広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

古寺巡礼

秩父三十四ヶ所札所巡り満願!(その3)

みなさまこんばんは。

長々とお送りしてしまいましたが、、、
本日は、2月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、いよいよ秩父札所参りの最後のお寺である、34番札所の水潜寺(すいせんじ)へ向かう峠越えの山道へと突入。
DSC08988
山道の入口の道祖神様にお参りし、

DSC08990
トレッキングポールを取り出し、いざ出発。

DSC08992
枯葉を踏みしめながら登り坂を進む。

DSC08994
古くからの石碑も。

そのまま峠まで山道が延々と続くのかと思ったら、
DSC08996
唐突に舗装路へ出た。
しかも下り坂(汗)

DSC09002
どこまで下るんだろ・・・???と少々不安になりつつ進んで行くと、

DSC09004
目の前に分岐点が。

DSC09005
ここからまた登り返すみたい。
看板もちゃんと出てて少々安心。

DSC09009
何パーセントの登り坂なのかはわからんけど、

DSC09011
かなりの急登に息も切れ切れ。

途中、何かの鳴き声が聞こえたりしつつ、
サルだったのかな?
DSC09013
ここから再度山道へ突入する模様。
クマ注意の看板がありますが・・・今は冬眠中のはずなので大丈夫でしょうww

DSC09014
あと、こちらのカウンターのレバーを押してくださいとの案内があったため、
DSC09015
カチッと押しました!

後日、皆野町のホームページを見てみると、2月のカウントは113。
これが多いのか少ないのかイマイチピンとこなかったので、一昨年のデータも見てみたところ、秋~春まではだいたい100前後で推移してた。
夏場は人が少ないようで、特に7月~10月は平均1日1人ぐらい。

DSC09016
そんな登山道をガツガツ上る。

DSC09022
道中はいたるところに看板が出てるので、迷う心配はなさそう。

DSC09025
山の中の案内板は心の底から助かります♪

DSC09027
倒木があったり、

DSC09032
相当斜めの道もあったりしながらも、

DSC09033
思いのほかあっけなく札立峠に到着。

DSC09039
ここからお寺まではひたすら下り。

DSC09041
はじめは歩きやすい道だったけど、

DSC09045
途中からガラガラにorz

DSC09046
ずりコケないように慎重に下る。

そんな中、トレイルランニングの練習っぽい女性が軽やかに通り過ぎて行った。
DSC09052
こんなガラガラな下りを走っていくなんて・・・すごいなぁ。

DSC09053
こんな丸太橋もあったりしつつ、

DSC09057
かなりの数の倒木も。

DSC09061
流された登山道を応急処置してる場所もあったりしつつ、

DSC09069
ようやく目の前にお寺が見えてきた!

DSC09070
最後の最後でコケないよう慎重に進み、

33番札所から3時間弱にて、無事34番札所の水潜寺に到着!

DSC09076
足元にはまだ雪が残ってる。

DSC09078
静かな本堂にて、秩父最後のいつものお参り。

納経所に向かう際、前のお寺で見かけた男性の方の姿が見えた。
あの方も結構早いな。。
DSC09079
こちらの納経所にて、秩父最後のご記帳を頂く。
ご記帳を頂いたあと、しばらくお寺の年配の女性の方とお話し。

ここ水潜寺は、秩父札所の結願寺でありつつ、日本百観音(西国・坂東・秩父)の結願寺だそう。
残念ながら坂東はまだ結願していないので・・・坂東結願後、こちらにお礼参りに来ようかな?!

あと、クマはマジで出るみたい。
もしクマと出会った場合は、慌てず騒がず静かにじっとしておけば、クマさんの方から逃げて行くみたいです。

DSC09124
記念に、檀家さんが作られてるという記念品を頂きました。(後日撮影)
ありがとうございましたm(_ _)m

10分ほど楽しくお話しし、お寺をあとに。
DSC09080
四国お遍路や西国満願の時と同じような、なんとも清々しい気持ち。

DSC09082
今度来るときはバスに乗ろうかな?

DSC09085
あとは、最寄り駅の秩父鉄道皆野駅までの5km強の道のりを残すのみ。
しばらくは谷あいの道を下って行く。

DSC09087
川の水がとってもキレイ!

DSC09091
下りだし、若干電車の時間も気になってきたし・・・
またもや走ります。。
DSC09098
「満願の湯」を横目で見つつ、下り坂をずんずん走る。

DSC09104
途中の交差点では地図を慎重に確認。

DSC09105
下り坂はしばらく続き、

DSC09110
途中、交差点で一旦右折したものの、やっぱり左折した方が近いかも?と引き返して左折したりしながらも、

DSC09111
皆野橋を渡る。

DSC09113
武甲山もしばらく見納めか。

DSC09116
あとは駅に向かってGO!

・・・・・なかなか駅に着かん(汗)
どうもさっきの分岐は左側を選択すべきだったようorz

DSC09120
結構焦って走って、、
やっと皆野駅が目の前に。

DSC09121
無事、電車が到着する前にゴール地点の皆野駅に到着。

結局、電車の時間を10分程度勘違いしてたことが発覚したりしましたが、、
結果オーライということで・・・良しとします。。。


ここから、休日のみ運行の直通電車にて池袋まで移動し、割引券を使いたいためだけのために新小岩まで更に移動し、駅近くのスーパーホテルへ投宿。

DSC09132
翌日は、出発の前々日にドライヤーが壊れてしまったため、新たなドライヤーを求めて秋葉原まで赴くも、予算内での価格帯の品ぞろえがイマイチで、

DSC09148
結局、東京駅まで歩き、東京に着いた日に下見した駅近くのヤマダ電機にてドライヤーを購入し、新幹線にて広島へ帰還。

思い起こせば、この翌週あたりからコロナの影響で次々とイベントが中止となっていき、長距離の移動もできなくなったので、このタイミングでのお出かけは結構ギリギリだったと思う。


///
歩行日 :2020年2月15日
歩行場所:埼玉県秩父市(秩父駅)~埼玉県皆野町(皆野駅)
歩行時間:7時間4分
歩行距離:35km
2020年2月の歩行距離:79km
2020年の歩行距離:117km


秩父三十四ヶ所札所巡り満願!(その2)

みなさまこんばんは。

本日は、2月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、結局秩父駅から1時間50分かけて松井田バス停まで歩いて移動したワタクシですが・・・
いよいよここから、残りあと2寺のお参りへと突き進むのであります。

DSC08904
バス停からすぐ先にあった深い谷に架かる橋を渡り、

DSC08907
こちらの交差点を右折。

DSC08908
ようばけ・・・ってイッタイ?

DSC08913
どうも「ようばけ」は第33番札所の菊水寺と同じ方向にある模様。

DSC08915
どうもこの先にあるおがの化石館に行くと、ホンモノの化石がもらえるみたいww
でも、松井田バス停まで思わす歩いてしまったせいで、若干時間押しorz

DSC08916
進行方向右手になんだか変わった様子の崖が見えてきた。

DSC08919
なんだか興味深い地層がはっきり見える。

今調べたところ、この崖こそ「ようばけ」であり、約1500万年前の地層が侵食されてできたらしい。
そのころは浅い海の中にあったらしく、海洋生物の化石がたくさん出てくるみたい。

DSC08920
おがの化石館行きは結局時間押しのため断念し、先へと進む。

DSC08924
この川、えらい湾曲してるなぁ。と思いつつまた橋を渡ると、

DSC08926
橋を渡ったすぐ先に、こんな看板が。
ここも海底だったんだ!

DSC08930
一気にのどかになった道をしばし進み、

DSC08933
住宅街へ入ると、

DSC08936
札所の看板見えた♪

DSC08937
松井田バス停から約30分にて、第33番札所の菊水寺に到着。

DSC08939
境内で、めずらしく白装束で歩いてお参りされてる男性とすれ違った。
静かな本堂にていつものお参り。

DSC08940
ここでちょうどお昼時になったので、本堂の横にてお昼ご飯とす。

DSC08942
こんなかっぱ巻き&たくわん巻きって初めて見たのでついつい買ってみた。
食べやすくてなかなかよかった♪

DSC08943
しばしのお食事休憩後、15km先の34番札所へ向けて出発。
フツーの道なら3時間強で着けるんだけど、34番までの道のりは、山道を峠越えしないといけない。
秩父の札所のご記帳は冬季の間は16時までなので・・・いつもながら結構ギリギリ(汗)

DSC08953
しばらくはゆるゆる下る。

DSC08957
あの崖もなんとなく面白いなぁ。
数千万年前にできた地層なんだろうか?

そんなことを考えつつ、突き当りの道を右折。
DSC08960
この道を県道かと思って進んでたけど、なんだか妙にアップダウン多い。
歩き終わってからよくよく地図を眺めていて、思っていた県道じゃなかったことに気がついた。

DSC08969
34番のお寺はあの山の向こうかなぁ?などと考えつつ、

DSC08970
この交差点にて、34番へ向けて左折。

DSC08972
また橋を渡り、

DSC08975
対岸へ渡った先の交差点には、看板がたくさん。。

右折したすぐ先に、
DSC08976
なんとなくそれっぽいお堂が。巡礼道の案内板も発見♪
お堂の横の坂道へと進む。

DSC08978
こちらのお堂は「平岩馬頭尊堂」というらしい。
案内板をしばし眺め、

DSC08982
「巡礼道」を確認しながら坂道をずんずん上り、

DSC08986
しばし上って行くと、江戸巡礼古道の案内板が。
いよいよここから山道へと突入。


・・・すみません。細切れで大変恐縮ですが、、、
今日のところはここまでm(_ _)m

続きは次回にてお届けします!

秩父三十四ヶ所札所巡り満願!(その1)

みなさまこんにちは。

本日は2月の歩き2日目の様子をお届けします!

さて、この日の歩きにて秩父三十四ヶ所の札所巡りもいよいよ満願の予定。

DSC08832
宿泊した第一ホテル秩父をチェックアウトする際、もう既に貴重品となりつつあったマスクを頂く。
広島に帰ってから、大事な場面で使わせていただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m
DSC08838
以前歩いた32番札所と33番札所の間の松井田バス停まではバスに乗るつもりで、ホテルの目の前にある秩父駅のバス停へと向かう。

DSC08836
宿泊したホテルを眺めつつしばしバスを待つ。

しかし思った時間になってもバスは来ず・・・よくよくバスの時刻表を見ると、今日は土曜日なのに間違って平日の時刻を見てたorz
バスが来るまであと10分ある。。となった時点で、もうバス停まで歩くか!
と予定変更し、9時20分頃出発。

DSC08840
「武甲正宗」の看板は秩父ではいろんなところで見かけたけど、そういえばまだ一度も飲んでない。

DSC08843
以前お蕎麦を食した「やなぎや」を懐かしく横目に見ながら、

DSC08844
街中を通過し、

DSC08849
秩父橋までやってきた。

DSC08850
橋のたもとにあった標語。
この日、このあともあちこちの橋のたもとで同様の標語を見かけた。

DSC08851
秩父の谷は深い。

DSC08855
美しいシルエットの秩父橋を渡り、

DSC08858
振り返ると以前巡礼路を歩いた際に渡った旧秩父橋がすぐ横に。

巡礼の際は、ショートカットで細い小道を上って行ったけど、
DSC08860
今日はそのまま車道を直進。

DSC08863
しばらく上り坂は続き、

DSC08864
やっと上り坂終了。

しばらくユルユルと下って行き、
DSC08870
立派なバイパス道と合流。

DSC08873
その後はのどかな風景が広がる一本道を進む。

DSC08879
まだ2月中旬なのに道端にはもうムスカリが咲いてる。

DSC08884
秩父駅から松井田バス停までの距離は約10km。
相変わらず時々走っているものの、やっぱりそれなりに時間がかかる。

DSC08888
段々と上ってきた。
以前松井田バス停からバスに乗って秩父駅まで帰った際、バス停からすぐに峠越えがあった記憶が。
もうだいぶ近づいてきたかな?

DSC08890
結構な斜度の上り坂の途中で、小鹿野町突入。

DSC08891
峠の頂上見えた♪

DSC08893
峠を超えると一気に下る。

DSC08894
ヘアピンカーブもありつつ、どんどん坂を下って行くと、

DSC08895
懐かしい景色が見えてきた。

DSC08901
以前、歩道がなくてヒヤヒヤしつつ歩いた道を懐かしみつつ進み、

DSC08903
当初はバスで来るつもりだった松井田バス停に、1時間50分かけて無事到着。
ここから33番札所までは約3km程度なので、それほど時間はかからないはず。。

・・・すみませんが今日のところはここまで。
この日の続きは次回お届けします!


台風からのリベンジ:その1(木更津~高蔵寺~君津)

みなさまこんばんは。

本日は年末年始の歩き1日目の続きの様子をお届けします!

さて、木更津駅からほど近い証城寺(しょうじょうじ)など参拝しつつ、30分ほどの観光にて木更津駅まで戻ってきたワタクシですが・・・
これより本日のメインイベントである、坂東三十三所第30番の高蔵寺に向かってひた歩くのであります。

DSC07181
つー訳で、、
木更津駅の東口に移動し、12時40分頃お寺に向けて再出発!

DSC07183
歩き始めてすぐ、駅からほど近くにあったド派手な自販機に思わずくぎ付け。

今調べたところ「鳳神ヤツルギ」なるご当地ヒーローらしいのですが・・・
広島からやってきたワタシにはイマイチピンとこないのが残念。。

DSC07186
しばらくは市街地を東へ向かって歩みを進め、

DSC07191
約40分後、こちらの交差点にて右折。

DSC07198
思いがけず出現した上り坂を進んでいき、

DSC07199
こちらの交差点を「かずさアカデミアパーク」方面へ。

DSC07200
急速に景色は田舎色(汗)
しかも下り坂だし・・・そろそろ走るか?(またかい?!)

下り坂は結構ヨユーで走れるものの、
DSC07203
今回は若干軽めとはいえ7kg前後の荷物を背負っているのでして、、
上り坂になるとさすがに歩く。

DSC07204
今日の歩きは、元々9月に歩こうと思ってて、台風による大規模停電であえなく断念したリベンジルート。
今でも所々に先の台風の爪痕が残ってる。

DSC07207
たしかにタヌキもフツーに出てきそう。

DSC07208
こんな感じでとってものどか。

DSC07210
「鎌足中学校」か。
この近辺は藤原鎌足の生誕伝説があるらしく。。

そういえば、藤原鎌足といえば・・・奈良県の談山神社に祀られているんだ!
この記事を書きながら、談山神社への超キツかった上り坂のことを久しぶりに思い出した。

DSC07213
変わらずのどかな景色の中を進んで行きますと、

DSC07215
前方の景色が開けてきた。
手持ちの地図を確認すると、どうやらこの先にはダムがあるようなのですが、、

DSC07217
ところで、ここへ来るまでに何度も行き先表示が出ていた「かずさアカデミアパーク」とは、どうも研究所が立ち並ぶエリアのよう。
勝手にお子様向け公園だと思ってたが・・・全然違ってた(苦笑)

そんなことを考えつつ坂を上って行くと、
DSC07220
ダム出現!
・・・ん???なんだかショボいんですが。。。

すぐ近くにあったダム案内図にて確認したところ、
DSC07221
どうやら別にショボい訳ではなく、、、
この状態がこのダムの正しい姿のよう。

DSC07224
ダムを通り過ぎると、進行方向右手にはあちこちに大きな建物が。

DSC07226
こちらの交差点で右折。

この標識には書かれていないけど、直進する旧道っぽい道路があり、もしかしてこの道を進めばお寺までの近道かも?と気になりつつも結局進まず。
後で確認したところ、やっぱりお寺へ向かうにはその道を行けば近道だったことが判明orz

DSC07228
交差点の先は結構ワイルドな下り。

DSC07229
下りきったところでお寺への看板を発見し、メチャ安堵。

DSC07231
若干道が大回りしてる交差点を見た瞬間、、、
えーい!とばかりにショートカット決行。

田んぼのあぜ道を突っ切り、最後は結構な角度の斜面をよじ登り、、
200mぐらいのショートカットに成功♪

DSC07235
自然がいっぱいの坂を上って行きますと、

DSC07236
お寺への入口だ♪

DSC07237
あの壊れかけた建物も台風の影響か?

DSC07238
木更津駅から約2時間にて、坂東第30番の高蔵寺に無事到着♪

すっかりお正月の準備が整った山門をくぐり抜け、
DSC07240
立派な本殿にていつものお参りをば。

その後、納経所にていつもの御朱印を頂く。
DSC07245
記帳を待ってる間に、納経所の奥のお部屋からワンちゃんが出てきたので、ナデナデしてみるとおとなしくしてる。
しかし、カメラを構えるとなぜかすぐ逃げてしまうので、撮影した写真はブレブレのものばかりorz

ご記帳をいただいたおばあさんに木更津駅から歩いてきたことをお伝えすると、歩いてくる人も結構いるとのこと。
あと、先程のワンちゃんは、実はお部屋の外に出てきてはいけないルールらしく、「おとなしくしてましたか?」とちょっぴり驚かれてしまった。噛んだりはしないけど、かなりの人見知りで怖がりらしい。
だからカメラ構えると逃げられてしまったのか~納得!

しばし楽しくお話ししたあと、お寺を後に。
いいお参りでした!

DSC07249
帰りはショートカットせず元の県道へ戻り、

DSC07253
日も段々と暮れてきたので、走ったり歩いたりを繰り返す。

DSC07256
こちらの交差点を直進し、明らかに君津駅へとショートカットできそうな旧道へ。

DSC07259
あんまり雰囲気よくない道なので、なるべく走る。

DSC07261
道端の所々には石碑が。
やはり昔からの道なんだろうか?

DSC07263
カーブの多い見通しのあまりよくない道を慎重に走りつつ下って行き、

DSC07266
もうだいぶ日も傾いた16時頃に、やっとウネウネ旧道から脱出。

DSC07271
夕焼け色の風景見つつ、

DSC07273
いくつかトンネルを抜けて行き、

DSC07274
日没も近づいてきた。

DSC07280
夕焼け空を見上げると、まるで空に道でもついているかの如く、ヒコーキが等間隔で飛んでいく。

DSC07286
そんな空を眺めつつも、ちょっとショートカットしてみたり、

DSC07288
今日もいよいよ日が暮れる。

結局、暗闇の中1時間程度の歩行。
歩道は広くて安心して歩けたけど、思いのほか辺りが暗くて少々焦ったりもしましたが、
DSC07290
本日のゴール地点君津駅まで無事到着♪
線路の反対側へ渡り、駅近くのホテルへと投宿。

ホテルの部屋から外を眺めると、空のあちこちに飛行機の明るい光が。
一体どんだけの数の飛行機が空を飛んどるん?などと思いつつも、移動の疲れからか結構早めの時間にはパッタリと就寝。

///
歩行場所:千葉県木更津市(木更津駅)~千葉県君津市(君津駅近くのビジネスホテル)
歩行時間:5時間45分
歩行距離:23km
2019年12月の歩行距離:87km
2019年の歩行距離:863km



満願寺参拝(葛生~栃木:その1)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き4日目の様子をお届けします!

さて、この日はいよいよ今回の歩きの大目的である、坂東三十三所の満願寺参拝へと向かうことに。

朝目覚めてホテルの窓から外を眺めると、
DSC04334
残念ながらあいにくの雨模様。

ホテルから5分程度静かな通りを歩き、
DSC04339
佐野駅から、昨日の葛生駅まで電車移動。

DSC04341
葛生駅を10時ごろ出発。

DSC04342
駅前通りは一見静かに見えますが、

DSC04345
至るところでお祭りの準備中。

DSC04346
しっとりとした落ち着いた雰囲気の通りを進み、

DSC04357
国道との交差点にあったコンビニにて食料調達。
少し雨脚が激しくなってきたので、レインウェアの上着も着込み、
ここからは出流山(いづるさん)にある満願寺を目指して進む。

DSC04362
のんびり歩けると思ってたら・・・意外と交通量が多い(汗)

DSC04365
「さーのって号」か。。
コミュニティバスのたぐいは、この手のネーミングが多い気が。

DSC04367
MAXコーヒー見ると妙にテンション上がる(笑)
そういえば、今日広島のワタシの近所のスーパーでMAXコーヒーの試飲やってた。
とうとう西日本にも進出か?!

DSC04373
前日までは暑いくらいの気温だったのに、今日は20度しかない。
でも、さすがにレインウェアの上着着ると暑いなぁ・・・結局、2時間くらいで汗でぐっしょり濡れてしまった。
レインウェア着ずに雨に濡れるのと、レインウェア着て汗でぐっしょり濡れるのと、イッタイどっちがよかったのか???

DSC04376
「くずう原人まつり」はすでに32回目なのか。。

DSC04380
周りは田畑の広がる景色に。

DSC04381
出流山へ向けてまっすぐ!

DSC04383
あと4km!

DSC04390
でっかいセメント工場のすぐ横をどんどん上る。

・・・とここで、すぐ側の山の中から、キョンキョンと何かの鳴き声が。
DSC04393
しばらく山の中を観察しつつ歩いてると・・・シカ発見!
あの鳴き声はきっとこっちを警戒してるんだろうな。。
結局、この後も10分近くシカの鳴き声が聞こえた。

DSC04398
延々と続くセメント工場見つつ坂を上り、

DSC04409
やっと峠を越えたと思ったら、今度はかなりの急な下り坂。

DSC04410
途中の「立木地蔵尊」にて軽くお参りし、

DSC04420
カーブなんぼまであるん?と思いつつ、急坂&急カーブの道を下る。

DSC04423
眼下にはまたもやセメント工場が。

セメント工場を横目に見つつ、更につづら折りの急坂を下ると、
DSC04429
出流山へ向かう交差点が。
参拝後はここまで戻り、栃木方面へ向かわないといけないのか。

DSC04430
そんな交差点にて栃木市突入。

DSC04431
よーし出流山まであと2km♪

ところで、こんな山中の道なのに、結構車の数が多い。
もしかしてみんなこぞってお寺参り?などど考えつつ歩みを進めて行くと、

DSC04440
そろそろ到着かしら?

DSC04441
道端にあったこの案内板にて、出流山は蕎麦で有名なことを知った次第。
どんどん山へと向かっていく車は、お蕎麦目当てだったんだ~納得!
そういえば、蕎麦ののぼりも至るところに立ってたな。。

DSC04444
ちょうどお昼時ということもあり、お蕎麦屋さんは大盛況。

DSC04445
いやはや。
世の中まだ知らんことだらけですww
DSC04448
路線バスはそれなりに本数あるみたいだけど、今日は頑張って栃木まで歩こう。

たくさんの人で賑わうお蕎麦屋さんを横目に見ながら、
DSC04452
出発から約1時間45分にて、坂東第17番満願寺へ無事到着♪

DSC04456
仁王門からしばし坂を上って行くと、

DSC04460
石段の先に本堂が見えてきた。

DSC04462
本堂にていつものお参り。

そして、ここ満願寺には奥之院もあるみたいなので、
DSC04463
本堂のすぐ横にある受付にて入山料を払い、

DSC04464
いざ奥之院へ。

DSC04466
小雨降る中、山の中へと進む。

DSC04470
静寂に包まれた歴代住職の墓地。

DSC04472
足元が滑りやすいので慎重に。。

そして、入口から10分強にて
DSC04474
やっと奥之院見えた♪
・・・あの上まで登るのか(汗)

小雨に濡れる石段を息を切らしつつ登っていき、
DSC04481
写真ブレブレですが・・・
無事、奥之院へ到着。

DSC04484
この洞窟の奥まで入って参拝できるみたいだけど、ライトが点くまでしばらく時間がかかるとの記述があったため、

DSC04483
外の景色見ながら待機。

そうこうしてるうちに、洞窟の中のライトがパッと点いた。
DSC04495
いざ突入。

ひんやりとした空気に包まれた洞窟の中に入っていくと、
DSC04486
おーなんとすごい鍾乳石!
こんなところにこんな立派なものがあるなんて!!
しばらくの間見とれてしまう。

DSC04488
ちなみにこの鍾乳石は、十一面観音菩薩様なのでした。

DSC04492
感動を覚えつつ、洞窟を後に。

DSC04501
奥之院の下にあった小さな滝は、滝行の場らしい。

DSC04506
天候はイマイチだったけど、ここまで来て本当によかった!

来た道を滑らないよう慎重に戻り、
DSC04510
本堂まで戻ってきた。

DSC04514
本堂から更に下った納経所にてご朱印を頂く。

出入口のすぐ横にあったベンチにて昼食のおにぎりを食べていると、中から出てきたお坊さんがほら貝を吹き始めて、思わず目が釘付けに。。
ほら貝を吹き終わったところで、そのお坊さんとしばしお話し。
ほら貝は我流だと言われてた。毎日決まった時間に練習兼ねて吹いているらしい。
最近は、ほら貝の貝がなかなか捕れなくなってて、以前より価格が高騰してることとか、山岳救助の際、山伏の吹くほら貝の音で遭難した人の状態を知らせることができることとか。
いろんなためになるお話しをありがとうございました!

DSC04515
満願寺で修行してみたい気もする。

DSC04519
すがすがしい気持ちにて、お寺を後に。

DSC04521
来た道を2km戻り、

DSC04526
先の交差点までやってきた。
今度は直進して栃木方面へ。

・・・すみませんが今日のところはここまでm(_ _)m
この日の続きの様子は次回にてお届けします!
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント