みなさまこんばんは。

本日は、9月の4連休シルバーウィークの歩き1日目の続きの様子をお届けします!

さて、小倉駅すぐそばのホテルから約10kmの道のりを2時間半かけて歩き、皿倉山登山口へ到着したワタクシは・・・
DSC02162
入口の案内板にて登山道と所要時間を確認し、いざ皿倉山登山開始♪

トレッキングポールを出したりしている間に、さっそく下山してきた登山者2組とすれ違った。
都会からも近いし、人気の山なんだろうな。

DSC02164
やっぱり定期的に自然の中に身を置きたいと思う今日この頃。

DSC02168
しばらくは舗装道と交わりつつ登っていくパターン。

DSC02173
最初はまだそれほどきつくない登り。

DSC02179
こちらの案内板で再度ルート確認。

まっすぐ登っていくと皿倉平ってところへ出るみたいだけど、そこから皿倉山の山頂に向かうと大回りに見えるので、途中でケーブルカーを横切って地図の左側から登ろうかな。

DSC02181
整備された歩きやすい道を進む。

DSC02185
ここの分岐は、前方にゆっくりを坂を下りてくる年配の女性の姿が見えたのもあり、左折していったんユルめの回り道へ。

DSC02189
元の道へ戻ると、直線的な階段攻撃を受け息も上がる。

しばしの階段攻撃を終えると、
DSC02190
皿倉平と国見岩との分岐点が。
ここは、さっき案内板で確認したとおり、左側の国見岩方面へと進む。

しかし、後になって皿倉平経由のコースが一番ポピュラーなコースだと知ることに。。。

DSC02191
いままではとってもきれいに整備された道だったけど、突然狭くてあまり人が歩いていない雰囲気の道へと変わった。

とはいえやはり人気の山、時々登山者とすれ違いながら進む。
DSC02193
ケーブルカーの線路(?)をくぐりぬけ、

DSC02197
この花たくさん咲いてた。
ミズヒキかな。

DSC02199
お花を愛でつつ静かな道を進む。

DSC02205
この花もカワイイ♪
ヤマジノホトトギスであってる?

DSC02211
ここでまた分岐点が出現。
もう一気に山頂へ行きたいので、山頂直登ルートへ進む。

DSC02213
目の前に見えてきたでっかい岩は、

DSC02214
「岩見台」でした。。

DSC02219
その後もすこしきつめの登りが続く。

DSC02221
しかも落ち葉で道が隠れとる(汗)

若干難儀しつつも坂を登って行き、
DSC02223
ヤッター山頂まであと250m♪

DSC02227
振り返ると、眼下には北九州市街地や関門海峡を一望!

DSC02233
そして景色が開け、目の前には人口建造物が。

DSC02238
パラグライダーも飛んどる。

DSC02241
ケーブルカーで登ってきた観光客に紛れつつ、最後の階段を登って行き、

DSC02243
登山口から約1時間20分にて、標高622mの皿倉山山頂に到着♪

DSC02249
早速展望台からの景色を堪能。
こちらは北側の北九州市街地方面。右手奥に見えるのは本州。

DSC02251
こちらは西側の宗像方面。

DSC02256
一通りぐるっと景色を堪能し、昼食のいつものコンビニおにぎりをベンチにて食す。

DSC02268
山頂まで一気にケーブルカーで行けるのかと思ってたけど、展望台まではケーブルカー山頂駅からこのスロープカーに乗り継ぐ必要があるみたい。

DSC02271
パラグライダーの方たちが飛び立つ瞬間は、結局見ることができず。

DSC02277
さてでは下山するかな。

DSC02282
登りの際はスルーした皇后国見岩に寄ってみる。

DSC02283
高所恐怖症なので・・・
ここまででやめときます。。。

DSC02289
山から下りたら最寄りのJR駅まで歩き、電車にて小倉に戻るつもり。
なので、できるだけ駅に近い道を進みたい。

その結果、上りとは違う道を進むことにしたけど、これが大きな間違いだった・・・(汗)

DSC02290
急な坂道をどんどん下る。

DSC02304
そしてまたもや目の前に分岐点が出現。
神山登山口か・・・たぶんここを進めば一番近道のはず。

そうして進んだ道は、
DSC02308
途中からどこが道なのか分からん(大汗)しかも傾斜が急だし(汗)
ずるずると斜面を滑りながら、ピンクリボンをたどりながら進む。

DSC02316
山道をリボンを頼りに進むのは初めて。

約20分の格闘の後、
DSC02319
やっと、道らしい場所にでて一安心。

DSC02323
しかし、まだ予断を許さない状況。

DSC02331
沢で行き止まりになってたらどうしようかと思ったけど・・・
対岸に渡ることができ、

DSC02333
無事山道から脱出(超安堵)

ここまでの下山時間は1時間。
確かにショートカットはできたんだろうけど・・・初めての山ではメジャーな道を歩くべきだと超反省。(反省だけならサルでもできる。。)

DSC02334
振り返ると山への入口はこんな感じ。

DSC02336
あとはひたすら下界へと進むのみ!

DSC02341
行きに見上げた大谷ジャンクションを通過し、

DSC02351
見覚えのある風景まで下りてきた。そういえば、ここで直進して登って行く道があったなぁ。
でも、登山道だなんて一言も書いてなかった(気がする)

DSC02353
神山町バス停をしっかりと確認し、、

更に坂をずんずん下る。
DSC02359
市街地に入ってきた。

DSC02364
そして国道まで戻ってきた。

当初はJR八幡駅から電車に乗ろうと思ってたけど、ここから1kmぐらい先みたい。
八幡駅は方角的に小倉から遠ざかってしまうので、それほど距離も変わらない小倉側のスペースワールド駅まで歩こう。

DSC02367
無料で見学できる東田第一高炉史跡広場を突っ切る。

DSC02377
ここ東田第一高炉跡は世界文化遺産の一部ですので、興味のある方はぜひ!

DSC02387
この先を左折すれば、スペースワールド駅はすぐそこ。

DSC02391
以前絶叫マシンであふれかえってた遊園地のスペースワールドは、残念ながら2017年の大晦日に閉園となってしまった。
すっかり更地となってしまった跡地をしんみりと眺めつつ通り過ぎ、

DSC02392
本日のゴール、スペースワールド駅に無事到着。

女子二人組があわてて改札へ走って行くのを見て、一緒になってホームまで走っていったらちょうど電車がやってきた。
電車に乗り込み、ホテルへと帰還。


思いのほかハードな歩きになってしまい、本命のハマさんのワークショップは、ヘロヘロ状態でした。。

///
歩行日 :2020年9月19日
歩行場所:福岡県北九州市(小倉駅すぐそばのホテル~皿倉山山頂~スペースワールド駅)
歩行時間:5時間44分 
歩行距離:17km(超アバウト)
2020年9月の歩行距離:58km
2020年の歩行距離:227km