広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

09_栃木県

栃木駅までお散歩

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き5日目最終日の様子をお届けします!

さて、当初最終日は栃木から小山まで歩こうか・・・?などど考えたりもしましたが、、、
結局、最寄り駅の栃木駅から帰途に着くことに。

そうと決まれば朝は出発直前までお部屋でウダウダ。。
DSC04670
かな半旅館を9時半頃出発。
今度は夕食も食べてみたいな・・・また来ます!

お宿から栃木駅までの距離は1km程度なので、歩いても10分程度かと。
DSC04672
今度またしっかり観光しに来よう。

DSC04676
駅へ向かう前に、昨日宿から夕食を買出しに行った際、気になってた神社へ寄ってみることに。

DSC04678
鳥居をくぐり、境内へ。

DSC04680
現在工事中の拝殿にて参拝をば。

ところで、境内のどこかからか何かの鳴き声が聞こえるのですが。。。
なんとなく境内をぐるっと回ってみると、
DSC04691
鳴き声の主は鳥だった!

DSC04687
しかも「オハヨ~」などどどこかから声がww

しばらく鳥たちを眺めていると、この神社を毎日散歩してるっぽい地元のおばあちゃんに声を掛けられた。
しばしご一緒に鳥たちを眺める。

DSC04689
クジャクは以前は3羽いたけど、今は1羽になってしまったらしい。
羽を広げたらとってもキレイで、写真に撮りたいんだけど網がジャマしてうまく撮れないと言われてた。
たしかに、どうやっても網が写りこみますね、。。

DSC04690
ずっと「オハヨー」って言ってたのは、この白いオウムでしたww

おばあちゃんと結局10分近くお話ししてお別れ。
楽しいお話しをありがとうございました!

しかし、そうこうしてたらまた時間押し。
ヤバイ電車の時間に間に合わん(汗)
DSC04699
最後の最後にまた走る。。。

DSC04705
ゴール地点の栃木駅に到着したのは、電車到着の7分前(安堵)

栃木駅からは東武日光線を乗り継いで、大手町まで。
大手町から東京駅までは、途中コンビニで買い物したいのもあり、徒歩にて移動。
DSC04708
大手町の緑もなかなかよし。

DSC04711
いい雰囲気ですね。。

DSC04722
大手町から10分程度のお散歩にて、東京駅に到着。
いつもの新幹線にて広島へ帰還。

///
歩行場所:栃木県栃木市(山車会館近くの宿)~栃木県栃木市(栃木駅)
歩行時間:32分
歩行距離:1km
2019年7月の歩行距離:112km
2019年の歩行距離:729km

栃木観光はまた今後(葛生~栃木:その2)

みなさまこんばんは。

本日は、7月の歩き4日目の続きの様子をお届けします!

さて、今回の歩きの大目的である満願寺参拝を無事終えたワタクシですが・・・
あとは、本日のお宿のある栃木市市街地までひた進むのであります。。

DSC04528
本州においては、ちょっと山の中に入るとどこにでもクマさんがいるということにやっと気付いた今日この頃。

DSC04531
先程、坂を下ってる際に眼下に見えてたセメント工場の横を通過。

DSC04538
セメント工場地帯は延々と続く。

DSC04540
この工場は石灰で真っ白。

DSC04543
間近に見える工場に少々コウフン気味。

DSC04546
この工場の屋根も真っ白。
DSC04552
あの山も発破しまくってるんだろうな。

DSC04553
道路脇を流れる川は、石灰のせいか白く濁ってる。

今日は小雨の中通過したので全く気にならなかったけど、もし天気が良くて空気が乾燥した日に歩いてたら、きっと粉塵だらけだったに違いない。

DSC04559
そんな工場地帯もようやく終了。

DSC04568
こちらの交差点を右折し、栃木市街方面へ。

DSC04572
ここで、降り続いていた雨もようやく止んだ。

傘やらザックカバーやらレインウェアを片付けて進んで行くと、「どこまで行くの?乗っていきませんか」と車から年配の男性に声を掛けられた。
GWの日輪寺参拝時に軽トラのおじいさんにありがたく駅まで送って頂いた際に、歩行者が歩いてたら心配して思わず声を掛けたくなる場所がなんとなく分かった気がした。
もしかしてこの道はなんとなくそうかも・・・と思ってたら、、、予感的中。。

今日は体調もいいし栃木まではそう遠くもないので、丁重にお断りさせていただいた。
ありがとうございましたm(_ _)m

DSC04578
川向こうの旧道の方が近道だった気がするが・・・もう遅いorz

DSC04584
そのままバイパス道進みます。

DSC04588
青々とした田んぼを見るとついつい撮影。

DSC04595
こちらの交差点付近にて、年配の女性から車越しに「栃木まで行くけど、乗っていきませんか」と今日2度目のお声掛け。 またもや丁重にお断りさせていただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m

DSC04596
栃木市街地まではあと7km。

DSC04598
田んぼの広がるのどかな道を進む。

DSC04604
ん?
田んぼのあぜになんかいる?!

DSC04605
カルガモがたくさん!

DSC04607
しかしすごい数ww

DSC04614
少しずつ住宅も増えてきた。

今日のゴール地点は、町中の「山車会館」に設定。
山車会館は今日のお宿のすぐ近くで、昨日足利の路地でかわいい器を買ったお店の系列店が栃木にもあるとのことで、ちょっと寄ってみようと思った次第。
初め、お店の方に「栃木のダシカイカン」というキーワードを聞いたときは、「出汁会館???」などど頭の中で誤変換してしまったが(苦笑)
しかし、そのお店の閉店時間は18時であり、この時点ですでに17時近くなのに、残りの距離はあと5km程度。

・・・またもや時間押し(汗)

DSC04620
かなり先に高架が横断してるのが見える。
あれが東北自動車道か。

ひたすら高架を見つめつつ進み、
DSC04634
1km10分ペースで東北自動車道の高架を通過。

DSC04639
「出汁会館」・・・じゃなく、、、
「山車会館」目掛けて猪突猛進。

DSC04641
結構賑やかになってきた。

DSC04643
よーしあと2km!

DSC04645
後になって、この案内板に従って右折すれば、町並み保存地区を通って行けたことが発覚。
また今度の宿題増えたorz

DSC04646
このときはそんなことはつゆ知らず、、
県道をトレースしながら進み、

DSC04650
だんだん歴史ある建物が増えてきた。

DSC04653
ひたすら山車会館へ向かって進み、

DSC04660
18時ジャストに今日のゴール地点である山車会館に無事到着!

早速、山車会館のすぐ横にあったお目当てのお店に入ってみたけど・・・
残念ながら思ったような商品がなくorz
まあ、こういうこともあるか。。

その後、山車会館すぐ近くのお宿へと投宿。

///
歩行場所:栃木県佐野市(葛生駅)~栃木県栃木市(山車会館近くの宿)
歩行時間:7時間55分
歩行距離:30km
2019年7月の歩行距離:111km
2019年の歩行距離:728km

満願寺参拝(葛生~栃木:その1)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き4日目の様子をお届けします!

さて、この日はいよいよ今回の歩きの大目的である、坂東三十三所の満願寺参拝へと向かうことに。

朝目覚めてホテルの窓から外を眺めると、
DSC04334
残念ながらあいにくの雨模様。

ホテルから5分程度静かな通りを歩き、
DSC04339
佐野駅から、昨日の葛生駅まで電車移動。

DSC04341
葛生駅を10時ごろ出発。

DSC04342
駅前通りは一見静かに見えますが、

DSC04345
至るところでお祭りの準備中。

DSC04346
しっとりとした落ち着いた雰囲気の通りを進み、

DSC04357
国道との交差点にあったコンビニにて食料調達。
少し雨脚が激しくなってきたので、レインウェアの上着も着込み、
ここからは出流山(いづるさん)にある満願寺を目指して進む。

DSC04362
のんびり歩けると思ってたら・・・意外と交通量が多い(汗)

DSC04365
「さーのって号」か。。
コミュニティバスのたぐいは、この手のネーミングが多い気が。

DSC04367
MAXコーヒー見ると妙にテンション上がる(笑)
そういえば、今日広島のワタシの近所のスーパーでMAXコーヒーの試飲やってた。
とうとう西日本にも進出か?!

DSC04373
前日までは暑いくらいの気温だったのに、今日は20度しかない。
でも、さすがにレインウェアの上着着ると暑いなぁ・・・結局、2時間くらいで汗でぐっしょり濡れてしまった。
レインウェア着ずに雨に濡れるのと、レインウェア着て汗でぐっしょり濡れるのと、イッタイどっちがよかったのか???

DSC04376
「くずう原人まつり」はすでに32回目なのか。。

DSC04380
周りは田畑の広がる景色に。

DSC04381
出流山へ向けてまっすぐ!

DSC04383
あと4km!

DSC04390
でっかいセメント工場のすぐ横をどんどん上る。

・・・とここで、すぐ側の山の中から、キョンキョンと何かの鳴き声が。
DSC04393
しばらく山の中を観察しつつ歩いてると・・・シカ発見!
あの鳴き声はきっとこっちを警戒してるんだろうな。。
結局、この後も10分近くシカの鳴き声が聞こえた。

DSC04398
延々と続くセメント工場見つつ坂を上り、

DSC04409
やっと峠を越えたと思ったら、今度はかなりの急な下り坂。

DSC04410
途中の「立木地蔵尊」にて軽くお参りし、

DSC04420
カーブなんぼまであるん?と思いつつ、急坂&急カーブの道を下る。

DSC04423
眼下にはまたもやセメント工場が。

セメント工場を横目に見つつ、更につづら折りの急坂を下ると、
DSC04429
出流山へ向かう交差点が。
参拝後はここまで戻り、栃木方面へ向かわないといけないのか。

DSC04430
そんな交差点にて栃木市突入。

DSC04431
よーし出流山まであと2km♪

ところで、こんな山中の道なのに、結構車の数が多い。
もしかしてみんなこぞってお寺参り?などど考えつつ歩みを進めて行くと、

DSC04440
そろそろ到着かしら?

DSC04441
道端にあったこの案内板にて、出流山は蕎麦で有名なことを知った次第。
どんどん山へと向かっていく車は、お蕎麦目当てだったんだ~納得!
そういえば、蕎麦ののぼりも至るところに立ってたな。。

DSC04444
ちょうどお昼時ということもあり、お蕎麦屋さんは大盛況。

DSC04445
いやはや。
世の中まだ知らんことだらけですww
DSC04448
路線バスはそれなりに本数あるみたいだけど、今日は頑張って栃木まで歩こう。

たくさんの人で賑わうお蕎麦屋さんを横目に見ながら、
DSC04452
出発から約1時間45分にて、坂東第17番満願寺へ無事到着♪

DSC04456
仁王門からしばし坂を上って行くと、

DSC04460
石段の先に本堂が見えてきた。

DSC04462
本堂にていつものお参り。

そして、ここ満願寺には奥之院もあるみたいなので、
DSC04463
本堂のすぐ横にある受付にて入山料を払い、

DSC04464
いざ奥之院へ。

DSC04466
小雨降る中、山の中へと進む。

DSC04470
静寂に包まれた歴代住職の墓地。

DSC04472
足元が滑りやすいので慎重に。。

そして、入口から10分強にて
DSC04474
やっと奥之院見えた♪
・・・あの上まで登るのか(汗)

小雨に濡れる石段を息を切らしつつ登っていき、
DSC04481
写真ブレブレですが・・・
無事、奥之院へ到着。

DSC04484
この洞窟の奥まで入って参拝できるみたいだけど、ライトが点くまでしばらく時間がかかるとの記述があったため、

DSC04483
外の景色見ながら待機。

そうこうしてるうちに、洞窟の中のライトがパッと点いた。
DSC04495
いざ突入。

ひんやりとした空気に包まれた洞窟の中に入っていくと、
DSC04486
おーなんとすごい鍾乳石!
こんなところにこんな立派なものがあるなんて!!
しばらくの間見とれてしまう。

DSC04488
ちなみにこの鍾乳石は、十一面観音菩薩様なのでした。

DSC04492
感動を覚えつつ、洞窟を後に。

DSC04501
奥之院の下にあった小さな滝は、滝行の場らしい。

DSC04506
天候はイマイチだったけど、ここまで来て本当によかった!

来た道を滑らないよう慎重に戻り、
DSC04510
本堂まで戻ってきた。

DSC04514
本堂から更に下った納経所にてご朱印を頂く。

出入口のすぐ横にあったベンチにて昼食のおにぎりを食べていると、中から出てきたお坊さんがほら貝を吹き始めて、思わず目が釘付けに。。
ほら貝を吹き終わったところで、そのお坊さんとしばしお話し。
ほら貝は我流だと言われてた。毎日決まった時間に練習兼ねて吹いているらしい。
最近は、ほら貝の貝がなかなか捕れなくなってて、以前より価格が高騰してることとか、山岳救助の際、山伏の吹くほら貝の音で遭難した人の状態を知らせることができることとか。
いろんなためになるお話しをありがとうございました!

DSC04515
満願寺で修行してみたい気もする。

DSC04519
すがすがしい気持ちにて、お寺を後に。

DSC04521
来た道を2km戻り、

DSC04526
先の交差点までやってきた。
今度は直進して栃木方面へ。

・・・すみませんが今日のところはここまでm(_ _)m
この日の続きの様子は次回にてお届けします!

調子が悪い日もある(桐生~葛生)

みなさまこんばんは。

本日は、7月の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、3日目の朝食は前日に買ったパンで簡単に済ませ、ホテルを9時過ぎに出発。
DSC04095
ホテルというより旅館っぽい感じのお宿でした。
お世話になりました!

DSC04097
思いの外長く続くアーケード街を進む。

DSC04108
ところで、前日桐生の市街地に入ってからというもの、あちこちで目にしたこの篠原涼子さんのポスター。
後日、気になってネットで調べたところ・・・篠原涼子さんは桐生市出身らしく、このポスターは地元愛にあふれるものでした!

DSC04110
しばらくは県道67号線を進みます。

DSC04113
足利には13時頃には着けるかな?

DSC04116
裏道歩いたりしつつも、基本は県道を進み、

DSC04126
久しぶりに景色が開けた。
橋を渡って行くと、
DSC04130
向こう岸にて栃木県&足利市突入。

DSC04134
こういう蔵があるとついつい撮影。

小休憩したコンビニの先にて道が分岐しており、どちらに進むかしばし迷ったけど、
DSC04140
地図で確認の上、足利までの距離が短い気がする左手の道を選択。

しばらく道なりに進んで行きますと、
DSC04145
突然道が狭くなり、ホントにこの道で大丈夫?と一瞬不安に(汗)

不安になりつつもそのまま道なりに進んで行くと、
DSC04149
「第三桐生街道」と書かれた踏切りが。
この道は街道なんだ~それなら大丈夫♪

DSC04154
交通量も増えて、お店もそれなりにある道に出てきた。
とりあえず一安心。

DSC04157
道端に街道の面影を残す石碑が。
DSC04158
詳細はこちらにて。。
手抜きですみませんm(_ _)m

DSC04163
思いがけずアップダウンがあったりしつつも、淡々と進む。

DSC04170
ところで今回はどうしても佐野ラーメンを食べたくて。。
通りすがりのこちらのお店で、歩きの昼食としては珍しくラーメンを食す。
あっさりしておいしかった♪

DSC04172
ラーメン店のすぐ先にあった切通しを抜けると、

DSC04175
足利市街地へ突入した模様。

DSC04177
観光マップやら駅までの距離表示もあちこちにあり安心。

途中見かけた織姫神社は今回はスルーし、
DSC04186
駅の手前でなんとなく趣のある路地に入ってみる。

DSC04191
こちらのお店の軒先にあった、昭和初期作らしいかわいい器がなんとなく気に入り、思わず購入。


DSC04192
観光客もちらほらの雰囲気のいい通りを進んで行くと、

DSC04194
なんだか立派なお寺が。
ちょっと寄ってみよう。

DSC04195
こちらのお寺は、鎌倉時代に足利氏にて建立されたという鑁阿寺でした。。
イチョウの大木を眺めつつ、本堂にてお参りを。


ホントは足利学校とかも観光したかったんだけど、時間押しになるので今回はあきらめたorz
またの機会にゆっくり観光しに来よう。
DSC04208
つーことで先に進みます。。

DSC04211
こちらの交差点にて国道293号線へ。

DSC04212
国道といいつつも、かなりローカル色が強く、

DSC04218
歩道がない場所もあったり。

DSC04226
住宅街を抜けるとバイパスっぽい道となり、

DSC04228
次の目標地は田沼か。

・・・とここで昨日と同じくまたお腹が痛くなってきた(**)
もう町中を抜けてしまったので、しばらくコンビニとかなさそう(汗)
DSC04230
とりあえずそのまま進んで行くと、少し先のお店の敷地にトイレが見えた!
助かりましたm(_ _)m

DSC04234
お腹の調子は戻ったものの、なんとなく体がしんどい。

今日は東武佐野線の終着駅である葛生駅まで歩き、そこから東武佐野線にて佐野駅まで移動し予約してるホテルへ向かう予定。
しかし、葛生まで行かずに、佐野駅へ向かってしまおうか、それとも手前の田沼駅までにしとこうか・・・
などと、歩きルート短縮の思いが頭の中をぐるぐると回る。

DSC04236
今回の歩き初のトンネルを抜けると、

DSC04243
どうやら佐野市に突入した模様。

DSC04246
まず、この交差点を右手に進み、佐野市街地に向かう手があるけど・・・
とりあえず田沼まで行くか。

DSC04251
周りは青々とした田んぼが広がる。

DSC04259
ここで、左手の山に気になる建物が。

DSC04263
山の深い緑色に建物の赤色がとっても映えてる。

DSC04269
こちらの交差点を左折すると、あの気になる建物・・・磯山弁財天に行けるみたいだけど。
今日は行くのは止めとこう。

DSC04276
温泉もあるんだ~
またいつの日かぜひ来よう♪

DSC04289
その後はしばらく工場地帯を抜けて行き、

DSC04292
ここの交差点で、田沼駅までで止めとくか、葛生駅まで行くか決めねば。。

DSC04296
結局、当初の予定どおり頑張って葛生駅まで歩くことに決定!

DSC04300
田沼からすぐ先に次の多田駅があったけど、もちろんスルー。
葛生駅まではあと3kmぐらいかな。

DSC04304
電車見つつもずんずん進み、

DSC04314
ようやく葛生駅へと向かう看板が♪

DSC04315
ところで、葛生ってワタシの勝手な想像ではメチャメチャ田舎なのかな・・・などど思ってたけど、なんだか大きな工場もあるし、ぜんぜん違ってた。
葛生のみなさま大変失礼しましたm(_ _)m

DSC04316
しかも、葛生って「原人のふるさと」なんだ。。

DSC04322
程なく駅のすぐ近くまでやってきた。

そんなほっとした気分の中、、、
なんだか少し先にお祭りの山車が見える!
DSC04323
どうもこれから町を練り歩く模様。

旧道に入ってから通りに面したお家のところどころに外へ椅子を出してきて座ってる人たちがいたのは、この山車を見るためだったんだ~納得。

DSC04325
お祭りはこれから明日にかけて行われる模様。

しかし、今日のお祭り開始時刻はこれから1時間後か・・・
疲れたしもう帰ろう。。

DSC04327
結局、そのままゴール地点の葛生駅へ。

お祭りに若干後ろ髪を引かれつつも、東武電鉄にて佐野駅まで移動し、駅近くのホテルへ投宿。

///
歩行場所:群馬県桐生市(桐生駅近くのホテル)~栃木県佐野市(葛生駅)
歩行時間:8時間19分
歩行距離:34km
2019年7月の歩行距離:81km
2019年の歩行距離:698km

念願の大谷観光

みなさまこんばんは。

本日は2月23日から25日にかけての関東歩きの第2日目の様子をお届けします!

さて、この日は連泊中のホテルのある小山から電車で宇都宮駅まで移動し、駅から市内の大谷まで歩くことに。
距離的には10km程度とかなり短めだけど、前日益子でゆっくり焼き物でも見つつ観光しようかと思ってたのになぜかがっつり歩いてしまったため(笑)
今度こそはゆっくり観光です。。。
ここでは坂東三十三所の大谷観音に参拝し、その後坂東三十三所を知る前からぜひ行きたいと思ってた、大谷資料館に行こうかと。

ちなみに大谷資料館ってなんぞや???という質問にお答えしますと、宇都宮市特産の大谷石(おおやいし)の採掘場跡の巨大空間を見学できる場所なのです。
独特な雰囲気なので、ドラマや映画とかの撮影にもよく使われてるみたい。

前日の歩きと日頃の疲れのせいか、朝はまたもやゆっくり目に起床。(基本的に朝弱い)
連泊中のホテルから10分弱歩いてJR小山駅へ。
DSC04992
小山駅は新幹線の停車駅でもあり、なかなか立派。

小山からJR東北本線に揺られること約30分
DSC04997
久しぶりにやってきました宇都宮♪
宇都宮駅前を10時半前に出発。

DSC05002
駅前通りでは高層マンション建設中

DSC05015
以前はこの交差点を右折し日光に向かったけど、今回は直進。

DSC05018
やっぱりこれぐらい気合い入れて分離しないと意味ないと思う。

そして、道の周りに登場し始めました!
DSC05023
大谷石でできた蔵♪

以前宇都宮を歩いた際、他の地方ではまず見ることのないあちこちに立ち並ぶ石でできた蔵がどうにも気になり、且つすっかり気に入って、帰ってからこの蔵のことを調べたところ、大谷石で造った蔵だということを知り、それからすっかり大谷石ファンになってしまったのです。

DSC05041
こちらは蔵じゃなくお店か。
なかなかいい感じ♪

DSC05044
この交差点を右折すると、大谷石ワールドまであと少し。

DSC05051
この蔵はなかなか立派。

DSC05055
時刻はちょうどお昼時。
出発から約1時間半で観光地の入り口に到着。
こちらでのトイレ休憩時に若干ハプニングがありましたが。。

気を取り直して進んで行きますと、
DSC05059
目の前に巨大な観音像が!

DSC05061
こちらは、太平洋戦争の戦没者の慰霊と世界平和を祈念して、手彫り(!)で掘られたそう。
しばし巨大な観音様の前でたたずむ。

DSC05068
さて、ではお寺参り行くか。

DSC05071
平和観音からものの数分で、坂東第19番大谷観音(大谷寺)に到着!
早速参拝料を払って中へ入ると、
DSC05078
周りの岩盤にはあちこちに石仏が。

DSC05072
本堂は岩盤に埋もれるように建ってる。

西国や坂東のお寺のご本尊は、お厨子の中で秘仏として大事にされてるお寺が多くて直接拝めないことが多いけど、こちらのご本尊は岩盤に掘られた石仏で、間近に拝むことができるのでとっても嬉しい♪
ちょうど観光客が途切れたタイミングで、いつものお参りを。

お参りのあとは、敷地内をブラブラ。
DSC05082
なんと池が凍ってる!
ここ最近そんなに寒かったっけ?
DSC05092
池の先にあった御止山はとっても気になったけど・・・
「閉山」のバリケードがしてあったので止めといた。

結局大谷観音では約30分ぐらいのんびり参拝&散策。

一旦平和観音の場所まで戻り、ガイドの方に大谷資料館への道順を確認し、、
DSC05099
延々と続く大谷石の岩盤見つつ、

DSC05110
ここから資料館まで意外と距離がありましたが、、
DSC05116
いよいよ資料館=地下坑内入り口へ到着。
入場料を払い、
DSC05117
いざ地下空間に突入!

DSC05120
階段をずんずん下って行くと、

DSC05121
目の前には巨大地下空間が!
そして明らかに空気が冷たくなり、ダウンを着込む。

DSC05128
あちこちライトアップされててキレイ。

DSC05132
こちらはまだ手彫りだったころのノミの跡

DSC05138
幻想的な空間があったり、

DSC05142
教会があったり。

DSC05145
こちらは機械掘りの跡。
DSC05150
なんとなく幾何学的

DSC05152
しかしこんな巨大空間ができるほど石を掘り出したのもすごいけど、
そもそもこんな巨大な岩盤ができたこともスゴいなぁ・・・

DSC05159
途中マッピングしてたり。

DSC05166
こんな大きさに切り出して出荷されてた訳です。

DSC05169
この岩についた白いフワフワしたものは、岩の塩分が結晶になったものらしい。
冬の乾燥した時期にできるそう。見れてヨカッタ♪

楽しかった坑内散策は、約30分にて終了~
DSC05174
その後、すぐ側のお店で大谷石のグッズを購入。

DSC05176
「愛の泉」も凍りついてる。

DSC05181
では行くかな。

ホテルを出る前の時点では、元気だったら鹿沼あたりまで歩こうかとも思ってたけど、
資料館見学したら、もう歩く気なくなった。。。
DSC05184
なので、資料館出てすぐのところにあったこちらのバス停で、本日の歩きは終了~
バスと電車乗り継いで小山のホテルまで帰還。

ちなみに、大谷で購入したお土産ですが、、
IMG_1209
このようなちょっとした物入れなのですが、
IMG_1210
なんと、先日佐賀県有田駅で入手した「吾唯足知」のハマと大きさがピッタリ!
今ではハマをフタにして使ってます。。。


///
歩行場所:栃木県宇都宮市(JR宇都宮駅)~栃木県宇都宮市(大谷資料館バス停)
歩行時間:3時間23分
歩行距離:10km
総歩行距離:???km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント