広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

25_滋賀県

琵琶湖疎水を辿る(その1)

みなさまこんばんは。

本日は、今年の1月の京都での歩きの様子をお届けします!

さて、年末年始は結局ランニング三昧(?!)で過ごしたワタクシですが・・・
年始2日目にて、ようやく歩き初めです。。。

京都はまだまだ歩きたい場所はたくさんあるけど、その中で今回は、琵琶湖疎水をたどって歩くことに決定!
ここで琵琶湖疎水について超カンタンにご説明しますと、京都へ琵琶湖の水を流すために明治時代に作られた水路なのであります。
この琵琶湖疎水を琵琶湖側の滋賀県大津市から、京都側の南禅寺まで歩くことに。
南禅寺から先は気分次第で(笑)


2021年1月2日(土)

京都駅からスタート地点の大津駅までJRにて移動。
京都から大津まではわずか2駅なので、京都観光の際に宿が空いていないときは、大津へ宿泊すると便利です!
DSC03614
この日の朝はかなり冷え込んだので、ハトさんも寒そう。
10時過ぎに出発。

DSC03617
とりあえず琵琶湖の湖畔まで行くかな。
しばし坂を下り、
DSC03622
駅から約10分にて、琵琶湖到着♪

DSC03623
変わらず美しい琵琶湖の眺めを堪能し、

DSC03633
琵琶湖疎水のスタート地点へ向かう。

DSC03640
途中、ミニオンのかぶり物をした4人組ランナーが追い越していったりしながら、
琵琶湖に浮かぶ船を見ながら、
DSC03643
大津港にてトイレ休憩。

DSC03645
びわこ花噴水のライトアップを懐かしみつつ、

DSC03650
交通量の少ない裏通りを抜けて、

DSC03653
琵琶湖疎水の琵琶湖側取水口に到着。

DSC03654
ここから疎水に沿って山側へ。

DSC03656
京阪三井寺駅を通り過ぎ、

DSC03659
こちらが大津閘門(こうもん)
この水門で水位を調整し、舟を行き来させていた。

DSC03660
水路の両側には桜並木が。
春に来たらキレイなんだろうな~

DSC03661
琵琶湖疎水の案内板は思ってたより少ない感じ。

このままずっと疎水沿いに歩けると思ってたら、疎水は山の中へ。
(またもや下調べ不足orz)
DSC03664
住宅街を抜けていくと、

DSC03667
それらしい石碑が。
ホントはここを右折すべきところを、別の道に進んでしまい、
DSC03673
公園へ出てしまいました。。。

DSC03674
公園に案内板があったので、この先のルートを再確認。
ここからは小関越という峠を越えて京都側に出ればOKみたい。

DSC03678
気を取り直して先程の分岐点まで戻り、

DSC03682
上り坂を進む。

DSC03683
程なく民家もなくなり山中へ。

DSC03685
1.5車線の道をずんずん上って行くと、

DSC03688
地蔵堂が鎮座する小関峠に到着♪

下り坂が始まったところで、
DSC03690
進行方向左側に琵琶湖疎水の看板が。
こっちへ行ってみよう。

DSC03692
ずんずん坂を下りて行く。

DSC03693
途中にまた看板が。第1竪坑って書いてある。

柵の向こう側をよくよく見てみると、
DSC03695
こちらが第1竪坑(シャフト)
ここから琵琶湖側に向かってトンネルを掘削したらしい。

第1竪坑から更に坂を下り、

DSC03697
琵琶湖疎水からはまた離れた。
国道161号線の西大津バイパスをくぐり、

DSC03701
しばらくはのどかな道。

DSC03703
住宅街に入り、のどかな佇まいのコンビニの前を通っていくと、

DSC03704
琵琶湖疎水に再会♪

DSC03705
こちらにも桜並木が。

DSC03707
トンネルの案内板があったので水路の出口を探すと、

DSC03708
ちょっと遠くに水路のトンネル出口発見。


・・・またもや途中で恐縮ですが、今日のところはここまで。
続きは次回にて。。


土山茶との出会い(水口宿~土山宿)

みなさまこんばんは。

年末年始を挟み、少々間が空いてしまいましたが、、、
本日は、12月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、歩き始めてすぐの水口宿にて、結構はしゃいでしまったワタクシでしたが・・・
明らかに東海道歩きだと思われる5~6人の方々とすれ違った後は、
DSC06362
淡々と歩みを進める。

DSC06372
まだ神社の紅葉も少し残ってる。

DSC06376
旧東海道は結構道幅広いところが多い。

DSC06375
街道沿いの民家には屋号が掲げてあったり。

DSC06378
ここで一旦県道へ合流。

DSC06381
川沿いの気持ちいい道を延々と進むのかと思ったら、

DSC06383
すぐさま旧道が出現。

せっかくなの旧道を選択し、進んでおりますと、
DSC06388
後ろから自転車でやってきたおばあちゃんに、
「一人で歩いてるの?すごいね~気をつけて」と地元語で追い抜きざまに話しかけられた。
街道を歩いてると、よくこんな感じで話しかけられるのがとっても嬉しい♪

DSC06390
昔ながらの民家もちらほら。
一里塚も所々にあるけど、この辺りの一里塚はすべて復元されたもののよう。

交通量も少ない道をのんびり歩いておりますと、
DSC06396
民家のすぐ側に茶畑が。
しかもここだけでなく、あちこちに。

そうこうしてるうちに、
DSC06404
とうとう国道1号線と合流。
予想どおりメチャ交通量が多く、トラックもガンガン走ってるので、

DSC06406
早速現れた旧東海道へ避難(?)

DSC06409
いやはやのどかです。

DSC06412
茶畑は相変わらずあちこちに存在。

DSC06413
花が咲いてるお茶の木も♪

DSC06417
旧道沿いは延々とお家が続いてる。

DSC06422
国道と交差する県道の上を通過。
トラックの比率がメチャ高い(汗)

DSC06424
この日萱葺き屋根のお家を見たのはこの一軒だけ。
・・・だったと思う。。

DSC06429
一瞬国道へ合流。
今思えばこの歩道橋を渡って反対側に進むべきだったのですが、、

DSC06430
ついついお寺の杉の巨木につられて歩いておりますと、、

明らかに旧街道から離れてしまったことに、数百メートル先で気がついたorz
DSC06438
気を取り直して戻るか。

交通量の多い国道を横断し、
DSC06441
無事、旧東海道へ復帰。

DSC06446
今日歩く旧街道沿いは、延々とそれなりに昔ながらの雰囲気が残ってる。

DSC06451
この辺りも宿場町ではないけど、民家に屋号が掲げてある。

DSC06455
1本だけ立派な松の木が。

DSC06460
こちらの一里塚も、石碑が立ってるだけ。

DSC06463
屋号とともにハボタンが。
もうすぐお正月か・・・今年もあっという間だ。。

DSC06471
ちなみに信楽が近いからか、玄関先に信楽焼きのタヌキが鎮座してるお宅多し。

旧街道が少し国道に近づいたところでやっとコンビニを見つけ、
いつものおにぎりで小休憩したあとは、
DSC06485
江戸時代の東海道は結局通らず直進すると、

DSC06488
自転車&歩行者専用の橋だったり。

DSC06496
ところで茶畑の方はというと・・・
どんどんと大規模化しております。。

茶畑につられてまたもや少々大回りしたりしましたが、、
DSC06499
ようやく本日2つ目の宿場町となる、土山宿に到着!

DSC06500
宿場町に入ると、早速お茶屋さん発見♪
ここにてお店のおじいちゃんオススメのお茶を購入。

後で調べたところ、このあたりの茶畑のお茶は「土山茶」らしく、滋賀県内最大栽培面積・栽培量のお茶の産地だそう!
しかし、歩きを始めるまでは、恥ずかしながらお茶の栽培は静岡と宇治と九州しか行われていないのかと思ってたのであり・・・なんという貧弱な知識orz

最近はいろんな場所のお茶を購入し、お味を楽しむのがすっかり恒例行事(?!)
このとき買ったお茶はまだ封を開けていないので、お味の感想はまた後日(^^)

DSC06506
こちらが本陣跡。

DSC06513
ところで、現在放送中のNHK朝ドラは甲賀市が舞台らしい。
知らんかった・・・つーか見てない。。

DSC06518
土山宿にはかなりの数の旅籠があった模様。

DSC06523
風情のある通りをずんずん進む。

DSC06525
滋賀県内の東海道の看板は少々地味目。

結局、土山宿はさらっと通過し終了~

DSC06533
土山宿のすぐ先の道の駅にて小休憩。
そしてまたもやお茶購入。。。

ところで時刻はすでに12時半を回ってるけど、今日のゴール地点である亀山まではまだあと20km以上もあるよ?!
日が暮れるまでに果たして着けるのかしら・・・???

すみません、またもや途中となってしまいましたが・・・
今日のところはここまでm(_ _)m

この日の続きは次回にてお送りします!

久しぶりの宿場町堪能(水口宿)

みなさまこんにちは。

本日は、先週の歩き2日目の様子をお届けします!

さて、1日日は最寄り駅からホテルまでの5km弱しか歩いていないので、長距離をガンガン歩くのは、実質2日目と3日目のみ。

今回はなるべく旧東海道をトレースしながら歩こうと思うけど、ガイドブック等、詳細な道のりがわかるものは持っておらず、ネットで調べるのもめんどくさくてやめた(?!)ので、、
歩きながらわかる範囲で歩く所存。

DSC06289
ホテルのお部屋から国道1号線を眺めると、平日の通勤時間帯のせいか結構交通量が多い。
あと、大型トラックの割合高い。

日暮れ前には歩きを終えたいので早めに出発すべきところを、なんとなく寝起きが悪くてダラダラグダグダ。
結局、8時半前に出発。
DSC06292
歩き始めて数百メートルのこちらの交差点から、

DSC06293
国道を離れて、

DSC06294
さっそく旧東海道を発見♪

DSC06297
ここからは今回最初の宿場町となる、水口宿へ。

DSC06301
百間長屋跡、なので案内板のみ。

DSC06304
道順も出ててありがたい。

DSC06306
所々に昔からのお宅が。
去年の年末年始に中山道を歩いた際の宿場町の記憶が、色々とよみがえってくる。

DSC06307
ちょんまげにちゃんと毛がついてるww

DSC06311
甲賀といえば忍者か。

DSC06315
立派な観光施設もあったり。

DSC06317
山車の格納庫見ると妙にテンション上がる↑
この後、結局2か所ほど格納庫を見た。

DSC06318
石橋を渡り、左側の道へ。

DSC06320
なんとも立派なからくり時計。

DSC06323
山車が見れるのは4月のお祭りみたい。
一度は見てみたいなぁ。

DSC06324
水口宿はまだまだ続く。

DSC06327
ここでふと、お囃子の音が聞こえると思ったら、

DSC06328
こちらのからくり時計から軽快なお囃子が♪
DSC06329
お囃子が鳴り響く時計の前でしばし佇む。

どうも1日4回のタイミングに運よく遭遇した模様。
なんてラッキー♪

しばらく続いたにぎやかなお囃子も、
DSC06336
とうとう終わってしまいました・・・
先行くか。。

DSC06349
水口宿は普通の住宅&商店が多いけど、所々に風情ある景色が残ってる。

DSC06352
こじんまりとした高札場跡があったり。

DSC06359
こちらにて水口宿は終了~

DSC06360
途中、明らかにショートカットできそうな県道があり、一瞬心惹かれたが、、
少し大回りになるけど、やっぱり旧東海道を歩いてみよう。


すみませんが今日のところはここまでm(_ _)m
次回は2日目の続きの様子をお届けします!

3か月ぶりのお出かけ(水口)

みなさまこんばんは。

ここ最近、ランニングだのマラソンだの、その他もろもろの事情により、なかなか歩きでのお出かけができていなかったワタクシですが・・・
今週末ようやく休日出勤の代休を引っ付けて連休をとり、お出かけしてきました。
本日からはその歩きの様子をお届けしたいと思います!

さて、今回の行き先は以前超アバウトに歩いた東海道でまだ歩いていない場所の一つである、滋賀県甲賀(こうか)市の水口(みなくち)から四日市間を歩くことに。
1日目となる木曜日は午後有休を取り、今回のスタート地点に設定した滋賀県の三雲駅まで電車乗り継ぎ移動。

DSC06255
ちなみに、今回にてやっと新規購入したトレッキングシューズのデビュー♪

途中、京都からの乗り継ぎの際、電車がかなり遅れてて少々焦りましたが、、
結局、5分程度の遅れで済んで一安心。
DSC06256
思いのほか立派な(失礼)三雲駅を16時20分頃出発。

DSC06258
では行きますか。
久しぶりの歩きはとってもワクワク♪

DSC06265
夕暮れの景色を眺めながら

DSC06264
橋を渡り、

DSC06267
過去歩きルートと接続。

DSC06268
以前歩いた際は、この交差点を右折し、貴生川駅まで歩いたんだった。
今回は国道1号線を直進。

DSC06271
すぐさま甲賀市突入。

DSC06272
さて、ここからは歩道も広いし、日も暮れそうなので・・・
走ります。。

DSC06276
もうお日様は今にも沈みそう。

DSC06278
途中、コンビニで夕食調達したあとも、走る走る。

DSC06283
なんとか日暮れ前に本日のお宿へ到着し、チェックイン。
お部屋から見える国道1号線を眺めつつ、日が変わる前には就寝。


///
歩行場所:滋賀県湖南市(三雲駅)~滋賀県甲賀市(水口付近のビジネスホテル)
歩行時間:37分
歩行距離:4km

2019年12月の歩行距離:4km
2019年の歩行距離:780km



82日目 いよいよ福井県突入!(木之本~敦賀)

みなさまこんばんは。

本日は、先日お届けした木之本からの歩きの続きをお届けします!

-----
2006年8月24日(木)

この日はまず、投宿した長浜の町中にある旅館から長浜駅まで徒歩移動。
IMG_2017
それなりに観光地化されてる。

IMG_2018
寺院もあちこちに。

そして長浜駅からJRにて、前日のゴール地点木ノ本駅まで移動


さて、それでは歩く前に前日行かなかった木之本地蔵に参拝しましょうか。。
IMG_2023
まだ開店前の参道を進み、

IMG_2024
人もまばらな中参拝。
   
この木之本地蔵は目にご利益があるとのこと。
そして境内にはカエルがたくさん!・・・なぜか写真ないけど(^^;)
「身代わり蛙」って言うらしい。ここでカエルのお守りを購入。
何年か前に落としてしまったけど、かなり長い間身を守ってもらったなぁ。
   
参拝後は木ノ本駅まで戻り、
IMG_2027
9時頃駅前をスタート!

IMG_2028
しばし国道8号線を歩く。本日の目的地敦賀までは28kmか。
しかしメチャ大型車が多くて交通量も多いので、、、

IMG_2031  
 速攻で県道退避

IMG_2035 
ワタシのおぼろげな記憶では・・・
ここはたしかお大師様が杖を突いたら清水が湧き出た!って場所だった気がする。
(違ってたらゴメンナサイ)
しかしそんな言われのある場所を今までいったい何ヶ所見たことか!
お大師様はどこまで歩いていたんだろう???

そしてちょっとした峠を越えると、
IMG_2038
目の前には大好きな琵琶湖が♪
今日は風も無くおだやか。
  IMG_2039
真夏の青々とした山々と、どこまでも青い湖面のコントラストが美しい。

IMG_2041 
  湖岸沿いの県道はいたって静か。

IMG_2048
ウインドサーフィンやってる人たちを横目に見つつ、

IMG_2049
西浅井町突入!
ちなみに今は長浜市に合併。

IMG_2050 
 この付近が奥琵琶湖の中でも更に一番奥まったところ。
そして琵琶湖とはお別れし、

  IMG_2054
塩津の細い路地を進み、
    
  IMG_2056
国道8号線へ復帰

IMG_2060
高架の上を列車が通過して行く。 湖西線で合ってる?
列車に乗ってたらあんまり気にならないけど、下から見ると結構な高度!

  IMG_2061
JR近江塩津駅でちょっと休憩し、

  IMG_2062
ここからいよいよ峠越え

  IMG_2066
ちょっと旧道に入ってみたり。
三角屋根もその土地独自のいろんな形があるね。

  IMG_2070
どんどん登ってく。

そしてこのまま国道で峠越えすればなんともなかったのに、、、
IMG_2071 
峠手前にあったこの自然歩道の道を進むと、ショートカットできそう♪ 
などと余計なことを考えてしまった。

国道を左折し、しばらく進んで行ったところ・・・
なーんと途中で道が消滅してしまいましたよー(汗)どーなってるんだ自然歩道?!
すぐ側に軽トラが通れそうなぐらいの幅の舗装道を発見したものの、
以前、広島と島根の県境をショートカットしようとし、
網目状になってる林道で迷ってしまい、痛い目にあったことを思い出す。
うーん。。。この道はよー進まんorz
・・・と言う訳で、結局元の国道との分岐点まで引き返すことに。
ショートカットどころか約2km余分に歩いてしまった。アホかワタシは。。

そしてこの後、ワタシは積極的には自然歩道は歩かないことにしたのです。
中にはキレイに整備されてる場所もあるんですけどね。 

…でも今度ダイヤモンドトレール歩こうとしとるな。。
  IMG_2074
失意の中(大げさ笑)国道に復帰すると、
あっという間に福井県&敦賀市突入!

IMG_2077
峠を越えるとどんどん下る。

IMG_2078
家の感じもなんだか違う。

IMG_2080
なんと三段積み!

IMG_2081
ようやく国道161号線の分岐点まで下りてきた。

IMG_2083 
 国道はなるべく避けて歩く

しかし敦賀の市街地に近づくにつれて、迂回路もなくなった。
  IMG_2088
ここから敦賀市街地までの国道8号線は、今まで歩いた道の中で一番環境悪かったかも。
交通量がかなり多いのに、歩道がない(**)
しかも、日本海側と太平洋側を繋ぐ交通の要衝ということで大型車の割合がかなり多く、
それもトレーラークラスの超大型車だらけ。
すぐ横を大型車が通るたびに、ヒヤヒヤしまくり。
このとき既にバイパス建設中だったので、今は状況違ってるかもですが。。
IMG_2090 
 歩道があるのとないのとじゃ大違い。

そしてバイパス道沿いのホテルアルファーワンに投宿。
部屋に入り早速テレビをつけて一通りチャンネルを回したところ、
民法が2局しかなく、驚いたキオクが(^^;)
   
///
歩行場所:滋賀県長浜市木之本町(JR木ノ本駅) ~福井県敦賀市(市内のビジネスホテル)
歩行時間:7時間40分
歩行距離:31km
総歩行距離:1,997km

プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント