広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

2020年01月

地図さえ見れば迷わない(庄野宿~四日市宿)

みなさまこんにちは。

本日は、12月の歩き3日目の続きの様子をお届けします!

さて、旧東海道をところどころスルーしてしまったりしつつも、庄野宿まで進んできたワタクシですが・・・
DSC06979
お次の石薬師宿(いしやくししゅく)までは、先程入手した東海道の地図もあるし、、
きっと道誤りなく行けるはず♪

DSC06981
踏切を渡り、加佐登駅を通過し、

また渡りなおした踏切の先にて、
DSC06987
田んぼと線路に挟まれた道へ。
さっきの地図持ってなかったら、この道絶対わからんかった。。

DSC06990
一瞬未舗装路になって少々焦ったり、

DSC06995
若干分岐点でまごまごしたりもしましたが、

DSC06996
概ね順調に田んぼの中の道を進み、

DSC06997
石薬師宿への看板を見つけて一安心。

DSC07002
ちょっと気になる大木に向かって坂を上って行くと、

DSC07007
石薬師宿に到着した模様。

DSC07005
気になる大木には一里塚跡の石碑が。

DSC07011
ゆるゆると坂を下り、

DSC07012
すぐさま上り坂。

DSC07013
詳細は割愛しますが、、
石薬師宿の道中には信綱かるたの短歌を掲示した「信綱かるた道」なるものが。

DSC07022
国道1号線のバイパス道を渡り、

DSC07026
石薬師宿はまだまだ続く。

DSC07028
県道を横切って、

DSC07033
さらに続く。

DSC07034
こちらが本陣跡。

DSC07039
まだまだ続く。

DSC07042
そろそろ終わりかな?

DSC07043
坂を下りたところにあったこちらの神社にて、石薬師宿は終了。

DSC07045
一瞬国道1号線に戻ったものの、

DSC07047
地下道渡って反対側に旧東海道が続いているらしく、

DSC07050
ちょっとだけ旧道を歩き、

DSC07055
すぐ国道へ復帰。

DSC07058
現代の道しるべと、

DSC07059
江戸時代の道しるべ跡。

DSC07061
しばらくの上り坂もここが峠のよう。

DSC07064
下り坂の先に、いよいよ四日市の町が見えてきた。

DSC07070
こちらから市街地方面へ左折。

DSC07071
この先の追分交差点から先の国道1号線は以前歩いたことがあるので、まだ歩いていない旧街道を積極的に歩こう♪

DSC07072
もう少しで県道から旧東海道への入口を見落とすとこでしたが、、

DSC07074
このあたりは東海道の標記がかなり地味。

DSC07076
住宅街の道をのんびり進む。

DSC07086
近鉄追分駅前を通過し、

DSC07090
こちらの追分交差点にて、過去歩きルートと接続♪

DSC07094
ここからまた東海道へ。
今日のゴール地点まではあと4km程度。

DSC07096
しばらくはのんびりとした道でしたが、

DSC07099
四日市の市街地が近づいてくるにつれ、だんだん交通量が多くなってきた。

DSC07101
江戸時代からの名残の一本松を眺めつつ、

DSC07107
いくつか橋を越えて行き、

DSC07114
交通量は更に激しさを増し・・・
国道のほうが歩きやすかったかもorz

DSC07120
国道の裏道なのかな?

狭い道をたくさんの車が離合していく状態はしばらく続いたものの、
DSC07126
最後になってようやく解消。

DSC07128
今日宿泊するスーパーホテルも見えた♪

DSC07129
近鉄四日市駅の手前にあるホテル前にて、本日の歩き&今回の歩きは無事終了~
すぐ横のコンビニにて晩御飯を調達し、そのまま投宿。

DSC07140
翌日は近鉄四日市駅から、電車で30分にて名古屋まで移動。
友人のマユミちゃんとの再会を果たし、2時間行列に並んで人生初のひつまぶしを堪能。
楽しい時間を過ごした後、広島へ帰還。

DSC07145
帰りの新幹線は自由席だったけど、無事座れて安堵。
伊吹山もよく見えた♪

///
歩行場所:三重県亀山市(亀山駅近くのビジネスホテル)三重県四日市市(近鉄四日市駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:6時間20分
歩行距離:24km
2019年12月の歩行距離:64km
2019年の歩行距離:840km




旧東海道歩いたり歩かなかったり(亀山宿~庄野宿)

みなさまこんばんは。

本日は、12月の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、2日日は最後は暗闇の中を歩き、なんとかホテルまでたどり着いたワタクシですが・・・
長距離を「歩行」するのが久しぶりだったせいか、翌朝目覚めると体のいろんなところが筋肉痛。
走るのと歩くのとでは、こんなに使う筋肉が違うのかと改めて実感した次第。

今回のお出かけの最終日となる4日目は、名古屋にて友人のマユミちゃんと久しぶりに会う予定なので、ガッツリ歩くのはこの3日目まで。
3日目も、なるべく旧東海道を歩こうかとぼんやり思いつつ、四日市までの25km弱を歩けばいいので、のんびり起床しのんびり出発。
DSC06811
オフシーズンの平日のせいか激安だったので、めずらしくアパホテルに泊まってみた。
9時半頃出発。

DSC06813
まずはせっかくなので亀山城跡に寄ってみることに。

DSC06814
駅からちょっと離れた高台にある見込み。

ちょっとした坂を上って行くと、ちょっとした休憩所&展望所が。
DSC06817
展望所から見下ろす先のこの道は東海道か! ・・・そういえばここは亀山宿だった。。
亀山はお城を中心に栄えた城下町らしい。

DSC06822
そのお城は、東海道を更に少し上った場所に。

DSC06824
小さな建物しか残ってないけど、なかなかいい佇まい♪
DSC06827
城跡の敷地はだいたい公園になっているところが多いけど、ここは本丸と二ノ丸の間にまあまあの交通量の道路が。

DSC06828
こちらの多門櫓は無料で見学できるよう。

このとき時刻は10時ちょっと前。
開館時間は10時からと書いてあったけど、もう開いているみたいなので行ってみよう。

入口で靴を脱いでスリッパに履き替えて、内部を見学。
DSC06836
中にはちょっとした展示物もあり。

DSC06837
なかなか立派な梁ですね。

一通り中を見学して入口まで戻ると、係の男性に話しかけられた。
今日は東海道を四日市まで歩くことをお伝えすると、メチャ驚かれた。。。
見学に来られるのはお城好きの人はもちろんだけど、東海道歩きの人も多いそう。
東京から東海道を通しで歩いてきたという人も今までに1人いたらしく、30代ぐらいの男性で、暑いのが苦手とのことで3月ぐらいに来られたらしい。

三重県の他のお城のこととか、昨日の関宿のこととか、
いろんなことをお話ししてくださり、とってもお勉強になりました。
ありがとうございました!
DSC06840
結局、お城には20分程度の滞在。

DSC06842
三重県の東海道の標識はこんな感じ。

DSC06845
商店街を抜けて行き、

DSC06856
現代と過去が交差する東海道の風景に。

DSC06862
屋号が掲げてあるお宅も。

DSC06868
「露心庵跡」を通過。

・・・そのすぐ先にあったバス停に思わず釘付け。
DSC06870
「亀山ローソク前」・・・?
いつもお参りの際お世話になっているカメヤマローソクだ!
そうかー亀山で創業したからカメヤマローソクなんだー
今更ながら納得!

DSC06872
結構大きな工場。
ちなみに、ワタシが現在お参り時に使用中のカメヤマローソクは、ベトナム製でした。。

DSC06875
すぐ近くのコンビニの横には駐車場も。

思いがけないカメヤマローソクの感動(?!)の後は、淡々と歩行を続ける。

DSC06879
この一里塚も復元された模様。

DSC06888
しばらくちょっとした坂を下って行くと、

DSC06893
今日初めての国道1号線が目の前に現れましたが、

DSC06892
手前の旧東海道を進む。

ところで、やはり東海道歩きを楽しんでいる人は中山道と比べると圧倒的に多い。
この日だけでも明らかにそれっぽい人を5人ぐらい見た。

DSC06896
こちらは鈴鹿方面への分岐に建てられた「和田道標」

しばらくはなんとなく道なりに進んでたけど、
DSC06907
一旦国道に出ないといけないっぽい。

DSC06909
つー訳で、国道1号線をしばし歩行。

DSC06910
こちらの交差点を右折し、井田川駅方面へ行けば旧東海道に進めたようだけど、
なんとなくそのまま直進してしまった。
まあ、東海道の詳細な地図も持ってなかったし、詳しく調べてもなかったし、
しょうがない。。

DSC06911
そのまま国道1号線にて、鈴鹿市突入!

DSC06912
このあたりで、やっとそのまま進むとヤバそうなことに気がついた(遅いw)

DSC06914
しかし、高速道のインターチェンジの如く、バイパス道から下りる道がないため、しばらくそのまま国道歩行。

DSC06915
左手には鈴鹿山脈の山々が。

結局あれ?と思ってから1km程度国道を進み、
DSC06930
結構大回りしつつ、やっと国道から下りて、

DSC06936
旧東海道に復帰。

DSC06939
こちらも昔からの一里塚は残っていない。

DSC06944
一里塚のすぐ先には「女人堤防」の石碑が。

しばらく進むと、景色が一気に開けた。
東海道はイッタイどこへ・・・?!
DSC06951
標識見つけてルート確認。
これを見逃してたら絶対わからんわww

DSC06952
案内のとおりに進んで行き、

DSC06956
無事、国道の反対側まで進んだところにあったコンビニにて小休憩。

実は、旧東海道はこの道ではなく、もう1本左側の道でした。。
DSC06963
見つけるのに少し時間を要しましたが・・・良しとします。。。

DSC06966
そして、既にお次の庄野宿に入っていた模様。
こちらが本陣跡。

DSC06968
こちらの建物は、中も見学できるようなのでちょっと入ってみた。
残念ながらガイドの方は不在だったけど、
DSC06973
東海道の地図が置いてあったので頂いた。
これでしばらくは大丈夫♪

DSC06976
庄野宿は観光化された建物はほとんどなく、

DSC06977
こちらにてサラッと終了


・・・また途中となってしまいましたが、、
今日のところはここまでとさせて頂きますm(_ _)m

この日の続きは次回にてお送りします!

鈴鹿峠越えと感動の関宿(坂下宿、関宿)

みなさまこんばんは。

本日は、12月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、旧東海道をウラウラと歩いているうちに既に時刻は12時半。
できる限り日没後の歩行は避けたいので、ペースアップしていきたいワタクシなのですが、、
DSC06537
道の駅の対面に鎮座する神社がなんとなく気になったので、

DSC06541
ちょっと寄ってみることに。

参道が思いのほかかなり長くて、時間押しの身には少々焦りましたが、、
DSC06546
やっと本殿見えた♪

DSC06547
本殿にて参拝をば。
こちらの田村神社は、坂上田村麻呂がご祭神だそう。

気持ちよく参拝を終えた後は、
DSC06559
国道に戻る手前に東海道が存在。
神社に寄ってヨカッタ。。

DSC06560
真新しく見える木造の橋を渡る。
今調べたところ、平成17年に再建されたみたい。

古戦場跡やら工場の横を通りながら進み、
DSC06577
ナンテンと素朴な民家と素朴な道の風景は、昨年歩いた中山道の記憶を思い起こさせる。

そんな素朴な道も終了し、
DSC06581
国道へ戻ってきた。
しばらくは峠に向かっての上り坂が続く。

滋賀県と三重県の県境にある鈴鹿峠は旧東海道の山道が残っていることは事前確認済みで、峠の直前までは国道を進めばいいことも、事前に確認済み。

DSC06591
時刻は既に13時20分ですが・・・あと20kmもあるんかorz
日没は17時頃だから、明るいうちに今日のお宿に到着するのはもう無理だなぁ。

DSC06605
そんな状況でも、所々旧街道が残ってるところは積極的に歩いてみる。
こちらにはキレイな公衆トイレが。
最近こういう施設が増えてとっても助かってます!

DSC06616
峠の手前で、国道から旧東海道へ分岐する道がようやく出現。

後ろからやってきたバイクに追い越されて、こんな道をイッタイ誰が?!と思ったら・・・
郵便配達のバイクだった。。
DSC06621
峠の東屋で小休憩。

DSC06623
東屋の横には立派な常夜灯が。

DSC06629
さて、ここからはしばし自然歩道をハイキング。
せっかく新しいトレッキングシューズも履いてきたんだし、こういう場所も歩きたい♪

シカのフンが気になりつつ進んで行くと、
DSC06634
ここで三重県突入。

DSC06639
峠を越えると一気に下る。

DSC06641
どんどん下る。

DSC06644
かなりの急坂。
三重県側から峠超えなくてヨカッタ。。

しばらく続くと思ってた自然歩道は、
DSC06646
10分程度であっという間に終了。

DSC06649
ガードレールを乗り超えるのに足が若干つったりしつつ(苦笑)

DSC06654
下りだし、時間押しだし・・・
走ります。。。

DSC06659
この木はまだ紅葉が鮮やか。

DSC06661
ちなみに国道は峠の前後は一方通行。

DSC06662
なので、側道からの合流地点にはこのような標識があちこちに。

国道の一方通行解消地点付近にて、
DSC06669
ようやく旧道が出現。

相変わらず走りながらしばし進むと、昔の風情がチラリ。
DSC06673
知らん間にお次の坂下宿に突入していた模様。

しかしながら、この坂下宿は民家も少なく
DSC06675
所々に石碑が残るのみ。

DSC06676
お寺の紅葉眺めつつ、サラッと終了。

DSC06694
坂下宿を過ぎた後も、しばし旧街道は続く。

DSC06703
先の坂下宿より、昔の民家が残ってる。
DSC06708
こちらにて一旦旧東海道は終了。

DSC06715
だんだん日も暮れてきましたが、
この次の関宿はかなりの規模だと聞いているのでちょっと楽しみ♪

DSC06725
15時45分頃にようやく関宿の入口に到着。

DSC06728
いよいよここからか。

DSC06734
ワクワクしながら坂を上っていきますと、

DSC06735
おーなんと!
想像以上の昔ながらの宿場町の光景が!

DSC06737
郵便ポストもこんなん。

DSC06738
観光客向けのお店はほとんどなく、フツーの人がフツーに暮らしてる印象。

DSC06743
中にはこんな立派な建物もありますが、

DSC06745
たまに現代的家屋もありますが、、、
延々と江戸時代にタイムスリップしたような町並みが続く。

DSC06748
オレンジ色ではなくてこんな色だったり。

DSC06755
こちらの「いっぷく亭」でちょっと休憩。

DSC06760
高札場も立派に復元。

DSC06761
後で聞いた話によると、この関宿はかなり以前から町並みの保存に力を入れているのだそう。
街道沿いの家は、個人のものでありつつも行政の管轄で、各建物には管理ナンバーが付いてるらしい。
歩いてる際は気がつかんかった。。

DSC06764
山車も見てみたいなぁ。

DSC06768
こんなにすごいと思わんかった。

DSC06776
ホントに来てよかった!

DSC06777
エアコンの室外機も厳重(?)に景観に配慮。

DSC06781
こちらにて関宿終了~
決して観光客向けだけではない、整然とした町並みに心を打たれました!

DSC06783
宿場町を外れると、多少昔の雰囲気を残しつつも令和元年の景色に戻る。

DSC06786
美しい紅葉を見ると思わず足が止まる。

DSC06791
さてここからは亀山まで一般道を突き進む。

DSC06797
途中、明らかにルートをミスりましたが、、

DSC06801
なんとか最短ルートと思われる川沿いの道へ。

DSC06804
写真では明るく写ってるけど、肉眼ではこの時点でほぼ暗闇。

結局、途中で日没となり30分程度暗闇の中を歩行。
町まであまり距離は残ってないはずなのに、周りの景色がなかなか都会的にならず、少々焦ったりもしましたが、
DSC06806
写真ブレブレですが、、、
JR亀山駅まで着いたときは超安堵。

駅前を通過し、コンビニ横のホテルへと投宿。

///
歩行場所:滋賀県甲賀市(水口付近のビジネスホテル)~三重県亀山市(亀山駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:9時間10分
歩行距離:36km(超アバウト。もっと歩いてるような気がするけど、まぁいっか。)

2019年12月の歩行距離:40km
2019年の歩行距離:816km



土山茶との出会い(水口宿~土山宿)

みなさまこんばんは。

年末年始を挟み、少々間が空いてしまいましたが、、、
本日は、12月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、歩き始めてすぐの水口宿にて、結構はしゃいでしまったワタクシでしたが・・・
明らかに東海道歩きだと思われる5~6人の方々とすれ違った後は、
DSC06362
淡々と歩みを進める。

DSC06372
まだ神社の紅葉も少し残ってる。

DSC06376
旧東海道は結構道幅広いところが多い。

DSC06375
街道沿いの民家には屋号が掲げてあったり。

DSC06378
ここで一旦県道へ合流。

DSC06381
川沿いの気持ちいい道を延々と進むのかと思ったら、

DSC06383
すぐさま旧道が出現。

せっかくなの旧道を選択し、進んでおりますと、
DSC06388
後ろから自転車でやってきたおばあちゃんに、
「一人で歩いてるの?すごいね~気をつけて」と地元語で追い抜きざまに話しかけられた。
街道を歩いてると、よくこんな感じで話しかけられるのがとっても嬉しい♪

DSC06390
昔ながらの民家もちらほら。
一里塚も所々にあるけど、この辺りの一里塚はすべて復元されたもののよう。

交通量も少ない道をのんびり歩いておりますと、
DSC06396
民家のすぐ側に茶畑が。
しかもここだけでなく、あちこちに。

そうこうしてるうちに、
DSC06404
とうとう国道1号線と合流。
予想どおりメチャ交通量が多く、トラックもガンガン走ってるので、

DSC06406
早速現れた旧東海道へ避難(?)

DSC06409
いやはやのどかです。

DSC06412
茶畑は相変わらずあちこちに存在。

DSC06413
花が咲いてるお茶の木も♪

DSC06417
旧道沿いは延々とお家が続いてる。

DSC06422
国道と交差する県道の上を通過。
トラックの比率がメチャ高い(汗)

DSC06424
この日萱葺き屋根のお家を見たのはこの一軒だけ。
・・・だったと思う。。

DSC06429
一瞬国道へ合流。
今思えばこの歩道橋を渡って反対側に進むべきだったのですが、、

DSC06430
ついついお寺の杉の巨木につられて歩いておりますと、、

明らかに旧街道から離れてしまったことに、数百メートル先で気がついたorz
DSC06438
気を取り直して戻るか。

交通量の多い国道を横断し、
DSC06441
無事、旧東海道へ復帰。

DSC06446
今日歩く旧街道沿いは、延々とそれなりに昔ながらの雰囲気が残ってる。

DSC06451
この辺りも宿場町ではないけど、民家に屋号が掲げてある。

DSC06455
1本だけ立派な松の木が。

DSC06460
こちらの一里塚も、石碑が立ってるだけ。

DSC06463
屋号とともにハボタンが。
もうすぐお正月か・・・今年もあっという間だ。。

DSC06471
ちなみに信楽が近いからか、玄関先に信楽焼きのタヌキが鎮座してるお宅多し。

旧街道が少し国道に近づいたところでやっとコンビニを見つけ、
いつものおにぎりで小休憩したあとは、
DSC06485
江戸時代の東海道は結局通らず直進すると、

DSC06488
自転車&歩行者専用の橋だったり。

DSC06496
ところで茶畑の方はというと・・・
どんどんと大規模化しております。。

茶畑につられてまたもや少々大回りしたりしましたが、、
DSC06499
ようやく本日2つ目の宿場町となる、土山宿に到着!

DSC06500
宿場町に入ると、早速お茶屋さん発見♪
ここにてお店のおじいちゃんオススメのお茶を購入。

後で調べたところ、このあたりの茶畑のお茶は「土山茶」らしく、滋賀県内最大栽培面積・栽培量のお茶の産地だそう!
しかし、歩きを始めるまでは、恥ずかしながらお茶の栽培は静岡と宇治と九州しか行われていないのかと思ってたのであり・・・なんという貧弱な知識orz

最近はいろんな場所のお茶を購入し、お味を楽しむのがすっかり恒例行事(?!)
このとき買ったお茶はまだ封を開けていないので、お味の感想はまた後日(^^)

DSC06506
こちらが本陣跡。

DSC06513
ところで、現在放送中のNHK朝ドラは甲賀市が舞台らしい。
知らんかった・・・つーか見てない。。

DSC06518
土山宿にはかなりの数の旅籠があった模様。

DSC06523
風情のある通りをずんずん進む。

DSC06525
滋賀県内の東海道の看板は少々地味目。

結局、土山宿はさらっと通過し終了~

DSC06533
土山宿のすぐ先の道の駅にて小休憩。
そしてまたもやお茶購入。。。

ところで時刻はすでに12時半を回ってるけど、今日のゴール地点である亀山まではまだあと20km以上もあるよ?!
日が暮れるまでに果たして着けるのかしら・・・???

すみません、またもや途中となってしまいましたが・・・
今日のところはここまでm(_ _)m

この日の続きは次回にてお送りします!

トミーさんとの再会と箱根駅伝初観戦

みなさまあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は今年最初の記事となる訳ですが、、、
昨年暮れからお届けしていた東海道歩きの続きをお届けする前に、この年末年始の様子を少しですがお届けしたいと思います!

この年末年始は千葉県を歩行(半分以上は走行笑)してきたのですが、
12月31日大晦日に、トミーさんの地元近くを通過するにあたり、約2年半ぶりにお会いしてきました!
(トミーさんをご存知ない方はこちらをご覧ください!⇒スーパーカブ110で行く日本一周の旅

トミーさんも初めてという鹿島神宮にて待ち合わせし、
DSC08048
結局1時間近く歩き、トミーさんの通勤路だという国道近くのバーミヤンへ。
トミーさん、長い時間歩かせてしまい失礼しましたm(_ _)m

DSC08049
「自然な感じで」とお願いした結果の写真。

2019年は北海道遠征がかなりハードだったので、そこでパワーを使い果たしてしまったとのこと。
近場でのキャンプツーリングも、おなじみの上小川キャンプ場が先の台風で大きな被害を受けてしまい現在休業中のため、最近は足が遠のいてるとのことでした。

その他色々近況を楽しくお話ししたりで、約2時間程度の再会でした。
トミーさん、遠くからお越しいただきありがとうございました!


さて、お次は年も変わって1月3日の様子をば。

千葉県を歩いた後は東京に移動し、1日のんびりと休養することに。
宿泊先のホテルは当初の予定から急遽品川に変更し、3日はホテルの部屋でのんびりゆったり箱根駅伝をテレビ観戦しようと思ってたところ・・・
そういえば品川って・・・もしかして箱根駅伝のコースじゃね?歩いて10分で行けるじゃん?!
と結構直前になって気づいた次第(遅いわww)

つーことで、、天気もいいしいざ箱根駅伝観戦へ♪
選手のみなさんは12時40分頃に通過するみたいなので、12時頃ホテルを出発。
DSC08494
おなじみの青物横丁駅近くの商店街を通り抜け、

DSC08496
駅伝コースの国道15号線まで出ると、すでに横断幕が。

DSC08497
さすがにまだ交通規制は始まってないみたい。
歩道橋を渡り、選手が走る反対車線へ。

DSC08498
なんと!意外と空いてる♪
ラーメン屋の対面あたりに陣取って、その時を待つことに。

DSC08499
警察関係の方々は準備でとっても忙しそう。
今回、改めて大会運営に携わる方々の大変さを知った。

そしてワクワクしながら待つこと約30分、
DSC08508
そろそろかしら?

この後、何台かの大会関係の車とパトカーが通り過ぎた後、
DSC08513
中継車とともに、トップの青山学院大学がやってきた♪

写真も撮りたいけど、やっぱりここまで来たら選手を応援したい!
通過中は一生懸命応援し、
DSC08514
後ろ姿のみ撮影。

トップと2位までと、2位から3位のチームは少し間が空いてたので、ちょっと間延びしてしまいましたが、、
DSC08516
その後は応援しつつも写真撮ってみた。

でもやっぱり応援したいので、写真は早めに撮り、通過中はひたすら応援。
なので、写真に写った選手はすべて小さめ。。。
DSC08518
デットヒートその1

DSC08519
デットヒートその2

DSC08520
約30分にてすべての選手が通過し、観戦終了~

DSC08521
さてホテルへ帰りますか。

やはりテレビで観るより実際に観戦した方が断然いいね♪
そう言いつつも広島カープの試合はいつもテレビ観戦だが・・・チケット取れないからしょうがないことにしよう(笑)


この年末年始の歩きの様子については、東海道歩きの後にお届けします!
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント