広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

24_三重県

地図さえ見れば迷わない(庄野宿~四日市宿)

みなさまこんにちは。

本日は、12月の歩き3日目の続きの様子をお届けします!

さて、旧東海道をところどころスルーしてしまったりしつつも、庄野宿まで進んできたワタクシですが・・・
DSC06979
お次の石薬師宿(いしやくししゅく)までは、先程入手した東海道の地図もあるし、、
きっと道誤りなく行けるはず♪

DSC06981
踏切を渡り、加佐登駅を通過し、

また渡りなおした踏切の先にて、
DSC06987
田んぼと線路に挟まれた道へ。
さっきの地図持ってなかったら、この道絶対わからんかった。。

DSC06990
一瞬未舗装路になって少々焦ったり、

DSC06995
若干分岐点でまごまごしたりもしましたが、

DSC06996
概ね順調に田んぼの中の道を進み、

DSC06997
石薬師宿への看板を見つけて一安心。

DSC07002
ちょっと気になる大木に向かって坂を上って行くと、

DSC07007
石薬師宿に到着した模様。

DSC07005
気になる大木には一里塚跡の石碑が。

DSC07011
ゆるゆると坂を下り、

DSC07012
すぐさま上り坂。

DSC07013
詳細は割愛しますが、、
石薬師宿の道中には信綱かるたの短歌を掲示した「信綱かるた道」なるものが。

DSC07022
国道1号線のバイパス道を渡り、

DSC07026
石薬師宿はまだまだ続く。

DSC07028
県道を横切って、

DSC07033
さらに続く。

DSC07034
こちらが本陣跡。

DSC07039
まだまだ続く。

DSC07042
そろそろ終わりかな?

DSC07043
坂を下りたところにあったこちらの神社にて、石薬師宿は終了。

DSC07045
一瞬国道1号線に戻ったものの、

DSC07047
地下道渡って反対側に旧東海道が続いているらしく、

DSC07050
ちょっとだけ旧道を歩き、

DSC07055
すぐ国道へ復帰。

DSC07058
現代の道しるべと、

DSC07059
江戸時代の道しるべ跡。

DSC07061
しばらくの上り坂もここが峠のよう。

DSC07064
下り坂の先に、いよいよ四日市の町が見えてきた。

DSC07070
こちらから市街地方面へ左折。

DSC07071
この先の追分交差点から先の国道1号線は以前歩いたことがあるので、まだ歩いていない旧街道を積極的に歩こう♪

DSC07072
もう少しで県道から旧東海道への入口を見落とすとこでしたが、、

DSC07074
このあたりは東海道の標記がかなり地味。

DSC07076
住宅街の道をのんびり進む。

DSC07086
近鉄追分駅前を通過し、

DSC07090
こちらの追分交差点にて、過去歩きルートと接続♪

DSC07094
ここからまた東海道へ。
今日のゴール地点まではあと4km程度。

DSC07096
しばらくはのんびりとした道でしたが、

DSC07099
四日市の市街地が近づいてくるにつれ、だんだん交通量が多くなってきた。

DSC07101
江戸時代からの名残の一本松を眺めつつ、

DSC07107
いくつか橋を越えて行き、

DSC07114
交通量は更に激しさを増し・・・
国道のほうが歩きやすかったかもorz

DSC07120
国道の裏道なのかな?

狭い道をたくさんの車が離合していく状態はしばらく続いたものの、
DSC07126
最後になってようやく解消。

DSC07128
今日宿泊するスーパーホテルも見えた♪

DSC07129
近鉄四日市駅の手前にあるホテル前にて、本日の歩き&今回の歩きは無事終了~
すぐ横のコンビニにて晩御飯を調達し、そのまま投宿。

DSC07140
翌日は近鉄四日市駅から、電車で30分にて名古屋まで移動。
友人のマユミちゃんとの再会を果たし、2時間行列に並んで人生初のひつまぶしを堪能。
楽しい時間を過ごした後、広島へ帰還。

DSC07145
帰りの新幹線は自由席だったけど、無事座れて安堵。
伊吹山もよく見えた♪

///
歩行場所:三重県亀山市(亀山駅近くのビジネスホテル)三重県四日市市(近鉄四日市駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:6時間20分
歩行距離:24km
2019年12月の歩行距離:64km
2019年の歩行距離:840km




旧東海道歩いたり歩かなかったり(亀山宿~庄野宿)

みなさまこんばんは。

本日は、12月の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、2日日は最後は暗闇の中を歩き、なんとかホテルまでたどり着いたワタクシですが・・・
長距離を「歩行」するのが久しぶりだったせいか、翌朝目覚めると体のいろんなところが筋肉痛。
走るのと歩くのとでは、こんなに使う筋肉が違うのかと改めて実感した次第。

今回のお出かけの最終日となる4日目は、名古屋にて友人のマユミちゃんと久しぶりに会う予定なので、ガッツリ歩くのはこの3日目まで。
3日目も、なるべく旧東海道を歩こうかとぼんやり思いつつ、四日市までの25km弱を歩けばいいので、のんびり起床しのんびり出発。
DSC06811
オフシーズンの平日のせいか激安だったので、めずらしくアパホテルに泊まってみた。
9時半頃出発。

DSC06813
まずはせっかくなので亀山城跡に寄ってみることに。

DSC06814
駅からちょっと離れた高台にある見込み。

ちょっとした坂を上って行くと、ちょっとした休憩所&展望所が。
DSC06817
展望所から見下ろす先のこの道は東海道か! ・・・そういえばここは亀山宿だった。。
亀山はお城を中心に栄えた城下町らしい。

DSC06822
そのお城は、東海道を更に少し上った場所に。

DSC06824
小さな建物しか残ってないけど、なかなかいい佇まい♪
DSC06827
城跡の敷地はだいたい公園になっているところが多いけど、ここは本丸と二ノ丸の間にまあまあの交通量の道路が。

DSC06828
こちらの多門櫓は無料で見学できるよう。

このとき時刻は10時ちょっと前。
開館時間は10時からと書いてあったけど、もう開いているみたいなので行ってみよう。

入口で靴を脱いでスリッパに履き替えて、内部を見学。
DSC06836
中にはちょっとした展示物もあり。

DSC06837
なかなか立派な梁ですね。

一通り中を見学して入口まで戻ると、係の男性に話しかけられた。
今日は東海道を四日市まで歩くことをお伝えすると、メチャ驚かれた。。。
見学に来られるのはお城好きの人はもちろんだけど、東海道歩きの人も多いそう。
東京から東海道を通しで歩いてきたという人も今までに1人いたらしく、30代ぐらいの男性で、暑いのが苦手とのことで3月ぐらいに来られたらしい。

三重県の他のお城のこととか、昨日の関宿のこととか、
いろんなことをお話ししてくださり、とってもお勉強になりました。
ありがとうございました!
DSC06840
結局、お城には20分程度の滞在。

DSC06842
三重県の東海道の標識はこんな感じ。

DSC06845
商店街を抜けて行き、

DSC06856
現代と過去が交差する東海道の風景に。

DSC06862
屋号が掲げてあるお宅も。

DSC06868
「露心庵跡」を通過。

・・・そのすぐ先にあったバス停に思わず釘付け。
DSC06870
「亀山ローソク前」・・・?
いつもお参りの際お世話になっているカメヤマローソクだ!
そうかー亀山で創業したからカメヤマローソクなんだー
今更ながら納得!

DSC06872
結構大きな工場。
ちなみに、ワタシが現在お参り時に使用中のカメヤマローソクは、ベトナム製でした。。

DSC06875
すぐ近くのコンビニの横には駐車場も。

思いがけないカメヤマローソクの感動(?!)の後は、淡々と歩行を続ける。

DSC06879
この一里塚も復元された模様。

DSC06888
しばらくちょっとした坂を下って行くと、

DSC06893
今日初めての国道1号線が目の前に現れましたが、

DSC06892
手前の旧東海道を進む。

ところで、やはり東海道歩きを楽しんでいる人は中山道と比べると圧倒的に多い。
この日だけでも明らかにそれっぽい人を5人ぐらい見た。

DSC06896
こちらは鈴鹿方面への分岐に建てられた「和田道標」

しばらくはなんとなく道なりに進んでたけど、
DSC06907
一旦国道に出ないといけないっぽい。

DSC06909
つー訳で、国道1号線をしばし歩行。

DSC06910
こちらの交差点を右折し、井田川駅方面へ行けば旧東海道に進めたようだけど、
なんとなくそのまま直進してしまった。
まあ、東海道の詳細な地図も持ってなかったし、詳しく調べてもなかったし、
しょうがない。。

DSC06911
そのまま国道1号線にて、鈴鹿市突入!

DSC06912
このあたりで、やっとそのまま進むとヤバそうなことに気がついた(遅いw)

DSC06914
しかし、高速道のインターチェンジの如く、バイパス道から下りる道がないため、しばらくそのまま国道歩行。

DSC06915
左手には鈴鹿山脈の山々が。

結局あれ?と思ってから1km程度国道を進み、
DSC06930
結構大回りしつつ、やっと国道から下りて、

DSC06936
旧東海道に復帰。

DSC06939
こちらも昔からの一里塚は残っていない。

DSC06944
一里塚のすぐ先には「女人堤防」の石碑が。

しばらく進むと、景色が一気に開けた。
東海道はイッタイどこへ・・・?!
DSC06951
標識見つけてルート確認。
これを見逃してたら絶対わからんわww

DSC06952
案内のとおりに進んで行き、

DSC06956
無事、国道の反対側まで進んだところにあったコンビニにて小休憩。

実は、旧東海道はこの道ではなく、もう1本左側の道でした。。
DSC06963
見つけるのに少し時間を要しましたが・・・良しとします。。。

DSC06966
そして、既にお次の庄野宿に入っていた模様。
こちらが本陣跡。

DSC06968
こちらの建物は、中も見学できるようなのでちょっと入ってみた。
残念ながらガイドの方は不在だったけど、
DSC06973
東海道の地図が置いてあったので頂いた。
これでしばらくは大丈夫♪

DSC06976
庄野宿は観光化された建物はほとんどなく、

DSC06977
こちらにてサラッと終了


・・・また途中となってしまいましたが、、
今日のところはここまでとさせて頂きますm(_ _)m

この日の続きは次回にてお送りします!

鈴鹿峠越えと感動の関宿(坂下宿、関宿)

みなさまこんばんは。

本日は、12月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、旧東海道をウラウラと歩いているうちに既に時刻は12時半。
できる限り日没後の歩行は避けたいので、ペースアップしていきたいワタクシなのですが、、
DSC06537
道の駅の対面に鎮座する神社がなんとなく気になったので、

DSC06541
ちょっと寄ってみることに。

参道が思いのほかかなり長くて、時間押しの身には少々焦りましたが、、
DSC06546
やっと本殿見えた♪

DSC06547
本殿にて参拝をば。
こちらの田村神社は、坂上田村麻呂がご祭神だそう。

気持ちよく参拝を終えた後は、
DSC06559
国道に戻る手前に東海道が存在。
神社に寄ってヨカッタ。。

DSC06560
真新しく見える木造の橋を渡る。
今調べたところ、平成17年に再建されたみたい。

古戦場跡やら工場の横を通りながら進み、
DSC06577
ナンテンと素朴な民家と素朴な道の風景は、昨年歩いた中山道の記憶を思い起こさせる。

そんな素朴な道も終了し、
DSC06581
国道へ戻ってきた。
しばらくは峠に向かっての上り坂が続く。

滋賀県と三重県の県境にある鈴鹿峠は旧東海道の山道が残っていることは事前確認済みで、峠の直前までは国道を進めばいいことも、事前に確認済み。

DSC06591
時刻は既に13時20分ですが・・・あと20kmもあるんかorz
日没は17時頃だから、明るいうちに今日のお宿に到着するのはもう無理だなぁ。

DSC06605
そんな状況でも、所々旧街道が残ってるところは積極的に歩いてみる。
こちらにはキレイな公衆トイレが。
最近こういう施設が増えてとっても助かってます!

DSC06616
峠の手前で、国道から旧東海道へ分岐する道がようやく出現。

後ろからやってきたバイクに追い越されて、こんな道をイッタイ誰が?!と思ったら・・・
郵便配達のバイクだった。。
DSC06621
峠の東屋で小休憩。

DSC06623
東屋の横には立派な常夜灯が。

DSC06629
さて、ここからはしばし自然歩道をハイキング。
せっかく新しいトレッキングシューズも履いてきたんだし、こういう場所も歩きたい♪

シカのフンが気になりつつ進んで行くと、
DSC06634
ここで三重県突入。

DSC06639
峠を越えると一気に下る。

DSC06641
どんどん下る。

DSC06644
かなりの急坂。
三重県側から峠超えなくてヨカッタ。。

しばらく続くと思ってた自然歩道は、
DSC06646
10分程度であっという間に終了。

DSC06649
ガードレールを乗り超えるのに足が若干つったりしつつ(苦笑)

DSC06654
下りだし、時間押しだし・・・
走ります。。。

DSC06659
この木はまだ紅葉が鮮やか。

DSC06661
ちなみに国道は峠の前後は一方通行。

DSC06662
なので、側道からの合流地点にはこのような標識があちこちに。

国道の一方通行解消地点付近にて、
DSC06669
ようやく旧道が出現。

相変わらず走りながらしばし進むと、昔の風情がチラリ。
DSC06673
知らん間にお次の坂下宿に突入していた模様。

しかしながら、この坂下宿は民家も少なく
DSC06675
所々に石碑が残るのみ。

DSC06676
お寺の紅葉眺めつつ、サラッと終了。

DSC06694
坂下宿を過ぎた後も、しばし旧街道は続く。

DSC06703
先の坂下宿より、昔の民家が残ってる。
DSC06708
こちらにて一旦旧東海道は終了。

DSC06715
だんだん日も暮れてきましたが、
この次の関宿はかなりの規模だと聞いているのでちょっと楽しみ♪

DSC06725
15時45分頃にようやく関宿の入口に到着。

DSC06728
いよいよここからか。

DSC06734
ワクワクしながら坂を上っていきますと、

DSC06735
おーなんと!
想像以上の昔ながらの宿場町の光景が!

DSC06737
郵便ポストもこんなん。

DSC06738
観光客向けのお店はほとんどなく、フツーの人がフツーに暮らしてる印象。

DSC06743
中にはこんな立派な建物もありますが、

DSC06745
たまに現代的家屋もありますが、、、
延々と江戸時代にタイムスリップしたような町並みが続く。

DSC06748
オレンジ色ではなくてこんな色だったり。

DSC06755
こちらの「いっぷく亭」でちょっと休憩。

DSC06760
高札場も立派に復元。

DSC06761
後で聞いた話によると、この関宿はかなり以前から町並みの保存に力を入れているのだそう。
街道沿いの家は、個人のものでありつつも行政の管轄で、各建物には管理ナンバーが付いてるらしい。
歩いてる際は気がつかんかった。。

DSC06764
山車も見てみたいなぁ。

DSC06768
こんなにすごいと思わんかった。

DSC06776
ホントに来てよかった!

DSC06777
エアコンの室外機も厳重(?)に景観に配慮。

DSC06781
こちらにて関宿終了~
決して観光客向けだけではない、整然とした町並みに心を打たれました!

DSC06783
宿場町を外れると、多少昔の雰囲気を残しつつも令和元年の景色に戻る。

DSC06786
美しい紅葉を見ると思わず足が止まる。

DSC06791
さてここからは亀山まで一般道を突き進む。

DSC06797
途中、明らかにルートをミスりましたが、、

DSC06801
なんとか最短ルートと思われる川沿いの道へ。

DSC06804
写真では明るく写ってるけど、肉眼ではこの時点でほぼ暗闇。

結局、途中で日没となり30分程度暗闇の中を歩行。
町まであまり距離は残ってないはずなのに、周りの景色がなかなか都会的にならず、少々焦ったりもしましたが、
DSC06806
写真ブレブレですが、、、
JR亀山駅まで着いたときは超安堵。

駅前を通過し、コンビニ横のホテルへと投宿。

///
歩行場所:滋賀県甲賀市(水口付近のビジネスホテル)~三重県亀山市(亀山駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:9時間10分
歩行距離:36km(超アバウト。もっと歩いてるような気がするけど、まぁいっか。)

2019年12月の歩行距離:40km
2019年の歩行距離:816km



熊野灘と共に進む元旦(新宮~熊野)

みなさまこんにちは。

本日は、先般の新宮観光を終えてからの、元旦の歩きの様子をお届けします!

さて、新宮駅近くのホテルを出発して1時間強、近隣の観光に興じたワタクシですが・・・
DSC03309
いよいよ本日の目的地、熊野市に向けて出発!

DSC03312
熊野川に架かる橋の途中にて、三重県&紀宝町突入!

DSC03315
橋の上からは、先程登った新宮城跡が。

DSC03316
橋を渡り終わって三重県上陸♪

DSC03320
三重県でも初詣しとくか。
つーことでこちらの神社で本日二度目の参拝。

DSC03324
普段歩いてるときはあまり後ろを振り返らないけど、神倉山とお別れするのがなんとも名残惜しくて何度も振り返る。
ここでホントにお別れ。また来たい!

DSC03329
町はさすがに元旦ということで静か。

DSC03330
こちらのホームセンターとスーパーもお休み。

DSC03334
しばし進むと海側には防風林が。

海岸に出れそうなので行ってみますと、
DSC03335
おー青い海!
DSC03336
そしていい眺め♪
DSC03346
透明度もなかなか高い。

DSC03348
今日はあの遠くに見える山々の先端あたりまで行くのかな?

しばらく海沿いの道を進んだあとは、
DSC03358
旧道に入ってみたり。

DSC03365
トイレ休憩&お食事休憩のため立ち寄った、道の駅紀宝町ウミガメ公園は大盛況。
天気はいいので一旦上着を脱いでいたけど、思いのほか風が強く体が冷えてしまったので、
ここでレインウエアの上着を着ることに。

DSC03368
御浜町突入!

DSC03370
しかしどうでもいいけど横風強い(**)

前方にキレイな橋があると思ったら、どうも歩道なしらしく、、
DSC03375
旧道へ回避しますと・・・
あら。熊野古道ですか。ここらへんは伊勢路だな。
しかし伊勢まで156kmか・・・遠いorz

DSC03377
辺りはなんとものどかな風景
DSC03382
相変わらず橋の上からの景色好き♪

DSC03385
その後もしばし旧道を進み、

DSC03389
トイレ休憩しようと入ったスーパーオークワは・・・
DSC03390
なんと道の駅と隣接してた。。。
ここのオークワ&道の駅のすぐ先でなんとなく小腹が空いたので、ちょっとした空き地に腰掛けて小休憩。

DSC03393
また海岸線に出れそうなので、行ってみる。

DSC03399
この日延々と続いた海岸は、七里御浜(しちりみはま)海岸
まんまるな小石がゴロゴロ転がってる。

しかし砂浜の上は思ってたよりやわらかくて、足が砂に埋もれてしまう(汗)
そのため100mぐらいでソッコー退散。

DSC03404
しばし国道復帰

すると、また目の前の橋を旧道で回避せよとのご指示が。
DSC03413
なんともレトロな橋を渡る。
DSC03412
紀勢本線の架橋がいい感じ

DSC03414
新しい橋っぽいのに・・・なんで歩道がないん?

その後国道へ戻るも、やっぱり海が気になり・・・
DSC03424
林を抜けて海岸線へ。
釣りをしてる人もチラホラ。

DSC03425
どうも地元のウォーキングコースらしい。

DSC03427
いやはや快適♪

快適ウォーキングコースは1kmにて終了し、国道へ復帰すると・・・
DSC03435
また旧道回避の橋ですかー?
今日三回目!

DSC03436
まぁ、こんな風景見れたからいっか♪

DSC03440
道端にはおミカンが。

DSC03442
しかし横風強い(**)
結局1日中横風吹いてた。

DSC03444
津波非難タワーも所々に。

DSC03448
ここから左折すると、熊野本宮大社に向かう熊野古道が。
でも今日はそのまま直進します。。

DSC03453
そして、目の前に岩山が見えてきた。

DSC03457
ここには、この日楽しみにしてた花の窟(はなのいわや)神社があるのです!
・・・と言っても、この神社の存在を知ったのは、お恥ずかしながら前日の大晦日です(苦笑)

DSC03459
さーて本日三回目の初詣兼ねて行ってみましょう♪
摂社を参拝しつつ、参道を進んで行きますと・・・

DSC03463
ご神体の岩が!
手前の鳥居からモワっと飛び出してくるぐらい、ものすごい気!!!

DSC03466
こちらの御祭神はイザナミノミコト。

DSC03465
反対側の小さな岩に祀られてるのはカグツチノミコト

DSC03470
いや~なんともすごい所でした!
もっとゆっくりしたかったけど、元旦ということで人も多いし、もうすぐ日も暮れそうだし。
先進もう。

DSC03481
延々と続いた砂浜も、このあたりで終了。

DSC03483
獅子岩は横目で見ながらで終了。

DSC03488
そしていよいよ熊野市街地到着!
・・・あれ?思ってたより静か(汗)

DSC03492
こちらのJR熊野市駅にて本日の歩きは終了~


その後、駅で翌日の切符買ったり、コンビニで買出ししたり。
DSC03495
お宿へと向かう道の先にはまん丸お月さま。
なんとも幻想的な雰囲気。

しかしあっという間に暗闇が迫る中、予約してたゲストハウスがなかなか見つけられず・・・
宿に電話し、ビックリするほどお若い宿のオーナーさんに近くまでお迎えいただいたりしましたが。。。
なんとか無事到着。

ゲストハウスだけど個室ということで、とってもリラックス♪
リラックスしすぎて晩御飯食べたら速攻で睡魔が。
多分今回の遠征最速の19時半ごろには就寝。

///
歩行場所: 和歌山県新宮市(JR新宮駅近くのホテル) ~三重県熊野市(JR熊野市駅)
歩行時間:7時間7分
歩行距離:24km   
総歩行距離:???km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント