広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

01_北海道

2021年もありがとうそして感謝♪

みなさまこんにちは。

2021年も早いもので大晦日になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は、先般のちょっとした続きで北海道の写真をいくつか。

DSC00854
11月23日の小樽では、ちょうど今年初の寒波に見舞われた。

DSC00857
なんだか寒いと思ったら・・・1℃しかなかった。。

DSC00867
観光客はまだまだ少なめ。

DSC00880
仲良しのマガモのつがいがかわいくて、ついつい激写。

小樽観光の後は3日間がんばってテレワーク。

11月27日は、今回楽しみにしてたふみさんあゆみさんのお話し会。
DSC00906
実は、お二人のお話し会を日本で聞くのは今回が初めて。
今さらながら知らなかったこともあり、、、参加して本当にヨカッタ♪

今回の北海道も、ふみさん、あゆみさんとあゆみさんファミリー、そしてヨガセラのハマさん、トモミさん・・・
いろんな方々に大変お世話になりました。
感謝ですm(_ _)m

DSC00914
北海道での楽しかった10日間はあっという間に過ぎ、11月28日に新千歳空港から広島へと帰還。

12月に入ってからは、なんやかんやでバタバタでしたが。。


今年も本ブログをご愛顧いただきありがとうございます。
みなさまよいお年をお迎えください(^^)

国道36号線ランニング(苫小牧~登別)

みなさまこんばんは。

本日は11月の北海道歩き2日目の様子をお届けします!

2021年11月21日(日)

さて、今回の北海道歩きは2日目にてはや最終日。
特にどこまで歩くかも決めてなかったけど、せっかく連泊で身軽に歩けることと、42kmというフルマラソンと同じ距離にひかれて、42km先の登別駅まで歩く(走る)ことに決定!

身支度を整えて、7時半ごろ出発。
DSC00616
昨夜買い出しをしたセイコーマートの横を通過し、

DSC00619
しばらくすると駅の近くにそびえる工場が目の前に。

DSC00621
この王子製紙苫小牧工場には向かわず、、、

DSC00624
駅から伸びる商店街を抜け、

DSC00625
国道36号線へ。

DSC00628
こんな寒い中でも、ランニングしてる人発見!
信号も減ったしガッツリ走ろう♪とジャンパーを脱いで臨戦態勢。

DSC00632
苫小牧川の河口には灯台が。

河口を過ぎてしばらく進むと、海側に出れそうな雰囲気。
何気に様子を見に行ってみると、
DSC00635
なんとも走りやすい遊歩道♪

ランニングや散歩中の人たちとすれ違いながらしばらく遊歩道を進み、
DSC00644
海沿い遊歩道あるあるの河口にて終了ぱたーん。
DSC00649
凍った水溜まり眺めたりしつつ元の道へ。

DSC00650
日帰り温泉施設の前から国道へ復帰。

DSC00654
結構進んだと思ったのに・・・
登別まであと33km?!

DSC00659
少々がっかりしながらも、進行方向右手に見える樽前山には癒される。

DSC00660
蛇行した河口をみるとすかさず撮影。。

そんなこんなでしばらく進んでいくと、
DSC00665
辺りは荒野と化した。

DSC00668
そんな中でも、広い歩道と平らな道でとっても走りやすい♪

DSC00675
休憩がてら、ついつい海岸線に下りて太平洋を眺めつつ石拾いしたり、

DSC00680
特急列車撮って喜んだり(笑)

DSC00685
ランニングの練習にはもってこいの道をどんどん進んで行くと、

DSC00686
クマ出没の看板が。クマさんも、もう冬眠だよね?などど思ってたら・・・
出没日は今日の6時!!!たった数時間前じゃん?!
冬眠前の最後のお食事でウロウロしてたんだろうか。。

DSC00687
クマさんに驚きつつも、白老町突入。

DSC00690
久しぶりに民家が立ち並ぶエリアへ入ってきた。
なんとなくホッとしつつ、今度は怪しくなってきた雲行きが気になる。。。

DSC00695
久しぶりにコンビニにてつかの間の休憩。

DSC00703
休憩後、しばらく進むと進行方向左側は牧場に。

DSC00707
ウマさんがおいしそうに草をはむのをしばし眺める。

DSC00708
こちらの交差点をまっすぐ進むと、一時大々的に宣伝してた「ウポポイ」があるみたいだけど、今回は寄らず、一旦国道からは離れて白老市街地を通ることに。

DSC00711
交差点からすぐのこちらのお店は、こんなご時世にもかかわらず大盛況。

DSC00714
都会人のワタシ(?!)は市街地に入ると妙に安心(笑)

DSC00718
白老駅はとってもきれいな造り。
ウポポイのオープンにあわせて整備されたのかな?

DSC00719
駅前からしばらく続いた商店街も、

DSC00725
白老川を渡るころには終了。

DSC00733
国道へ戻ると相変わらずの単調ロード。

だんだん足取りも重くなってきたので、
DSC00743
アクセントとして、工場とその前に建つ駅を撮影したり、

DSC00745
一両編成の列車撮ったり。。

DSC00751
だいぶ疲れてきたけど、登別まであと10km!

フルマラソンだと「30kmの壁」に突入するころだけど、
DSC00753
道端のおまわりさん人形にビビったり、

DSC00757
でっかいヒグマとサケに驚いたり、

DSC00760
たしかに歩く場面も増えてはきたものの、30kmの壁は意外と大丈夫。

とはいいつつ、地面を見つめる時間が多くなってきたところ、
DSC00769
写真ではわかりづらいと思うけど・・・
道路の排水口から湯気が出てる!!!

こういう景色、たしか九州の温泉地の近くで見たことあるなぁ。などど思ってたら、
DSC00770
ここは虎杖浜(こじょうはま)温泉でした!

DSC00775
最後の最後に出現した上り坂を息を切らしつつ走って上り、

DSC00779
下り坂の途中で、登別駅へと進むショートカット道発見♪

DSC00780
細く寂しい道を抜け、右手には観覧車、左手には漁港を望みつつ

DSC00785
踏切を越え、

DSC00787
線路脇の直線道路の先に、駅舎が見えてきた♪

DSC00789
そして、無事ゴール地点の登別駅へ到着!

鈍行列車は極端に本数が少ないので、迷わず特急へ乗車。
駅で買ったココアで体を温めながら、わずか30分にてスタート地点の苫小牧へと到着し、連泊のホテルへと帰還。

//
歩行日 :2021年11月21日(日)
歩行場所:北海道苫小牧市(苫小牧駅近くのビジネスホテル)~北海道登別市(登別駅)
歩行時間:6時間22分 
歩行距離:42km
2021年11月の歩行距離:67km
2021年の歩行距離:685km

飛行機とウトナイ湖と(千歳~苫小牧)

みなさまこんばんは。

本日からは、11月の北海道歩きの様子をお届けします!

さて、すっかり毎年の恒例行事(?!)と化した北海道行きなのですが、、、
当初は10月頃に行こうと思っていたけど、仕事都合などでズルズルと後ろ倒し汗
そのため、昨年歩いた旭川からの北上は断念し、まだ歩いていなかった新千歳空港近辺から苫小牧方面のルートを歩こうかと。

今回は11月27日のふみさん・あゆみさんのお話し会に参加すべく、途中無理くりテレワーク引っ付けて北海道滞在10日間にしたけど、歩くのはたった2日というちょっと残念な感じorz
とはいいつつ、やっぱり北海道行きはテンション上がる♪


北海道出発前日は、お出かけ前あるあるの駆け込みで仕事を終わらせるパターンで遅めの帰宅だったけど、広島空港より人生初のJALに乗るべく早起きし、10時50分発の新千歳空港行きに搭乗。

雲一つない快晴の空の下、空から初めて眺める天橋立や、今年歩いた富山や新潟の海岸線を懐かしく眺めたりしていると、
DSC00443
糸魚川フォッサマグナのはるか先になんと富士山が!!!

DSC00444
富士山見えたのは今回のフライトが初めて♪

DSC00451
めっちゃテンション上がった状態で新千歳空港に到着し、千歳駅まで移動したあとは、14時からテレワーク(苦笑)



2021年11月20日(土)

前日のテレワークも無事終わり、ようやく北海道での歩き開始♪
今日は千歳駅から1駅先の南千歳駅から、予約したホテルのある苫小牧までの歩行予定。
DSC00453
ホテルの窓からぼんやりと外を眺める。
昨日は横殴りの雨だったけど、天候も回復して一安心。

DSC00462
千歳駅から南千歳駅までJRで移動。
身支度を整えてちょっと遅めの10時半ごろ出発。

DSC00465
まずは新千歳空港に発着する飛行機を眺めながら歩道橋を進み、

DSC00471
歩道橋から下りると、懐かしの北海道国道風景。

今日は苫小牧まで基本国道36号線を歩行。
事前確認済みではあるけど、約10km先の道の駅まではコンビニはまったくないので千歳駅で食料は調達済み。

DSC00479
1時間も歩くと、周りには建物もすっかりなくなった。

DSC00480
道路の横の風景はこんな感じ。

DSC00482
そりゃ、シカさんもおるわなww

北海道らしい単調な道を淡々と進み、
DSC00485
苫小牧市突入!

DSC00487
国道の横の風景は湿原に変化。
こんな景色が道路のすぐそばにあるなんて、やっぱり本州とは違うよね。

DSC00493
「鹿横断箇所 衝突注意」の看板は少なくとも2か所あった。

DSC00506
建物皆無。という訳ではないけど、周りは基本的に湿原。

DSC00515
湿原と川の景色好き。

DSC00523
北海道の立派なバス停も久しぶり♪

そうこうしてると、
DSC00524
国道と飛行機の航路が並行になったらしく、着陸態勢に入った飛行機がひっきりなしにやってくる。
この感じ、数年前に成田空港の近くを歩いたときのことを思い出してきた。

DSC00531
あのちょっと形が違う機体は、プロペラ機かなぁ?

昨日自分が乗った広島便らしきジェット機も確認しつつ、
DSC00542
ようやく表れたラーメン屋のあたりで、飛行機の航路とはお別れ。

DSC00543
今日の休憩ポイントの道の駅ウトナイ湖まではあと2km。

DSC00544
ひたすら続く直線道路の脇には、いくつか湖畔の施設の案内が出ていたけど、なんとなく立ち寄る気力がなくスルー。

DSC00550
スタートから3時間にて、道の駅ウトナイ湖へ到着♪

DSC00552
まずはウトナイ湖の湖畔へ行ってみる。

DSC00558
白鳥がたくさんいるもんだと思ってたら・・・
一羽もおらんorz

しばらく湖畔にたたずんだ後は、
DSC00560
さっきから気になってたこちらの展望台に登ってみよう。

階段をトントンと登っていくと、
DSC00563
さっきとはまた違った景色♪

DSC00565
湖の反対側には樽前山。

展望台の中でおにぎり休憩しようと思ってたけど適当な場所がなく、結局寒風の中外のベンチにて食すことに。
DSC00569
本州人からすると衝撃的な「甘納豆の赤飯」

北海道の赤飯は甘いっていうのは知ってたけど、食べるのはこれが初めて。
ワクワクしつつ食べてみると・・・これは結構いける♪
お米って、甘いものと相性がいいね♪

DSC00572
お腹も満たされたところで再出発。
ゴールまであと約10km。がんばろう。

DSC00575
湖畔の大自然の風景もしばらく進むと、

DSC00580
建物が立ち並ぶ風景に。

DSC00588
そういえば、歩くのを始める前に一度だけ八戸から苫小牧のフェリーに乗ったことがあることを思い出した。
しかし、苫小牧のことはほとんど・・・というかまったく覚えてない(**)

DSC00596
自転車専用レーンもある広々歩道をひたすら進み、

DSC00601
日が落ちる前には苫小牧の中心部へと突入し、

DSC00611
あたりが真っ暗になる前にはホテルの近くまで到達。

そして、苫小牧駅の近くのホテルへと投宿。
晩ごはんの買い出しは久しぶりのセイコーマート。相変わらずの安さと品ぞろえに感動♪


//
歩行日 :2021年11月20日(土)
歩行場所:北海道千歳市(南千歳駅)~北海道苫小牧市(苫小牧駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:5時間59分 
歩行距離:25km
2021年11月の歩行距離:25km
2021年の歩行距離:643km

旭山動物園の動物たち

みなさまこんにちは。

本日は、歩きの内容ではなく恐縮ですが、、、
10月の歩き3日目のゴール地点に設定した、旭山動物園での園内の動物たちの様子をお届けします!

さて、大人になってからも動物園に行くのは結構楽しいもので、今までも歩きの途中に名古屋の東山動物園に寄ってみたこともあったり。
今回は全国的に有名な旭山動物園ということで、テンション上がりまくりなのであります。

正門を入ってまず現れたのは、
DSC03306
動物園では定番的なフラミンゴ舎と、鳥たちが観察できる「ととりの森」。

DSC03307
フラミンゴたちはじっとたたずんてる。

DSC03308
水鳥たちがたくさんいる池の周りを進む。

DSC03316
池にはこれだけの種類の鳥たちが。
広島の我が家の近くでは、カルガモ、マガモ、キンクロハジロは見るかな。

DSC03312
池の水鳥たちはもぐもぐタイム。

DSC03325
坂道をどんどん上り、お次の動物へ。

DSC03326
ここのペンギン、そういえばテレビで見たことあるような気が。。

ペンギン館の中に入ると、
DSC03331
ペンギンが水槽の中をものすごいスピードで泳いでる!
こんなペンギンの姿、初めて見たかもww

DSC03357
外の岩場を歩いてるペンギンの姿は、他の動物園でもよく見る風景。

DSC03363
お次はもうじゅう館。

最初の猛獣はアムールトラ。お母さんと何頭かの子供(子トラ)が。
DSC03369
その中で、子トラの1頭が白いプラスチックのかたまりみたいなもので遊んでいる姿に目が釘付け。

DSC03374
そのうち、柵のすぐ近くで遊び始めた。
こんな姿を見てると、でっかいネコって感じ♪

DSC03380
そのうち、もう1頭の子トラがじゃれてきた。
鳴き声は完全に猛獣でビクッとしましたが(笑)

結局アムールトラの檻の前で10分程度過ごし、先へと進む。
DSC03387
紅葉の中、哀愁漂う後ろ姿のライオン。

DSC03389
やはり王者の風格ですね。

DSC03400
アムールヒョウは檻のなかでウロウロ。

DSC03406
ヒグマの大きさを確認したところで、猛獣エリアは終了。

DSC03414
オオカミたちはお昼寝中。

DSC03420
エゾシカもでっかいなぁ・・・

シマフクロウとタンチョウを眺めたあとは、北海道の動物たちのエリア。
DSC03439
フクロウの種類がわからんけど汗
一番よく撮れた1枚。

DSC03449
エゾリスも♪

DSC03450
檻の中のカラスと野生のカラスのコラボレーション。

このあたりから若干疲れが(苦笑)
途中のいくつかのエリアは割愛し、、
DSC03470
くもざる・かぴばら館へ。

クモザルは上側の施設で活動し、カピバラは地上で活動するため、共存が可能らしい。
DSC03464
めっちゃリラックス中のクモザル笑

DSC03468
こっちのクモザルはあちこち動き回ってる。

DSC03471
カピバラは仲良くお昼寝中。

DSC03475
ここでお腹が空いたので、ホテルのチェックイン時にいただいた旭川市のクーポンを使い、お昼をば。
旭川市の市街地を眺めながら、のんびりとお食事。
それにしても、日が当たってないとかなり肌寒い(**)

DSC03488
シロクマはなにかに夢中でこっちを向いてくれず、

DSC03493
ホッキョクギツネはお休み中。

DSC03497
個人的にはネコ好きなので、ネコ科の動物が気になります。。

DSC03505
あざらし館のアザラシたちは見てて飽きない。

DSC03507
すうっと滑って水から出てきたあとは、ボートの右側へ潜っていく。

DSC03514
潜った先の様子は、あざらし館の中で。

DSC03517
ものすごいスピードで泳いでる!

DSC03521
あまりにも気持ちよさそうに泳ぐので、しばし見入ってしまった。

最後にきりん舎へ寄ってみる。
DSC03534
フツーにその辺の草を食べててビックリ!

DSC03546
2頭のキリンはいい距離感を保ってる。

DSC03548
若干スルーしたところもあったけど、約3時間半楽しめました♪

DSC03549
紅葉見つつ、動物園を後に。

DSC03551
帰りはバスにて旭川駅まで帰還。

この後、旭川にてあゆみさんたちのボディワークのワークショップを受講したり、札幌ではふみさん・あゆみさん宅にお世話になったり、ハマさんのプライベートレッスンを受けたり。
最初は腰痛でどうなることかと思ってたけど、終わりよければすべてよし?!の北海道遠征でした♪

旭山動物園へ行ってみよう

みなさまこんにちは。

本日は、10月の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、腰痛の中始まった今回の北海道歩きはこの日が最終日。
出発前の計画段階では、調子がよければ美瑛あたりまで歩こうかとも思ってたけど、そんな元気はとってもなく、、、
短距離の歩き先候補としてピックアップしていた、旭山動物園まで歩いていくことに決定!

2020年10月17日

DSC03208
抜けるような青空の元、10時前に旭川駅近くのホテルを出発。

DSC03215
ホテル出発から約5分。
この交差点を右折し、そのまま延々とまっすぐ進めば旭山動物園に着ける(はず)

DSC03216
距離は約10kmなので、お昼ごろには着けるかな。

今日は荷物はホテルに置いているので、楽々歩行♪
腰痛も、普通に歩くのには問題ない程度まで回復した。

今回の件でよくわかったのが、ひどい腰痛に襲われた場合、安静にしてても動き回ってても回復までの時間は同じだということ。
重い荷物背負って歩くのはちょっとやり過ぎだけど(苦笑)

今後また腰痛になったら、寝込まずに頑張って散歩ぐらいはしようwww

DSC03218
明治期の建物かしら?

DSC03220
気温は10℃に満たないけど、北海道に向かう前に想像してたよりは寒さは感じない。

DSC03224
旭山動物園へはとにかくまっすぐ。

DSC03226
単調な道の中、煙突からの煙たなびく風景も気になる。

DSC03229
歩き始めて約1時間、ツルハドラッグにてトイレ休憩。

DSC03233
街路樹もすっかり色づいてる。

DSC03239
お寺の境内の木々もキレイに紅葉。

DSC03241
・・・とここで、目の前に「旭川兵村記念館」なる看板が。
北海道ではどこかで一度は屯田兵の歴史のお勉強をしたいと思っていたので、ちょっと寄ってみよう。

DSC03242
神社も同じ敷地にあるみたい。
超でっかい鳥居をくぐり抜け、

DSC03244
明治時代の開墾の際、アイヌの霊木であるということから伐採されなかったというハルニレの巨木の横を通り抜け、

DSC03251
旭川神社を参拝し、

DSC03272
お目当ての旭川兵尊記念館へ。

旭川の屯田兵は明治25年から入地したとのこと。
全国各地から入植し、日々軍事訓練や開墾、農作業に励んでいた。

その中でも、旭川では北海道では不可能とされた稲作を発展させたという資料に目が釘付け。
DSC03259
原生林を開墾し、

DSC03261
切り株が残ったままの状態で、

DSC03263
稲作!!!

DSC03269
写真もありますよ。

DSC03267
旭川は、たった100年ちょっと前までは、こんな原生林に覆われていたんだ・・・。

DSC03271
この人たちに感謝しよう。

約30分程度の見学を終え、
DSC03273
厳しい気候や厳しい作業に勤しんだ人たちの歴史があってこその北海道だと強く実感しつつ元の道へ。

DSC03274
引き続きまっすぐな道を進む。

DSC03275
こういう蔵があるとついつい撮影。

DSC03278
ここで景色が開けた!
この田んぼが広がる風景も、屯田兵の歴史を学んだあとだと感謝としか言いようがない。

そして遠くには大雪山系の山々が♪
DSC03277
いつの日か登ってみたい!

DSC03282
さて、そうこうしてるうちに旭山動物園までもうあと2km。

DSC03285
目の前に見えてきたあの山の中腹にあるのかな?

DSC03295
郵便局にはペンギンの絵が♪

DSC03297
動物園に向かう上り坂の入口までやってきた。

DSC03298
キレイに色づいた街路樹を眺めながら坂を上る。

DSC03301
もうそろそろかな?

DSC03302
看板で位置を確認しつつ、

DSC03304
目的地の旭山動物園に無事到着♪
チケットを購入し、いざ園内へと突入。

次回は歩きとはまったく関係ありませんが、、、
園内の動物たちの様子をお届けします!

///
歩行日 :2020年10月17日
歩行場所:北海道旭川市(旭川駅近くのビジネスホテル~旭山動物園)
歩行時間:2時間59分 
歩行距離:10km
2020年10月の歩行距離:78km
2020年の歩行距離:332km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント