この稲荷山古墳にも登れるみたいだけど、遠目に見るだけに。
DSC04805
こちらは前方後円墳。

DSC04806
お次の将軍山古墳は、きれいに整備されてるけど登れない。
DSC04809
復元された埴輪がキレイに並べてある。

DSC04807
ちなみにこちらの古墳には展示館があり中が見学できるみたいだけど、
本日は残念ながら休館日。

DSC04814
他にも古墳がいっぱいあるけど、もう時間がない(汗)
またの機会に。。
DSC04815
こちらの二子山古墳も登ったりできないので、周りを通って眺めるのみ。

DSC04821
形はこんな感じの前方後円墳。

DSC04822
知らずに見たらただの丘だよね。。

DSC04825
本日の古墳見学はこれにて終了~

DSC04827
新幹線の時間まで結構ギリギリだ。先を急がねば(汗)
ここから一番近いと思われる吹上駅まで歩くことに。

DSC04829
武蔵水路を流れる落ち葉と競争したりしつつ(笑)
DSC04838
走る走る!
DSC04840
鴻巣市へ入っても駆け足。
DSC04842
この交差点そのまま直進したけど、ホントは右折すべきだったorz

DSC04843
引き続き走る走る!

DSC04847
なんだか見覚えのある景色♪

国道17号線と交わる交差点まで出てきたけど、ここで遠回りしてたことに気づいた。
500mぐらい余分に歩く。
DSC04848
せっかく走った貯金がorz

少々がっがりしつつも、
DSC04851
無事、今回のゴール地点吹上駅まで到着!

コンビニで昼食を買い、店の外へ出るともうすぐ電車が(大汗)
またもや走ってなんとか乗車。

電車を乗り継ぎ東京駅まで着いたのは、予約した新幹線の出発10分前。
DSC04853
我ながら、もっと時間にゆとりのある生活をしたほうがいいと思う。(苦笑)

相変わらず新幹線の中で爆睡しつつ広島まで帰還。

///
歩行場所:埼玉県熊谷市(熊谷駅)~埼玉県鴻巣市(吹上駅)
歩行時間:3時間53分
歩行距離:14km
2018年11月の歩行距離:89km

新たな装備について(メリノウールシャツ他)

みなさま新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

現在ガッツリ10連休を取得しお出かけ中のため、前回の歩き最終日の様子につきましては、今しばらくお待ちくださいませ。
m(__)m

そしてこんなときは、いつもの装備紹介に逃げ込む戦法で(苦笑)
ここ2カ月くらいの間に購入した装備について、ご紹介したいと思います!

IMG_1411
こちらはバーグハウスのメリノウール薄手シャツ。

メリノウールのシャツについては、以前から気になっていたアイテムだったけど、高価なこともあり、今までなかなか手が出せなかったのですが、フラッと立ち寄った好日山荘で40%オフになっており、更に去年北海道に行った際、あゆみさんのお兄さんが『メリノウールのシャツはしばらく洗濯しなくても匂わない』と言われてたのを思い出し、洗濯の手間が省ける♪というタダのサボり精神も加勢し、とうとう購入。

前回の秩父方面歩きの際から着用してますが、汗冷えもしないし、確かに数日洗濯しなくても匂わない♪
…と思ってたのですが、今回の歩きではワタシの大量発汗にメリノウールの防臭効果が敗退?なんとなく不快な香りがorz
結局、2〜3日に1回ペースで洗濯してます。。

お次はいつものモンベルにて、
IMG_1445
ニットキャップと手袋を。

ニットキャップは、今まで使ってたものはツバがついてなかったので、ツバ付きのものを。耳当てもついてて、今回の寒冷地でのお出かけにて大活躍♪

手袋は、昨シーズンの冬は超厚手と薄手のものしかなく、中間のものが欲しかったので。
こちらも今回の寒冷地でのお出かけにて大活躍♪

ちなみに以前から使ってたニットキャップと薄手の手袋は、現在だいたい週3回ペースで行っているランニングにて大活躍♪
…いかん。ちょっと話題それた汗


最後にご紹介するのは、、、
IMG_1446
メリノウールシャツと一緒に購入した、ビクトリノックスのマルチツール。
今までは頂き物を使ってたけど、この度新調。

一番よく使ってるのはハサミ。切れ味がよくて重宝してます♪
ナイフは完全に果物ナイフ状態。爪やすりはまだ1回も使ったことはありませんが。。。
今後も愛用していきたいと思います♪

プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント