広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

27_大阪府

ダイトレリベンジと施福寺参拝

みなさまこんばんは。

本日は、12月9日(土)のお出かけの様子をお届けします!

さて、ここへ来て西国三十三所巡りを今年中に満願させようと気合いが入りまくってしまったワタクシは・・・
12月のカレンダーを改めて確認したところ、その後の予定を鑑みると12月9日(土)に施福寺に参拝しておかないと、満願達成がかなりヤバそうなことに気づき、、、
そこで日曜日は仕事だけど、ここは頑張って行くしかない!とお出かけを決行することに。
そして施福寺参拝イコール前回途中で断念してしまった、ダイヤモンドトレール(以下「ダイトレ」)のリベンジも合わせて行うのであります!
今回は時間の都合上必要に迫られての金曜前泊となり、業務終了後大阪府堺東駅まで移動し、駅近くのホテルに投宿。

翌朝は6時台の電車にて、南海堺東駅から紀見峠駅へ。
DSC01450
ここ紀見峠駅はダイトレ登山に便利な駅ということもあり、構内には登山靴を洗える場所もあったり。
トイレもこの規模の駅としては設備が整ってます♪
この日も早朝にもかかわらず、他にも明らかに登山目的の方が数人下車されてたけど、皆さま金剛山方面に向かわれた模様。
身支度を整えたり、道順を確認したりして、6時50分頃出発!

本当はここから前回ダイトレ歩行時に断念した紀見峠を経由して行きたかったけど、この日広島に帰らなければならないことを考えると時間的にちょっとキビシイことから、ショートカットして岩湧山に向かうことに。

駅を出てからしばらくは、道を何度も何度も確認しながら進む。
DSC01455
現役の苔むした茅葺き屋根のお宅があったり。

DSC01459
南海の線路を越えてからしばらくは、渓流沿いの舗装路を進む。
こんな狭い道を何台もの車が通り抜けていった。

そして空からは雨粒・・・じゃなくてなんと雪が!
こんなところで初雪だw

標高を上げてきてだんだんと冷えてきたので、道端にあった小屋で上着を着こむ。
DSC01462
この分岐点もう少しで見落とすとこだった(汗)

今回も備忘録兼ねてコースタイムとの比較を記載しておきます!
(所要時間には休憩時間も含んでます)
紀見峠~越ヶ滝分岐までは45分(以下カッコ内はコースタイム:40分)

DSC01464
分岐からは山道に。
DSC01472
急坂をしばらく登っていくと、周りは徐々に雪景色。

DSC01474
越ヶ滝分岐から32分(40分)でダイトレ岩湧山三合目に合流♪

DSC01476
岩湧山へ向かうダイトレルートは、拍子抜けするほどなだらかな道。

DSC01484
根古峰を通り抜け、

DSC01490
阿弥陀山前分岐までは27分(30分)

DSC01493
水溜りはすっかり凍ってる。

DSC01497
五ツ辻までは16分(20分)

DSC01498
いわわきの道方面は現在通行禁止となってますので、ご注意を。

DSC01502
雪や凍った落ち葉を踏みしめながら進む。

DSC01504
東峰まで23分(30分)

DSC01505
東峰の少し先でトイレ休憩。
こちらは普通のトイレでした。。

ここから先は茅場ということもあり、一気に視界が開けた。
DSC01510
しかしめっちゃ吹雪いてる!

DSC01512
そしてまさかの吹雪の中、紀見峠駅から1時間35分で標高897mの岩湧山山頂に到着!
東峰からは12分(10分)

DSC01514
こんな天候なので、もちろん展望は望めず。

DSC01515
山頂付近ではお一人休憩されてた方もおられましたが・・・
ワタシはこんな所でジッとしてたらなんだか凍えてしまいそうなので、、
そのまま先へ進みます。。

DSC01522
ここでちょっとだけ遠くが望めた。

DSC01527
静寂な森の中を静かに進む。

途中鉄塔を抜けて行き、
DSC01531
名無しの分岐点までは24分(20分)

DSC01538
分岐点から先は道端に岩がたくさん露出してる。

そして、すれ違う人の数がどんどん増えてきた。
今日は団体さんや数名のグループが多い。「山ガール」も!

DSC01543
このあたりは自然林が残ってる。
DSC01545
まだ紅葉も残ってる。

かなりの急坂をしばらく下って行きますと、
DSC01557
名無しの分岐点から56分(カギザコ分岐のタイムが不明のため合算:70分)で、
トイレや観光施設もある駐車場まで下りてきた。
ここでやっと食事休憩。コンビニむすび冷えすぎ(苦笑)

DSC01563
10分強の休憩の後、11時ごろ施福寺に向けて再出発!

集落からの登山道入り口が若干分かりにくかったものの、看板どおりに進めば問題なし。
DSC01575
初めはこんなとこ歩く人なんていないでしょ~などど思ってたけど、
途中からまたもやかなりの数の方々とすれ違ったり、追い越したり。

DSC01581
ポテ峠までは35分(40分)

DSC01594
途中から何気にお地蔵さんあるなーと思ってたら、よく見たら丁石だった。
この道は施福寺への参拝路だったのか!

DSC01595
一気に施福寺まで登るのかと思ってたら、いくつもの峠を越えることが発覚。
いい加減地図をちゃんと見ろよ?!自分。。

DSC01599
追分までは24分(30分)

DSC01605
いよいよ施福寺も近い!

DSC01615
そして、追分から18分(30分)、駐車場からは1時間17分にて、
念願の西国第4番施福寺に到着!

DSC01616
さてさて早速お参りしましょうか♪

しかしここで、西国参りで多分初めての団体さんと遭遇!
お参り後、御朱印を頂くのに10分以上はかかったかな・・・。
そしてどうも拝観料500円を払うと本堂の仏像が拝めるみたい。
ここは靴脱ぐのめんどくさいなどど言ってる場合じゃない!という訳で500円払って本堂内も参拝。
馬頭観音様や超でっかい方違大観音様や。ゆっくり拝めてよかったです!

お参り後はちょっと休憩し、どの道から山を下りるかしばらく迷った挙句、
結局は無難な駐車場経由のルートを選択。
DSC01623
お寺からの階段は、いきなりのかなり急な下り。
みんなこの階段を登ってきたのか!

DSC01630
そして、階段は延々と続き・・・
あー膝痛い。

DSC01632
15分かかってやっと山門まで到着。
しかしまだまだ下る下る(**)

DSC01639
22分(20分)かかってようやく駐車場まで下りてきた。

つまりは車でお越しの方も、ここからお寺までは歩いて往復しなければならないということでありまして、
車の方にとってはお遍路&西国三十三所の中では、ここが一番の難所かと。
(西国十一番の上醍醐も難所だけど、数年前の火災の影響で、現在は山の下で御朱印がいただける)

そんな難所もようやく終了し、道路工事現場の交通整理のおっちゃんから「気をつけてね」などとお声掛け頂いたりしつつ、

DSC01647
新しい道路造るのにどんだけお金かかってるのか?とか思ったりしつつ(またそっち?)

DSC01654
ようやく住宅地が見えてきた。

DSC01656
突如としてみかん畑が。

おミカンも売ってたので買って帰りたかったけど、300円でかなりの量だったので止めといた。
そういえば去年通った高知でも300円が相場だったな。
ワタシは3分の1の量で100円でいいのですが。。。

そしてその後は国道へ合流し、和泉中央駅へ向かってひた進むはずが、
DSC01674
やばーい道間違えた(汗)
4kmぐらい大回りorz

DSC01680
結局、前回ダイトレ歩いた際和泉中央駅からホテルまで歩いた道を
途中からトレースする結果に。

DSC01687
この交差点でその時の道と接続♪
これって結果オーライ?(笑)

DSC01691
ちょっと裏道に入ってみるとこんな蔵があったり。

DSC01695
たった2ヶ月前だけど。
懐かしいね。

DSC01702
そして無事和泉中央駅まで到着!

DSC01703
駅前から西の空を見ると、雲間から日の光が。
他にも2~3人スマホで写真撮ってた。

ここから広島まで、電車乗り継ぎ帰宅。
大阪でもう一泊したかったけど・・・翌日は仕事だったので仕方ないかorz

///
歩行場所:和歌山県橋本市(南海紀見峠駅)~ 大阪府和泉市(泉北高速鉄道和泉中央駅)
歩行時間:9時間20分
歩行距離:25km     ←距離は超アバウト
総歩行距離:???km     

葛井寺参拝と史跡めぐり(藤井寺~古市)

みなさまこんばんは。

本日は、先般の歩き2日目の様子をお届けします!

さて、1日目の歩き終了後は久々の御堂筋でウインドーショッピング等する元気もなく、まさかの2日連続東横インへ直行したワタクシですが・・・
途中、心斎橋駅にあった大阪マラソンのポスターをよくよく眺めると、なんと明日が大会当日という事実!
またイベントとバッティングだ~今年一体何回目?(笑)
後で考えると、こんな日によくホテル取れたなと思う。

ちなみにワタシは東横インはあまり利用したことがなく・・・
これだけお出かけしてるにもかかわらず、多分今回で5回目くらい?!

そして2日目の朝。
朝食時に相席になった女性がマラソン大会のゼッケンつけてたので話しかけてみたら、
三重県から来られたとのこと。目標タイム4時間半だって言われてた。
無事完走されたかなぁ?
DSC01162
とりあえずJR難波駅まで徒歩移動すべく、7時20分頃東横インを出発!

今日はまず近鉄藤井寺駅まで電車を乗り継ぎ移動して、そこから今回2か所目のお寺となる西国第五番の葛井寺(ふじいでら)を参拝予定。

DSC01165
結局マラソン大会の応援はせず。

DSC01168
このまま直進するとJR難波駅に行けるけど、

DSC01174
ついつい寄り道して道頓堀へ。
DSC01177
朝はさすがに静かな雰囲気。
DSC01178
その後、南海難波駅からJR難波駅まで若干道に迷ったりしつつも、
DSC01182
ホテルから40分かかってJR難波駅に到着。
ここから天王寺駅まで電車移動し、
DSC01184
あべのハルカスを見上げつつ、近鉄阿倍野駅へ。

DSC01187
急行とか準急とか特急とか、、どれがどこ止まるんかよーわからんので(笑)
もう何も考えず普通列車に乗車。

DSC01189
のんびりゆったり電車に揺られ、藤井寺駅に到着!
9時頃出発。

葛井寺は駅のすぐ近くのはずなんだけど、、
DSC01193
まずは通り道に神社があったので参拝

DSC01195
辛国神社でした。

DSC01197
その後、すぐ近くのはずの葛井寺の場所がなかなか分からず苦戦したが、、

DSC01198
何のことはなく、商店街のど真ん中にありました。。

DSC01199
では、気を取り直してお参りをば。

こちらでは月1回開帳されて千手観音様が拝めるらしいんだけど、今日はその日ではなく残念orz
DSC01203
ちなみに入山料は不要。
庶民的で素朴な親しみやすいお寺でした!

さて、それでは次のお寺、壷阪寺まで歩きましょう♪
・・・・・と言いたいトコロなのですが、実はここ葛井寺から壷阪寺までの距離は40km程度あり、
且つ金曜夜に東横インで読んだ新聞の夕刊にたまたま掲載されてた、壷阪寺の至近距離にある高取城跡にも行く気満々。
しかし全工程を歩き通すと、とてもじゃないけど時間が足りないので、とりあえず「ダイトレ」歩いた際にスタート地点とした上ノ太子駅まで歩こうかと。
そこから電車で過去歩きルート上の橿原神宮駅まで移動し壷阪寺まで歩けば、なんとか日が暮れるまでには広島への帰宅の途につけそう。
DSC01204
かなり寂れた雰囲気の商店街を通り抜け、

DSC01206
近鉄の踏み切りを越え、

DSC01209
過去の歩きルートと接続♪


DSC01215
こんなアップダウンの目に合いつつも、

DSC01216
羽曳野市突入!

DSC01218
なんだかのどかな風景だな~と思ったら、

DSC01219
なんと応神天皇陵でした。。
そうだーそういえばこの近辺は古墳だらけなんだ!!!

DSC01222
あれまた藤井寺市へ。
その後また羽曳野市へ突入。

DSC01226
またもや史跡発見。
なんとここで埴輪作ってたんですってよ!

DSC01227
ここで先に史跡見学(?!)してたお母さんに話しかけられた。
「通りすがり偶然見かけたので寄ってみました」などどお話し。

DSC01229
この史跡、どうも偶然発見されたらしい。

さて、ここでちょっとだけ寄り道を。
DSC01233
行き先は誉田(こんだ)八幡宮

DSC01235
若干道合ってるか心配しつつも無事到着♪

DSC01236
南大門から境内へ。
しかしこの日は辛国神社といい、葛井寺といい、この誉田八幡宮といい・・・
なぜか1か所たりとも正門から入らんかった(実はよくある)

DSC01239
まだまだ七五三参りの人々で賑わう本殿参拝

でも、大事な場所はここじゃないよな・・・

DSC01242
ここでしょ!

DSC01246
実はこの誉田八幡宮は応神天皇が主祭神。先程の応神天皇陵の祭祀をとり行ってる神社なのです!
でも残念ながらこの先は一般ピープルは立ち入り禁止ですので。。
ここから応神天皇陵をしばし眺めて退散。

DSC01252
もと来た道に戻ろう。

しかし寄り道したりしてたら、想定より時間が押してきた(汗)
そのため、上ノ太子駅まで歩くことは諦めて、すぐ近くの古市駅に目的地変更。

DSC01257
近鉄古市駅に到着~
ここから電車で橿原神宮駅まで移動します!

次回は今回参拝3か所目のお寺となる、壷阪寺への歩きの様子をお届けします!



↓初めて歩いた場所だったので、一応カウント

///
歩行場所:大阪府藤井寺市(近鉄藤井寺駅)~ 大阪府羽曳野市(近鉄古市駅)
歩行時間:2時間00分
歩行距離:5km 
総歩行距離:???km 

勝尾寺参拝と紅葉に彩られる渓谷(池田~茨木)

みなさまこんにちは。

本日は、先週の週末に歩いてきた西国三十三所参りメインの歩き1日目の様子をお届けします!

なんやかんやでしばらく参拝できてなかった西国三十三所参りですが・・・
ここへ来て、頑張れば今年中に満願できる可能性はまだ残ってる!という訳で、
今回は一気に三か所お参りしてきたのであります。。


さて、この度もまたもやおサボり前泊です。
運よく予約が取れた新大阪駅近くの東横インへ、金曜夜業務終了後に新幹線にて移動し投宿。
DSC00959
そういえば東横イン泊まるのも久しぶり。

翌朝は、ホテルから10分程度歩いて阪急南方駅より乗車し、今回のスタート地点阪急池田駅へ。
DSC00961
9年ぶりに降り立つ池田駅前より、9時前に出発!

しばらくお店が立ち並ぶ通りを進んで行くと、
DSC00970
ソッコー上り坂出現

DSC00975
まだ紅葉キレイ♪

DSC00978
ウォーキングやランニングしてる人たちとすれ違い、追い越し、追い越されつつ、
しばらくは閑静な住宅街を進んで行く。

DSC00981
箕面市突入!

DSC00984
進行方向右手には茨木、高槻方面の市街地が。

DSC00989
そしてなんとこんな所に一面のハボタン畑が!
思わず立ち止まってしばし眺める。

今調べたところ、ここ箕面市新稲(にいな)地区は、ハボタンの栽培が盛んなよう。
この時期に来てよかった♪

DSC00997
さて、そうこうしてるうちに箕面市中心部へ。
ここからいよいよ勝尾寺に向けて上っていくはず。

DSC01000
ぐんぐん高度を上げていく。

DSC01002
この付近は大阪平野の北端に位置する高台なので、市街地の眺めがすこぶるいい。
夜はきっと夜景がキレイなんだろうなー

途中、ハイキングコースと交差したりしたけど、今日は不思議と車道を歩きたい気分。
まあまあ交通量の多い車道をひたすら上っていく。
DSC01012
途中、活動されてた地元の清掃ボランティアらしい方々にあいさつしたりしつつ、

DSC01014
ここから車は一通らしい。

つまりこれは片側一車線しか車が通らないということであり、
DSC01018
右側車線は歩き放題!
楽々車道ハイキング♪

ちなみに箕面駅前から箕面滝までハイキングコースがあるようなのですが、
この日(11月25日)時点では土砂崩れのため、途中通行止めとなっており通り抜けができなかったようです。
車道歩いて正解だったかな?

さてしばらく進みますと、急に目の前に人がたくさん。
どうもここから箕面滝に下りれるみたい。

DSC01029
とりあえず行ってみますか。

DSC01032
谷の底まで下りますと・・・・・見えてきた♪

DSC01036
箕面滝はなかなかの落差。

滝の周りはお店もいくつか。今がきっと一番のかきいれ時なのでしょう。。
そしてなぜか海外からの観光客比率が高い。

DSC01042
さて元の道に戻るかな。

DSC01049
箕面滝近くの駐車場は満車状態。

DSC01053
しかし、滝まで少し距離はあるけどその先の車道に停めれるシステムらしい。

DSC01051
車道脇にあった滝が地味にいい感じ。

DSC01057
赤や黄色に色づいた木々を堪能しつつ、

DSC01066

スタートから約3時間で、西国23番の勝尾寺(かつおうじ)に到着!

入山料を払い、入り口近くでいつものコンビニむすびで昼食を取った後、境内を散策。
DSC01067
こちらも海外の観光客比率多し。
箕面滝とセットなんだろうな。。

ちょっとピークは過ぎてるんだろうけど、美しい紅葉を眺めつつ本堂への道を進む。
DSC01072
DSC01075
DSC01077
DSC01078
勝尾寺は「勝運の寺」ということで、ダルマがたくさん。

DSC01086
高台にある本堂にて、いつものお参り。

約50分の滞在を経て外へ出てみると、
DSC01104
なんと入り口にはかなりの行列が。
ちょっとした差だったのかな・・・よかった。

さて、ここからは鮮やかな紅葉を楽しみつつの下り坂。
DSC01109
DSC01113
DSC01117
かなり深い谷をずんずん下りていく。

DSC01118
ついつい食料調達したり。

DSC01124
丁石もひっそりと佇ずんでたり。

大型車の通行も多い歩道なしの谷間の道を少々ヒヤヒヤしつつ進み、
DSC01131
やっと安心して歩ける道に。

DSC01137
モノレール撮って喜んだり(笑)

DSC01139
この付近はまだまだのどか。

DSC01146
その後国道171号線へ合流し、

DSC01152
本日のゴール地点茨木駅へ向かうべく、進路を県道へ。
ここまで来るともう都会。

DSC01155
そして約5年半ぶりの工事中の茨木駅に到着!
JRと地下鉄乗り継いで大阪市の中心部まで移動。

DSC01159
御堂筋まで来るのも2~3年ぶりか。

しかしもうこの時点で街を探索する気力は残っておらず・・・お宿へ直行。
地下鉄心斎橋駅から何度も道を確認しつつ15分程度歩き、まさかの2日連続東横インへ投宿。


次回は翌日二つ目のお寺参拝の様子をお届けします!

///
歩行場所:大阪府池田市(阪急池田駅)~ 大阪府茨木市(JR茨木駅)
歩行時間:6時間18分
歩行距離:25km 
総歩行距離:???km 

初のだんじり祭り見物

みなさまこんばんは。

本日は、前回のダイトレ後の様子をお届けします!

さて、電車にて和泉中央駅まで移動してきたワタクシは、とりあえずお腹が空いた(またかい?!)ので、
駅近くのショッピングモールへヨタヨタした足取りで移動し、腹ごしらえ。

近江ちゃんぽんなるものを食しつつ、そろそろマジメにホテルまでの移動手段を考えることに。
駅に着いた瞬間は、頭の中は半分くらいタクシー移動に侵食されてたけど、
昼ごはん代もかかったし、食べたらちょっと元気になったし、天気もいいし・・・
ということで、やっぱりホテルまで歩いていくことに。
DSC00382
今この写真見て気づいたけど・・・バスに乗るという選択肢もあったんだ!

DSC00384
さて、体ヨレヨレですが。。。
頑張ってあと3km歩きましょう♪

DSC00385
あれ?今日はお祭りか。

DSC00389
県道に入ると、明らかに雰囲気が変わった。
軒先におばちゃんやおばあちゃんがあちこちに腰掛けて、何か待ってる風だったり。
御神輿でも通るのかな・・・

などど考えつつ進んでいくと、
DSC00390
もしかしてここがお祭りのメイン会場?!
せっかくなのでちょっと見学していこう♪

しばらく道端で待ってますと・・・向こうからだんじりがやってきた!
先頭は子供たちが引いていて、だんじりの近くになると大人の男性ばかりとなり、、
先程の交差点を過ぎたあたりからみんなが一斉に走り出して、一気にカーブを曲がってきた。
これがやりまわしか!
DSC00394
すご~い!初めて見た♪

ホントはもっと見たかったけど・・・続きはすぐには来ないらしく、既にダイトレでクタクタだったワタシは、
これにて満足し、ホテルへ向かうことに。

DSC00395
いやはやまだまだ男たちの熱気で溢れてます。

DSC00396
これだけの数のちょうちんが並ぶと、なかなか壮観

DSC00398
だんじりは続いてやってきてて、先程の交差点の前で順番に待機してる。
時間を置いて、1台ずつやりまわしを行う模様。

DSC00401
この時点で既にかなり威勢がいい。

DSC00403
いやー楽しかった♪
宿まで歩くことにしてホントによかった!

DSC00404
お祭り見物後は坦々と県道を進み・・・

15時台には無事ららぽーと和泉横のホテルへ到着。
DSC00409
今回宿泊したサンルート和泉は、まだオープンして間もないらしく、お部屋もとってもキレイ♪
しかも通常部屋プラス600円程度でなんとトゥルースリーパーのマットレスベッドのお部屋に泊まれるので、
これはぜひとも試さねば!ということで予約してたんだった~
ダイトレ歩いてたときは完全に忘れてた(^^;)

こんなキレイなお部屋でワタシは必死に洗濯したり、テント乾かしたり、傷めた膝を冷やしたり・・・
とりあえず元は取れたと思う(笑)
そしてトゥルースリーパーの寝心地よかったし!また泊まりたい♪

DSC00411
翌日は過去歩きルートと接続したいがためだけに、、
ホテルから約10km程度歩くことに。

DSC00413
隣接するららぽーとには結局行かず、

DSC00419
岸和田市突入!

DSC00424
いやーアスファルトの道ってなんて歩きやすいんだろ~しかもほぼ平らだし♪
今更ながら感動(笑)
しかし、ちょっとした下りもマトモに歩けないのに10km歩くワタシって?(苦笑)

DSC00431
この辺りため池多し。

DSC00433
意外に田んぼや畑もあったり。

DSC00444
路地に入ると、だんじりのお片づけをしてた。
この近辺はどこも昨日がお祭りだった模様。

DSC00446
道路にもお祭りの名残が。

DSC00448
よっぽどここJR和泉府中駅から電車に乗って帰りたい気分だったけど。。
ここでは過去歩きルートと繋がらんのじゃorz
もうひと頑張り!!!
DSC00450
泉大津市突入~

DSC00454
時代の移り変わりを感じつつ、

DSC00460
なんとか過去歩きルートと接続し泉大津駅に到着!

当初は大阪観光して帰るつもりだったけど、南海とJRの接続駅の新今宮駅に着く頃には、
もう観光する元気は残っておらず、、そのままJRを乗り継ぎ帰宅することに。
新大阪から乗車した新幹線は、3連休の最終日からかスゴイ人(**)
結局デッキに立ちっぱなしのまま広島へ帰還。


次回は、先日歩いてきた岡山県での様子をお届けします!(多分)

///
歩行場所:大阪府和泉市(ホテルサンルート和泉)~大阪府泉大津市(南海電鉄泉大津駅)   
歩行時間:2時間28分
歩行距離:11km 
総歩行距離:???km           

ダイトレ奮闘記(2日目:金剛山~紀見峠~天見駅)

みなさまこんばんは。

本日は、ダイヤモンドトレール(以下ダイトレ)の歩き2日目の様子をお届けします!

前日は21時前には就寝したものの、深夜にテントを叩く雨音で何度か目が覚めた。
あれー?予報では天気回復するはずだと思ってたんだが。。
あとで考えたら、多分山の上だけ天気悪かったんだと思う。

翌朝は5時に起床したけど、まだ雨が降ってる模様。
めちゃテンション下がりつつ準備を進め、レインウェアを着こんで外へ出たら、ちょうど雨が止んだ。
びしょぬれのテントを片付け、朝ごはんを食べてからまだ暗い中5時45分頃出発!

膝の痛みをこらえつつ、急勾配の舗装路を進んでいく。
DSC00293
途中からはかなりの数の登山者の方とすれ違う。

DSC00296
そして出発して約50分(コースタイム50分+α)、目の前にゲートが現れた。
その先には駐車場やトイレが。
・・・・・ここでようやく気がついた。道間違えた!!!!!
途中でダイトレへの分岐があったはずなのに、完全にスルーして金剛山ロープウェイ乗り場の駐車場まで下りてきてしまった模様orz
とりあえずダイトレに復帰するためにはどのルートを進めばいいか、地図を必死にながめる。
そうこうしてたらこれから登山に向かうっぽいおじさんに話しかけられ、現状を説明したところ、「詳しい人に聞いてあげよう」と。
何人かの方に話を伺うと、どうも間違えた場所まで来た道を戻るのが一番よいとのこと。
関西って親切な方多いです・・・ホントにありがとうございました!!!

そして教えて頂いたとおり、さっき下ってきたばかりの坂を登り始める。
しかしながら、標高400m下ってきたあと、すぐにまた同じ道を350m程度登るというこの状況は、さすがに精神的ダメージが大きく・・・
駐車場まで戻り、バスに乗ってしまおうかとか、ロープウェイに乗ろうかと何度も何度も思った。
でもそれも何もかも、自分が道誤りをしたのが悪いんじゃ。深く反省・・・・・・・
DSC00300
いろんな邪念が頭をよぎりつつ坂を登っていくと、思ってたより早く正しいルートへの分岐、伏見峠に到着!
なんとか気を取り直し、ダイトレを進むことに。

ここからは自分の備忘録兼ねて、所要時間記載します!
(所要時間には休憩時間も含んでます)
ロープウェイ前~伏見峠間は40分(以下カッコ内はコースタイム:1時間10分)

DSC00302
やっぱこういう道だよね?!
だいたい坂道下ってる際に、こんなにずっと舗装路を下るのおかしいなと思ってたんだよな・・・
←ちゃんと地図を見ろよ~自分(反省)

DSC00304
ダイトレに戻ってきた安堵感もあり、ちょっと休憩しながら進んでく。

DSC00305
お地蔵さまには心からお祈り。

DSC00307
伏見峠から久留野峠間は休憩時間含めて40分(30分)

DSC00314
中葛城山山頂はあまり眺望は望めない。
こちらでもちょっと休憩。

DSC00318
途中、少しだけ下界が望める場所が。
だいぶ天気も回復してきた。

DSC00319
木々もぼちぼち色づき始めてる。

DSC00321
しかしダイトレはこれでもかというほど、延々とアップダウンが続く。 
楽に歩けるまあまあ平坦な道って、全行程の1割~2割程度?

DSC00324
高谷山も眺望望めず。

この高谷山を過ぎると、今度は下りの丸太階段攻撃。
朝一で標高750mぐらい上り下りし、更にその後も小刻みなアップダウンの繰り返し。
前日からのダメージも蓄積してる。

そしてここでとうとう・・・
DSC00328
木の枝に足を引っ掛けて思いっきりコケました。。(コケた場所を見上げてる図)
転んだ際、右膝をしこたま打ってしまった(**)
あまりの痛さに2~3分ぐらい立ち上がれなかったけど、とりあえずなんとか引き続き歩いていけそう。
ヨタヨタしつつ階段を下る。

DSC00330
ヨレヨレになりながら、なんとか千早峠に到着。
久留野峠からは休憩したりコケたりで1時間10分(50分)

途中、すれ違う人の数が増えてきた。
ダイトレルート上では前日は数人しかすれ違わなかったけど、この日は20人ぐらいすれ違ったんじゃないかな?
あとで考えると、多分南海の紀見峠駅から登ってきた人が多かったのでは。
ほとんどが男性単独はもしくは2人連れ。1組だけ親子もいた。「山ガール」は皆無(笑)
トレイルランニングの人も5人ぐらいは見た。もうすぐ大会もあるみたいだし。練習かな?
DSC00335
車の音が響く金剛トンネル上を通過し、

DSC00336
これくらいの勾配の道が続くと嬉しい。

DSC00340
久留野峠から42分で行者杉へ到着(40分)

DSC00347
キレイに整備された杉林の中の杉尾峠までは20分(20分)

DSC00349
タンボ山のベンチでちょっと休憩

DSC00352
十字峠への分岐までは28分(20分)

DSC00354
西の行者堂まで11分(15分)
ブンタ谷への分岐までは10分(15分)

そしてまたもや目の前に現れた、丸太階段攻撃!
DSC00357
うわー急勾配orz
DSC00360
いったいどこまで?と言いたくなるくらい階段は続き…

DSC00362
20分程度攻撃に苦しめられた後は舗装路に。

DSC00364
山ノ神までは34分(35分)

DSC00366
ちょっとホッとしつつ舗装路を進むと、

DSC00367
13分(20分)で紀見峠へ到着!

しかしここで驚愕の事実発覚(大げさ笑)
DSC00368
水分補給をあてにしていたこのトイレには、なんと水場がない!
この時点で水はペットボトル半分強しか残ってなかった。
ここで紀見峠から施福寺までの道のりを改めて確認。
次の水場まではあと2時間ぐらい歩き続けないといけないし、標高約450mUP⇒約600mDOWN⇒約300mUPという鬼のような行程。
多分17時の納経時間には間に合わないだろうし、今の膝の状態ではこれ以上のアップダウンは耐えられないだろう。
・・・ということで、残念ながらここで施福寺参拝は断念し、最寄駅から南海電鉄に乗って帰ることに決定。

DSC00370
なんとなく坂を下って行きますと、

DSC00371
紀見峠駅に行くつもりが、反対側の紀見トンネル大阪側出口に出てきた(汗)
ここで奇しくも過去歩きルートと接続。
トンネル入り口の柿の絵なつかしい~!

DSC00372
という訳で(?)大阪府河内長野市に突入!

ここでちょっとお腹が空いたので、道路脇に腰掛けてパンを食べつつ、この後の行動について考える。
宿泊予定のホテルは、施福寺から歩いていくことを大前提で予約してたため、ここ紀見峠からはかなり離れてる。
もうこのまま広島の自宅に帰ろうか・・・と一瞬思ったけど、今日のホテルは当日キャンセルするとキャンセル料を80%も取られることが発覚。
もうこれは意地でも泊まるしかない!(苦笑)
乗換案内にて、この先の天見駅からホテル最寄駅の和泉中央駅までは約40分600円程度で行けることを確認。
駅からホテルまでは約3km離れてるけど、どうやって行くかは駅に着いてから考えることに。

DSC00379
国道は以前歩いたことあるし、、偶然見つけた遊歩道歩いて天見駅へ。

電車乗車後は爆睡したりしつつ、、
中百舌鳥駅で乗り換えて、
DSC00381
無事和泉中央駅に到着。

さて、この先ホテルまで到着の間、偶然とある行事に遭遇し・・・
紀見峠で歩き止めてよかった?!

その様子は次回にて。。

///
歩行場所:大阪府千早赤阪村(金剛山キャンプ場)~大阪府河内長野市(南海電鉄天見駅)   
歩行時間:7時間12分
歩行距離:18km  ←超アバウトです
総歩行距離:???km           
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント