みなさまこんにちは。

本日は、先般の京都滞在1日目の様子をお届けします!

さて、まずは今回の大目的である京都国立博物館に行くことに。
博物館までは徒歩にて移動。

地下鉄九条駅近くのホテルを10時前に出発。
DSC01176
このあたりは京都駅から近いこともあり、とっても新築ホテルが多い印象。
しかしながらコロナ影響からか営業していないホテルも多々あり。

DSC01177
JR&新幹線の線路を潜り抜け、

DSC01182
鴨川を渡り、

DSC01185
20分強にて、念願の京都国立博物館に到着♪

DSC01187
さてでは行きますか。

DSC01188
しかし、博物館はこの近代的な建物だったんだ。

DSC01190
ずっとこっちのレトロな建物だとばかり思ってた。。

DSC01192
3時間程度じっくりと、特別展の西国三十三所の信仰と至宝を堪能。

その後はそのままホテルに帰るのもなんなので、ちょっと近所をお散歩することに。
DSC01196
一瞬三十三間堂や智積院や妙法院に行ってみようかとも思ったけど、
やっぱり今回は止めにして、

DSC01197
智積院と妙法院の間にある坂道へ。

DSC01198
この先に、豊国廟(ほうこくびょう=豊臣秀吉のお墓)なる史跡があることに前の晩地図を眺めてて初めて気が付いたので・・・
ちょっと行ってみることに。

すぐ横に女子大や大学付属の小学校やらあるらしく、ちょうど下校時のたくさんの小学生たちとすれ違いながら、坂道をずんずん上る。

DSC01199
やたらと駐車場だらけの道を更に上り、

DSC01200
鳥居をくぐると、
DSC01201
更に駐車場だらけの敷地の中に、それっぽい建物が見えてきた。

門の前の小屋(失礼)におられた神主さんみたいな方が「上まで登られますか」と。
どうも山の中腹にお墓があるらしく、往復30分はかかるみたい。
「時間は大丈夫ですか?」とも聞かれたけど、全然オッケーなので入場料100円をお支払いし、
DSC01203
豊臣秀吉が奉られている阿弥陀ヶ峰(あみだがみね)へいざ突入。

DSC01204
しかし、この豊国廟の存在を知るまでは、豊臣秀吉は大阪で亡くなって大阪に葬られているのかと思ってた・・・。
なんという無知(汗)

DSC01206
ところでスゲー段数の石段なんですが(汗)

曇ってるとはいえ、この日の最高気温は33度でまだまだ蒸し暑い。
汗タラタラ流しつつ、
DSC01208
着いたか?と思ったら、

DSC01209
まだだったorz

DSC01210
更なる石段を登り、

DSC01211
563段の石段を登り切り、ようやく到着!
こちらの五輪塔が、明治時代に再建された豊臣秀吉のお墓。

DSC01212
元々は立派な社殿があったらしいけど、豊臣氏の滅亡とともに破壊されたよう。
歴史の移り変わりを感じつつ、手を合わせる。

DSC01216
木々の間からは京都の町が見渡せる。

DSC01217
眼下には清水寺も!
このあと行ってみようか。

参拝後は来た道を戻る。
DSC01224
入口のすぐ横に、豊臣国松のお墓もあった。

DSC01222
豊臣秀吉のお墓より2回りぐらい小さいお墓。
こちらも参拝し、結局往復20分。

門の前のまで戻ってくると、入口の神主さんに話しかけられてしばしお話し。
こちらは外国人観光客にはあまり知られていないらしく、ほかの観光地と比べるとコロナ影響は少ないとのこと。
しかし、豊臣秀吉が亡くなったのは京都の伏見城という事実も、今日の今日まで知らんかった・・・
いやはや勉強になりました。また来ます!

お次は、山の上からも見えた清水寺に行ってみよう。
DSC01228
学校の敷地を通り抜け、

DSC01231
ショートカットしようと思ったら行き止まりだったりしながらも、

DSC01233
いつもの(?!)清水寺への道へ。

DSC01235
清水寺へと上る坂道の入口は、まだ人はまばら。

DSC01238
6月よりは開いているお店も若干増えて、観光客も若干増えた印象。

DSC01241
修学旅行生が復活してたのには、ちょっとビックリ!
ではいざ清水寺境内へ♪

DSC01244
西国三十三所のお参りはここ清水寺から初めたはず。
それ以来の参拝なので・・・10年以上ぶりか。

DSC01245
ガランとした入口で拝観料を払い、

DSC01246
いざ参拝。

基本、一方通行ということを完全に忘れてて、清水の舞台へ行くのをすっかり忘れてたorz
まあ、いっか(苦笑)

DSC01247
そうそう。あそこで御朱印帳を買って御朱印をもらったんだ。
なつかしいな~
DSC01250
ちなみに、清水の舞台は現在工事中。

DSC01254
定番の音羽の滝を周り、

DSC01255
下から見上げた工事中の舞台はこんな感じ。

人ごみとは無縁の清水寺参拝を終え、
DSC01258
さて、では帰るかな。

DSC01260
来た道を戻り、

DSC01263
二年坂へ下りてみると、コロナ前と比べるとやはり閑散としてる。
閉まってる店も多い。

DSC01266
以前はものすごい人ごみだったんだけど。
元に戻るまでは数年はかかるんだろうな・・・

DSC01267
定番の八坂の塔にも行ってみよう。

DSC01271
人力車も暇そうでちょっと悲しい。

DSC01272
現在の京都はちょっと寂しいけど、ゆっくり過ごすなら今がチャンスです!

その後は、気になるお店に寄ったりしながらホテルまで歩いて帰還。
(この日の歩きカウントはなし)