広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

39_高知県

足摺岬の大自然と七不思議

みなさまこんばんは。

なんだかワタクシ、近頃胃の調子がいまいちなのです。
これは仕事のストレスなのか?それともただの風邪なのか?
それともヤバいものでもできてるのか?・・・わからん。。。
今週どっか1日仕事休みたかったけど、とても休めんし(悲)

・・・すみません。また恒例(?!)の愚痴を並び立てたトコロで。。
本日も大変遅ればせながら、昨年12月30日に訪れた足摺岬の様子をお届けします!

さて、それでは一応この日のおさらいから。
前日に足摺岬にはたどり着いたものの、既に17時を回っていたため、
金剛福寺の参拝や岬観光は翌朝にすることとし、というかせざるを得ず(^^;)
岬から約1km先の民宿へ宿泊。
つまりはこの1kmを往復する羽目になってしまった訳ですが、
この日は30kmぐらいしか歩かなくていいはず!と出発時はかなりヨユー。
DSC02158
この日泊まった民宿田村は、このでっかい駐車場を突っ切っていくと近いですよ~
しかし看板出てないし、わからん確率高いかも。

DSC02161
よしせっかくなので、遊歩道歩いて岬まで戻ろう。

DSC02162
すると早速ステキな景色が目の前に!
今朝出直すことになってよかったかも♪

DSC02166
ここから見えるのか。
DSC02165
ホントだ!
でもここで終わらず下まで見に行くかな。時間もあるし。

DSC02167
昨日は真っ暗で通る気ゼロだった、亜熱帯植物に囲まれた遊歩道を進んでいく。
なんか南西諸島を歩いてるみたい。

DSC02169
これはアコウか。

さて、それでは先程遊歩道から鑑賞した白山洞門へ!
DSC02173
うわーこれ下るんかー
そしてまたこれ登らんといけんのかー(汗) 
・・・まあいっか。。

DSC02184
階段下りまくって洞門まで到達。すごい迫力!
しばし観察。

DSC02185
心配せんでもワタシは行きませんので。。

洞門鑑賞後は息切らせつつ階段を登り、
DSC02189
遊歩道へフッカツ。
遊歩道は結構あちこち分岐してる。

DSC02191
この植物なんだろう?
観葉植物みたい。

DSC02195
これはクワズイモか。サトイモの葉っぱそっくりなのになー
食べれんのかー。

DSC02193
結構アップダウンあり。


さてここからは足摺七不思議を見つつ進みましょう!
「七不思議」と言っても七つ不思議な場所がある訳ではなく。。
「不思議なところがたくさんある」意らしい。
DSC02197
まずは亀石
DSC02196
実は現地ではこの岩なんのこっちゃ?と思ってたんだけど、
今ググッて調べてたら、なんと亀の形してるんだって!
・・・今更?(笑)

DSC02199
灯台見えた♪

DSC02198
そして突然こんな立て看板が。福井の東尋坊以来か。
後で調べたところ、どうもこの場所は昔自殺をテーマにした小説の舞台になり、
自殺者が増えたことから設置されたらしい。

しかしこの断崖絶壁から飛び降りる勇気があれば、生きる勇気を持たなきゃ。
私の寿命はあと何年あるのかわからないけど・・・寿命尽きるまで精一杯生きていこう。
としみじみ感じる今日この頃。

・・・いかん。話しそれた。
お次はこちら
DSC02201
汐の満干手水鉢
同じような岩が宮島にもあるな。
DSC02200
これは水が溜まってる状態でよろしいのでしょうか?
ちなみにこの日の潮を調べたら、この時間は干潮から約2時間後だった。

DSC02205
ツワブキの花ももう終わりか。

DSC02208
そして白亜の室戸岬灯台のたもとまで到着!

DSC02209
可憐なアシズリノジギクがあちこちに。

お次の七不思議は亀呼場
DSC02213
お大師様がここから亀を呼んでその亀に乗り、
DSC02214
眼下に見えるあの岩まで渡ったらしいですよ~
マジで?!

DSC02216
灯台のある風景好き

DSC02217
こちらはスルー。
だんだんたいぎく(広島弁でめんどくさいの意)なってきた。。

これは爪書き岩
DSC02218
DSC02219
どこに書いてあるんかよーわからん

そしてこちらは地獄の穴
DSC02220
この穴に硬貨を投げ入れると、チリンチリンとしばらく音が聞こえるらしいけど・・・
やめといた(^^;)

色々不思議を楽しんだあとは、灯台が見渡せる展望台へ。
DSC02222
DSC02226
高所恐怖症なので、腰が若干引けるが(汗)
しかしあちこちの岩に釣り人いるな。なにが釣れるんだろ?

DSC02227
そしてただいま高知では一押し(?!)のジョン万こと、
ジョン万次郎の銅像の横を通り、

DSC02228
足摺岬観光は終了~

そして、昨日参拝できなかった岬すぐ近くの38番金剛福寺を参拝しようとしたところ・・・
あれ、なんかネコちゃんいる。ごあいさつしてみたけど、あんまり反応ないなー
お友達にはなれないかー・・・と先へ進もうとしたところ、、、
DSC02229
あれ?行っちゃうの??って感じだったので、、
ちょっとナデナデしてみたところ、
DSC02230
こんななっちゃいました(^^)
このネコちゃんは左前足がちょっと悪いようだったけど、栄養状態は良好のようです。。
ずっと遊んでいたいけど、、そういう訳にもいかないので、
DSC02232
じゃあまたね。

さて、それではお寺参るか。
DSC02233
DSC02250
なかなか立派なお寺でした!

DSC02252
参拝済んでお寺の外へ出ると、さっきのネコちゃんがまだいた♪
でも、身づくろいで忙しそうだな。邪魔するのはやめよう。
今度こそホントにお別れ。バイバイ。。

そしていざ先へ進もうとしてたところ、今度は「足摺亜熱帯自然植物園」なる看板が目についた。
タダで入れるみたいだし。ちょっと寄ってみるか。
DSC02256
DSC02257
樹木はよっぽど特徴がないと、なかなか覚えれん(汗)

DSC02258
アコウも若い木だとわからんなぁ。

DSC02260
しかしこの植物園結構広いな。
そしてワタシの他には誰もおらんぞ。

DSC02261
ソテツって、「鉄で蘇生する」って意味なのー?!
知らなかった!

DSC02263
これがビロウか。
DSC02264
まだまだお勉強しなければならないことが、たくさんあります。。

DSC02271
こんな木も全然知らんかったなー。
DSC02275
植物観察は終了~そして足摺岬観光もホントにこれにて終了!
室戸岬とはまた全く違う魅力が堪能できました(^^)
そしていざ、この日の目的地叶崎へ!
しかしのんびり観光し過ぎたな~最後にツケが回ってしまったorz

⇒足摺岬後のこの日の様子はこちらにて。。

室戸岬ジオパーク散策

みなさまこんばんは。

本日は、大変遅ればせながら昨年12月17日に訪れた室戸岬の様子をお送りします!
ここ室戸岬はユネスコ世界ジオパークに認定されており、
ダイナミックな地球の営みを、間近に感じ取れる場所なのです!

さてそれでは、岬の突端にて太平洋の大海原に向かって立つ
中岡慎太郎の銅像付近より散策開始。
DSC01263
DSC01265
そういえば中岡慎太郎像と言えば・・・
昨年夏から年末にかけてしつこいぐらいご紹介した、
高知駅前の土佐三志士像の右側のお方であります。
しかしこんだけ書いときながら、ワタシは中岡慎太郎のこと全然知らんぞ(汗)
ちょっとググッてみましたら、、
高知県北川村出身らしく、北川村には「中岡慎太郎館」ってのもあるみたい。
あー!そういえば奈半利駅出てすぐのところに、そんな案内板あったなー
いつの日か行ってみよう♪

DSC01266
早速浜まで出てみる。
DSC01275
岬の高台には、明治32年より海の安全を守る室戸岬灯台が。
あそこには行けなかった。残念。

そして浜にゴロゴロ転がってる石を何気に見てたら、、
DSC01271
おーっと!これはサンゴではないですか?!
ということは、この先の海の中はサンゴがいっぱいあるのか。

しばし浜で遊んだあと、ようやく本格的散策開始。
DSC01282
ちょっと枯れかかってるけど・・・
徳島県の薬王寺まで歩いたとき、恵比寿浜から大浜海岸の間の岩場に
たくさん咲いてたお花だ!
これはシオギク。
高知県東部と徳島県南部だけに分布してる、珍しいキクみたいです。
だから見るの初めてだったんだー

DSC01286
この花も、徳島県歩いたときたくさん見た花だ♪ ちょっと枯れかかってるが。
こちらはアゼトウナ。花言葉は「変わらぬ愛」だそうです。。
しかしこのような野に咲く花にも花言葉があるとは。知らんかった。

DSC01287
こちらはハマアザミ
室戸岬周辺の路肩では町に近い場所でも結構フツーに見たけど、
足摺岬の周辺ではまったく見かけなかったなぁ。

DSC01290
こちらは子授の岩。
ご利益についてはワタシには全くカンケーないが(^^;)
DSC01288
砂とか泥とかサンゴとかが堆積したものが岩になったらしい。

DSC01292
この木ウバメガシであってる?
DSC01293
ウバメガシは、備長炭の原料ですね~

DSC01294
30分かかって、ようやく泊まった宿の前まで戻ってきた。
まだ数百メートルしか進んでませんよ(汗)

さてお次は?
DSC01298
DSC01296
タービダイト層が観察できる岩です。
タービダイト層とは、日本語で言いますと「乱泥流堆積物」だそうでして。。
砂や泥とかが海底に降り積もってできた地層が、初め水平だったはずが地殻変動により、
DSC01301
こんなに曲がったり、

DSC01302
こんなに縦になったり斜めになっちゃってます。
地球の力ってすごいね。

DSC01300
そして岩のすぐそばにはシオギクの大群落!

DSC01304
こちらはウチワサボテンの大群落

DSC01306
礫岩と偽礫岩の違いなんか絶対わからん。

DSC01307
遊歩道はこんな感じ

DSC01308
こちらはリュウゼツラン。
観賞用に持ち込まれたものが野生化したらしい。

DSC01310
山を覆うのは完全に常緑樹林

DSC01312
お大師様は、この岩場を歩かれたんだろうか?
などど思いつつ、

DSC01315
アコウの大木の根っこが岩を包んでる!
DSC01316
アコウの木は南九州でもよく見ますね(^^)

DSC01321
違う季節に来ると、また違った楽しみがあるな。

DSC01320
これはトベラか

DSC01323
このリュウゼツランも立派。

DSC01328
こちらはツルタデ

DSC01329
最近巷でよく聞かれる「南海トラフ地震」とは、高知県のはるか沖合いにある
南海トラフと呼ばれる海溝に毎年数cm程度フィリピン海プレートが沈みこんでいて、
フィリピン海プレートにつられて引きずり込まれていくユーラシアプレートが
ある日耐え切れなくなり、引き込まれた部分が跳ね上がるために発生するもの。
ここ室戸岬は、大地震が起こるたびに隆起を繰り返しているのです。

お次は、化石を見てみましょう。
DSC01334
ヤッコカンザシだって。
初めて聞く名前だが。。
DSC01339
えーこれ海の中にあったの?!
こんなに大地が隆起してるなんて。
DSC01340
たしかに化石あった!
こんなにはっきりしてるとは!

DSC01335
このお花はアシズリノジギクみたいだけど、シオギクの交雑種みたい。
シオギクは他のキクと交雑しやすいらしい。

DSC01345
これはまだきれいに咲いてるアゼトウナ

DSC01353
こちらはエボシ岩
DSC01352
詳細は省略。。だんだん手抜きになってきた(苦笑)

DSC01359
うーんこれなにかな?調べるのだんだん疲れてきた。。
シラーっとアップだな(^^;)

DSC01361
ふーん初めて知った。
DSC01362
この岩にポコポコ空いてる小さな穴が、タフォニみたい。

DSC01365
そしてお次はビシャゴ岩
この岩には悲しい伝説が。
DSC01366
昔このあたりに「おさご」という美女が住んでおり、
あまりの美しさに群がる男性たちの求愛に耐えかねて、
「もう美女が生まれないように」と祈りながら、この岩頭から投身したということです。
そうかー美女に生まれなくてヨカッタわ。。
・・・そういうオチでいいのか?!

DSC01374
いやー楽しかったなー

DSC01377
山のふもとには青年大師像が

DSC01378
これにて室戸ジオパーク散策は終了!
観光マップには17分って書いてけど、なーんと1時間もかかってしまった。。
まあ、それだけじっくり観察しながら歩いたということですね(^^)
また機会があれば行ってみたいなー♪

次回は、足摺岬の詳細をお届けします!

四国一周&お遍路満願後のおまけ(平田駅~中村駅)

みなさまこんばんは。

どうでもいいことですが、、
今年のGWの祝日に、確実に1日は仕事しないといけなさそうなことが
本日発覚しました・・・。うーむ最大でも4連休かorz
そして新年早々仕事が激忙しいのですが?なんでこうなるの???
・・・すみません。新年早々グチりましてm(_ _)m

さて、ワタクシは大晦日に無事四国一周&お遍路満願達成し、
そのまま宿毛に宿泊し年越しを迎えた訳であります(^^)

翌日の元旦は体がしんどかったら宿毛からそのまま広島へ帰ろうと思ってたけど、
目覚めると、歩く元気はまだまだ残ってた。
天気もいいし、宿毛から今回のスタート地点だった中村まで歩くことにしました♪
DSC02933
と、いうことでホテルから10分弱の距離の宿毛駅まで歩き、

DSC02934
バスにて昨日のゴール地点平田駅まで移動。
電車の時刻表ちゃんと見てなくて、電車乗り損ねた(^^;)でもまあいっか。
9時前に出発。

DSC02940
元旦ということで車も少なく、辺りも静か。
何だか2011年の元旦に、茨城県の日立市歩いたときの感じに似てるなぁ。
しかしそれから2ヶ月後にあんな大震災が起こるとは・・・夢にも思ってなかった。

DSC02945
いい天気!

DSC02953
「たっすいがは、いかん!」ともしばらくお別れか。

DSC02954
いやーなんて気持ちのいい道。

DSC02963
四万十市に戻ってきました!

DSC02970
遠くに土佐くろしお鉄道の高架を見つつ、

DSC02976
満開ですね(^^)

DSC02978
高知のバス停の造りは、総じて広島よりは明らかに立派な傾向
やはり中途半端な造りだと、台風で吹き飛ばされるからか?

DSC02980
トビじゃなさそうな鳥が3羽旋回してる。
ノスリかな?

DSC02985
しばらく進むと・・・
また普段あまり見かけない鳥が!
そして電線に止まった。

DSC02987
チョウゲンボウかな?!

DSC02988
写真撮った直後、あっという間に飛んでった。

DSC02990
さわやかな風景が続いてますが・・・
ワタシはトイレに行きたい。。

DSC02992
国見駅でやっとトイレ発見。
やっと爽やかになりました(^^;)

DSC02999
いよいよ中村の市街地に近づいてきた。

DSC03004
堤防上の道を歩き、

DSC03012
こんな時間に東屋に張ってあるモンベルのテントを横目に見つつ、、
渡川大橋を渡る。

DSC03017
今日もおおらかな流れの四万十川を眺めながら

DSC03020
さて、ここでちょっと寄り道をば。

DSC03021
ここ不破八幡宮で初詣
戦国時代に、京都の石清水八幡宮を勧請したのが始まりのよう。

DSC03022
思ったより静かでよかった♪
参拝後は、境内で甘酒振舞ってたので頂いたり(ノンアルでしたが笑)


DSC03025
そういえば去年は初詣行ってなかったな。。。
今年はいい年になるかな・・・?いや。もうそんなことは絶対に考えん。
もしもっと最悪の年になったらどうするんだ(汗)

そんな色んな思いが頭の中を渦巻きつつ(苦笑)
DSC03033
しばし歩くと中村の町が!

DSC03034
今回のスタート地点まで戻ってきた♪

DSC03038
そして今回の最終ゴール地点中村駅到着!
この日は意識してゆっくり目に歩いたので、楽勝でした♪

DSC03040
そして既にホームに止まってた特急列車に乗り込む。
実は当初は1月2日に帰ろうと思ってたけど・・・
もしかして帰省ラッシュが既に始まってるかも?
5時間半混み混みの中帰るのやだー!と思い、元旦に帰ることにした次第。
さすがにまだガラガラでした(^^)
ゆったりと電車に揺られつつ、でもめずらしく途中一睡せず帰宅。


///
歩行場所:  高知県宿毛市(土佐くろしお鉄道平田駅) ~高知県四万十市(土佐くろしお鉄道中村駅)
歩行時間:4時間14分
歩行距離:18km
総歩行距離:???km

四国一周そしてお遍路満願へ(叶崎~延光寺~平田駅)

みなさまこんばんは。

本日はいよいよ四国一周&お遍路満願を達成した、大晦日の様子をお届けします!

この日は、朝6時20分頃には歩きスタート!
実は、前日の夕食後女将さんに次の日延光寺まで歩くことをお伝えすると、
さすが距離感を速攻で理解され、「じゃあ朝食は6時からにしましょうか」と
超早めの食事にして下さったのです。
そして「途中でのどが渇いたときにでも」とおミカンを2つ持たせてくれ、
更に宿から国道の分岐点まで、暗い中お見送りしてくださいました。
ホントにお世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m

DSC02643
まだ暗い中歩き始める。

DSC02647
お宿の近くの叶崎(かなえざき)
結局、日が昇ってる時間に見ることはできずorz

DSC02650
ようやく空が白み始めたころ、大月町突入!

DSC02651
今日は水平線にかなり雲が出てる。

DSC02652
ここの漁港では、

DSC02656
するめが一杯!店先のオジサンに「早いねー」と言われつつ・・・
でもオジサンたちも大概早いですよ。。

そしてここの港から出航して行った船を何気に見てたら、
近くで釣り人が20人ぐらい待ってた!大晦日ですが?!
そういえば、昨日も一昨日もあちこちの岩礁に磯釣りの人がいるの見たな~

DSC02658
あれ、東屋に宿泊者が。
結構この季節でも野宿してる人いるな。

DSC02659
どれだけ見ても飽きない太平洋の大海原

DSC02664
ほとんど車の通らない静かな道を行く。

DSC02667
あれ?道路沿いのこの岩には・・・
先日トミーさんと観光した竹原で見た、ツメレンゲが!

DSC02668
そしてこの花は初めて見るかも???
シラーっとアップ作戦でいきます(^^;)

DSC02674
ここで、月山(つきやま)神社との分岐点が。

実は、かなり前からこの月山神社に行くかどうか迷ってた。
なぜならここに寄ると数キロ大回りになってしまい、お寺の納経時間に間に合うかどうか微妙になる。
そして一瞬スルーしようと思ったけど・・・やっぱり行こう!
宿の女将さんに早くから準備してもらったので、当初考えてたより時間の余裕もあるし・・・
行かないと絶対後悔する!
ここに寄って今日お遍路満願できなくても悔いなし!とまで思い、この道を左折。

DSC02679
やっと登る朝日

DSC02681
そして山の斜面をどんどん登り、

DSC02683
速攻山道へ。
しかしこの遍路道は、大月小学校の生徒さんが作った応援メッセージが延々とかかってる。
なんと励まされることか!

あとで調べたところ、この大月へんろ道は荒れ放題だった道を
10年ほど前に地元の方々のご尽力により復元されたよう。

DSC02687
さすがにここでトレッキングポール使うことにした。

DSC02691
川の色が赤い!途中道に転がってる岩が赤いと思ってたら、このせいか?

DSC02693
川を渡り、
DSC02696
しばらく進むと、
DSC02698
目的の月山神社到着!
早速本殿参拝。

・・・しかーし!
それがワタシの目的じゃなーい!!
ここの神社の霊石を参拝しにきたんじゃー
大概そういう霊石は本殿の裏手にあるんですよ。。

・・・と言う訳で、裏手を見てみますと
DSC02703
やっぱりあった♪ しっかし崖みたいなとこだな。
手前の石ではなく、崖の一番上に鎮座されてます。。

DSC02700
マジかーと思いつつ、、でも登る!
さすがにザックは置いてく(笑)

DSC02699
そして上まで登ってきました。
これが霊石です!

DSC02702
来てよかった!
多分これ読んでる方のほとんどは
「何がよかったんだ?」とお思いでしょうが・・・(^^;)

DSC02697
縁起はこんな感じ 。
最近手抜きばかりでスミマセンm(_ _)m

満足したあとは先に進みましょう。。
DSC02719
所々海が見える。

DSC02720
ここには大きな看板が!

DSC02723
そして道のあちこちに大月小学校のみなさんのメッセージがたくさん!
ホントにありがとう!元気出ました!

DSC02729
豪雨で荒れた道を復旧したのかな。

DSC02730
木をそのまま渡した橋を渡ったり、

DSC02731
こんなとこ通ったり。
ここは真夏はいったいどんな状況になってるんだろう?
道わかんないんじゃないんかと思う(^^;)

DSC02735
そして静かな浜に出た。

DSC02739
ここにもアシズリノジギクが。

DSC02746
こんなとこにも集落が!
でも、廃墟と化した家屋が点在してる。限界なのかな・・・

DSC02754
山中の道とか越えつつ、

DSC02765
やっと国道復帰♪

DSC02773
へんろ道に比べたら、当然歩くの楽♪
このちょっと先で、男性の歩き遍路の方を追い抜いた。
もしかして国道沿いの東屋で宿泊してた方かな?

DSC02785
道の駅大月で休憩。
ここは公園が隣接してる。優良物件ですよ♪

DSC02798
大月の町を抜け、

DSC02813
そしていよいよ宿毛(すくも)市突入!
今年の3月に生まれて初めて高知県に突入し、その後宿毛まで歩いた日のことを思い出す。
そのときは、まさか宿毛で四国一周達成することになるなんて、
全く想像もしてなかったなぁ。

DSC02833
DSC02836
ついつい足を止めてしまう風景が続く

DSC02840
どうも柑橘類は一袋300円が相場のようです。

DSC02847
ここまで途中明らかに対岸の九州が見えた。
写真には残念ながら写ってないみたい。

DSC02848
ここ道の駅すくもも、優良物件です!

DSC02852
そして宿毛の町が目の前に!

DSC02856
いやーホント嬉しい。

DSC02858
この橋渡ると市街地

DSC02864
とりあえず一周ポイントへ。

DSC02866
おー!この交差点だ!!!

DSC02867
そして、、、
何の変哲もないこの場所で、四国一周達成!
涙が出るまでではなかったけど、久しぶりにじーんときた。

DSC02870
9ヶ月振りに来た商店街をしばし懐かしんで歩く。

DSC02877
しかし今日の目的はまだ終わってませんよ~

DSC02889
今度はお遍路満願へ!
しかしさすがに足取りが重い。しんどい。

DSC02897
そしてまたもや思考回路後向き。。。
詳細はもうあえて書きません(苦笑)

DSC02902
最後の遍路道歩こうと思ってたのにスルーしてた・・・。
よく考えたらこの辺逆打ちだったわorz
でも、気を取り直して最後のお寺、延光寺へ。

DSC02905
長い道のりだったなぁ・・・

DSC02907
お遍路始めたときのこととか・・色んな思い出が渦巻く。

DSC02908
ここか!
DSC02909
山門到着!

DSC02910
そして最後のお参りをし、御朱印を頂き・・・
2016年12月31日16時半頃
無事お遍路満願しました!

山門出たとこで声をかけられた地元のおじさんに、
「ここで満願しました」などどお話ししたりしつつ、

DSC02919
お寺を後に。
なんだかすがすがしくて爽やかでホッとした気分に包まれる。
ここにたどり着くまえの苦しさとは大違いだ。

DSC02920
静かに実感をかみ締める。

DSC02923
しかしながらここで終わりじゃないのですよー
最寄駅まで歩きます。。

DSC02926
もうなんだかヨユー

DSC02929
そしてここ平田駅に無事到着!
列車より早く来たバスに乗り、宿毛市街地のホテルに投宿。

DSC02931
そして今日はお祝いじゃー!ビールだぜ♪
しかしいつもながら・・・安上がりなお祝いだな(笑)
ビール飲んだら速攻眠くなり就寝。

///
歩行場所:  高知県土佐清水市(叶崎付近の民宿) ~高知県宿毛市(土佐くろしお鉄道平田駅)
歩行時間:10時間54分
歩行距離:41km
総歩行距離:???km

四国一周そしてお遍路満願へ(足摺岬~叶崎)

みなさまこんばんは。

本日は、年末年始の歩き2日目の様子をお届けします!


さて、昨夜は20時過ぎには力尽きて爆睡してしまったワタクシですが・・・
さすがにたっぷり9時間睡眠とると、元気回復♪
ボリュームたっぷりの朝食を頂き、そしてなんと昼食用のおにぎりまで!
ここから先しばらくなんにもなさそうだったので・・・ホントに助かりますm(_ _)m

そして出発前、玄関で女将さんとお話ししてたら、メチャかわいいネコちゃんが!
しかもそっくりネコちゃんが2匹♪ 
女将さんの話だと、ボランティアセンターから引き取ったらしい。
この2匹は兄弟で、初め1匹だけ連れて帰ろうと思ってたらしいけど、
ピッタリくっついて離れないので、2匹とも引き取ったんだって。
あーネコ飼いたいなー・・・でも出かけてる時間多すぎ。やっぱり無理orz

DSC02156
民宿田村を8時前に出発。お世話になりました!
ちなみにこちらの民宿、前に建ってる建物の影になってて場所が超わかりにくいです。
ワタシは周りをぐるっと一周してしまった(^^;

さて、ここから一旦前日時間の都合上スルーしてしまった、
足摺岬観光とお寺のお参りのため、約1km引き返します・・・
そして、足摺岬には室戸岬とはまた違った見どころがたくさんありまして、、
室戸岬と同様に、またまた後日改めて書きたいと思います。
ご了承くださいませm(_ _)m
DSC02216
もちろん灯台のところまで行きましたよ~♪

DSC02237
そして、昨日タイムアップのため参拝できなかった38番金剛福寺へ。
なかなか立派なお寺でした(^^)
とうとうお四国も、残りは39番延光寺1か所を残すのみ!

DSC02280
結局、観光&お寺参りで1時間40分も要してしまった。。
ここが本日実質のスタート地点。

DSC02284
昨日はバイパス道で失敗したからな。今日は道をちゃんと確認しつつ進もう。
ところでこの道・・・「ジョン万黒潮ロード」ですって?!
昨日からジョン万=ジョン万次郎の看板を、やたらあちこちで見てきたなぁ。
どうも今高知県足摺地域では、ひたすらジョン万押しのようです。。

DSC02287
ジョン万黒潮ロードは2車線快適ロード。

DSC02294
そして美しい太平洋の大海原を眺めながら進む。

DSC02297
こんな山中に立派な遍路小屋!
ちなみにこんな感じで建ってる立派な遍路小屋は、実は四国一円にありまして。。
建築家の歌さんがボランティアで建てられてる「歌さん遍路小屋」なのです! 
宿泊NGの場所は、その旨張り紙がしてありますが・・・ここは大丈夫なんじゃないのかな?
状態は確認してないけど、トイレも近くにありましたよ~

DSC02304
今日は30kmぐらいしか歩かなくていいしー
旧道とか遍路道歩くんじゃー(^◇^)

DSC02311
海辺の集落まで一気に下りて、
DSC02317
今度は登る。。

DSC02323
その後しばし集落の中を進む。
・・・とここでケータイが鳴ってるぞ・・・会社のAさんからだ!
電話に出て話してみると、たいしたことではなかった。ヨカッタ。
実はお出かけ中に会社から電話かかってくることは、よくあることなのです。。

DSC02334
集落を過ぎると、眼下にはまた絶景が!
DSC02337
ここは鵜の岬付近
DSC02338
今写真見て気づいたけど・・・
右から左に横断してる潮目は、黒潮かも。

DSC02341
唐人駄場も行ってみたかったんだけどなー
今回はさすがにスルー。

DSC02348
1~1.5車線の道が続く。

なんか大分県の佐伯から宮崎県の北浦を歩いたときの道に似てるなぁ。
あのときは途中でハンガーノック状態になってしまい・・・
道の駅まで民宿のご主人に車で迎えに来てもらったっけ。

DSC02349
一旦高度を上げると、思ってたほどアップダウンはなし。

DSC02352
なにがあるのかな?
DSC02356
こちらにはこんな見どころが。

ワタクシはここで、海沿いの竜王神社ではなくすぐ側にあった展望台へ行くことに。
DSC02358
先に上ってしんどい思いしてから、後は楽々下る道を選択(^^)

DSC02360
ものの5分程度で展望台到着♪
DSC02362
ところで眼下の海では、なんだか音を立てて潮が流れてる。
・・・もしかしてこれって黒潮?!

DSC02370
かなりの急流!
黒潮って今までの勝手な想像では、もっとゆるーく流れてると思ってた。
全然違う!

DSC02361
もしかして西から流れてきてる潮目の違うとこが黒潮?
こんなにハッキリと見てとれるものだなんて!
しばし感動に浸る。

DSC02374
展望台から下りたあとは、また木々に囲まれた道を進む。

DSC02375
でもホントに黒潮で合ってるのかな?
確証は取れてないが(^^;)

DSC02390
海の色キレイ!

DSC02402
やっと細い道は終了。

DSC02417
でも、また旧道行きます。

DSC02429
大浜の集落までやってきた。

DSC02430
ここは、今高知県一押し(?!)のジョン万次郎の生誕地

DSC02435
せっかくなので、ちょっと観光を。

DSC02437
こちらがジョン万次郎生誕地に建てられた生家(復元)

えーっと、、そういえばジョン万次郎をご存知ない方へのセツメイは?
・・・恐れ入りますが各々ネット等でお調べ下さい。
手抜きしまくりですみませんm(_ _)m

DSC02446
そういえば遍路道歩くのもあと今日と明日だけなのか。
精一杯歩こう。

そんなこと思った矢先に、県道歩いちゃおっかなーと思わせる道が。
しかしそこでたまたま休憩してた歩き遍路の男性の方に、
「遍路道のほうが距離近いですよ」と言われ、
DSC02447
遍路道行きます。

しかしながら、想像以上に登ってく!
しかも途中で三叉路になってて、どの道に進んでいいか分からず10分程度ウロウロ。
DSC02463
結局、このへんろ案内を見落としてただけでした。
ニンゲン焦ると視野が狭くなるなorz

DSC02473
そしてやっと、前日足摺岬の東岸まで引き返したところまで戻ってきた。

DSC02478
えーでもまだ残り20kmぐらいあるよー
時刻は既に13時40分ですが?!今日もまた暗闇歩行決定かorz
最初に観光とかのんびりし過ぎた。反省。
・・・ワタシはいったい何度同じ過ちを繰り返しているのか?

DSC02487
とは言え、立ち止まる訳には行きません。
先に進まないと。

DSC02502
ゴジラなんて初めて見たかも!

途中、アップダウンもありつつ
DSC02527
また海岸線沿いの道へ。
こちらは松崎海岸。

DSC02531
「化石漣痕」で有名みたい。
手抜きオンパレードですが・・・詳細はこちらでm(_ _)m

DSC02540
なかなかの景観!

DSC02556
一旦内陸へ。

DSC02568
そして、道の駅めじかの里土佐清水にて小休憩。
こちらにも歌さん遍路小屋が敷地内にありますよ~
ここで袋入り100円ミカンがあったので、ついつい買ってしまった。
そしてまた荷物が重くなった(^^;)

そして道の駅出発してすぐ、
DSC02570
馬がいる!
しかもポニーじゃないよ。でっかい!頭の位置は明らかに私の背丈より高そう。
あんまり馬の種類のことは詳しくないんだけど・・・もしかしてサラブレッド?

DSC02571
呼びかけてみると、こっち向いてくれた。
カワイイ♪

DSC02573
そして、16時過ぎに今日泊まる民宿の女将さんから「今どのあたりですか?」と電話が。
心配されて「車で迎えに行かなくていいですか?」と仰られましたが、
ここはいつものように丁重にお断りを。ご心配おかけしすみません。。

DSC02588
見残し海岸を見残しつつ

DSC02592
爪白キャンプ場を通過。
ホントはここでテント泊したかったんだけどなー
歩く距離とかその他もろもろの条件で、今回はテント泊は断念。
ちなみにこの時点で、既にテント3張ありました!

そして刻々と日は暮れていく
DSC02593
DSC02595
DSC02612
DSC02623
DSC02624
いよいよ辺りも暗くなってきた。

DSC02627
もし今ここで怪しい人見かけたら・・・
コワくて通報する前にとりあえず逃げるわ(笑)

そして遂に暗闇が迫る
DSC02633
DSC02634
そろそろ撮影も限界

ここからは約1時間、暗闇の中ヘッドライトを点けての歩行。
広くて明るいトンネルが多い区間だったのが救い。
そして、宿の手前にあるトンネルの出口で、宿のおじいちゃんが
わざわざ迎えに来てくれてた!本当にありがとうございますm(_ _)m

そして叶崎近くの集落にある、民宿へ投宿。
この日もかなりくたびれたので、夕食後はビールなしで速攻就寝(笑)

///
歩行場所:  高知県土佐清水市(足摺岬近くの民宿) ~高知県土佐清水市(叶崎付近の民宿)
歩行時間:10時間26分
歩行距離:36km
総歩行距離:???km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント