広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

36_徳島県

お遍路ラストスパート(薬王寺~宍喰)

みなさまこんばんは。

本日は日和佐からの歩きの続きの様子をお届けします!

さて、前日ふみさんトミーさんに再会し、夜は楽しく盛り上がりビールを5本弱飲んで
就寝したワタクシですが・・・
無事二日酔いにもならずに起床したものの、相変わらずの寝起きの悪さが災いし、
ふみさんに前日「薬王寺に9時ごろ着くように」とお願いしてたにも係わらず、
まったく間に合わないのですよ?!

結局、薬王寺の駐車場を9時50分頃出発。
DSC00758
今日は1日中雨らしいです。

DSC00761
結構普通に降ってます。

DSC00763
歩き始めて約40分
重ね着してる服1枚脱ぎたいな・・・と思ってたところ、遍路小屋が!
雨の日は特に助かります♪
DSC00766
しかもあちらのトイレまで使ってよいとのこと。
ありがたい限りですm(_ _)m

DSC00770
「譲ってくれるけ」って、なんかかわいい言い回し(^^)

DSC00771
雨の日のトンネル歩行はホッとする。
もちろん歩道有りが大前提だが。。

DSC00776
こんな田舎におしゃれなレストラン。地鶏「阿波尾鶏」を味わえるみたい。
トイレが外にあったのでお借りしました。m(_ _)m

DSC00778
もー この手の人形は小心者なのでビビるんです(**)
ちなみにここには山水が引かれてて、飲んでみたらおいしかった!

DSC00782
雨でも列車撮って楽しむ(笑)

DSC00784
こういうお気遣いとってもありがたいです♪
全国的に広がってくれれば嬉しいんだけどなー
無理だろうな。。

DSC00786
牟岐(むぎ)町突入!

・・・とここで、またもや目前に20人程度で歩いてる集団が!
きっと昨日のお遍路ツアーの方たちだ!雨でもがんばってるんだな~
軽くあいさつしつつ、お先に。。。

DSC00789
依然として雨は降り続く。

DSC00790
本日初の遍路道

DSC00793
ザンザン降りです。

DSC00794
ここでちょっと食事&トイレ休憩
そしてこのすぐ近くに観光バスが1台止まってた。
さっきの団体さんが乗るんだろうな。きっと。

DSC00798
特急見つつ橋渡る。

DSC00799
この辺歩いてるときが雨が一番ひどかった。
あとで気象データ見てみたら、1時間に10mm近く降った模様。

DSC00800
こんな雨の中でも鳥が泳いでる。オオバンかな?
幼鳥が1羽。カワイイ♪

DSC00802
そして道端のなんとなく昔の匂いが残る一帯に、
DSC00801
山頭火の句碑がありました。こんなところも歩いてたんだー
山頭火のことは、またいつか改めて書こうと思います。

DSC00809
牟岐の町を抜け、

DSC00813
本日初の太平洋!
ここは内妻海岸。サーフィンのポイントみたい。おしゃれなサーフショップもあったし。
そういえばふみさんが、この太平洋岸ってサーフィンしたくて
移住してくる人もいるって言ってたな。

DSC00818
さすがにサーフィンしてる人いないなぁ。

DSC00822
と思ってたら、駐車場に片付け中と思われる方がお一人居られました。。
結構年齢層高そうな方でした!

DSC00825
海陽町突入!

DSC00831
ここは島がポコポコ。
一番右の島は有人島の出羽島(てばじま)。
肉眼でも集落見えた!

DSC00834
さて、ここでちょっとだけ寄り道を。
別格霊場の鯖大師本坊へ。

DSC00835
この建物が本堂かと思ってたら・・・違ってた(^^;;;
馬頭観音が奉られてました。

DSC00837
こちらが本堂。
実は今年の3月、お遍路中の愛媛県津島の宿で夕食を一緒にとったおじさま3人のうち、
お2人がこの鯖大師を参拝した際、まったくおんなじ体験をされてて
そのときの話しで大盛り上がりし、ワタクシの記憶にガッチリと残っていたのです!
(すみませんが話の詳細は割愛いたします。。)

しかしながら現在は、おじさまたちが体験した状況ではない模様でした。
妙に残念(^^;;

DSC00841
やっぱ海が見たいなあ。

DSC00847
で、海岸沿い歩く。

DSC00854
ここ大浜海水浴場では、海岸でなにやら探しながら拾ってるおばさま方が3人ほど。
何拾ってたんだろ?!

DSC00859
曇天の太平洋も、これはこれでまたいいな。

DSC00863
途中、お接待を頂きました!ありがとうございましたm(_ _)m

DSC00866
ついつい昔ながらの街並みに引き込まれ、県道へ。

DSC00868
なつかしい佇まい。

DSC00870
漁港へ出てきた。
ここは浅川湾

DSC00874
河口は民家が密集してる。

DSC00875
まだ15時台というのに・・・もう街灯点いてるよ~

DSC00876
なんとなく気分も暗くなる。

DSC00881
そういえば昨日ふみさんが、
「北海道の人は、柿の木や瓦屋根の家がないからものめずらしいみたい」って話してた。
そういえば北海道にはどっちもないよなーー
しかもこのあと、宿についた際もらった新聞に北海道からお遍路に来てる人の
記事が載ってて、まったく同じことが書いてあった!!!
広島育ちの私にとっては、どっちもごくごくフツーの風景なんだけどね。
小学校の通学路(幅はあぜ道レベル)に落ちてたジュクジュクの柿を避けるのが
大変だったとか。。

DSC00882
どこが古墳なんかよーわからんかった。

DSC00884
やっと国道に合流できるかな?

DSC00887
海部川を渡り、

DSC00889
ようやく国道55号線へフッカツ。

ここで既に時刻は16時40分
辺りも暗くもなってきたし、一応宿に電話しときます・・・。
「あと1時間ぐらいかかります」とお話しし電話を切ったら、
すぐ折り返して宿の女将さんから「もう暗いし、車で迎えに行きましょうか?」と電話が。
非常に嬉しかったのですが・・・ワタシは何が何でも今日宍喰まで歩かないといけないのです!
丁重にお断りしたところ、「歩きの方はだいたいそう言われるんですよね・・・」と。
やっぱし?!

DSC00890
あーせっかくのいい景色なのにー
もっと早い時間に来たかった(**)

しかし、これもなにもかもワタシが今朝ふみさん宅でウダウダしてたのが
いけなかったのだ(反省)
DSC00893
写真ではまだ明るく見えるけど、肉眼ではこの時既にほぼ暗闇。

そして約1時間、真っ暗な道を車と自分のヘッドライトを頼りに進む。
ずっと広い歩道有りの道だったのが幸い。

DSC00894
やっと宍喰(ししくい)の町の入り口に!
しかし寂しい道だな~ほんとに合ってるのかな?
・・・としばし歩くと、静かな町、そしてお宿になんとか到着!

この日道中で50円拾ったのと、宿の女将さんから「今日お迎えに行けなかったから」と
宿代を100円おまけして頂き(気を使って頂きありがとうございましたm(_ _)m)
150円費用が浮いたので、ビールの経費へ。


そして、翌日の朝
DSC00898
夜明け前には宿を発ち、
DSC00900
駅のホームでやっと夜が明けてきた。

DSC00902
宍喰駅より乗車
DSC00913
昨日とは打って変わっていい天気!
めずらしく瀬戸大橋通過時に写真撮ってみました♪
ここは与島パーキング付近。

そして宍喰から5時間かけて広島へ帰還。
いよいよお遍路もあと5箇所となりました!

 ///
歩行場所:徳島県美波町(薬王寺)~ 徳島県海陽町(阿佐海岸鉄道宍喰駅付近の旅館)
歩行時間:8時間4分
歩行距離:35km
総歩行距離:???km        

お遍路ラストスパート(平等寺~薬王寺)

みなさまこんばんは。

全力を挙げて遊んだあとは、必然的に全力を挙げて仕事が忙しいのです(悲)
口唇ヘルぺスもできちゃいましたしね・・・明日もメチャ憂鬱orz

・・・さて、仕事の愚痴はここまでにして。。。

本日は先般の予告どおり、ふみさんに送り迎えをして頂きつつ歩いた、
お遍路の様子をお届けします!
なんだかんだ言いつつ周ってきたお遍路も、あと6箇所ですよー

今回は、ふみさんのご実家近くにある22番平等寺が
スタート地点です!
DSC00468
せっかくなので、、すぐそばにある大師堂でお参りし、
快晴の空の下、11時前に出発。

DSC00476
おへんろくん(?)もお見送り(^^)

DSC00477
次のお寺23番薬王寺までは22km。
明日は雨の予報なので、もし早く着いたら少しでも距離を伸ばしたいところだが。。。

DSC00479
とりあえず今のところはいい天気♪

DSC00487
写真には撮ってないけど、井戸端会議中のおじいちゃん.おばあちゃんに
あいさつしつつ、

DSC00490
あれー?これどう見てもツツジだよね?
狂い咲きかな???

DSC00493
しばらく進むと、目の前に20人ぐらいの団体さんが!
もしかして、平等寺でちょうどふみさんの車を降りたときに見た団体か?!
近くに観光バスも何台か止まってたので、完全にバスツアーの団体かと思ってたけど・・・
これって歩きお遍路ツアーのみなさまですか?初めて会った!
かなりゆっくりのペースで歩かれてたので、「まぁ元気だねぇ」などと言われつつ、、、
もちろんごぼう抜きです(笑)
あのペースじゃ多分1日20kmが限度だろうなー。

DSC00494
なんか微妙な方向表示がありキョロキョロしてたら、
すぐ側に居られた工事現場の方に「こっちだよ」と教えて頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m

・・・しかしどうも微妙な方向に昔からの遍路道があったっぽく。。。
先ほど追い越した団体お遍路さんが、ワタシが歩いてる車道の下にある遍路道を
ワサワサ歩いてきてますよー

ここでなぜかミョーに焦ってしまったワタクシは、遍路道の対角線上にあった
山道が遍路道だと思い込み、ズカズカと進んで行ったところ・・・
DSC00500
やべーなんか違うっぽい(汗)

5分ぐらい進んでも遍路道の標識がまったくない!
絶対違うな~どーしよ(大汗)
ここでようやく地図を出して確認(遅いわww)したところ、
なんとか車道には出れそうな気がする。
結局アヤシイ山道をそのまま進み、しばらくして車道へカムバック。
よかったー

みなさまにおかれましては、必ず地図を確認しながら進みましょう!
まったく説得力ないけど(^^;;;;

DSC00509
しばらくは陰気な道を進んでいく。
途中、こういう景色見るとホッとする。

DSC00517
この日初めて国道に合流。

DSC00527
でも2~3kmですぐまた県道へ。
遠くに見えるのは、自動車専用道路の日和佐道路。数年前に開通したらしい。
ふみさんに送り迎えして頂いた際は、こちらの道を通行。
あっという間に着いてビックリ!

DSC00531
へー
この辺は一里塚じゃなくって一里松なんだー

DSC00547
もうツバキ咲いてる!

DSC00548
本日2人目(笑)
結局このあと3人ぐらいお会いしました。。。

DSC00550
遠くに太平洋見えた♪

DSC00555
そしてなんだか初めて見る道路標識が目前に。
なんだろう?

DSC00556
アカテガニがワサワサ横断するらしいです。。。
あとでふみさんに聞いたら、昔よりはだいぶ数が減ったって言ってた。
しかし車だと避けるの無理なんじゃないのかなぁ。

DSC00569
そして海岸線まで出てきた♪
ここは田井の浦

そして休憩しようと、海岸沿いの適当なところに腰掛けたところ、
・・・目の前に
DSC00577
えー!これってもしかして・・・???
はるばる太平洋のどこかから漂着した椰子の実ですかー?!!!

島崎藤村の「椰子の実」は、愛知県の伊良湖岬(いらごみさき)に流れついた
椰子の実のことらしいですが・・・
ホントに流れつくもんなんですね。。。

DSC00601
休憩後、しばらくは静かな太平洋を見ながら歩く。
だんだん雲行きも怪しくなってきた。


DSC00611
静かな木岐の集落を抜けていく。

DSC00628
海岸沿いに佇む安政地震津波石灯籠
安政地震は江戸時代の嘉永7年(1854 年)12月24日に発生した南海地震。
石灯籠にも、高さ4丈(1丈は約3m)の津波が押し寄せたことが刻まれてた。

DSC00631
更に空が暗くなってきた。
なんか龍が空を飛んでるみたい。

DSC00633
おやおや?また山道ですかー
まあ受けて立ちますよ。。。

DSC00641
しばらく歩いてると、山の中からガサガサと明らかに生き物の動く音が。
おーっとサルですよー久しぶりだ!
しかも10匹弱の群れの中に入ってしまったみたい。
とりあえず目視で明らかに4匹は確認。
この写真のどこかにも写ってるはずなんだけど・・・うーんよーわからん。。

20分程度山道を歩き、一旦舗装道に復活するも、
DSC00658
またか~

DSC00661
しかも結構下ってますわよー

DSC00664
やっと本日の山道終了

DSC00668
なんとなく郷愁を誘う景色

DSC00683
ここは恵比寿浜。簡素な施設だったけど、キャンプ場もあった。
今調べたら、1泊500円だって!なかなかいいかも♪

お散歩中の元気なおじいちゃんに話しかけられたりしつつ、
DSC00692
この花なんだろう?岩肌にあちこち咲いてる。
DSC00695
この花もあちこち咲いてた。
調べて分かったら、シラーっとアップするサクセンにしよう(^^;;;

DSC00693
なんかおもしろそう

DSC00696
行って見よう♪
どうもこの遊歩道、岩山をぐるっと回れるみたいだけど・・・
時間が押してきましたしねー(汗)
洞のところまでにしとこう。。

DSC00699
ここ恵比寿洞は、徳島県最大の海食洞だそうです。
この日は波穏やかだったけど、それでも洞の中はすごい音。

DSC00707
元の道に戻り、しばらくは静かな湾の風景を眺めながら進む。

DSC00711
わー!キレイな浜が!

DSC00713
そして突然のオモシロ自販機(笑)
DSC00714
この地方のゆるキャラのようです。。

DSC00716
ここは大浜海岸
曇天にも係わらず海の色がキレイ!

DSC00720
先日美術館で見た、東山魁夷の『濤声』みたい!
あの絵は日本海がモデルなんですけどね。

しばし青い海と岩と砂浜が織り成す風景に見とれる。
DSC00722
DSC00727
DSC00728
海岸をゆっくり歩きたかったけど・・・時間押してきてるので断念orz
ちなみにこの大浜海岸は、ウミガメの産卵地として有名なんだそうですよ~

DSC00732
大楠の横を通り抜け、ようやく日和佐の町へ。

DSC00738
薬王寺見えた!

DSC00741
もう辺りも暗くなりかけた16時20分頃、ようやく薬王寺到着!

DSC00744
日和佐の町を眺めつつお参り

DSC00749
お参り終わると辺りはもう真っ暗。


この後、お迎えに来て頂いたふみさんの車で、
ふみさんのご自宅、阿南市まで戻ったのでした。。


次回は日和佐からの様子をお届けします!

 ///
歩行場所:徳島県阿南市(平等寺)~ 徳島県美波町(薬王寺)
歩行時間:5時間34分
歩行距離:22km
総歩行距離:???km        

炎天下の四国縦断決行(その1:祖谷口~大豊)

みなさまこんばんは。

本日から2回に渡って、お盆の記事にてチラ見せした、
高知駅までの歩きについてお届けしたいと思います!

さて、先般今年はこれからお遍路に注力し、お大師様にすがろうなどと誓った私は、
早速実践に取り掛かるのです!
とはいえ残ってる場所へ行くには交通の便がかなり悪く、
移動だけで軽く半日はかかってしまう所ばかり。
2泊3日以上の連続休暇はなかなか取得できないので、
何とか移動時間を少なくし、できればなるべく土日で歩きたい。
そのため、広島からだとまあまあ交通の便がいい高知駅まで歩き、
ちまちま高知県を攻略する作戦に決定ww

今回のスタート地点は、以前ふみさん・あゆみさんと一緒に歩いた祖谷口駅。
広島から始発で行ってたら乗り継ぎ悪くて歩く時間が圧縮されてしまうので、
最近よくやる前泊決行。

DSC07214
本当は坂出がよかったんだけど、適当な宿がなかったので丸亀泊。
丸亀駅周辺は、21時過ぎるとコンビニとか買い物できるとこ全然ありません(^^;

翌朝丸亀駅から始発に乗り、阿波池田で乗り換え7時半祖谷口着。
DSC07220
いや~久しぶり~それでは出発!
DSC07231
今回は基本国道33号線を歩きます。
高知まであと75km!

DSC07233
まだ大歩危・小歩危の手前だけど、なかなかおもしろい岩ですよ。

DSC07239
延々と山々の間を縫って進む。

DSC07258
四国のこの付近って、この手の橋がよく架かってる。
DSC07261
この橋は歩いてないけど、真ん中は下が丸見えなんですよ~!
めちゃ怖い。。。

DSC07267
ここから小歩危らしい。
DSC07270
たしかに渓谷になってきた。
DSC07279
そしていよいよ大歩危です。
DSC07282
どの辺がメインなのか?
DSC07285
複合施設かな?休憩しよ。

DSC07287
なーんとモンベルがこんなとこに!!
このあたりで盛んなラフティング用品の品揃えが充実してた。
隣接する大混雑のセブンでおむすび買って食べてから出発。

DSC07294
おーラフティングしてますね~
・・・つーかラフティングって感じじゃないんだが。。
DSC07299
こちらは遊覧船ですね~よくテレビの旅番組で紹介されてるやつか。
と、いうことはこの付近が大歩危のメインなのかな?
ちなみに大歩危・小歩危は、吉野川が三波川結晶片岩を浸食してできた渓谷だそうです。
・・
・わかりやすく言いますと、、、
「地下深くにあった大昔の地層が隆起して、川の流れで浸食されてできた渓谷」
って感じでしょうか?

この岩が地中深くにあったなんて、おおよそ想像できないですよね~
地球は生きてるんですね(^^)

DSC07314
ホントに切り立った渓谷だな~。
このあたりってどこも平家落人の集落なのかな?すみません知識が浅く。
またお勉強しておきます。。

DSC07320
詳細はこちらにて。(手抜き笑)

DSC07330
そういえば小歩危・大歩危の付近関西ナンバーの車がめちゃ多かった。
しかしながら、皆様はこの交差点を左折し、かずら橋へ向かわれた模様。

DSC07335
渓谷は終わりましたが、美しい川の風景は続く。
DSC07338
そして四国特有の山肌にへばりつくように建つ家々も。
DSC07344
歩道のない側歩いてたら、道の脇で休憩(?)してたおじさんが、
「こっち側県境までずっと歩道あるよ」と教えてくださいました。
ありがとうございましたm(_ _)m
しっかしおじさんには何の落ち度もありませんが・・・
この付近の歩道いたるところに草木が繁茂してて歩けないですよ~!
交通量少ないからまあいいけど。。

DSC07348
今年二度目の高知県突入!


DSC07372
しかし暑い。でもまだ33度か~
とは言え汗ダラダラ。日陰入りたい。冷たい飲み物欲しい。。
と言う訳でJRの駅で休憩しよう~とわざわざ橋渡ること2回。
土佐石原駅と豊永駅で休憩。生き返った♪


DSC07367
ちなみに途中でモンベルのラフティングステーション有り。
こちらはさっきの大歩危より本格的っぽい。

DSC07391
あまりにも暑いので、ここで国道ではなく県道選択。

DSC07394
県道は大概日陰が多いのです(^^)
DSC07395
キツネノカミソリ咲いてる。久しぶりに見た♪

DSC07412
石泥棒ですか?こんなん初めて見た。
DSC07425
踏み切り越えたり、延々と県道を歩く。

DSC07433
国道との合流点まで来た。
川辺ではバーベキューしてたり、子供たちが川で遊んでたり。
楽しそう♪

DSC07438
何度も言ってますが、四国の川はキレイなのです!

DSC07448
この付近でおじさんに「どこまでいくの~?』と聞かれ、
「道の駅までです」と答える。
そう、本日は道の駅泊を目論んでるのです!
北海道では想定外の野宿となってしまいましたが、
あれでなんだかOKになっちゃいましたよ~

DSC07458
大豊の町までやってきた。道の駅はもうすぐ。
ここは大盛りで有名な「ひばり食堂」
中をのぞいてみたけど、人気店らしく人がいっぱい。
あっさりあきらめてコンビニで食料調達。

DSC07464
道の駅のすぐ横まで来たけど、先に日本一の大杉を見に行ってみる。

DSC07469
すごい!想像以上!!!
DSC07470
今までの大木とは比べ物にならない、とってもでっかいパワーを感じた♪

DSC07476
大杉パワーをもらって道の駅まで下りてきましたが・・・
この道の駅ちょっと。どころかかなりショボ過ぎ(汗)
東屋にテント張ろうと思っても、人の出入りが多くて落ち着けそうに無い。
どうしよう。こまったな・・・と東屋のベンチに腰掛けて、案内板らしきものを何気に見てると、
さっきの大杉があった場所の駐車場にトイレがあり、さらにすぐそばに公園があるみたい。
よし、ダメ元で行ってみるか。

DSC07477
・・・なんかいいかも。ここにしよう♪
民家が近くにあるけどもういいのじゃ。


夕食後、東屋の中にテント設営し就寝。

///
歩行場所: 徳島県東みよし町(JR祖谷口駅)~高知県大豊町(美空ひばり公園)
歩行時間:10時間39分
歩行距離:42km
総歩行距離:???km  ←今後どうするか考え中です・・・

真夏の遍路転がし(立江駅~鶴林寺~太龍寺~平等寺)

みなさまこんばんは。

広島は毎日相変わらずうだるような暑さが続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?

本日は遅ればせながら、先般歩き人ふみさんとの再開にてお伝えした、
徳島のふみさんにお会いするまでの歩きの様子についてお伝えします!

さて、今回のルートはJR立江駅を出発し、20番鶴林寺~21番太龍寺~22番平等寺と
1日でお寺を3つ回って行くのですが、そのうち20番鶴林寺への道のりは、
「遍路転がし」と呼ばれる険しい山道として知られておりまして・・・・要は、 

しんどい

ルートなのです。。


さて、前日の夜徳島市に前入りし、駅前の王将で「スタミナセット」なる
超ガッツリ晩御飯を食べ、このしんどいルートに備えたワタクシは、
翌朝4時半起きし、徳島駅発5時47分の電車に乗車。
スタート地点の立江駅へ6時11分着。
このとき同じ電車乗ってた、もう一人明らかにお遍路の男性が同じ立江駅で下車。
駅にいるときはトイレ行ったりごそごそしててお話ししなかったけど、
この後、道中で何度もお会いすることに。

DSC06952
よーし!出発!

DSC06953
この前に行ってた北海道の田んぼのイネはまだ青々としてたけど、
徳島の田んぼのイネは、もう稲穂が頭を垂れてる。

DSC06957
この橋前に立江寺行ったとき見たな~何年前だろ???
・・・今調べたら6年前だった。。

DSC06969
お遍路シールを確認しながら進む。
順打ち(お遍路にて1番から昇順でお寺を回ること)で歩くと、
お遍路シール頼りに回れるのでとっても楽♪

DSC06976
右の鶴林寺から行きます。

DSC06983
本日の行程で多分1か所しかないコンビニで休憩。
出発直後、10人近くのロードレース自転車お遍路集団が走り抜けていった。
自転車も登りきついね~頑張れ~!

DSC06995
おミカンだいぶ大きくなってる。

DSC07001
歩き始めて2時間20分経過。
いよいよ鶴林寺の登りへ突入開始。

DSC07006
さてここから本番じゃ~行きまっせ~
・・・そしていきなりの急登。飛ばし過ぎてあっという間に息切れた(**)
ゆっくり行かねば。

DSC07007
そしてあっという間にいい景色。

DSC07008
お?!こんなところにステキな遍路小屋が!
トイレもあるし、水持ってくれば泊まれるじゃん♪
DSC07010
とりあえず「宿泊禁止」的なことは書いてなかった。
まだ新しいみたいだし、なかなかいい物件では?

DSC07011
その後も炎天下の中延々と登り坂。
やばい水足りるかな・・・と思ってたところ、、
DSC07014
なんと湧き水が!よかった~
飲んでみるとめちゃおいしい♪汲んでいこう。
DSC07016
水呑大師様ありがとうございましたm(_ _)m

このあたりで立江駅からほぼ同時刻に出発してった男性の方に追いついた。
私は写真パシャパシャ撮りながら歩いてるから、ちょっと遅いんだよね。
軽く挨拶を交わして、お先に。

その後も遍路転がしの名の如く、延々と続く急坂。
かなり頻繁に立ち止まり、水をガバガバ飲みながら進む。
しかしこの登りのつらさはいったいどう表現したら伝わるのでしょう???DSC07017
DSC07018

DSC07020
あーきついわ~やっとあと1.3kmか~
汗がポタポタと流れ落ちる。
そういえばここ最近1ヶ月くらい前から急に汗の量が増えた。
普段でも体が急にほてったあと、汗がどっと出ることも。
これってやっぱ更年期かなぁ。もうそれなりの年だもんね~。。

DSC07022
写真じゃ分かりにくいけど、このあたり岩盤が露出してる。
横峰寺登ったときの感じに似てるな。
DSC07025
え~まだ続くの~?しんどい~

そして登り始めて約50分経過。
やっと開けたところに出ましたよ~♪
DSC07029
川と山の織り成す景色にしばし見とれる。
しかしすぐ横に非常に気になる看板が・・・
DSC07028
次の太龍寺向こうに見えるあの山の上ですかー?
えーマジでー?!思考回路止まりそうですけど・・・
・・・止まってても仕方無いので先進みます(苦笑)

DSC07033
しばらくすると石畳の道に。もう少しかな?

DSC07038
こういうきれいなトイレ嬉しい。
・・・そして登り始めて約1時間
DSC07040
やっと山門着いた~!


DSC07045
・・・がしかし、、、本堂まで最終階段攻撃orz
DSC07046
出発から3時間35分、今度こそ標高500mの20番鶴林寺本堂到着!
本堂&大師堂の2か所で、お灯明から始まり読経までちゃんとお参り。
お参りしてる間に立江駅からの男性が登ってこられたので、軽くご挨拶してお先に。

DSC07047
さて次の太龍寺目指していざ出発!

下りもまたもや急坂。一応ステッキ持ってきたけど、膝にくる。
途中1ヶ所ズルッとこけてしまった。まさに遍路転がし(^^;;;
DSC07050
あー膝痛い。
DSC07055
でもお地蔵さんが見守ってくださってますからね。
DSC07060
ここ過去の集中豪雨の爪痕っぽい。

DSC07062
こういう看板助かる。

DSC07066
下り始めて約45分。やっと山から下りてきた。
東屋があったのでちょっと休憩。
出発しようとすると、先程からの男性がちょうど下りてきたのでしばらく一緒に歩く。
4~5年前から区切りで回られているらしく、今日の20番、21番を終えると、
残りはあと88番の大窪寺で満願だそう。すごい!
そして自分が広島から来たことをお伝えすると、なんと私の自宅のすぐ近くの
大学に通われてたことが判明・・・えーめちゃ優秀なのでは???
5~10分ご一緒して、私はトイレに行きたかったので一旦お別れ。

DSC07067
廃校になった小学校でトイレ拝借。
そして途中救いとも言える自販機でアクエリアス補充。
もうガブガブ飲んでいかないと熱中症で倒れる。。

DSC07071
山の上から見えた橋を渡る。

DSC07073
四国の川はやっぱりきれい!

DSC07077
さてまたもや山登りですよ~。
とここでこの暑い中ジョギングしてた方としばし立ち話。
お知り合いで走ってお遍路お寺参りをされている方がいるらしく、
この日私が歩いているルートを、つい最近一緒に走ったと言われてた。
・・・えー歩くだけでもめちゃしんどいんですけど?走って?!
普段はフルマラソンとか出場されてるそう。
同じサークルの仲間では100kmとか200kmの大会に出てる人もいて、
「みんなヘンタイですよ」などと笑いながら言われてましたが・・・
私もヘンタイ知ってますよ(笑)というか自分自身もヘンタイか(笑)

10分くらいお話ししたら元気出ました(^^)いざ出発。

こちらの山は先程の鶴林寺に比べるとしばらくはなだらかな登り。
山の様相もかなり違う。
DSC07079
DSC07086

DSC07083
どうでもいい話ですが、私はなぜか岩とか地層が好きでして。。こんな写真いっぱい撮ってます。
この辺の岩って緑色片岩で合ってますかね???

一応太龍寺への登りも難所のはずなんですが。。
なんか鶴林寺の登りの印象が強すぎて、太龍寺の登りのことあんまり覚えてない(笑)
DSC07099
この辺少しはきつかったような気がする。
そしてまた、休憩しながら逆打ちらしき若い男の子とお話ししてた
立江駅からの男性追い抜いた。

DSC07105
登り始めて約1時間、次の平等寺に向かう道との分岐点まで到着!
ここから山門まではアスファルトの急な登り。
DSC07110
山門着いた~

DSC07113
本堂着いたと思ったら・・・

DSC07115
この上だった(**)また階段か~

DSC07118
そして出発から6時間40分、ようやく標高520mの21番太龍寺本堂到着!
ここでもちゃんとお参りですよ。そしてまた立江駅からの男性と遭遇。
今日はここで終わりとのこと。あと1ヶ所で満願ということでなんだか感慨深そう。
どうか無事満願できますよう、お気をつけて!

DSC07120
ここからはなーんと先に登った鶴林寺が見えるのですよ~
鶴林寺にピント合わせて写真撮りたかったんだが。。私のデジカメじゃ無理だった(苦笑)
ちなみに太龍寺へはロープウェーで登れますよ~往復2,470円みたいです。

DSC07129
果たして私はお大師様に手を合わす資格があるのでしょうか???
・・・実践あるのみです。。

DSC07138
さて登ったら必ず下りないといけません。
太龍寺の登り口でお話しした方には、舎心ヶ嶽のルートを勧められたのですが、
そのルートは山道(登り)だし、ちょっと遠回り。
もう登りたくないし、少しでも距離短縮したい!と言う訳で車道を選択。
アスファルトの道をひたすら下る。膝痛い。。

DSC07150
途中立派なお宿が。
そういえば6年前徳島県歩いてたときルート考えてた際は、この宿に泊まろうと思ってた。
その頃は平等寺まで一気に歩くことなんて考えられなかった。
そう考えるとやっぱり格段に体力がついたんだな~きっと。

DSC07152
下り始めて1時間弱。やっと県道まで下りてきた。男性が2人休憩してた。
軽く挨拶だけして私はそのまま進みます。
DSC07156
日なたはめちゃ暑い(汗)

DSC07160
こんだけ影あるといいんだけど。

DSC07163
立派な遍路小屋でちょっと休憩。
この近くの自販機でアクエリアス買おうとしたところ・・・
どうにも拾えない場所に10円落とした(悲)
DSC07165
ショートカットしようとしたらまた登り。

そしてこのあたりで、後ろから70代くらいの男性が追いついてきた。
さっき県道出たところで休憩してた方だな。しばらく話しながら歩く。
立江駅前の宿を5時半に出たって言われてた。
50代の頃健康診断でメタボと言われてから歩き始めたそう。
10年前には、広島の平和公園から長崎の平和公園まで450kmを10日で
歩いたらしい。すごい~!!!
途中登り坂になりゆっくり歩くからと言われ、先に進むことに。
DSC07169
あれ?結構な登り坂ですよ?
私さっきの方に「たいしたことないですよ~」なーんて言っちゃったけど。
悪いこと言っちゃったな。

DSC07179
なんとか本日の山道完全終了。
あら牛さんが。

DSC07185
こういうお心使いがとっても嬉しいのです。

DSC07194
なかなか厳しい道のりだったけど、もう少しだ~

DSC07198
そして本日の目的地、平等寺に到着!!!

DSC07203
今日もいい一日でした。

そして、平等寺の駐車場に迎えに来て頂いたふみさんと、1年数ヶ月振りに再会を果たし
車にてご自宅まで。
その後の様子はこちら⇒歩き人ふみさんとの再開

ふみさんその節は大変お世話になりました。
そして翌日は体調不良になってしまい、大変ご心配をおかけしましたm(_ _)m
その後しばらく調子が悪くて、健康診断の結果を前倒しで聞いてみたら、
やっぱり(?)貧血でした。やっぱり大量に汗かくとよろしくないみたい。
そのお陰と言っちゃなんですが・・・・今年中にもう一度お会いできそうですね(^^)
またよろしくお願いします!


今回も歩行記録記載しておきます。
総歩行距離どうするかな~電卓ではじくか(^^;;;

///
歩行場所: 徳島県小松島市(JR立江駅)  ~徳島県阿南市(平等寺)
歩行時間:9時間54分
歩行距離:31km
総歩行距離:???km

プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント