広島発ときどき歩き旅

広島より、仕事の休みを利用し歩いて旅してます。 昨今はコロナの影響も多少はありつつも、マイペースで歩き旅を続けてます。

英彦山

花粉症と杉林(添田~英彦山)

みなさまこんにちは。

本日は、2月の歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、早朝にウォーミングアップ(?!)を行ったうえ、本日のスタート地点である添田駅までやってきたワタクシですが・・・
ここからいよいよ英彦山に向かっていざ出発!

DSC04041
出発前に駅前の山伏をパチリ。

去年の秋にこの添田駅まで歩いた際は、駅の場所がわからなくてメチャ焦ってて、この山伏の写真を撮る心の余裕はまったくなかったなぁ・・・などど思い出しながら、

DSC04043
添田駅を8時15分頃出発。

DSC04044
さっき降り立った添田駅のホームを眺めながら、静かな県道を進む。

DSC04046
しだれ梅も満開♪

DSC04047
この交差点がこの先のルートの分岐点。

DSC04048
看板見ながら念のため今日のルートをおさらい。

事前の計画時は15.3kmのJR線路沿いの県道52号を進むことも考えたけど、行きは距離が12.3kmと少々短い県道451号線を進み、英彦山へと向かうことに。
英彦山登山後は、体力の余裕があれば県道52号線を歩いて帰ろうかと。
もししんどければバスを乗り継いて添田駅まで帰ろう。

交差点を右折すると、
DSC04049
早速かなり斜度キツメの上り坂。

DSC04051
あっという間に山の中へ。

もう周りには人もいないし、上り坂で息も苦しいのでマスクを外してみたところ、なんだか目がかゆくなってきたのでまたマスク着用。
そうかーこの暖かさでスギ花粉も飛びまくってるんだ!
こんな大事なことを忘れるとはorz

DSC04052
朝ごはんをちゃんと食べたはずなのに、もうお腹が空いてきた。
ロードバイクに乗った男性に軽くご挨拶したりしながら、地べたに座り込んで本日第1回目のモグモグタイム。

DSC04053
この時期にしては気温はかなり高め。

ちょっと前にかなりの寒波がきたけど、その後気温高めの日が続いだので積もった雪もきっと解けてるでしょ!と思って英彦山行きを決行した次第なのですが、
DSC04058
天気いいのに路面が濡れてると思ったら、まだ雪が残ってる。。
山の上は大丈夫かなぁ・・・

DSC04060
こんな山の中でも民家が点在。

DSC04067
気がつくと、周りはすっかり杉林。
天気はいいけど昨日に引き続き強風が吹きつける中、何気に杉林を見ていたら、

DSC04068
風が吹くたびに杉の木から花粉が煙のように噴出されてる!
こんなの初めて見た・・・

DSC04070
途中の分岐点は、明らかにショートカットできそうな案内板方面へ。

DSC04072
車の通行量はほとんどなく、たまにバイクが通り抜けていくのみ。

DSC04073
景色がかすんで見えるのは、花粉のせいのような気がしてきた。

DSC04077
個人的にはもう杉は植えてほしくないと思う(苦笑)

DSC04078
しかし、花粉の時期に杉林の真っただ中に来てしまうとは・・・
またやってもうた(汗)

DSC04086
杉林の中ののどかな道はしばらく続く。

DSC04093
久しぶりに景色が開けたあとは、

DSC04095
少々キツメの上り坂。

DSC04098
しばらくすると下り坂に。
正面には間近に英彦山が♪

DSC04100
こちらの交差点にて、国道500号線と合流。

DSC04103
ヤッターもうすぐ登山口!と思ったら、

DSC04108
10個のカーブをガッツリと上り、、

DSC04113
出発から2時間45分にて、登山口近くの別所駐車場に到着♪

DSC04115
駐車場内の東屋にて登山に向けてお昼休憩。

DSC04117
では、いよいよ英彦山へ。

DSC04119
道端にはまだ雪が残ってる。

DSC04120
昭和の営みが残る道を進んでいくと、

DSC04122
英彦山の参道に出てきた。

DSC04123
鳥居をくぐり、

DSC04124
石段を一歩ずつ登る。

DSC04126
結構長めの石段を登っていき、

DSC04128
英彦山神宮(下宮)へ到着。
登山の安全を祈願し参拝。

境内をサラッと散策し一息ついて、
DSC04131
本殿の横の鳥居から、いよいよ英彦山の山頂へ。

・・・すみませんが、今日のところはここまで。
続きは次回にて。。

緊急事態宣言発令中でしたが。。(直方~田川)

みなさまこんばんは。

本日からは、2月の歩きの様子をお届けします!

さて、2月はいい感じで飛び石連休が2回あり、2回とも思い切って間の平日は有給休暇を取得し4連休に。
いつもならホイホイお出かけするトコロですが、世の中まだまだコロナが。。
最初の連休は家の周りでおとなしく過ごしていたけど、後の連休は広島ではコロナもだいぶ落ち着いてきたし、ちょっと出かけてみようかと。

2021年2月20日(土)

前日まで結構仕事がハードだったので、土曜日の朝にようやくお出かけ確定。
いそいそと準備してからお昼ごろ自宅を出発。

今回の大目的は、福岡県の英彦山(ひこさん)登山をすること。
去年の秋に、英彦山登山に向けて手前の添田まで歩いたことをふと思い出したのと、この土日は季節はずれの暖かさで天気もいいということで、こんないい条件ならもう行くしかない♪

しかし、この「季節外れの暖かさ」のせいでとんでもないことになるとは、この時はまだ思ってもみなかった・・・(汗)

なにはともあれ、新幹線と鈍行を乗り継ぎスタート地点の直方(のおがた)まで移動。
1日目は、直方から今日宿泊するホテルのある田川伊田駅付近までのんびり歩こうかと。
バタバタと支度をして出かけたので、直方駅からホテルまでの距離をちゃんと測っていなかったorz
だいたい10kmぐらいだと思うんだが。。
DSC03935
直方駅を14時20分頃出発

DSC03934
駅前には大関魁皇の銅像が鎮座。

DSC03937
駅前にひっそりと残るアーケード街を見ながら、

DSC03939
近年整備されたっぽい駅前通りを進む。

DSC03944
遠賀川に架かる橋の手前にはオブジェが。

DSC03946
一昨年の秋、マラソンの練習で走ったサイクリングロードを懐かしく眺めながら橋を渡り、

DSC03951
しばらくはバイパス道の県道22号線を進む。

DSC03953
あたりの景色は田んぼに変化。

DSC03955
もち吉の敷地に三連水車!
三連水車といえば、大きさは小ぶりだけど機関車のような、朝倉の三連水車を思い出す。

DSC03956
今日はたしかに気温は高いけど、かなりの強風で体感温度は思いのほか低い。

DSC03963
この暖かさで梅も満開♪

DSC03964
地味な上り坂や、

DSC03970
広い畑を見ながら、

DSC03971
福智町突入。

DSC03977
バイパスもちょっと飽きたので、別の道へ行ってみよう。

DSC03980
田んぼの中の一本道を進み、

DSC03983
川沿いの道へ。

DSC03984
ちなみにこの川は彦山川。
やはり英彦山が源流なのかしら?

DSC03985
そんなことを考えながら、相変わらずの強風の中を進む。

DSC03993
歩き始めて2時間以上経過したけど、まだまだゴールは遠い。
今日は2時間くらいのらくらく歩行のつもりだったんだけど・・・ちゃんと距離ぐらい測ってから出かけましょう(反省)

DSC03997
急に出現した立派な公園(?)で現在地を改めて確認。

DSC03999
今日のゴールはまだまだ先。

DSC04004
川の対岸には平成筑豊鉄道が走ってる。

DSC04005
停車中の列車を撮影したりしながら、

DSC04007
進行方向左側には印象的な山々が連なる。
明らかに採掘で山容が変わってるあの山は、香春岳。

17時になると、「よい子のみなさんはおうちに帰りましょう」と放送が流れてきた。
なんとものどかだな~と思っていると、引き続き「緊急事態宣言発令中のため、不要不急の外出は控えましょう」・・・そういえば福岡県はまだ緊急事態宣言発令中だったorz
密な行動は取っていないので、ご容赦をm(_ _)m

DSC04008
田川市突入。

DSC04013
平成筑豊鉄道の列車に2度目の遭遇。

DSC04016
以前歩いたことのある国道201号と交差し、

DSC04017
相変わらずの強風の中、

DSC04018
右手にホテルがちらっと見えた。
この交差点を右折すればもうすぐ♪

DSC04020
夕暮れの風景を眺めながら、

DSC04022
昔ながらの市街地へ突入し、

DSC04023
宿泊するホテルAZの手前の踏切で遮断機が下りてしまったので、今日の歩きはここまでとす。

ホテルのすぐ横のコンビニで晩御飯を調達し、投宿。

///
歩行日 :2021年2月20日
歩行場所:福岡県直方市(直方駅)~福岡県田川市(田川伊田駅付近のビジネスホテル)
歩行時間:3時間23分 
歩行距離:17km
2021年2月の歩行距離:17km
2021年の歩行距離:37km

英彦山へと向かう道(石原町~添田)

みなさまこんばんは。

すっかり更新が遅くなってしまいましたが、、、
本日は、9月の4連休シルバーウィークの歩き2日目の様子をお届けします!


2020年9月20日(日)

さて、今年のシルバーウィークは4連休だったけど、今回のお出かけは3日目の午前中には広島へと帰るため、ガッツリ歩くのはこの日だけ。
ここで、以前から行きたいと思ってた英彦山(ひこさん)へガッツリ登りたいトコロだけど、、
過去歩きルートから英彦山まで1日で行くのはちょっと厳しいのと、英彦山方面へ向かうJR日田彦山線は3年前の水害のため添田駅から先は不通で代行バスでの運行となっているため、この日はちょうど距離的にもキリのいい添田駅まで歩くことに。

小倉駅から今回のスタート地点に設定した石原町駅まで、JR日田彦山線にて移動。
DSC02393
途中でICカードが使えないことに気づき、一瞬焦りましたが。。

無事石原町駅にて下車し、駅の外に出てみると、
DSC02397
お祭りかな?
小さなお神輿を担いだ人たちと、神主さんがお家を回って行くシステムみたい。
思わずしばし見入る。

DSC02396
お祭りを見入った後、8時40分頃出発!

DSC02401
まずは以前歩いた国道へ。

DSC02402
程なく、超久しぶりの国道322号線にて、過去歩きルートと接続。

DSC02405
以前歩いた際は、この交差点を左折してカルスト台地の平尾台を経由して行橋(ゆくはし)までへ行ったんだ。

DSC02408
進行方向左側の山は石灰岩の鉱山。
独特の山肌を眺めながら進む。

DSC02410
とんがった山容も印象的。

DSC02412
田んぼのあぜにはヒガンバナが。

DSC02421
途中からしばし旧道を進む。

DSC02426
石灰岩の白い岩肌が近くに。

DSC02430
まだ稲刈り前の黄金色の田んぼは、赤いヒガンバナがとっても映える。

DSC02439
所々に小さなお堂があったり。

約3km静かな旧道を進み、
DSC02441
こちらの交差点にてバイパス道と合流。

DSC02443
しばらくずんずん上り、トンネルを超えた後は、
DSC02452
ずんずん下る。

ここで、農作業を終えてお家へ帰る途中のご夫婦が。お母さんから、「〇〇岳登りに行くの?」と話しかけられた。
残念ながら山登りではなく、歩いてることをお伝えしてほんの少しの会話でしたが・・・
九州の方独特の明るさで、元気でました!

DSC02454
あちこちに咲くヒガンバナを眺めながら、ずんずん下り坂を進んで行くと、

DSC02464
右手に「採銅所」なる駅が。
なんとも気になる駅名だし、ちょっと寄ってみようか。

DSC02466
ちなみにここは香春(かわら)町

坂を上り、
DSC02470
程なく採銅所駅に到着♪

大正時代に建てられたという駅舎をしばし眺めて、
DSC02471
駅舎のすぐそばにあった地図をしばし眺めると、どうも、このすぐ近くから香春岳(三ノ岳)に登れるみたい。

そうか~さっきのお母さんは、ワタシが香春岳に登るんだと思ってたのか。納得!
天気もいいし登ってみたい気もするけど、必要最小限の食料しか持ってないし、今日は添田まで歩きたいし。。
残念だけどまたの機会にしよう。

採銅所駅から来た道を戻り、
DSC02477
国道の手前にあった旧道を進む。

途中、明らかに登山帰りとおぼしき男性とすれ違ったりしつつ、
DSC02482
右手に見えるのが三ノ岳。


DSC02485
ここから山に登れるのか。
また今度!

DSC02489
さて、今日のゴールはまだ10km以上先。

DSC02491
・・・とここで、またもや農作業から帰ってきたっぽいおじさんに話しかけられた。
添田まで歩いて行くことをお伝えすると、この先の旧道に珍しいトンネルがあるからぜひ寄ってみてといわれた。
これまた明るい人柄のおじさんで元気出ました!

DSC02499
トンネル探しに少々難儀しましたが、、、

DSC02500
無事発見♪

さっきのおじさんに会ってなかったらたぶん寄ってなかったし、仮にこのトンネルを通ってたとしてもなんの気もなくスルーしてたに違いない。

DSC02505
このトンネルは、まっすぐじゃなくねじれた構造となっているところが珍しいらしい。
DSC02506
中のレンガ積みを見ると、確かに斜めになってる~
いやはや勉強になりました!

DSC02510
日田彦山線の列車を眺めつつ、先へと進む。

DSC02514
この交差点で以前歩いたルートとまたもや合流。

DSC02515
あの歩道橋見覚えがある!
懐かしい~

DSC02519
以前歩いたルートは川向こうの道だったなぁ。
などど思い出しつつ川沿いの道を1km程度進み、

DSC02527
こちらの交差点にて、過去歩きルートを横断。

セメント工場跡へ向かうコンベアや、
DSC02528
セメント工場跡を懐かしく眺める。

コンビニでしばし休憩し、先へと進む。
DSC02530
添田まではあと10km程度。このとき時刻は12時24分。
もしかして14時36分発の列車に乗れるかも?!

日田彦山線は本数が少なく、14時36分を逃すと次は約1時間後。
少しでも早くホテルに帰ってのんびりしたいので(最近いつもこんな感じ。。)、
DSC02533
のんびり歩いてたら100%間に合わないので・・・
またもや走ります。。

DSC02540
時間がないといいつつも、平成筑豊鉄道の踏切でちょうどやってきたカワイイ列車を撮影。

DSC02545
田川市突入。

DSC02548
そして程なく大任(おおとう)町へ。

DSC02555
川沿いの気持ちのいい道に出た。

DSC02563
かなり規模の大きい道の駅はスルー。

そのまま進むと歩道なさげだったので、
DSC02568
川の対岸の遊歩道を走りつつ進む。

DSC02576
元の道へと戻る際に、カワセミを見つけたけど・・・
上手く撮れず残念orz

川沿いの県道から見えた、
DSC02584
平行して走る立派なこちらの道へ。

そういえば、道の駅から延々とお花が植えてある。
すごいなぁと思ってたら、
DSC02583
大任町は「花としじみの里」だった!

DSC02594
ここは桜並木か。
春に来たらキレイなんだろうな。

DSC02596
そんなことを思いつつも、汗かきつつ延々と走る。
まさかの上り坂に苦しめられながらも、

DSC02600
こちらの交差点にて、元の県道へと復帰。

今思えば、この交差点を直進すればよかったんだけど、なんとなく左折し、、

時計と地図とをにらめっこしながら走り続け、
DSC02604
この交差点を右折すればもうすぐ添田駅だ!
ヤッターあと20分ある♪

・・・がしかし、、、
焦り過ぎたのが裏目に出て、しばし道に迷いましたorz
(地図アプリはよっぽどのことがない限り見ません・・・)

ちょっと道を戻ったところにあった役場の前で、ATMに向かうおじさんを発見。
道を尋ねたところ親切に教えてくださった。

DSC02609
完全に駅を通り過ぎてた(**)
でも、なんとか間に合いそう。

そして先程のおじさんが、車で通りすがりに「ここが駅だよ~」と声を掛けてくださった。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
DSC02611
そんなこんなで、無事、本日のゴール地点の添田駅に到着。

DSC02612
ちょうど代行バスもやってきた。

時刻通りにやってきた列車に乗り込み、途中爆睡しつつ小倉駅へ到着。
DSC02616
小倉駅では、ちょうどホームでセレモニー中。

駅構内で、名物のかしわうどんを堪能しホテルへと帰還。
そして翌日の朝、広島へと帰還したのでした。。

///
歩行日 :2020年9月20日
歩行場所:福岡県北九州市(石原町駅)~福岡県添田町(添田駅)
歩行時間:5時間42分 
歩行距離:27km
2020年9月の歩行距離:85km
2020年の歩行距離:254km
プロフィール

生まれも育ちも広島のアラフィフ(女)が一人で会社の休みの日を利用し、徒歩でてくてく旅してます。
2004年に歩き始めたときはただの散歩気分だったけど、いつの間にやら日本中を巡る旅へ!

最近はランニングにも力を入れており、2019年秋にはフルマラソンも完走♪

最新コメント