広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。最近は古寺巡礼や旧街道歩きをメインに歩いてます。

徒歩

神戸から北の大地へ

みなさまこんにちは。

本日からは、10月の北海道の歩きの様子をお届けします!

さて、北海道へ行くのは約2年ぶり。今回の大目的は現在札幌にお住まいの友人のふみさん・あゆみさんに会うことと、あゆみさんが旭川でボディワークのワークショップを開催するとのことで、旭川まで歩き、ワークショップに参加すること。あと、札幌にてハマさんのプライベートレッスンを受けること。。

しかしそんな北海道行きの直前に、なんということか腰を痛めてしまい・・・しかも今回は神経痛のおまけつきorz
神経痛って、寝てても痛いんだった(汗)などど久しぶりに思い出したりしながらも、出発日にはゆっくりならなんとかマトモに歩けるまで回復。

北海道までの移動は、いつも利用してた広島空港発新千歳空港行きのANAの直行便がコロナ影響で運休中のため、かなりお安く行けることが判明した神戸空港からのスカイマーク便をチョイス。

10月14日(水)
さて、そんなこんなでいよいよ出発の日。
恐る恐る家でザックを背負ってみたら、なんとか歩けそうな雰囲気。

新幹線にて広島から約1時間10分で新神戸駅へ到着。
DSC02623
新神戸駅から神戸空港までの距離は10km弱。当初は歩いて行こうかと思ってたけど、こんな状態なのであえなく断念。

とは言いつつも、翌日は北海道で30km以上歩かないといけない。
とりあえずちゃんと歩けるか確認しておきたかったので、新神戸駅から三宮駅までの約1kmを歩いてみることに。

どこから一般道に出たらいいのか一瞬分からずオロオロしてしまいましたが、
DSC02624
気を取り直していざ三宮へに向かって出発。

DSC02625
ちなみに、新神戸駅はこんな感じで山すその坂の上にあります。

DSC02628
ところで、よく考えたら神戸の街を歩くのは超久しぶり。
神戸って、やっぱりオシャレな街だなぁ。

DSC02629
花壇のお花もなんとなくスタイリッシュな感じ。

DSC02630
今後の参考にしようww

DSC02631
とりあえず、腰は歩けないほどの痛みは出ず一安心。

DSC02633
あの高層ビルのある付近が三宮駅かな。

DSC02634
オシャレな雰囲気についつい撮影。

DSC02635
歩道橋の上り下りがまだちょっとしんどいけど、

DSC02637
無事、三宮駅に到着♪

DSC02638
駅前のハロウィンの飾りつけもオシャレな雰囲気。

三宮駅からは初めて乗車するポートライナーにて、神戸空港へと向かう。
DSC02640
ガラガラでよかったと思いつつ乗車。

DSC02644
車窓からの神戸港の眺めにコーフンしながらも、

DSC02645
お初の神戸空港へと到着。

DSC02647
これまたお初のスカイマークに乗り、

DSC02649
予定時間より前倒しで、無事新千歳空港へと到着。

しかし、広島から神戸に移動する新幹線代より、神戸から北海道へ移動する飛行機代の方が安いとは・・・。

DSC02651
新千歳空港から、JRにて岩見沢まで移動。

車窓から見えるセイコーマートの看板に北海道へ来たことを実感しつつ、札幌駅でギリギリで乗り継ぎできてほっとしつつも、
DSC02653
そぼ降る雨の中、21時半ごろ岩見沢駅に到着し、駅近くのホテルへ投宿。
翌日からの歩きに備えて、しっかりと湿布を貼り(!)就寝。

次回からは北海道での歩きの様子をお届けします!

(今回の歩きカウントはなし)

英彦山へと向かう道(石原町~添田)

みなさまこんばんは。

すっかり更新が遅くなってしまいましたが、、、
本日は、9月の4連休シルバーウィークの歩き2日目の様子をお届けします!


2020年9月20日(日)

さて、今年のシルバーウィークは4連休だったけど、今回のお出かけは3日目の午前中には広島へと帰るため、ガッツリ歩くのはこの日だけ。
ここで、以前から行きたいと思ってた英彦山(ひこさん)へガッツリ登りたいトコロだけど、、
過去歩きルートから英彦山まで1日で行くのはちょっと厳しいのと、英彦山方面へ向かうJR日田彦山線は3年前の水害のため添田駅から先は不通で代行バスでの運行となっているため、この日はちょうど距離的にもキリのいい添田駅まで歩くことに。

小倉駅から今回のスタート地点に設定した石原町駅まで、JR日田彦山線にて移動。
DSC02393
途中でICカードが使えないことに気づき、一瞬焦りましたが。。

無事石原町駅にて下車し、駅の外に出てみると、
DSC02397
お祭りかな?
小さなお神輿を担いだ人たちと、神主さんがお家を回って行くシステムみたい。
思わずしばし見入る。

DSC02396
お祭りを見入った後、8時40分頃出発!

DSC02401
まずは以前歩いた国道へ。

DSC02402
程なく、超久しぶりの国道322号線にて、過去歩きルートと接続。

DSC02405
以前歩いた際は、この交差点を左折してカルスト台地の平尾台を経由して行橋(ゆくはし)までへ行ったんだ。

DSC02408
進行方向左側の山は石灰岩の鉱山。
独特の山肌を眺めながら進む。

DSC02410
とんがった山容も印象的。

DSC02412
田んぼのあぜにはヒガンバナが。

DSC02421
途中からしばし旧道を進む。

DSC02426
石灰岩の白い岩肌が近くに。

DSC02430
まだ稲刈り前の黄金色の田んぼは、赤いヒガンバナがとっても映える。

DSC02439
所々に小さなお堂があったり。

約3km静かな旧道を進み、
DSC02441
こちらの交差点にてバイパス道と合流。

DSC02443
しばらくずんずん上り、トンネルを超えた後は、
DSC02452
ずんずん下る。

ここで、農作業を終えてお家へ帰る途中のご夫婦が。お母さんから、「〇〇岳登りに行くの?」と話しかけられた。
残念ながら山登りではなく、歩いてることをお伝えしてほんの少しの会話でしたが・・・
九州の方独特の明るさで、元気でました!

DSC02454
あちこちに咲くヒガンバナを眺めながら、ずんずん下り坂を進んで行くと、

DSC02464
右手に「採銅所」なる駅が。
なんとも気になる駅名だし、ちょっと寄ってみようか。

DSC02466
ちなみにここは香春(かわら)町

坂を上り、
DSC02470
程なく採銅所駅に到着♪

大正時代に建てられたという駅舎をしばし眺めて、
DSC02471
駅舎のすぐそばにあった地図をしばし眺めると、どうも、このすぐ近くから香春岳(三ノ岳)に登れるみたい。

そうか~さっきのお母さんは、ワタシが香春岳に登るんだと思ってたのか。納得!
天気もいいし登ってみたい気もするけど、必要最小限の食料しか持ってないし、今日は添田まで歩きたいし。。
残念だけどまたの機会にしよう。

採銅所駅から来た道を戻り、
DSC02477
国道の手前にあった旧道を進む。

途中、明らかに登山帰りとおぼしき男性とすれ違ったりしつつ、
DSC02482
右手に見えるのが三ノ岳。


DSC02485
ここから山に登れるのか。
また今度!

DSC02489
さて、今日のゴールはまだ10km以上先。

DSC02491
・・・とここで、またもや農作業から帰ってきたっぽいおじさんに話しかけられた。
添田まで歩いて行くことをお伝えすると、この先の旧道に珍しいトンネルがあるからぜひ寄ってみてといわれた。
これまた明るい人柄のおじさんで元気出ました!

DSC02499
トンネル探しに少々難儀しましたが、、、

DSC02500
無事発見♪

さっきのおじさんに会ってなかったらたぶん寄ってなかったし、仮にこのトンネルを通ってたとしてもなんの気もなくスルーしてたに違いない。

DSC02505
このトンネルは、まっすぐじゃなくねじれた構造となっているところが珍しいらしい。
DSC02506
中のレンガ積みを見ると、確かに斜めになってる~
いやはや勉強になりました!

DSC02510
日田彦山線の列車を眺めつつ、先へと進む。

DSC02514
この交差点で以前歩いたルートとまたもや合流。

DSC02515
あの歩道橋見覚えがある!
懐かしい~

DSC02519
以前歩いたルートは川向こうの道だったなぁ。
などど思い出しつつ川沿いの道を1km程度進み、

DSC02527
こちらの交差点にて、過去歩きルートを横断。

セメント工場跡へ向かうコンベアや、
DSC02528
セメント工場跡を懐かしく眺める。

コンビニでしばし休憩し、先へと進む。
DSC02530
添田まではあと10km程度。このとき時刻は12時24分。
もしかして14時36分発の列車に乗れるかも?!

日田彦山線は本数が少なく、14時36分を逃すと次は約1時間後。
少しでも早くホテルに帰ってのんびりしたいので(最近いつもこんな感じ。。)、
DSC02533
のんびり歩いてたら100%間に合わないので・・・
またもや走ります。。

DSC02540
時間がないといいつつも、平成筑豊鉄道の踏切でちょうどやってきたカワイイ列車を撮影。

DSC02545
田川市突入。

DSC02548
そして程なく大任(おおとう)町へ。

DSC02555
川沿いの気持ちのいい道に出た。

DSC02563
かなり規模の大きい道の駅はスルー。

そのまま進むと歩道なさげだったので、
DSC02568
川の対岸の遊歩道を走りつつ進む。

DSC02576
元の道へと戻る際に、カワセミを見つけたけど・・・
上手く撮れず残念orz

川沿いの県道から見えた、
DSC02584
平行して走る立派なこちらの道へ。

そういえば、道の駅から延々とお花が植えてある。
すごいなぁと思ってたら、
DSC02583
大任町は「花としじみの里」だった!

DSC02594
ここは桜並木か。
春に来たらキレイなんだろうな。

DSC02596
そんなことを思いつつも、汗かきつつ延々と走る。
まさかの上り坂に苦しめられながらも、

DSC02600
こちらの交差点にて、元の県道へと復帰。

今思えば、この交差点を直進すればよかったんだけど、なんとなく左折し、、

時計と地図とをにらめっこしながら走り続け、
DSC02604
この交差点を右折すればもうすぐ添田駅だ!
ヤッターあと20分ある♪

・・・がしかし、、、
焦り過ぎたのが裏目に出て、しばし道に迷いましたorz
(地図アプリはよっぽどのことがない限り見ません・・・)

ちょっと道を戻ったところにあった役場の前で、ATMに向かうおじさんを発見。
道を尋ねたところ親切に教えてくださった。

DSC02609
完全に駅を通り過ぎてた(**)
でも、なんとか間に合いそう。

そして先程のおじさんが、車で通りすがりに「ここが駅だよ~」と声を掛けてくださった。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
DSC02611
そんなこんなで、無事、本日のゴール地点の添田駅に到着。

DSC02612
ちょうど代行バスもやってきた。

時刻通りにやってきた列車に乗り込み、途中爆睡しつつ小倉駅へ到着。
DSC02616
小倉駅では、ちょうどホームでセレモニー中。

駅構内で、名物のかしわうどんを堪能しホテルへと帰還。
そして翌日の朝、広島へと帰還したのでした。。

///
歩行日 :2020年9月20日
歩行場所:福岡県北九州市(石原町駅)~福岡県添田町(添田駅)
歩行時間:5時間42分 
歩行距離:27km
2020年9月の歩行距離:85km
2020年の歩行距離:254km

Go To 皿倉山(その2)

みなさまこんばんは。

本日は、9月の4連休シルバーウィークの歩き1日目の続きの様子をお届けします!

さて、小倉駅すぐそばのホテルから約10kmの道のりを2時間半かけて歩き、皿倉山登山口へ到着したワタクシは・・・
DSC02162
入口の案内板にて登山道と所要時間を確認し、いざ皿倉山登山開始♪

トレッキングポールを出したりしている間に、さっそく下山してきた登山者2組とすれ違った。
都会からも近いし、人気の山なんだろうな。

DSC02164
やっぱり定期的に自然の中に身を置きたいと思う今日この頃。

DSC02168
しばらくは舗装道と交わりつつ登っていくパターン。

DSC02173
最初はまだそれほどきつくない登り。

DSC02179
こちらの案内板で再度ルート確認。

まっすぐ登っていくと皿倉平ってところへ出るみたいだけど、そこから皿倉山の山頂に向かうと大回りに見えるので、途中でケーブルカーを横切って地図の左側から登ろうかな。

DSC02181
整備された歩きやすい道を進む。

DSC02185
ここの分岐は、前方にゆっくりを坂を下りてくる年配の女性の姿が見えたのもあり、左折していったんユルめの回り道へ。

DSC02189
元の道へ戻ると、直線的な階段攻撃を受け息も上がる。

しばしの階段攻撃を終えると、
DSC02190
皿倉平と国見岩との分岐点が。
ここは、さっき案内板で確認したとおり、左側の国見岩方面へと進む。

しかし、後になって皿倉平経由のコースが一番ポピュラーなコースだと知ることに。。。

DSC02191
いままではとってもきれいに整備された道だったけど、突然狭くてあまり人が歩いていない雰囲気の道へと変わった。

とはいえやはり人気の山、時々登山者とすれ違いながら進む。
DSC02193
ケーブルカーの線路(?)をくぐりぬけ、

DSC02197
この花たくさん咲いてた。
ミズヒキかな。

DSC02199
お花を愛でつつ静かな道を進む。

DSC02205
この花もカワイイ♪
ヤマジノホトトギスであってる?

DSC02211
ここでまた分岐点が出現。
もう一気に山頂へ行きたいので、山頂直登ルートへ進む。

DSC02213
目の前に見えてきたでっかい岩は、

DSC02214
「岩見台」でした。。

DSC02219
その後もすこしきつめの登りが続く。

DSC02221
しかも落ち葉で道が隠れとる(汗)

若干難儀しつつも坂を登って行き、
DSC02223
ヤッター山頂まであと250m♪

DSC02227
振り返ると、眼下には北九州市街地や関門海峡を一望!

DSC02233
そして景色が開け、目の前には人口建造物が。

DSC02238
パラグライダーも飛んどる。

DSC02241
ケーブルカーで登ってきた観光客に紛れつつ、最後の階段を登って行き、

DSC02243
登山口から約1時間20分にて、標高622mの皿倉山山頂に到着♪

DSC02249
早速展望台からの景色を堪能。
こちらは北側の北九州市街地方面。右手奥に見えるのは本州。

DSC02251
こちらは西側の宗像方面。

DSC02256
一通りぐるっと景色を堪能し、昼食のいつものコンビニおにぎりをベンチにて食す。

DSC02268
山頂まで一気にケーブルカーで行けるのかと思ってたけど、展望台まではケーブルカー山頂駅からこのスロープカーに乗り継ぐ必要があるみたい。

DSC02271
パラグライダーの方たちが飛び立つ瞬間は、結局見ることができず。

DSC02277
さてでは下山するかな。

DSC02282
登りの際はスルーした皇后国見岩に寄ってみる。

DSC02283
高所恐怖症なので・・・
ここまででやめときます。。。

DSC02289
山から下りたら最寄りのJR駅まで歩き、電車にて小倉に戻るつもり。
なので、できるだけ駅に近い道を進みたい。

その結果、上りとは違う道を進むことにしたけど、これが大きな間違いだった・・・(汗)

DSC02290
急な坂道をどんどん下る。

DSC02304
そしてまたもや目の前に分岐点が出現。
神山登山口か・・・たぶんここを進めば一番近道のはず。

そうして進んだ道は、
DSC02308
途中からどこが道なのか分からん(大汗)しかも傾斜が急だし(汗)
ずるずると斜面を滑りながら、ピンクリボンをたどりながら進む。

DSC02316
山道をリボンを頼りに進むのは初めて。

約20分の格闘の後、
DSC02319
やっと、道らしい場所にでて一安心。

DSC02323
しかし、まだ予断を許さない状況。

DSC02331
沢で行き止まりになってたらどうしようかと思ったけど・・・
対岸に渡ることができ、

DSC02333
無事山道から脱出(超安堵)

ここまでの下山時間は1時間。
確かにショートカットはできたんだろうけど・・・初めての山ではメジャーな道を歩くべきだと超反省。(反省だけならサルでもできる。。)

DSC02334
振り返ると山への入口はこんな感じ。

DSC02336
あとはひたすら下界へと進むのみ!

DSC02341
行きに見上げた大谷ジャンクションを通過し、

DSC02351
見覚えのある風景まで下りてきた。そういえば、ここで直進して登って行く道があったなぁ。
でも、登山道だなんて一言も書いてなかった(気がする)

DSC02353
神山町バス停をしっかりと確認し、、

更に坂をずんずん下る。
DSC02359
市街地に入ってきた。

DSC02364
そして国道まで戻ってきた。

当初はJR八幡駅から電車に乗ろうと思ってたけど、ここから1kmぐらい先みたい。
八幡駅は方角的に小倉から遠ざかってしまうので、それほど距離も変わらない小倉側のスペースワールド駅まで歩こう。

DSC02367
無料で見学できる東田第一高炉史跡広場を突っ切る。

DSC02377
ここ東田第一高炉跡は世界文化遺産の一部ですので、興味のある方はぜひ!

DSC02387
この先を左折すれば、スペースワールド駅はすぐそこ。

DSC02391
以前絶叫マシンであふれかえってた遊園地のスペースワールドは、残念ながら2017年の大晦日に閉園となってしまった。
すっかり更地となってしまった跡地をしんみりと眺めつつ通り過ぎ、

DSC02392
本日のゴール、スペースワールド駅に無事到着。

女子二人組があわてて改札へ走って行くのを見て、一緒になってホームまで走っていったらちょうど電車がやってきた。
電車に乗り込み、ホテルへと帰還。


思いのほかハードな歩きになってしまい、本命のハマさんのワークショップは、ヘロヘロ状態でした。。

///
歩行日 :2020年9月19日
歩行場所:福岡県北九州市(小倉駅すぐそばのホテル~皿倉山山頂~スペースワールド駅)
歩行時間:5時間44分 
歩行距離:17km(超アバウト)
2020年9月の歩行距離:58km
2020年の歩行距離:227km

保津峡から嵐山へ

みなさまこんばんは。

先週はお出かけのため、更新おサボりしてしまい失礼しましたm(_ _)m

本日は9月始めの京都の歩き3日目の続きの様子をお届けします!

さて、亀岡駅から明智越ハイキングコースを抜けて保津峡まで歩いてきたワタクシですが、、
あとは本日のゴール地点に設定した嵐山まで向かうことに。

DSC01935
保津川下りの船を見ながら、

DSC01937
下り坂をどんどん進む。

DSC01940
保津川はここで大きく蛇行。

DSC01942
トンネルを抜け、

DSC01943
橋を渡り、

DSC01944
落合到着。
川遊びしてる人たちの歓声が谷間に響く。

DSC01947
ここから清滝に行くのも楽しそうだけど、予定通り嵐山へ向かおう。

DSC01948
東海自然歩道の地図でルートを確認し、

DSC01949
いざ、嵐山に向かって坂を上る。

DSC01952
ヘアピンカーブをずんずん上る。

DSC01958
まだ上るんかい?!
そして暑い・・・

DSC01967
ようやく峠の頂上へ到着♪

DSC01968
ちなみにこの峠は六丁峠。
そして気温は32度。。

DSC01969
峠からの下りは、上りとは打って変わり1.5車線の薄暗い道。

DSC01975
しばらく管理の行き届いた杉林の中の下り坂を駆け足で進んで行くと、

DSC01979
目の前に見覚えのある風景が♪
嵯峨野到着~

DSC01981
振り返ると、左が今日保津峡から歩いて来た道。
右の道は去年歩いた清滝へと向かう道

DSC01982
しかし去年と比べると、明らかに人通りが少ない・・・
というか誰もいない(汗)

DSC01986
進めど人は一人もおらず。

DSC01994
閉まっているお店も多い。

DSC01997
相変わらず観光客はほぼ皆無。

DSC02005
二尊院の前まで来ると、やっと人もちらほら。
参拝はせず、そのままスルー。

DSC02010
写真には写りこんでないけど、ここまで来るとやっと観光客の姿があちこちに。

DSC02021
竹林をのんびりと散策し、

DSC02025
野宮(ののみや)神社を参拝。

DSC02032
だいぶ観光客も増えてきた。

DSC02034
嵐山のメインストリート(?)に到着。
人出は去年までと比べると圧倒的に少ないけど、それでも思ってたよりは多い印象。

DSC02040
定番の渡月橋を眺めて、

DSC02049
JR嵯峨嵐山駅にて、今日の歩きは終了~

DSC02050
京都駅到着後、思わず京都タワー方面に出てしまった図。

DSC02053
京都滞在中、ホテルの部屋から毎日眺めてた京都タワー。
最終日はグリーン&レッドにライトアップされて感激!

翌日、のんびりとホテルをチェックアウトし広島へ帰還。


このときはまだ閑散としてた嵐山も、シルバーウィークあたりから人出も戻ったようでなんだがホッとしました。
(^^)

///
歩行日 :2020年9月5日
歩行場所:京都府亀岡市(亀岡駅)~京都府京都市(嵯峨嵐山駅)
歩行時間:4時間38分 
歩行距離:19km(超アバウト)
2020年9月の歩行距離:41km
2020年の歩行距離:210km

明智越ハイキングコースから保津峡へ

みなさまこんにちは。

本日は9月始めの京都の歩き3日目の様子をお届けします!

さて、この日は天気もよさげなので、以前から歩いてみたかった保津峡へ行ってみることに。
亀岡駅をスタートし、山道の明智峠を越える明智越ハイキングコースを進み、保津峡まで抜けたあとは嵐山まで歩いてみることに。

9月5日(土)
京都駅からJR山陰本線にて亀岡駅まで移動。
DSC01713
道順を確認し、9時ごろ出発!

DSC01718
今年オープンしたばかりらしい超立派なサンガスタジアムを見つつ、

DSC01719
のどかな田園風景を眺めつつ、

DSC01728
立派な橋を渡る。

DSC01729
しかしながら、色々ネットでは調べてはみたものの、明智越ハイキングコースの入口がイマイチよくわからんのでちょっぴり不安。
方角的にはこの橋を渡り切ってすぐ右方向に行けばいいはずなんだが。。

DSC01730
つーことで橋を渡ってすぐの交差点を右折。

神社の前を通り過ぎ、
DSC01733
お地蔵さんが並ぶ坂道を上ると、

DSC01735
しばらくは平坦なのどかな道。

突き当りの上り坂をそのまま進もうかと思いつつ、
DSC01743
なんとなく道なりに進んでいくと、水尾への看板が。
・・・このまま進むといかん。。

来た道を少々戻り、石仏佇む道を上る。
DSC01749
そのまま山側へと上って行くと、

DSC01751
亀岡駅から約30分にて、無事明智越の入口を発見♪

DSC01752
明智越の説明版をサラッと眺めて、

DSC01754
いざ、明智越ハイキングコースへ突入。

DSC01755
看板はたくさんあり、道迷いの心配はなさそう。
しかし、ハイキングコースに入ってからハエがわんさかいるのですが
(**)

DSC01763
道はまあまあフツーだけど、執拗なハエの攻撃を受けつつ進む。

DSC01774
看板は一定間隔で立っていて超安心。

DSC01776
ハエ攻撃は高度を上げていくうちにいつの間にか終了。
倒木があちこちにあるけど、おおむね歩きやすい道を進む。

DSC01778
ハイキングコース入口から30分にて、清和天皇を祀る峯の堂(むねんどう)通過。

DSC01792
尾根道に出ると周りの木がほとんど倒れてる。

DSC01801
やっと眺めのいい場所に出た。
京都市街地方面を望みながらも、
DSC01802
足元はこんな感じ(汗)

DSC01808
危険個所はおっしゃる通りに迂回。

DSC01812
しばらく坂を上ると、目の前に鉄塔が。

DSC01814
2つの鉄塔の真下を通過し、

DSC01820
ここから元の道に戻るのか。

DSC01822
この図を見てようやく状況を把握。

DSC01824
しばらく坂を下り、元の道に合流。

DSC01827
進行方向左側に見えるのは愛宕山であってるかな?

DSC01834
枝の上で佇むトンボを眺めたりしながら、

DSC01836
下り坂を小走りで進んで行くと、

DSC01842
目の前にはまたもや鉄塔。

そして、山道に入ってから初めて他の登山者とすれ違った。
結局、明智越ハイキングコースを歩いている間に出会ったのはこの男性1人だけ。

DSC01845
まだまだ暑いけど、山の上の風は心地いい。

DSC01847
赤い岩肌の道はとっても歩きにくい。
雨あがりとかじゃなくてよかった。。

DSC01852
転ばないように慎重に進む。

DSC01854
足元の悪い道が終わったところで、JR保津峡駅への看板があり一安心。

DSC01855
杉林の道をしばらく進むと、

DSC01860
この小川に架かる橋にて、明智越ハイキングコースは終了~
ハイキングコース入口からここまでの所要時間は、1時間40分程度。

DSC01862
とりあえずJR保津峡駅方面へ向かおう。

DSC01871
しばらくは清流の流れとともに進み、

DSC01874
県道と合流。

DSC01879
県道に入ると、何人ものロードバイクの人たちとすれ違う。

DSC01883
この辺はどうも保津峡ハイキングコースらしい。

DSC01886
ここもかなりの倒木が。

DSC01889
この道を途中まで下ってみたけど、川まで下りてしまうみたいで結局元の道へと戻り、

DSC01893
ほどなく行きのJRの車窓からも見えた、保津峡橋に到着。

DSC01896
保津峡橋の先にJR保津峡駅があるけど、ここは駅まで行かずにそのまま進もう。

先程の分岐点を左に進み、
DSC01902
嵯峨野トロッコ列車の保津峡駅方面へ。

DSC01904
そうこうしてると、遠くからトロッコ列車の汽笛が聞こえてきた。

DSC01906
なんともかわいい列車!
今度京都に来たらぜひ乗ってみよう♪

DSC01908
トロッコ列車が通り過ぎたあとも、歓声を上げながら保津川をボートで下って行く人たちをしばし眺める。

DSC01911
道幅が狭いながらも時々車が通り過ぎて行く道をどんどん下り、

DSC01916
保津峡の看板とともに、川の対岸にトロッコ保津峡駅を発見♪

DSC01919
橋を渡って対岸へ。

DSC01921
なんとも気持ちのいい景色を眺めながら、

DSC01922
トロッコ保津峡駅に到着♪

DSC01925
しかしあてにしていたトイレが見当たらないのですが?!
どうも、線路を渡った先にトイレがあったみたいだけど、このときは全然気づかず、、
とりあえずお昼休憩することに。

駅のベンチでいつものコンビニおにぎりをのんびりと食す。
DSC01924
ちょうどお昼のサイレンが鳴る中、橋を渡り元の道へ戻る。
あとは嵐山に向けて進もう!


・・・またもや長くなりそうなので、、、今日はここまで。
保津峡から嵐山までの様子は、次回お届けします!
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント