広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2019年09月

丹沢塔ノ岳登山と久しぶりのキャンプ泊

みなさまこんにちは。

本日からは、9月の歩きの様子をお届けします!

さて、今回の歩きは3連休に1日有給休暇を引っ付けての4日間の行程。
当初、最初の2日間は房総半島をお寺参りしつつキャンプしつつ歩こうかと思ってたけど、先の台風15号の被害が思いのほか酷いことが分かったため、出発の前日にあえなく行き先を変更することに。
前泊する横浜から程近く、且つキャンプもできる場所は・・・?という観点であれこれ地図見て考えた結果、神奈川県の丹沢にて登山&キャンプ泊することに。
出発の前夜に地図やら若干装備やら準備し直して、いつもの新幹線にていざ出発。

新横浜から関内まで移動するのに、ついついJRより60円高い地下鉄に乗ってしまったりしつつ、、
DSC05266
まだ試合中の横浜スタジアムの横を通り抜け、ホテルへ投宿。
横浜スタジアムすぐ側のホテルが簡単に予約できたということは、対戦相手は在京球団なんだろうなと思ってたら、、、
やっぱり巨人でした。。。

翌朝は、朝一でホテルの朝食を食べてから、登山口のある秦野市まで電車移動。
関内から横浜まではJRにて移動し、横浜からは、6月に丹沢山系の大山登山した際と同じく相鉄と小田急を乗り継ぎ、
DSC05277
秦野市の渋沢駅へ到着したのはすでに9時過ぎ。
ホントは伊勢原あたりのホテルに前泊すればよかったんだけど、直前に行き先を変更したため、前泊のホテルを変更するのが億劫だったので仕方ないorz

そうは言いつつ、やっぱり時間のことが気にかかる(汗)
そして、バスに乗ってからお腹が痛くなってしまった(超冷汗)
DSC05279
15分程度バスの中で冷や汗かきつつ、なんとか無事スタート地点の大倉バス停まで到着。
バスからダッシュでトイレに駆け込み、とりあえず危機は脱出(安堵)


DSC05278
バス停のすぐ側にあるレストハウスにて身支度を済ませ、9時40分頃出発。

DSC05280
平日だけど、山へ向かう人々がそれなりに。
渋沢駅から乗車したバスにも明らかに登山と思われるグループが複数乗ってたし。
やはり人気の山なんだなぁ。

DSC05282
今日宿泊予定のキャンプ場入口もしっかりとチェック。

DSC05285
いよいよ登山道入口へ。

DSC05286
しばらくアスファルトの坂道を上り、

DSC05288
程なく山道へ。

DSC05293
先の台風の影響か、道には葉っぱや小枝がたくさん落ちてる。

DSC05296
大倉高原山の家方面には寄らず、右折し直接塔ノ岳方面へ。

DSC05300
約10分登った先の雑事場ノ平にて、先程の分岐と合流。

今回も備忘録兼ねてタイム記載しておきます。
大倉~雑事場ノ平間43分(コースタイム40分:山の家経由)

DSC05305
見晴茶屋は残念ながら今日は営業していない模様。

DSC05306
その名の通り、見晴小屋の前からは下界が見渡せる。

DSC05307
結構登りがきつくなってきた。

DSC05310
木道ついてるけど結構な登り。

DSC05316
どんどん登る。。

DSC05319
息切らしつつ、坂の途中にある駒止茶屋を通過。

DSC05320
だんだんもやがかかってきた。

DSC05322
木道はパッと見歩きやすそうだけど、歩幅にあわなくて足が引っかかりして、意外と歩きにくい。

DSC05327
先日の台風の影響と思われる倒木。

DSC05330
元気な木が、根元近くからちぎれたように折れてしまってる。

DSC05335
ここにも倒木が。

DSC05339
ここにも。

DSC05340
堀山の家も本日はお休み。

雑事場ノ平~堀山の家間59分(コースタイム1時間10分)

DSC05343
堀山の家からは更に斜度がきつくなってきた。

DSC05346
岩や石ころだらけの箇所もあったり。

DSC05349
堀山の家~天神尾根分岐間は21分(コースタイム25分)

DSC05350
この手の階段が一番登るの楽かもしれん。

DSC05351
途中、歩荷さんみたいな方が。
かなりの荷物を背負っておられた。

DSC05352
結構な登りはひたすら続く。

DSC05354
まだまだ登る。

DSC05362
周りの景色が開けた!

DSC05363
しかしながら景色は堪能できず・・・
辺りはもやの中

DSC05367
花立山荘の周りでは、お昼休憩してる人もちらほら。

そんな山荘の先にあったトイレのあたりに、
DSC05369
シカさんがいる!
DSC05371
一心不乱(?!)に草を食べてる。。
思わず立ち止まってしばらく眺めてると、下山途中のお母さんも立ち止まり、しばし一緒に見てた。
お母さんの話では、このあたりでシカを見かけることはあまりないらしい。

DSC05374
よくよく見ると、草陰に子シカも♪

DSC05375
シカさんやお花に癒されつつ・・・この花なんだろう?
分かったら、シラーっとアップします。。

DSC05377
高度を上げるにつれ、雲の中へと突入してきた。

DSC05378
もやはどんどん深くなる。

DSC05379
金冷シの分岐点ももやの中。
天神尾根分岐~金冷シ間は48分(コースタイム50分)

ここで登山開始から約3時間が経過。
初めは丹沢山まで行ければ。などど思ってたけど、この時点で丹沢山まで行くことはあきらめて、塔ノ岳から折り返すことに決定。

DSC05384
そうと決まれば塔ノ岳まではもうすぐのはず!

DSC05386
もやの中、厳しい登りは続き、、、

DSC05387
登山開始から3時間13分にて、標高1491mの塔ノ岳山頂に無事到着!

金冷シ~塔ノ岳山頂間は20分(コースタイム25分)
DSC05391
尊仏山荘も山頂から10m程しか離れてないのにもやに霞む状態。

DSC05394
晴れた日は素晴らしい眺望が広がるらしいが・・・
残念ながら何も見えんorz

とはいえ、途中一瞬ぱらついた小雨も止んで一安心。
山頂でしばし休憩。

DSC05395
さてでは下山するかな。
丹沢山はまた今度。

DSC05402
こんなスリリングな場所も、もやってると恐怖感が薄れてヨロシイ。。

DSC05410
しばらくはもやの中だったけど、

DSC05411
途中からやっと雲が晴れた♪

DSC05417
景色見ながら下山。

DSC05420
ところでいつものことではあるのですが・・・下りはとってもひざが痛いorz
途中二度ほどズリこけそうになりながらも、ひざも痛いしゆっくりと進む。
尚、木道は登りより下りの方が歩きやすくて助かった。

DSC05431
ここでリスが木を一気に登っていった。
一瞬のことで写真には撮れず。

その後も淡々と来た道を下って行き、
DSC05437
とりあえず、山から出てきて一安心。

DSC05439
町も見えて安心。
17時までのキャンプ場の受付にもヨユーで間に合いそう。

DSC05441
行きにチェックしたキャンプ場の入口を入り、

DSC05442
山頂から結局3時間かかり、結構ワイルドな雰囲気のキャンプ場へ到着。

下りは詳細な時間は省略したけど、コースタイムは2時間20分。
今回は10kg以上の装備を背負ってたのと、下り対策のテーピングやサポーターをなにもしていない状態だったため、ひざへのダメージがかなり大きかった。
今度からは気をつけないと。。

DSC05443
滝があったり、清流が流れてたり。
いい雰囲気♪

DSC05444
ワイルドな橋を渡り、受付のある建物へと向かう。

無事受付を済ませた後、約2年ぶりのテント設営。
思いのほかほぼスムーズに設営完了し、洗濯やら晩御飯やら済ませたらあっという間に睡魔が。。
20時過ぎには就寝。

あと備忘として、ヘッドライトをつけようとしたら、電池が切れてて超焦った。
ラジオの電池に交換して事なきを得たけど・・・今後は気をつけよう。

///
歩行場所:神奈川県秦野市(大倉バス停~塔ノ岳山頂~滝沢園キャンプ場)
歩行時間:6時間42分
歩行距離:14km
2019年9月の歩行距離:14km
2019年の歩行距離:743km


トレッキングシューズ新調

みなさまこんにちは。

本日は、久々に旅の装備のご紹介をしたいと思います!

さて、2年前の秋に購入し履き続けてきた、ノースフェイスのトレッキングシューズ
「エンデュラスハイク GORE-TEX 」ですが、
DSC05256
パッと見なんともなさそうだけど、

DSC05257
靴底がかなりツルツルになってきまして。。。

DSC05261
最近、時間押しでよく走ったりしてるため、かかとが特に磨り減ってる。

DSC05260
つま先も山歩きで結構ボロボロ。

やはり、ワタシのトレッキングシューズの寿命は、期待を裏切らず(?!)約2年の模様。

つーことで、、、
DSC05258
またもやノースフェイスの「エンデュラスハイク GORE-TEX 」を、ネットで3割引にて購入。

このエンデュランスハイクは、ノースフェイスの以前のモデルよりかなりクッション性がよくなっていて、とっても歩きやすくて気に入ってます♪

DSC05259
新旧並べてみるとこんな感じ。

靴幅が新モデルは少し狭くなったよう。
今履いてるシューズは今までより幅が広くなってしまってたので、元に戻ったといった感じでしょうか。
足幅の狭いワタシにとっては朗報です♪


新しいシューズはこれからしばらく慣らして10月ぐらいにデビューかな?
今のシューズも、しばらくの間は普段履きで使用したいと思います!

栃木駅までお散歩

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き5日目最終日の様子をお届けします!

さて、当初最終日は栃木から小山まで歩こうか・・・?などど考えたりもしましたが、、、
結局、最寄り駅の栃木駅から帰途に着くことに。

そうと決まれば朝は出発直前までお部屋でウダウダ。。
DSC04670
かな半旅館を9時半頃出発。
今度は夕食も食べてみたいな・・・また来ます!

お宿から栃木駅までの距離は1km程度なので、歩いても10分程度かと。
DSC04672
今度またしっかり観光しに来よう。

DSC04676
駅へ向かう前に、昨日宿から夕食を買出しに行った際、気になってた神社へ寄ってみることに。

DSC04678
鳥居をくぐり、境内へ。

DSC04680
現在工事中の拝殿にて参拝をば。

ところで、境内のどこかからか何かの鳴き声が聞こえるのですが。。。
なんとなく境内をぐるっと回ってみると、
DSC04691
鳴き声の主は鳥だった!

DSC04687
しかも「オハヨ~」などどどこかから声がww

しばらく鳥たちを眺めていると、この神社を毎日散歩してるっぽい地元のおばあちゃんに声を掛けられた。
しばしご一緒に鳥たちを眺める。

DSC04689
クジャクは以前は3羽いたけど、今は1羽になってしまったらしい。
羽を広げたらとってもキレイで、写真に撮りたいんだけど網がジャマしてうまく撮れないと言われてた。
たしかに、どうやっても網が写りこみますね、。。

DSC04690
ずっと「オハヨー」って言ってたのは、この白いオウムでしたww

おばあちゃんと結局10分近くお話ししてお別れ。
楽しいお話しをありがとうございました!

しかし、そうこうしてたらまた時間押し。
ヤバイ電車の時間に間に合わん(汗)
DSC04699
最後の最後にまた走る。。。

DSC04705
ゴール地点の栃木駅に到着したのは、電車到着の7分前(安堵)

栃木駅からは東武日光線を乗り継いで、大手町まで。
大手町から東京駅までは、途中コンビニで買い物したいのもあり、徒歩にて移動。
DSC04708
大手町の緑もなかなかよし。

DSC04711
いい雰囲気ですね。。

DSC04722
大手町から10分程度のお散歩にて、東京駅に到着。
いつもの新幹線にて広島へ帰還。

///
歩行場所:栃木県栃木市(山車会館近くの宿)~栃木県栃木市(栃木駅)
歩行時間:32分
歩行距離:1km
2019年7月の歩行距離:112km
2019年の歩行距離:729km

栃木観光はまた今後(葛生~栃木:その2)

みなさまこんばんは。

本日は、7月の歩き4日目の続きの様子をお届けします!

さて、今回の歩きの大目的である満願寺参拝を無事終えたワタクシですが・・・
あとは、本日のお宿のある栃木市市街地までひた進むのであります。。

DSC04528
本州においては、ちょっと山の中に入るとどこにでもクマさんがいるということにやっと気付いた今日この頃。

DSC04531
先程、坂を下ってる際に眼下に見えてたセメント工場の横を通過。

DSC04538
セメント工場地帯は延々と続く。

DSC04540
この工場は石灰で真っ白。

DSC04543
間近に見える工場に少々コウフン気味。

DSC04546
この工場の屋根も真っ白。
DSC04552
あの山も発破しまくってるんだろうな。

DSC04553
道路脇を流れる川は、石灰のせいか白く濁ってる。

今日は小雨の中通過したので全く気にならなかったけど、もし天気が良くて空気が乾燥した日に歩いてたら、きっと粉塵だらけだったに違いない。

DSC04559
そんな工場地帯もようやく終了。

DSC04568
こちらの交差点を右折し、栃木市街方面へ。

DSC04572
ここで、降り続いていた雨もようやく止んだ。

傘やらザックカバーやらレインウェアを片付けて進んで行くと、「どこまで行くの?乗っていきませんか」と車から年配の男性に声を掛けられた。
GWの日輪寺参拝時に軽トラのおじいさんにありがたく駅まで送って頂いた際に、歩行者が歩いてたら心配して思わず声を掛けたくなる場所がなんとなく分かった気がした。
もしかしてこの道はなんとなくそうかも・・・と思ってたら、、、予感的中。。

今日は体調もいいし栃木まではそう遠くもないので、丁重にお断りさせていただいた。
ありがとうございましたm(_ _)m

DSC04578
川向こうの旧道の方が近道だった気がするが・・・もう遅いorz

DSC04584
そのままバイパス道進みます。

DSC04588
青々とした田んぼを見るとついつい撮影。

DSC04595
こちらの交差点付近にて、年配の女性から車越しに「栃木まで行くけど、乗っていきませんか」と今日2度目のお声掛け。 またもや丁重にお断りさせていただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m

DSC04596
栃木市街地まではあと7km。

DSC04598
田んぼの広がるのどかな道を進む。

DSC04604
ん?
田んぼのあぜになんかいる?!

DSC04605
カルガモがたくさん!

DSC04607
しかしすごい数ww

DSC04614
少しずつ住宅も増えてきた。

今日のゴール地点は、町中の「山車会館」に設定。
山車会館は今日のお宿のすぐ近くで、昨日足利の路地でかわいい器を買ったお店の系列店が栃木にもあるとのことで、ちょっと寄ってみようと思った次第。
初め、お店の方に「栃木のダシカイカン」というキーワードを聞いたときは、「出汁会館???」などど頭の中で誤変換してしまったが(苦笑)
しかし、そのお店の閉店時間は18時であり、この時点ですでに17時近くなのに、残りの距離はあと5km程度。

・・・またもや時間押し(汗)

DSC04620
かなり先に高架が横断してるのが見える。
あれが東北自動車道か。

ひたすら高架を見つめつつ進み、
DSC04634
1km10分ペースで東北自動車道の高架を通過。

DSC04639
「出汁会館」・・・じゃなく、、、
「山車会館」目掛けて猪突猛進。

DSC04641
結構賑やかになってきた。

DSC04643
よーしあと2km!

DSC04645
後になって、この案内板に従って右折すれば、町並み保存地区を通って行けたことが発覚。
また今度の宿題増えたorz

DSC04646
このときはそんなことはつゆ知らず、、
県道をトレースしながら進み、

DSC04650
だんだん歴史ある建物が増えてきた。

DSC04653
ひたすら山車会館へ向かって進み、

DSC04660
18時ジャストに今日のゴール地点である山車会館に無事到着!

早速、山車会館のすぐ横にあったお目当てのお店に入ってみたけど・・・
残念ながら思ったような商品がなくorz
まあ、こういうこともあるか。。

その後、山車会館すぐ近くのお宿へと投宿。

///
歩行場所:栃木県佐野市(葛生駅)~栃木県栃木市(山車会館近くの宿)
歩行時間:7時間55分
歩行距離:30km
2019年7月の歩行距離:111km
2019年の歩行距離:728km

満願寺参拝(葛生~栃木:その1)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き4日目の様子をお届けします!

さて、この日はいよいよ今回の歩きの大目的である、坂東三十三所の満願寺参拝へと向かうことに。

朝目覚めてホテルの窓から外を眺めると、
DSC04334
残念ながらあいにくの雨模様。

ホテルから5分程度静かな通りを歩き、
DSC04339
佐野駅から、昨日の葛生駅まで電車移動。

DSC04341
葛生駅を10時ごろ出発。

DSC04342
駅前通りは一見静かに見えますが、

DSC04345
至るところでお祭りの準備中。

DSC04346
しっとりとした落ち着いた雰囲気の通りを進み、

DSC04357
国道との交差点にあったコンビニにて食料調達。
少し雨脚が激しくなってきたので、レインウェアの上着も着込み、
ここからは出流山(いづるさん)にある満願寺を目指して進む。

DSC04362
のんびり歩けると思ってたら・・・意外と交通量が多い(汗)

DSC04365
「さーのって号」か。。
コミュニティバスのたぐいは、この手のネーミングが多い気が。

DSC04367
MAXコーヒー見ると妙にテンション上がる(笑)
そういえば、今日広島のワタシの近所のスーパーでMAXコーヒーの試飲やってた。
とうとう西日本にも進出か?!

DSC04373
前日までは暑いくらいの気温だったのに、今日は20度しかない。
でも、さすがにレインウェアの上着着ると暑いなぁ・・・結局、2時間くらいで汗でぐっしょり濡れてしまった。
レインウェア着ずに雨に濡れるのと、レインウェア着て汗でぐっしょり濡れるのと、イッタイどっちがよかったのか???

DSC04376
「くずう原人まつり」はすでに32回目なのか。。

DSC04380
周りは田畑の広がる景色に。

DSC04381
出流山へ向けてまっすぐ!

DSC04383
あと4km!

DSC04390
でっかいセメント工場のすぐ横をどんどん上る。

・・・とここで、すぐ側の山の中から、キョンキョンと何かの鳴き声が。
DSC04393
しばらく山の中を観察しつつ歩いてると・・・シカ発見!
あの鳴き声はきっとこっちを警戒してるんだろうな。。
結局、この後も10分近くシカの鳴き声が聞こえた。

DSC04398
延々と続くセメント工場見つつ坂を上り、

DSC04409
やっと峠を越えたと思ったら、今度はかなりの急な下り坂。

DSC04410
途中の「立木地蔵尊」にて軽くお参りし、

DSC04420
カーブなんぼまであるん?と思いつつ、急坂&急カーブの道を下る。

DSC04423
眼下にはまたもやセメント工場が。

セメント工場を横目に見つつ、更につづら折りの急坂を下ると、
DSC04429
出流山へ向かう交差点が。
参拝後はここまで戻り、栃木方面へ向かわないといけないのか。

DSC04430
そんな交差点にて栃木市突入。

DSC04431
よーし出流山まであと2km♪

ところで、こんな山中の道なのに、結構車の数が多い。
もしかしてみんなこぞってお寺参り?などど考えつつ歩みを進めて行くと、

DSC04440
そろそろ到着かしら?

DSC04441
道端にあったこの案内板にて、出流山は蕎麦で有名なことを知った次第。
どんどん山へと向かっていく車は、お蕎麦目当てだったんだ~納得!
そういえば、蕎麦ののぼりも至るところに立ってたな。。

DSC04444
ちょうどお昼時ということもあり、お蕎麦屋さんは大盛況。

DSC04445
いやはや。
世の中まだ知らんことだらけですww
DSC04448
路線バスはそれなりに本数あるみたいだけど、今日は頑張って栃木まで歩こう。

たくさんの人で賑わうお蕎麦屋さんを横目に見ながら、
DSC04452
出発から約1時間45分にて、坂東第17番満願寺へ無事到着♪

DSC04456
仁王門からしばし坂を上って行くと、

DSC04460
石段の先に本堂が見えてきた。

DSC04462
本堂にていつものお参り。

そして、ここ満願寺には奥之院もあるみたいなので、
DSC04463
本堂のすぐ横にある受付にて入山料を払い、

DSC04464
いざ奥之院へ。

DSC04466
小雨降る中、山の中へと進む。

DSC04470
静寂に包まれた歴代住職の墓地。

DSC04472
足元が滑りやすいので慎重に。。

そして、入口から10分強にて
DSC04474
やっと奥之院見えた♪
・・・あの上まで登るのか(汗)

小雨に濡れる石段を息を切らしつつ登っていき、
DSC04481
写真ブレブレですが・・・
無事、奥之院へ到着。

DSC04484
この洞窟の奥まで入って参拝できるみたいだけど、ライトが点くまでしばらく時間がかかるとの記述があったため、

DSC04483
外の景色見ながら待機。

そうこうしてるうちに、洞窟の中のライトがパッと点いた。
DSC04495
いざ突入。

ひんやりとした空気に包まれた洞窟の中に入っていくと、
DSC04486
おーなんとすごい鍾乳石!
こんなところにこんな立派なものがあるなんて!!
しばらくの間見とれてしまう。

DSC04488
ちなみにこの鍾乳石は、十一面観音菩薩様なのでした。

DSC04492
感動を覚えつつ、洞窟を後に。

DSC04501
奥之院の下にあった小さな滝は、滝行の場らしい。

DSC04506
天候はイマイチだったけど、ここまで来て本当によかった!

来た道を滑らないよう慎重に戻り、
DSC04510
本堂まで戻ってきた。

DSC04514
本堂から更に下った納経所にてご朱印を頂く。

出入口のすぐ横にあったベンチにて昼食のおにぎりを食べていると、中から出てきたお坊さんがほら貝を吹き始めて、思わず目が釘付けに。。
ほら貝を吹き終わったところで、そのお坊さんとしばしお話し。
ほら貝は我流だと言われてた。毎日決まった時間に練習兼ねて吹いているらしい。
最近は、ほら貝の貝がなかなか捕れなくなってて、以前より価格が高騰してることとか、山岳救助の際、山伏の吹くほら貝の音で遭難した人の状態を知らせることができることとか。
いろんなためになるお話しをありがとうございました!

DSC04515
満願寺で修行してみたい気もする。

DSC04519
すがすがしい気持ちにて、お寺を後に。

DSC04521
来た道を2km戻り、

DSC04526
先の交差点までやってきた。
今度は直進して栃木方面へ。

・・・すみませんが今日のところはここまでm(_ _)m
この日の続きの様子は次回にてお届けします!
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント