広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

歩く

花粉症と杉林(添田~英彦山)

みなさまこんにちは。

本日は、2月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、早朝にウォーミングアップ(?!)を行ったうえ、本日のスタート地点である添田駅までやってきたワタクシですが・・・
ここからいよいよ英彦山に向かっていざ出発!

DSC04041
出発前に駅前の山伏をパチリ。

去年の秋にこの添田駅まで歩いた際は、駅の場所がわからなくてメチャ焦ってて、この山伏の写真を撮る心の余裕はまったくなかったなぁ・・・などど思い出しながら、

DSC04043
添田駅を8時15分頃出発。

DSC04044
さっき降り立った添田駅のホームを眺めながら、静かな県道を進む。

DSC04046
しだれ梅も満開♪

DSC04047
この交差点がこの先のルートの分岐点。

DSC04048
看板見ながら念のため今日のルートをおさらい。

事前の計画時は15.3kmのJR線路沿いの県道52号を進むことも考えたけど、行きは距離が12.3kmと少々短い県道451号線を進み、英彦山へと向かうことに。
英彦山登山後は、体力の余裕があれば県道52号線を歩いて帰ろうかと。
もししんどければバスを乗り継いて添田駅まで帰ろう。

交差点を右折すると、
DSC04049
早速かなり斜度キツメの上り坂。

DSC04051
あっという間に山の中へ。

もう周りには人もいないし、上り坂で息も苦しいのでマスクを外してみたところ、なんだか目がかゆくなってきたのでまたマスク着用。
そうかーこの暖かさでスギ花粉も飛びまくってるんだ!
こんな大事なことを忘れるとはorz

DSC04052
朝ごはんをちゃんと食べたはずなのに、もうお腹が空いてきた。
ロードバイクに乗った男性に軽くご挨拶したりしながら、地べたに座り込んで本日第1回目のモグモグタイム。

DSC04053
この時期にしては気温はかなり高め。

ちょっと前にかなりの寒波がきたけど、その後気温高めの日が続いだので積もった雪もきっと解けてるでしょ!と思って英彦山行きを決行した次第なのですが、
DSC04058
天気いいのに路面が濡れてると思ったら、まだ雪が残ってる。。
山の上は大丈夫かなぁ・・・

DSC04060
こんな山の中でも民家が点在。

DSC04067
気がつくと、周りはすっかり杉林。
天気はいいけど昨日に引き続き強風が吹きつける中、何気に杉林を見ていたら、

DSC04068
風が吹くたびに杉の木から花粉が煙のように噴出されてる!
こんなの初めて見た・・・

DSC04070
途中の分岐点は、明らかにショートカットできそうな案内板方面へ。

DSC04072
車の通行量はほとんどなく、たまにバイクが通り抜けていくのみ。

DSC04073
景色がかすんで見えるのは、花粉のせいのような気がしてきた。

DSC04077
個人的にはもう杉は植えてほしくないと思う(苦笑)

DSC04078
しかし、花粉の時期に杉林の真っただ中に来てしまうとは・・・
またやってもうた(汗)

DSC04086
杉林の中ののどかな道はしばらく続く。

DSC04093
久しぶりに景色が開けたあとは、

DSC04095
少々キツメの上り坂。

DSC04098
しばらくすると下り坂に。
正面には間近に英彦山が♪

DSC04100
こちらの交差点にて、国道500号線と合流。

DSC04103
ヤッターもうすぐ登山口!と思ったら、

DSC04108
10個のカーブをガッツリと上り、、

DSC04113
出発から2時間45分にて、登山口近くの別所駐車場に到着♪

DSC04115
駐車場内の東屋にて登山に向けてお昼休憩。

DSC04117
では、いよいよ英彦山へ。

DSC04119
道端にはまだ雪が残ってる。

DSC04120
昭和の営みが残る道を進んでいくと、

DSC04122
英彦山の参道に出てきた。

DSC04123
鳥居をくぐり、

DSC04124
石段を一歩ずつ登る。

DSC04126
結構長めの石段を登っていき、

DSC04128
英彦山神宮(下宮)へ到着。
登山の安全を祈願し参拝。

境内をサラッと散策し一息ついて、
DSC04131
本殿の横の鳥居から、いよいよ英彦山の山頂へ。

・・・すみませんが、今日のところはここまで。
続きは次回にて。。

琵琶湖疎水を辿る(その2)

みなさまこんにちは。

本日は、1月の歩きの続きの様子をお届けします!

さて、滋賀県大津市の琵琶湖側から琵琶湖疎水をたどり、一旦トンネルに入った水路に京都側にて再度合流したワタクシです。。
DSC03720
穏やかな流れの水路沿いを進む。

DSC03723
すぐそばをJRの線路が走っており、電車が通過して行く。
今まで何度となく車窓から見てきたはずなのに、この道の存在に全く気がつかんかった。。

DSC03725
こちらから遊歩道に突入。

DSC03727
水路の流れと競争(?!)しながら進む。

DSC03733
ここで、ちょうどよさげな東屋があったので、いつものコンビニおにぎりにてお昼休憩。

DSC03734
東屋のすぐ先から、また水路はトンネルへ。

DSC03738
ところで、遊歩道に入ってから走ってる人をちらほら見かけると思ってたら、この道はジョギングコースでした!

DSC03739
走ってる人だけでなく、散歩してる人も多い。

DSC03743
山科の町を眺めつつ、

DSC03749
トンネルの上には立派なお家が。

DSC03747
天気もいいし、気持ちよく歩ける。

DSC03754
住宅街を通過。

DSC03761
再度山科の町を眺める。

DSC03765
ちょっと自然豊かなエリアに入ってきた。

DSC03767
向かって左側の柵で囲われたエリアには、宮内庁の看板があった。
今回は行かなかったけど、天智天皇陵があるみたい。


DSC03775
ここでまたトンネル。

DSC03778
住宅街を通り、ぐるっと回って

DSC03781
トンネル出口へ。

DSC03785
しばらく水路沿いに進むと、

DSC03787
またもやトンネル。
そして遊歩道はここで完全に終了。

DSC03790
トンネルの手前にあった水路にかかるこの小さな橋は、日本最初の鉄筋コンクリートの橋だそう。

DSC03794
しばらく住宅街を歩き、

DSC03798
県道143号へ出て、上り坂を進んで行くと、

DSC03801
眼下には京都の町が♪

蹴上浄水場を横目に見ながら、
DSC03809
蹴上駅の構内を通り、道路の反対側へ。

DSC03815
道路の反対側にあったこちらのトンネルは、

DSC03814
「ねじりまんぽ」
トンネルの耐久性を上げるために、レンガを斜めに積んでいるとのこと。

DSC03816
これって、去年福岡県で見たトンネルの造りと一緒だ!

ねじりまんぽを抜けると、南禅寺はもうすぐ。
DSC03822
せまい小道を抜けて行き、

DSC03825
南禅寺の入口に到着。

DSC03828
巨大な山門をくぐり、

DSC03832
法堂にてお参りを済ませ、

DSC03837
法堂の先にて、疎水と再会。

DSC03844
絵になる景色をしばし眺めて、南禅寺を後に。

DSC03859
蹴上インクラインと並行して流れる水路は、

DSC03861
南禅寺船溜に向かって勢いよく流れていく。

DSC03867
広々とした南禅寺船溜には噴水が♪

DSC03868
まだまだ水路は続く。

DSC03869
京セラ美術館や平安神宮の横を通り、

DSC03871
国立近代美術館の横を通過し、

DSC03875
直角に曲がったところで、疎水をたどる歩きは終了とす。
この先、疎水は町中を通り、最終的には鴨川へと流れ込んでいく・・・ことは今まで知らなかった。
京都はまだまだ奥が深いです!

ここから先は、ホテルのある京都駅方面へ向かってお散歩。
DSC03892
知恩院前を通過。

円山公園を抜けて、
DSC03906
二年坂には結構な数の観光客が。

DSC03909
普段の年よりは少ないんだろうけど、想像してたより人出が多い。。

DSC03910
八坂の塔には、いつもついつい寄ってしまう。

DSC03916
何度も京都に来てるけど、歩いたことのない道はまだまだたくさん。
祇園の料亭が立ち並ぶエリアのこの道も、今回初めて歩いた(と思う)。

DSC03925
鴨川を渡り、

DSC03931
お正月らしく、華やかな生け花が並ぶ京都駅にて、今回の歩きは終了~

結局、今回の京都滞在時に歩いたのはこの日だけ。
翌日、ホテルをチェックアウト後またもや鴨川をランニングし、広島へと帰還したのでした・・・

///
歩行日 :2021年1月2日
歩行場所:滋賀県大津市(大津駅)~京都府京都市(京都駅)
歩行時間:5時間20分 
歩行距離:20km
2021年1月の歩行距離:20km
2021年の歩行距離:20km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント