広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

徒歩

久しぶりの松山市街地お散歩と初めての三津浜港までのお散歩

みなさまこんにちは。

本日は、10月の歩き2日目の様子をお届けします!


さて、先日は前泊ついでに山頭火ゆかりの一草庵を訪ねたワタクシでしたが・・・翌朝は今回の目的地である瀬戸内海に浮かぶ中島へと移動することに。

松山から中島へのフェリー・高速船は、三津浜港・松山観光港・高浜港の3港から発着しており、中島側も大浦港、神浦(こうのうら)港、西中港の3港に発着してる。
発着の時刻や移動時間を考慮し、行きは三津浜港から中島の神浦港へフェリーで移動し、帰りは神浦港から高浜港まで高速船に乗ることに。


2021年10月2日(土)

という訳で、、、まずは宿泊した勝山電停近くのホテルから、三津浜港までの移動。
DSC09164
宿泊費2000円台と超激安だったため迷わすチョイスしたアビスイン道後・松山を後にし、

DSC09166
伊予鉄道大手町駅までの約2kmをゆるゆるとお散歩。

DSC09168
松山の中心地である大街道のアーケード街前を通過し、

DSC09171
坂の上の雲ミュージアム前を通過。

「坂の上の雲」は、途中で読むの挫折したけど(苦笑)、今度松山に来る際は、砥部で焼き物を見て、道後温泉に宿泊して、この坂の上の雲ミュージアムにぜひ来よう♪

DSC09172
変わらず優美な姿の松山県庁を眺め、

DSC09173
お堀を渡り、

DSC09180
山上の松山城を懐かしく眺めながら、公園を突っ切る。

DSC09182
松山の路面電車は、オレンジ色(ミカン色。。)を基調とした車両が多い。

途中のコンビニでお買い物したりしながら、
DSC09184
伊予電鉄の大手町駅に到着。
(ここまでの歩きルートは、今まで歩いた場所が混在してるのでカウントなし。)

大手町駅から三津駅までは電車にてあっという間の約10分。
DSC09185
この三津駅から三津浜港まで歩くのは初めて。
8時20分頃出発。

しかし、今気づいたけど、三津駅と過去歩きルートが繋がっていなかった・・・orz
⇒今後の宿題です。。(フラグ)

DSC09190
交通量の少ない道をのんびりと進む。

DSC09192
ちなみにこの道は一応国道。

DSC09193
昔の風情を残す建物をすり抜けて、

DSC09197
三津浜港の待合所に到着♪

検温のサーモカメラを眺めながらチケットを購入し、
DSC09203
やってきたフェリーへと乗船。

DSC09204
海は今日もベタ凪で快適。

途中またもや爆睡しつつ、
DSC09205
1時間弱の船旅にて10時ごろ中島へ上陸♪

DSC09207
このフェリーは忽那(くつな)諸島の島々を転々と周っていき、最終的には中島の神浦港の反対側にある西中港まで約2時間半の航路。

フェリーを見送った後はいそいそと身支度をし、いよいよ2か月ぶりの歩きスタート♪・・・というところなのですが、、、
今日のところはここまでm(_ _)m

中島での歩きの様子は、次回お届けします!

//
歩行日 :2021年10月2日(土)
歩行場所:愛媛県松山市(三津駅~三津浜港)
歩行時間:17分 
歩行距離:1.5km
2021年10月の歩行距離:6km
2021年の歩行距離:531km

新潟縦断200kmゴールへと向かう道(弥彦~新潟)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き6日目最終日の様子をお届けします!


2021年7月23日(木)

さて、久々にハードな道のりだった今回の新潟県縦断歩行も、とうとう今日が最終日。
やっと終わるんだ、もう終わってしまうんだ。と相反する気持ちが渦巻きつつ、おいしく朝食のバイキングを頂いてから身支度を済ませ、
DSC08769
8時にはお宿を出発。

DSC08776
もう一度、朝の気持ちのいい空気の中彌彦神社を参拝し、

DSC08788
境内のニワトリやらウコッケイやらシカさんやら眺めたのち、

DSC08794
いざ、今回の歩きのゴール地点である新潟駅へ!

DSC08796
しばらくはゆるゆると続く下り坂。

DSC08801
北国街道の旧道に入ってみたり。

DSC08804
庚申塚とともに旧道は終了。

一瞬、旧道っぽい道に進んでみたけど、どうも方向がちがっててすぐに元の県道へ戻ったりもしましたが、、

DSC08817
トウモロコシ畑もあったりしながらも、

DSC08828
田んぼと青空が果てしなく続く気持ちのいい道を進む。

DSC08835
木陰でお休み中のヤギさんにあいさつしたり、

DSC08836
冬になったらかなり雪が積もるんだろうな・・・などど思ったりしつつ、

DSC08842
歩道ありの気持ちのいい道は終了し、歩道なしの路肩狭い道へ。

DSC08852
結構交通量も多いので、ここで一番ショートカットできそうな道へ進むべくこの交差点を右折し、数百メートル先を左折。
農道なので、歩道なしの確立が高いんだろうな・・・と思いつつ目的の道へ進んでみると、
DSC08855
確かに農道自体には歩道はなかったけど、農道と並行して別の道が♪
これなら安心して進めそう。

DSC08857
青く広がる田んぼを横目に見つつ、

DSC08858
農道脇の道を快適に進む。

そんな快適な脇道も、
DSC08863
途中から未舗装路に変わり、

DSC08870
こちらにて残念ながら終了。

DSC08874
相変わらず歩道はなく、まあまあ交通量もあって少々ストレスのある道を進んていくと、

DSC08875
目の前にT字交差点が。

ここで、今回の旅より大活用のカイシャケータイ(iPhone)のマップにて進路確認。
この交差点は左折せよと仰せられましたので、
DSC08877
川沿いの道をショートカットしつつ、

DSC08878
目的の県道へ。
しかしこの道も歩道なさそう。。

ここで辺りを見渡すと、県道から少し入った川沿いに道が見える。
iPhoneマップで確認したところ、そのまま進んで行けそうな雰囲気。

その前に、県道の横に雰囲気よさげなお店があったので、
DSC08881
当分コンビニもなさそうなので、ちょっと寄ってみるか。

おにぎりとあんこのお饅頭を購入し、
DSC08883
デッキの日陰で涼みつつ、自分としてはちと長めの30分弱のお昼休憩。

休憩後はまた炎天下の空の下、
DSC08886
川沿いの道を進む。

DSC08890
サワサワと風にそよぐ田んぼの稲が心地いい。

DSC08898
川沿い・・・というか用水路沿いの道は、途中から草刈りしたばかりの足裏超刺激的な道へと変わったけど、とりあえずそのまま進む。

DSC08914
途中、道沿いにあった公園でトイレ休憩と木陰休憩。

DSC08919
道の状態はよくなった。

DSC08921
田んぼの向こうに走る列車を撮影したりしつつ、

DSC08946
iPhoneマップにて進路を確認しつつ進み、

結局2時間強10kmに渡り、意外と楽しく進んだ未舗装路も終わり、
DSC08956
しばらくはそのまま続く川沿いの道を進み、

DSC08960
県道と合流したところで、ちょうどコンビニもあったのでしばしアイス休憩。

DSC08962
よーし残りあと15km!

DSC08966
しかし、県道に入ってからというもの、残りの距離がとっても長く感じる。

途中、ドラックストアで休憩したりしつつ、
DSC08978
なるべく日陰を選んで。
行き交う人もだんだん増えてきたので一瞬マスクしてみたけど・・・暑くてまだ無理(**)

そうこうしているうちに、
DSC08983
進行方向に土手が見えてきた。
もしかして信濃川?!

DSC08988
土手に上がると、川と橋とその先には市街地が♪

DSC08989
関屋大橋を渡り、

DSC08993
再度地図を確認すると、先程の関屋大橋の手前で信濃川が分水してて、もう一度橋を渡る必要があるみたい。

DSC08997
とりあえず信濃川沿いのランニングコースへと歩を進め、

DSC09003
千歳大橋を渡る。

DSC09004
あの先のビル群のあたりが新潟駅か。
残りあと3km!

DSC09009
もういろんなところが痛いし、暑さでヘロヘロだけど、、

DSC09014
新潟駅まではもう少し!

DSC09019
地図でしっかりと道を確認しつつ、

DSC09021
駅まであと数百メートル。
今までの6日間の道のりを思い出し、なんだか久しぶりに感動がこみ上げてきた。

そして、とうとうゴールの新潟駅到着!
DSC09022
・・・ん?
なんと新潟駅は工事中でありました(汗)

感動のゴールになるはずが、一体どこをゴールにするか?というあたふたに一瞬にしてすり替わり、、
DSC09023
結局、ゴール地点はこの万代口看板前とす。。

最後はワタワタしてしまいましたが、、、
市振駅から始まった、200kmの道のりを無事ゴールできました(^^)
ホッとしたところで、駅近くのホテルへと投宿。


今回の歩きはこれにて終了しましたが、、
次回は帰りに立ち寄った金沢での様子をお届けします!

//
歩行日 :2021年7月23日(木)
歩行場所:新潟県弥彦村(彌彦神社近くのホテル)~新潟県新潟市(新潟駅)
歩行時間:9時間42分 
歩行距離:37km
2021年7月の歩行距離:200km
2021年の歩行距離:525km

弥彦山登山と彌彦神社参拝

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き5日目の続きの様子をお届けします!

さて、当初表参道コースから弥彦山登山を目論んでいたワタクシですが・・・
土砂崩れによる通行止めのため、急遽裏参道コースから登山をすべく、弥彦山スカイラインを経由し登山道入口へと到着。

13時半ごろ、いよいよ弥彦山への登山を開始♪
DSC08650
駐車場にはちらほらだけど車有り。

DSC08651
では行きますか。

DSC08652
とりあえず直進。

DSC08657
しばらくはなだらかな道が続く。

DSC08662
看板はしっかり出てて安心。

DSC08664
途中であちこちにお花が。
しかしほとんどの写真がピンボケで、ちゃんと撮れてたのはこのお花だけ。
お花の名前は・・・調べてからシラーっとアップしよう。←これは多分結局アップしないパターン笑

DSC08665
舗装路を横切ったのは1回だけ。

DSC08668
この分岐点はどちらを進んでもいいみたい。
特に意味なく右側のルートを選択。

DSC08669
少し坂はキツくなってきたけど、ずんずん進む。

DSC08670
カンアオイ見つけて喜んだりしつつ、

DSC08672
先程の分岐から合流。

ここから先、斜度が一気に急に。
DSC08674
写真では伝わらないのがなんともですが。。
石や砂が浮いてて、ワタシがよく下山時にずりコケるパターンの道だ(汗)

下山してくる人たちは、足元をしっかり確認しつつ慎重に歩を進めてる。
今日はロープウェイで山の反対側に下りるから、この道を下山しなくて済んでヨカッタ。。

DSC08677
そんな中、目の前に現れたこちらの看板にて、トイレ休憩に立ち寄った西生寺から直接登山できたことが発覚。
もっとちゃんと調べればよかったorz ←最近よくあり過ぎ汗

足元ずりずりの急登をしばらく進み、
DSC08679
目の前が開けて、広場のようなところに出てきた。
少しエナジーを補給し、

DSC08680
舗装路の横の砂利道を進む。

一瞬この道で合ってるのかな?と心配になったけど、
DSC08681
こちらの看板にてしっかりと確認。

DSC08682
左の黄色い看板には、距離と標高の記載が。そして、植物のことも書いてある。
途中で見かけたカンアオイは、正しくはコシノカンアオイみたい。

DSC08684
広場?を出たところから始まった砂利道は、山の中まで延々と続いてる。

DSC08686
どうもこの道は、東北電力の電力ケーブルが埋没されているらしい。

DSC08685
こんな感じで、、

周りの風景が開けたところで、写真には撮れなくて残念だったけど、目の前にフワフワとアサギマダラがお出迎え♪
DSC08689
あれが弥彦山の頂上か。もう少し!

DSC08690
写真では分かりづらいけど、海の向こうには佐渡島が。

DSC08691
南方面に目を向けると、今まで延々と歩いてきた海岸線がはっきりと見渡せる。

DSC08694
長々と続いてた砂利道も、

DSC08699
ようやく終わり、頂上目指してラストスパート。

DSC08701
草木が繫茂する道を通り抜けると、

DSC08702
神社の社務所らしき建物とアンテナの建物の前に出た。

DSC08704
眼下にはどこまでも田園風景が広がる。

DSC08705
頂上はこの鳥居の先みたい。

石段をトントンと登って行き、
DSC08710
登山道入口から1時間半にて、無事弥彦山山頂に到着♪

お参りを済ませ、山頂からの景色を堪能。
DSC08709
こちらは登山中にも眺めた、海岸線が続く南方面。

DSC08721
こちらはさっきも眺めた、田園風景が広がる東方面。
よく考えたら、新潟って米どころだったよね。。

そして、なんだかよくわからないけど、この弥彦山の山頂はとっても気持ちがいい♪
しばらく景色眺めつつ気持ちのいい山頂を満喫。

あとはロープウェイ乗り場まで下りるのみ。
DSC08723
アジサイ咲く道をずんずん下る。

DSC08725
写真には写りこんでいないけど、結構な数の人たちとすれ違う。そして想像してたより距離が(汗)
なんだか広島の宮島ロープウェイと感覚似てる。。

DSC08726
当初予定してた表参道コースの分岐点はここみたい。

途中の食堂はスルーし、、
DSC08731
眼下にたくさんのアジサイとロープウェイ乗り場が見えてきた。

DSC08737
佐渡島もはっきりと。

DSC08733
そして、山頂からのんびり15分程度で、弥彦山ロープウェイ山頂駅に到着。

発車直前で少々バタバタしましたが、、
無事ロープウェイに乗り、
DSC08740
あっという間にロープウェイ山麓駅へと到着。

冷たいお水が無料で飲めたので、3杯ほどおいしくゴクゴク頂く。
ここから無料送迎バスが発着してるみたいで、ほとんどの人たちはバス停に並んでる。

DSC08742
ワタシはもちろんバスには乗らず、この先の彌彦神社に参拝してからお宿に向かうべく歩いて坂道を下る。

しかしながら、意外と神社までの道のりが遠い(汗)
DSC08745
途中の看板にて位置関係を確認し、

DSC08750
10分程度で彌彦神社に到着。
弥彦山を背後に眺めつついつもの参拝を済ませ、

DSC08754
参道をのんびりと進む。

DSC08757
そして、参道入口の鳥居までやってきた。
今日のお宿はこのすぐ近く♪

夕食なしで予約したので、どこかで食べてからチェックインしようかと思ったけど、
DSC08760
近くには目ぼしいお店がなさそうなので、とりあえすチェックインするか。

汗だくのこの格好ではちょっと恥ずかしく感じる門構えのお宿へチェックインを済ませ、改めて散策兼ねてお食事場所を探すも、夕食タイムには早すぎ、昼食タイムには遅すぎ・・・どこのお店も閉まっているという最悪の結果にorz

DSC08763
結局こちらでサンドイッチを購入。
なんとなく残念な気分で弥彦山を見上げる図。

もちろんサンドイッチだけでは足らず、宿のフロントでカップヌードルを追加購入。
食事はちょっと貧相でしたが、、久しぶりの広いお部屋と温泉に大満足♪
心も体ものんびりゆったりくつろいでから就寝。

しかし後でよく考えると、ロープウェイに乗ったことで歩きルートが・・・汗
でも、どうしても弥彦山には登りたかったし。まぁいっか。。

//
歩行日 :2021年7月22日(水)
歩行場所:新潟県出雲崎町(妙法寺駅)~新潟県弥彦村(弥彦山ロープウェイ山頂駅)+弥彦山ロープウェイ山麓駅~弥彦神社参道入口←追加でカウント
歩行時間:6時間54分 +27分
歩行距離:23km+1km
2021年7月の歩行距離:163km
2021年の歩行距離:488km

裏参道コースから弥彦山へ(出雲崎~弥彦)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き5日目の様子をお届けします!


さて、5日目は今回の行程で最短の20km程度の歩行予定。
弥彦山は事前のルート決めの際から絶対寄ろうと思ってたポイント。
今までの行程がなかなかハードだったので、弥彦山のふもとの弥彦温泉に宿泊し、たまにはゆっくりリッチに休息を取ろうかと。

当初は弥彦温泉まで歩き、チェックイン前に宿に荷物を預けてから、「表参道コース」にて弥彦山登山をしようと思ってたけど、前日の夜に登山ルートを確認したところ、なんと広島を出発する直前の大雨で、登山道が通行止めとなっていることが判明(調べるの遅いわ汗)

弥彦山はロープウェイに乗って山頂へ行くことも可能だけど、やっぱり山のふもとからガッツリ歩いて山頂まで到達したい。
ネットで色々と調べたところ、海側からアプローチする「裏参道コース」なら、昨日歩いた妙法寺駅から弥彦山の山頂までそのまま歩いて行けそうなので、急遽ルートを変更し、海側から弥彦山登山をすることに。


2021年7月23日(金)

朝は少しゆっくりと起床したかったけど、JR越後線の本数が異様に少なく、結局まあまあ早起きするはめに。
柏崎駅7時28分発の列車に乗車し、スタート地点の妙法寺駅に8時6分到着。
DSC08515
身支度を整えて8時15分頃出発。

DSC08516
実は前日、妙法寺駅にゴールしてから冷たい飲み物を自販機で買ってゴクゴク飲みたかったのに、駅の周りには自販機なしorz・・・というカナシイ結末だったのですが、駅からものの数十メートル離れた場所に自販機があったという事実。
ショートカットして駅へ向かったのが裏目に出てしまったorz

DSC08520
駅名にもなってる妙法寺の参道を遠目に見つつ、

DSC08521
とりあえず海岸線方面へ左折。

DSC08527
今日も内陸は緑のじゅうたん。

DSC08529
スタート時は曇っててラッキー♪と思ってたのに・・・
あっという間に晴れてきた(汗)

DSC08536
歩き始めて45分程度で、また日本海を望む国道へ戻ってきた。

DSC08537
朝はちょっともやってて、佐渡島はあんまりよく見えず。

DSC08539
またもや天気よすぎの中、海岸線を進みます。。

DSC08546
これも初めて見る、トキバージョン。

DSC08548
もうすでに連休に突入してるので、海岸にも結構人が見える。

DSC08553
ちょっと海岸沿いの道を歩いてみたり、

DSC08554
今日初めての海沿い集落を通り抜け、

DSC08557
こちら山田海岸のパーキングにて今日最初のトイレ休憩。

DSC08558
このパーキングのあった山田海岸は海水浴場ではなく、海の生物の生態が観察できるみたい。
家族連れで結構賑わってた。

DSC08563
遠くに見える弥彦山の頂上は雲の中。

DSC08568
そしてまた昔ながらの佇まいの民家の並ぶ集落。

DSC08569
このあたりに良寛さんの空庵があったらしい。

DSC08576
等間隔でテントが並ぶ海水浴場を眺めつつ、

DSC08581
ちょっと旧道へ入ってみたりしつつ、、

DSC08583
国道との合流地点のすぐそばにあった水族館でトイレ休憩し、

DSC08586
きんぱちの湯のすぐ横にあったつぶれたコンビニの日陰に座っておにぎり休憩。

DSC08590
だだっ広い敷地の先にある建物は、佐渡島フェリー乗り場だった。

DSC08593
だんだんと車も人も増えてきた。
観光ホテルも軒を連ねてる。

そして、目の前に巨大な駐車場が見えてきた。
駐車場には主に近隣地域から来たたくさんの車。
DSC08599
駐車場の先にはたくさんの海産物のお店と、
DSC08601
たくさんの人たち!
DSC08603
なんでしょうこの人ごみは?!

この時点ではここがイッタイ何なのかお恥ずかしながら知らなかったのですが、、
帰ってから調べたところ、寺泊では結構有名な観光スポットの魚の市場通りだった。。

DSC08606
魚の市場を通り過ぎると、元の静かな炎天下の道へ。
海岸へと延びる遊歩道をダメ元で進み、やっぱりダメで引き返したりしつつ、、

DSC08614
歩道なしの道を進んで行くと、またもや歩道なしの結構な高度の橋・・・汗
しばらく車をやり過ごし、一気に走って渡ったけど結局まあまあの台数の車と離合。

DSC08618
橋を渡りホッとしつつも、引き続き歩道なしの道。

そして、ようやく目指す弥彦山への登山口がある弥彦スカイラインの入口まであと1.5km。
12時半頃には登山口の入口まで着けるかな?と思ってたけど、既に時刻は12時過ぎ。

DSC08621
歩道なしのまあまあの交通量の道を少々ヒヤヒヤ進んで行くと、目の前にはだいぶ近づいてきた弥彦山がお出迎え♪

DSC08625
ようやくスカイラインの入口へ到着♪

DSC08628
交差点を右折すると、さっそくの上り坂。

汗ダラダラかきつつ延々と上り坂を進む。
DSC08634
この分岐点は一瞬悩んだけど左折。

DSC08635
ヤッター駐車場まであと200m♪

DSC08637
そして13時頃登山道入口にある駐車場まで到着♪
しかし、ワタシはトイレに行きたい。。

DSC08638
どうもトイレは300m先の西生寺まで行かないといけない模様。

つーことで、、
DSC08641
坂を300m上り、西生寺へ、

DSC08642
せっかくなので、本堂にてお参りをば。

無事に目的を済ませた後は、
DSC08643
せっかくなので展望台にも行ってみよう。

DSC08644
お日様がガンガン照ってるのがナンなのですが、、
日本海の絶景見つつ2回目のおにぎり休憩。

DSC08646
こちらの建物もちょっと拝観したりして、

DSC08649
駐車場へと戻ってきた。
いよいよこれから登山開始!


・・・・・すみませんが今日のところはここまで。。
弥彦山登山の様子は次回にてお届けします!

青い海と青い空と波打ち際と歴史国道(刈羽~出雲崎)

みなさまこんにちは。

本日は、7月の歩き4日目の続きの様子をお届けします!

さて、柏崎刈羽原発をぐるっと迂回したあとは、また青い空と青い海が続く、美しく静かな風景に戻ってきた。
DSC08299
天気よすぎなのが難点ですが、

DSC08298
佐渡島もかなり近くなった。

DSC08302
昔の雰囲気が残る久しぶりの集落を抜け、

DSC08305
また海岸線へ。

DSC08309
次の集落の入口には、たくさんのえご草が天日干し中。
末端価格にするとイッタイ・・・?(←やらしい。。。)

DSC08312
海沿いの集落は昔ながらの民家が多い。

DSC08313
この椎谷集落はいろいろ見どころがあるみたい。

DSC08318
楽しそうに海水浴を楽しむ人たちを眺めながら、海水浴場のベンチにて10分程度のお昼休憩。

DSC08321
トンネルを突っ切っていく国道を離れて、灯台の立つ観音岬の旧道を進んでみよう。

DSC08323
現在地と佐渡島との位置関係はこんな感じ。

上り坂の途中で景色を一望できる東屋があったけど、柏崎刈羽原発を通り抜ける直前に自転車で追い越していった外国人の方がゆったりとランチを楽しむ横で、地元のおじいちゃんが一生懸命話しかけてる。

DSC08328
なので東屋はスルーし、道沿いから美しい景色を堪能。

DSC08329
結構坂を上ってきたところで通り抜けNGの看板が(汗)
ここはダメ元で進んでみよう。

DSC08330
灯台はちらっと見えただけで終了し、
その先は・・・

DSC08331
思いのほか頑丈な塀が道路をふさいでる。

通り抜けできるかどうか塀の端を見に行くと、かなり草が生い茂っていたものの、明らかに人が通ったあとがあったので迷わず進むことに。

ちょうと塀の横を通っている最中に網を持ったおばあさんとすれ違ったけど、道のすみっこで息を殺してじっとしていたので、下を向いて歩いていたおばあさんはワタシには気がつかなかった模様。

DSC08333
塀の先は問題なく歩けそうな雰囲気。

DSC08339
そして、延々と続く海岸線の先にうっすらと山が見えてきた。
あれは、明日登る予定の弥彦山に違いない♪

そんな若干テンションが上がってきた矢先、
DSC08340
道の先がヤバい感じに(大汗)
ここまで来たら、もう突き進むしかない。。

途中、まさかの藪漕ぎが入りつつなんとか難所(?)を通り抜けると、道をふさぐ塀が目の前に。
よじ登るのは一瞬不可能かと思ったけど、幸いにも山側の斜面を利用して乗り越えることができた。
DSC08342
塀を乗り越え、ホッと一息ついたあと振り返る図。
よい子のみなさまにおかれましては、決してまねをなさらないようお願い申し上げます。
m(_ _)m

DSC08345
なんとか無事国道に戻ると、またもや大量のえご草がお出迎え♪
末端・・・(以下省略)

国道のすぐそばには砂浜が。
ここは当然(?!)砂浜へ下りよう。
DSC08349
結構先まで砂浜が続いてる。
行けるところまで波打ち際を進んでみようかな。

DSC08354
途中、川にさえぎられて一旦国道へ戻るも

DSC08358
お次の海水浴場からまた砂浜歩き。

DSC08362
濡れた砂は締まっていて、とっても歩きやすい。
時々波をよけつつ、楽しみながら進む。

DSC08373
途中、通り抜けれるかどうか微妙な場所が2か所あったけど、ジャンプしたりでなんとか回避。

DSC08375
そして、海の家が立ち並ぶ海水浴場が近づいてきた。
約3kmの砂浜歩きはここにて終了。

国道に戻ると、
DSC08376
目の前には石地海水浴場のかなり広々とした駐車場が。

DSC08377
駐車場の端で、久しぶりのトイレ休憩&海を眺めつつの小休憩。

左足先の痛みと、右足のマメの痛みは引き続き。
特に、休憩後の歩きはじめの痛みがこたえるorz

DSC08382
海水浴場のすぐ先にあった、お堂や神社を興味深く眺め、

DSC08390
お次の石地集落は結構規模が大きい。

DSC08391
こちらの立派な門構えの建物は、「久寛荘」
日本石油の初代会長の内藤久寛の生家だそう。
昨日のライオンの小林富次郎といい、このあたりは大企業の創業者が多い。

DSC08399
集落を過ぎると、弥彦山、佐渡島を望む快適海岸ロードに戻るも、

DSC08403
こちらの交差点から国道からは一旦離れて、前々から歩いてみたいと思ってた歴史国道北国街道へ進路を取る。

DSC08406
このあたりは良寛さんのゆかりの土地みたい。

DSC08408
ところで、知らん間に出雲崎町に突入してた模様。

DSC08412
ここから歴史国道開始かしら???

DSC08413
とりあえず、道端の案内板にて少々お勉強。

ここ出雲崎は江戸時代は徳川幕府の天領で、佐渡金山の荷揚げや北前船の寄港地で大いに賑わい、今調べたとこと、人口は2万人いたといわれるそう。すごい!
妻入りの「妻」は建物の短辺で、「妻入り」とは、短辺に出入り口があり、間口が狭く奥行が長い住宅。
昔は間口の広さで税金を掛けられてたので、間口を狭くしたとのこと。
そういえば、この様式の住宅は全国の古くからの街並みでよく見る。

そして、暑さでヘロヘロ気味だったけど、ぬるくなった飲み水の代わりに道端の自販機で冷たい麦茶を購入しなんとか復活♪

DSC08414
そうかーここは出雲崎宿なんだ。(今更)

DSC08415
宿場町に入るとすぐえご草!
・・・(以下省略笑)

ところで、このえご草の食べ方ですが、ワタシは旅の間ずっとひじきみたいに食べるものだとばかり思ってたけど、今調べたところ、煮るとトロトロにとろけるらしく、それをようかんみたく型に流しいれて固めてから、板状に切って食べるそう。
今度新潟に行った際は、ぜひ買って帰ろう♪

DSC08419
宿場町の中に入ってきた。
しかし、想像してたよりフツーの街並みなんですが???

DSC08421
途中の立派なトイレで小休憩。

DSC08425
所々に昔ながらの民家もあるけど、

DSC08430
こちらは観光施設か。

DSC08432
実業家の旧家があったり、

DSC08436
今調べたところでは、妻入りの住宅が4kmも続いているのは、全国でもここだけらしい。

DSC08445
良寛さんの生誕地にしばし佇み、

DSC08449
代官所跡を眺める。

DSC08456
個人的には、三重県の関宿みたいな感じを想像してたんだけど、あんな感じで景観を維持していくのは難しいんだろうな・・・

そんなことを考えつつ、
DSC08458
最後まで歩ききる前に歴史国道から国道へと戻る。

DSC08464
所々に街道の絵画が。

DSC08467
そして、この交差点を右折し今日のゴール地点妙法寺駅へと向かうため、今日の海岸線歩きはここにて終了。

DSC08468
海上の先に見える佐渡島とも今日はここでお別れ。

DSC08470
予想はしてたけど、内陸に入ったとたん上り坂。

DSC08481
周りに広がる美しい田んぼの緑の海を眺めながら、

DSC08483
軽く峠を越えて行った先は、

DSC08488
こちらも緑のじゅうたんが広がる風景。

約3kmのほぼまっすぐな道をひた進み、
DSC08503
無事、本日のゴール地点妙法寺駅へと到着。

ほどなくやってきた列車に乗り、途中爆睡しつつ柏崎駅へと移動。
昨日も立ち寄った駅横のコンビニで買い物をすると、レジには昨日と同じ女性が。ほぼ同じ格好だったせいか、どうもワタシのことを覚えてくれてたみたい。
なんとなく気持ちがほっこりした中、駅前のホテルへと帰還。

//
歩行日 :2021年7月21日(水)
歩行場所:新潟県柏崎市(柏崎駅)~新潟県出雲崎町(妙法寺駅)
歩行時間:6時間54分 
歩行距離:33km
2021年7月の歩行距離:139km
2021年の歩行距離:464km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント